« 短歌「 すごいよね。君の瞳の 星の中」。  | トップページ | 「(大きな体をしているくせに)心も体もガラスみたいに壊れやすい人」という評価。 »

2009.12.08

短歌 「音程がずれてるソロを あきもせず 直してくれる 友、ギタリスト」。【ご指摘を受け変更しました】

  先生、学生たちの「望年会(ぼうねんかい)」に向けて

「チケットは五十売れたわ」 ささやかな「望年会」は福引もある

女性たち 「四万十川」を 歌うらし 夜の学び舎() うたごえの中

「フラダンス、やってみようか」笑んでいる 素敵なアラフィー(五十歳前後) わが学友は

音程がずれてるソロを あきもせず 直してくれる 友、ギタリスト   

「学び舎を織り込む歌も準備中」 楽しくなりそな「望年」の日よ

|

« 短歌「 すごいよね。君の瞳の 星の中」。  | トップページ | 「(大きな体をしているくせに)心も体もガラスみたいに壊れやすい人」という評価。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

「フラダンス・・・」の句、五七五のリズムもゴロも配慮が必要でしょうが、正確に言うと「フィフテ-ン」は“fifteen”であって、“fifty"ならちがうカタカナ表記では?今風のことばなら「アラサ-」とか「アラフォ-」などはありますが・・・。

投稿: ひがとよ | 2009.12.09 06:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/46974004

この記事へのトラックバック一覧です: 短歌 「音程がずれてるソロを あきもせず 直してくれる 友、ギタリスト」。【ご指摘を受け変更しました】:

« 短歌「 すごいよね。君の瞳の 星の中」。  | トップページ | 「(大きな体をしているくせに)心も体もガラスみたいに壊れやすい人」という評価。 »