« こういうときには、「愁嘆場」か「修羅場」か……。 | トップページ | 「きわめて悪質な、日本で最初の『当たり屋』、それが坂本龍馬なのだ。」という議論についての疑問。 »

2010.02.15

じっくり歌詞を聞いて、その世界にひきこまれていくような歌、Yaeさんの「恋の花」。

 じっくり歌詞を聞いて、その世界にひきこまれていくような歌が好きです。

 最近、ぞっこんかのがYaeさんの「恋の花」です。

 そよふく風の色
 何の色
 君の頬(ほほ) 春の色
 恋の花

 やわらかな思い出よ
 消えないで
 最後の花びらを
 惜しむかな

 草まくらの匂い
 懐かしき
 君の髪の匂い
 恋の花

 遠くに見えるは
 山の陰(かげ)
 遠くに聞こえるは
 汽笛かな

 茜色(あかねいろ)の空は
 唇(くちびる)を
 紅く染めてゆく
 恋の花

 やがて陽(ひ)が落ちる頃
 子供達(ら)の
 笑い声 駆けてゆく
 帰り道

 最後の花びらを
 惜しむかな

|

« こういうときには、「愁嘆場」か「修羅場」か……。 | トップページ | 「きわめて悪質な、日本で最初の『当たり屋』、それが坂本龍馬なのだ。」という議論についての疑問。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/47578240

この記事へのトラックバック一覧です: じっくり歌詞を聞いて、その世界にひきこまれていくような歌、Yaeさんの「恋の花」。:

« こういうときには、「愁嘆場」か「修羅場」か……。 | トップページ | 「きわめて悪質な、日本で最初の『当たり屋』、それが坂本龍馬なのだ。」という議論についての疑問。 »