« 【記録】 伊方原発(愛媛県伊方町)プルサーマル発電 二〇一〇年。 | トップページ | 職場の先輩だった東京都のIさん(男性)からの電話。 »

2010.03.05

「P6」を知っている高知大学に通ったみなさんへ。元学生の四人の男性が集まりました。

 三月四日夜、高知大学に行っていた人たちが四人の男性と、学生下宿をやっていた女性があつまりました。

 僕は、文理学部文学科史学で、ほかの三人より一学年上で、四年生になる前にやめました。

 KAさんは、教育学部を四年で卒業して、校長をつとめて、いまは定年退職しています。写俳をやっています。俳句と写真を組み合わせて見せる芸術です。

 NAさんは、文理学部文学科史学で、七年で卒業。いまは会社社長です。

 学生のとき、「暴力学生に、ゲバ棒で頭を殴られて負傷した」といいます。

 HOさんは、文理学部の理学系で、八年で卒業。最近、定年退職しました。いまは、独り暮らしで、畑仕事に興味を持っているとのことです。

 「学生自治会の藤原さんと小池倍夫(こいけ・ますお)さんが文科一年のクラスに、ようオルグにきよった」(NAさん)

 「あのP6で……」(HOさん)

 P6は、昔の陸軍歩兵四十四連隊の二階建て木造の建物で、そのころはオーケストラ、マンドリンクラブ、軽音楽のブルースカイ、グリークラブ、ESS、文理学部学生自治会執行委員会、児童文化研究会、ワンダーフォーゲル部、山岳部などが入っていました。

 女性の発言が印象的でした。

 「この人(藤原のこと)、やりたいことがいっぱいあって成功せん」

|

« 【記録】 伊方原発(愛媛県伊方町)プルサーマル発電 二〇一〇年。 | トップページ | 職場の先輩だった東京都のIさん(男性)からの電話。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/47730725

この記事へのトラックバック一覧です: 「P6」を知っている高知大学に通ったみなさんへ。元学生の四人の男性が集まりました。:

« 【記録】 伊方原発(愛媛県伊方町)プルサーマル発電 二〇一〇年。 | トップページ | 職場の先輩だった東京都のIさん(男性)からの電話。 »