« やっほー。「声 ひろば」が僕の声をすくい取ってくれました。ありがとう。 | トップページ | 文部省がつくった中学一年生用の教科書『あたらしい憲法のはなし』の全文を掲載しているページ。 »

2010.01.26

高知市 六十六歳の女性のイギリス留学。すごい人が目の前にいました。

 二月二十五日、知り合いの「お姉さん」から、彼女の「六十六歳の挑戦」の話を聞きました。
 高校の英語教師だったそうです。
 そして、定年後の六十六歳のとき、家族を残してイギリスに旅立ちました。
 半年間、語学学校に通いました。
 そして、オックスフォードのカトリック系のカレッジの社会行政学のコースに入学しました(一年間)。
 尼僧が経営している寮に住みました。
 二週間には先生から与えられテーマから選択した小論文の提出が義務づけられていました(提出は月曜日)。
 「うーん、六十六歳でイギリスへ…」。えらい人がいるものです。

|

« やっほー。「声 ひろば」が僕の声をすくい取ってくれました。ありがとう。 | トップページ | 文部省がつくった中学一年生用の教科書『あたらしい憲法のはなし』の全文を掲載しているページ。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/47398227

この記事へのトラックバック一覧です: 高知市 六十六歳の女性のイギリス留学。すごい人が目の前にいました。:

« やっほー。「声 ひろば」が僕の声をすくい取ってくれました。ありがとう。 | トップページ | 文部省がつくった中学一年生用の教科書『あたらしい憲法のはなし』の全文を掲載しているページ。 »