« 「やれること」が一つ増えました。テーマにもとづいて写真を撮ること。 | トップページ | じっくり歌詞を聞いて、その世界にひきこまれていくような歌、Yaeさんの「恋の花」。 »

2010.02.15

こういうときには、「愁嘆場」か「修羅場」か……。

 「老いた妻が、なぜか、若い男性と激仲良くしていて、そこに老いた夫が現れて……というときには、愁嘆場というのか修羅場というのか」
 この僕の質問に、妻は、「それは、修羅場というんでしょうね」。

 辞書で調べてみました。

 しゅうたん‐ば【愁嘆場】

 芝居で、登場人物が嘆き悲しむ所作のある場面。転じて、実生活上の悲劇的な局面にもいう。愁嘆。「―を演じる」
 [ 大辞泉 ]

 しゅら‐ば【修羅場】

 1 血みどろの激しい戦いや争いの行われる場所。しゅらじょう。「―をくぐりぬける」
 2 人形浄瑠璃・歌舞伎・講談などで、激しい戦いや争いの演じられる場面。
 [ 大辞泉]

 うーん、どちらでしょう。

|

« 「やれること」が一つ増えました。テーマにもとづいて写真を撮ること。 | トップページ | じっくり歌詞を聞いて、その世界にひきこまれていくような歌、Yaeさんの「恋の花」。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/47577325

この記事へのトラックバック一覧です: こういうときには、「愁嘆場」か「修羅場」か……。:

« 「やれること」が一つ増えました。テーマにもとづいて写真を撮ること。 | トップページ | じっくり歌詞を聞いて、その世界にひきこまれていくような歌、Yaeさんの「恋の花」。 »