« 「間島パルチザンの歌を読む」つどい、進行中。三月十九日、平和資料館・草の家の藤原義一研究員が「一九三二年二月~四月に、八回、陸軍歩兵四十四連隊など高知の各所で配布された反戦ビラと槇村浩」のテーマで話します。 | トップページ | 朝から夕方までかけて「県立高知短期大学存続運動と二年間の私」という文章をまとめました。 »

2010.02.24

二月二十三日付の毎日新聞高知版の「支局長からの手紙」は「向学心が扉を開く」。

 やっぱり新聞って身近な人が出ているとうれしいですよね。

 二月二十三日付の毎日新聞高知版の県立高知短期大学で学んでいる織田千代子さんのことが載っていました。

 「支局長からの手紙」で見出しは「向学心が扉を開く」。

|

« 「間島パルチザンの歌を読む」つどい、進行中。三月十九日、平和資料館・草の家の藤原義一研究員が「一九三二年二月~四月に、八回、陸軍歩兵四十四連隊など高知の各所で配布された反戦ビラと槇村浩」のテーマで話します。 | トップページ | 朝から夕方までかけて「県立高知短期大学存続運動と二年間の私」という文章をまとめました。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/47652165

この記事へのトラックバック一覧です: 二月二十三日付の毎日新聞高知版の「支局長からの手紙」は「向学心が扉を開く」。:

« 「間島パルチザンの歌を読む」つどい、進行中。三月十九日、平和資料館・草の家の藤原義一研究員が「一九三二年二月~四月に、八回、陸軍歩兵四十四連隊など高知の各所で配布された反戦ビラと槇村浩」のテーマで話します。 | トップページ | 朝から夕方までかけて「県立高知短期大学存続運動と二年間の私」という文章をまとめました。 »