« 「高知市の無料定額診療所 困窮の重症患者救う」。きょうの高知新聞朝刊に高知市の高知医療生協潮江診療所のことが載っていました。 | トップページ | 「間島パルチザンの歌を読む」つどい、進行中。三月十九日、平和資料館・草の家の藤原義一研究員が「一九三二年二月~四月に、八回、陸軍歩兵四十四連隊など高知の各所で配布された反戦ビラと槇村浩」のテーマで話します。 »

2010.02.24

今夜、2月24日(水)22:00~22:43、小林多喜二さんに出会えます。【出会いました】

 今夜、小林多喜二さんに出会えます。
 以下、NHKのホームページから。
 2月24日(水)22:00~22:43 NHK総合

 歴史秘話ヒストリア
 たったひとりのあなたへ~『蟹工船』 小林多喜二の伝言~
 現在、日本の若者だけでなく、世界でも注目されている小説『蟹工船』。昭和の初め、人と人が違いを越えつながりあう強さを描いた作品を書いたのは、北海道・小樽で銀行員をしていた小林多喜二。過酷な労働環境で働く人々の苛烈な物語が、なぜ今、再び読まれるようになったのか。番組では、恋に人生に文学に悩み、29歳で命を落とした青年・多喜二の知られざる実像を紹介し、小説『蟹工船』に込められたメッセージを読み解く。

 【追記】

 出会いました。

 涙を流しながら見ました。

|

« 「高知市の無料定額診療所 困窮の重症患者救う」。きょうの高知新聞朝刊に高知市の高知医療生協潮江診療所のことが載っていました。 | トップページ | 「間島パルチザンの歌を読む」つどい、進行中。三月十九日、平和資料館・草の家の藤原義一研究員が「一九三二年二月~四月に、八回、陸軍歩兵四十四連隊など高知の各所で配布された反戦ビラと槇村浩」のテーマで話します。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/47649421

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜、2月24日(水)22:00~22:43、小林多喜二さんに出会えます。【出会いました】:

« 「高知市の無料定額診療所 困窮の重症患者救う」。きょうの高知新聞朝刊に高知市の高知医療生協潮江診療所のことが載っていました。 | トップページ | 「間島パルチザンの歌を読む」つどい、進行中。三月十九日、平和資料館・草の家の藤原義一研究員が「一九三二年二月~四月に、八回、陸軍歩兵四十四連隊など高知の各所で配布された反戦ビラと槇村浩」のテーマで話します。 »