« 高知市から、さぬき市へひっこしました。 | トップページ | 【川柳】 初めから わが家の政権 妻のもの »

2010.03.28

世界選手権女子ショートカットプログラムのキム・ヨナさんの演技。【少し書き換えました。基本は変えていません】

 オリンピックでキム・ヨナさんの演技を見て感嘆しました。

 「すごい。完璧だ。こんな演技は二度と見ることができないだろう」

 二位の日本人選手が完全にかすみました。

 同時に、「こんな演技をしてしまっては、あとは、もう、ここにはこれないだろうな。これ以下の演技しかできないだろうな。ときにはめろめろの演技になってしまうに違いない」とも思いました。

 完璧のプレッシャーは、すごいと思います。

 やっぱりです。

 二十六日の世界選手権の女子ショートカットプログラムの演技です。

 少なくても四回は失敗しました。

 共同通信は「誰も予想しなかった女王のつまずきだった。……」と書きました(毎日新聞二十八日付)。これは、うそです。少なくても僕は、予想していました。「たぶん、今回は……」と。

 ちなみに僕は彼女の大ファンです。彼女にっては、じっくり、もう一度、基本から重ねていく時期です。とくに大事なのは、「フィギアスケートって楽しい」という思いを、もう一度思い起こすことではないでしょうか。

 キム・ヨナさんに心から声援を送っています。

 素人が上から目線でこんなことをいってという批判もありましたが、「見る側」としては素人ではないつもりです。

|

« 高知市から、さぬき市へひっこしました。 | トップページ | 【川柳】 初めから わが家の政権 妻のもの »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

素人が上からのコメント。えらそうですね

投稿: 大島 | 2010.03.28 10:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/47928817

この記事へのトラックバック一覧です: 世界選手権女子ショートカットプログラムのキム・ヨナさんの演技。【少し書き換えました。基本は変えていません】:

« 高知市から、さぬき市へひっこしました。 | トップページ | 【川柳】 初めから わが家の政権 妻のもの »