« 「フィギュアーを 僕と二人で やらないか」。妻の答えは……。 | トップページ | 高知県 「やしべる」という言葉が通じない!! »

2010.02.23

韓国政府の日帝強占下強制動員被害真相糾明委員会が『強制動員名簿解題集1』を刊行のニュース。

 こんな記事を見ました。

 韓国政府の「日帝強占下強制動員被害真相糾明委員会」は[2010年2月]14日、日本の植民地支配下(1910~45年)で行われた強制連行の被害者名簿を収録した『強制動員名簿解題集1』を発刊しました。韓国メディアが伝えました。
 同委員会は、強制連行の真相を明らかにするために設置された国家機関で、被害者や遺族などから22万件を超える被害申告を受理。被害者名簿などの史料を収集してきました。
 収録された名簿の大部分は被害者が作成ないし所蔵していたもので、当時の状況を知ることができる資料だといいます。北海道の赤平炭鉱で働いていた労働者が植民地解放後に朝鮮半島に帰還する際に作った名簿や、旧ソ連によるサハリン連行の被害を立証する史料などが含まれています。
 解題集は、同委員会が所蔵する被害者名簿310種類のうち49種類について解説。植民地時代に、軍人や軍属、労働者などとして強制的に日本に連れて行かれた人たちの氏名や住所、職業が記載されています。
 同委員会は来年までに、日記や随筆、写真選集などの記録シリーズを発刊する計画です。
 韓国では、2003~08年の盧武鉉(ノ・ムヒョン)前政権期に、過去の歴史の究明を求める世論が高まり、調査のための国家機関が相次ぎ発足しました。強制動員被害真相糾明委員会も04年に設立され、今年1月までに11万7510件(男性11万6868件、女性642件)を強制連行の被害者と認定しています。(中村圭吾)

 (「しんぶん赤旗」、2010年2月16日)

 この『強制動員名簿解題集1』、ぜひ入手したいと思っています。

|

« 「フィギュアーを 僕と二人で やらないか」。妻の答えは……。 | トップページ | 高知県 「やしべる」という言葉が通じない!! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/47645400

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国政府の日帝強占下強制動員被害真相糾明委員会が『強制動員名簿解題集1』を刊行のニュース。:

« 「フィギュアーを 僕と二人で やらないか」。妻の答えは……。 | トップページ | 高知県 「やしべる」という言葉が通じない!! »