« 第七回高知短期大学がくゆう文化展の受付の一員として。 | トップページ | 『陸軍省大日記』のありか。インターネットで見ることができます。高知の「歩兵四十四連隊」を検索したら……。 »

2010.03.01

上海(しゃんはい)事件の時の高知で、反戦ビラが8回、陸軍歩兵44連隊などに配布されました。3月19日夕、高知市の平和資料館・草の家ホールで講演と詩の朗読と踊りの夕。

上海(しゃんはい)事件の時の高知で。反戦ビラが8回、陸軍歩兵44連隊などに配布されました。講演と槇(まき)村(むら)浩(こう)の詩の朗読と踊りの夕。  【藤原義一からのお知らせ】

  3月19日(金)午後6時半~8時半
 平和資料館・草の家ホール(高知市升形9の11)

 アメリカ軍の艦船の宿毛港湾への寄港、対人狙撃銃、120mm迫撃砲RT、01式軽対戦車誘導弾、110mmロケット弾、91式携帯地対空誘導弾などを備えた陸上自衛隊連隊の高知県への移駐(3月24日)と、きな臭くなってきた高知のこのごろです。そんな中、いま「あのこと」が注目されます。大日本帝国の、あの治安維持法の時代の1932年1月~4月、高知県で上海出兵ノーと青年たちが陸軍歩兵44連隊(高知県朝倉村)などに八回以上も反戦のビラを配布したという出来事です。

 平和資料館・草の家研究員の藤原義一が、配布の状況、配布した青年たちの思い、その影響、この行動の意味について講演します。これらのビラの原稿をつくった槇村浩さんの詩「生ける銃架(じゅうか)」を横田和久さん(詩人サイコポムプ)が朗読、中山直一さん(舞踏家)が、朗読に合わせて踊ります。

 主催は、槇村浩の会、共催は治安維持法犠牲者国賠同盟、平和資料館・草の家。参加費・資料代500円。

 【参加されるかたへ】

 資料準備などのため、事前に「私も参加します」と、ご一報いただければ幸いです。

 メールアドレス  bqv01222@nifty.com

|

« 第七回高知短期大学がくゆう文化展の受付の一員として。 | トップページ | 『陸軍省大日記』のありか。インターネットで見ることができます。高知の「歩兵四十四連隊」を検索したら……。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/47699811

この記事へのトラックバック一覧です: 上海(しゃんはい)事件の時の高知で、反戦ビラが8回、陸軍歩兵44連隊などに配布されました。3月19日夕、高知市の平和資料館・草の家ホールで講演と詩の朗読と踊りの夕。:

« 第七回高知短期大学がくゆう文化展の受付の一員として。 | トップページ | 『陸軍省大日記』のありか。インターネットで見ることができます。高知の「歩兵四十四連隊」を検索したら……。 »