« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010.04.01

英語日記 March 25, 2010 I had the last English lesson in this morning.

 I had an English lesson.
 My teacher was a young woman.
 The students were two people including me.
 The lesson was for 2hours once a week.
 My English skill has improved than before thanks to this lesson.
 I had the last lesson in this morning.
 Thank you, my teacher. 

 A series of project for peace will be held in Kochi city in this summer.
 The first executive committee was held tonight, and I participated it.
 The name of the project is PeaceWave.

 (executive 実行する。participate 参加する)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語日記 March 26, 2010 War ruins preservation network Kochi held the general meeting in Kochi City tonight.

 I bought the single lens reflex camera that was able to take the photograph and animation today.
  It was a graduation memento for me.

 I went to an ear, nose and throat hospital near my house.
  The doctor diagnosed my condition as rhinitis.

  War ruins preservation network Kochi held the general meeting in Kochi City tonight.
  I also participated in the meeting.

(memento 小さな記念物。throat のど。diagnose 診断する。rhinitis 鼻炎。ruin 遺跡)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語日記 March 27, 2010 I moved from Kochi city to Sanuki city in Kagawa today.

 I moved from Kochi city to Sanuki city in Kagawa today.
 My younger brother took me and my wife to Sanuki city by his car.
 We left before 8 a.m.
 The road to Sanuki city was very long.
 There were some mountain path in Kochi, then we went through Tokushima, and finally got to Kagawa.
 It was 12:30 when we arrived at my new house.
 It means that took for four hours and half!!
 There are 170 kilometers between Kochi and Sanuki.
 A car of transporter arrived at 1 p.m.
 It was before 5 p.m. when we finished cleaning moving stuffs up.
 And, I need 6 colored boxes and some rope for laundry.
 And others, the television and the internet should be able to be used.
 There will be an orientation for students who transfered as a junior on 29th.

 (transporter 運送者。transfer 編入。a junior 大学三学年)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語日記 March 28, 2010 There was a farewell party of Mr.Ujirou Tamaoki who retired from the prefectural Kochi junior college tonight.

 I went to see cherry blossoms to Kagamino park in Kami city.
 I left Kochi city at 10a.m.
 It was Mr.Ota's driving, and there were 4 people including me.
 We had lunch at a Korean restaurant in coutryside of Kami city on the way our home.

 There was a farewell party of Mr.Ujirou Tamaoki who retired from the prefectural Kochi junior college tonight.
 More than 100 people came to this party.
 I was in charge of taking video.

(farewell 別れの。prefectural 県の)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語日記 March 29, 2010 The class teacher and the clerk taught us politeley.

  I went out to Sanuki city in Kagawa early morning.
  The destination is cultural asset subject of Department of iterature Tokushima Bunri university  in the city.
The purpose was to attend in the orientation for students who transfered as a junior.
Students who participated there were two people including me. (a young woman and I)
  The class teacher and the clerk taught us politeley.

(a class teacher クラス担任。a clerk 事務員さん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知県宿毛市の鵜来島で見たもの その一 横穴壕に残っていたカスガイ。

 三月三十一日、高知県宿毛市の鵜来島でアジア太平洋戦争の戦争遺跡を見ました。

 案内は地元の男性、四万十市の山の専門家のIさん、見学者は宿毛市議のMさん、Iさんの奥さん、津野町の女性、そして僕、香川県さぬき市から来た僕です。

 同島の人口は二十六人です。

 平地は船着き場の前だけです。

 僕たちは、右手から登り始めました。

 中腹に横穴壕がありました。

 あまり奥まで行きませんでしたが、かなり長いものです。

 Iさんが、中でさびついで、いまにも崩壊しそうなカスガイを四っつ見つけました。

Photo_13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知県宿毛市の鵜来島で見たもの その二 俯仰目盛照明燈!!??

Photo

 Mさんが横穴壕の近くの道端で、こんなものを見つけました。

 俯仰目盛照明燈という文字が彫りこまれています。

 もしかしたら戦争に関係した物かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知県宿毛市の鵜来島で見たもの その三 L字形の二メートル以上あるコンクリート製の壁、銃眼が十四も。

 

Photo_3

 もっと登ると陣地跡のような所がありました。

 建物の土台が残っています。

 海側にL字形の二メートル以上あるコンクリート製の壁があります。

 中間に銃眼のような穴があいていてます。穴は、十四ありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知県宿毛市の鵜来島で見たもの その四 頂上近くに、砲台の跡がありました。

 頂上近くに、砲台の跡がありました。

 二つです。

 まず海を背にして右側の様子です。

 砲台の跡。

 その後ろの施設。八つ物を入れておくような四角い穴があります。

 その左手にあるコンクリートの壕。中にはなにもありませんでした。

Photo_4

Photo_5

Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知県宿毛市の鵜来島で見たもの その五 コンクリートの壕の中の竪穴に入ったら……。

 左手の砲台の様子です。

 まずは、右手にコンクリートの壕があります。

 壕に入ると左手に丸い穴があります。竪穴です。Iさんが入ったら、左に横穴が続いていました。

 その出口とおぼしい所が砲台跡です。

 そして、その裏に、物を置く所のようなコンクリートの穴が八つ……。

Photo_7

Photo_8

Photo_9

Photo_10

Photo_11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知県宿毛市の鵜来島で見たもの その六 砲台跡にあった碍子のようなもの。

 砲台跡の近くでIさんの奥さんが、こんなものを拾いました。

 碍子ではないでしょうか。

Photo_12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知県宿毛市の鵜来島で見たもの その七。

 砲台跡の近くに神社の跡があります。

 その石段を下りていくと、また陣地跡のような建物の土台が残っていました。

 その向こうに、また二メートル以上のコンクリートの塀があり、銃眼があいていました。

Photo_14

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.04.03

英語日記 March 31st 2010 War remains of the Asian Pacific War at Ugurushima in Sukumo city, Kochi.

I saw war remains of the Asian Pacific War at Ugurushima in Sukumo city, Kochi today.
Visitors on this this day are a man of a memmber of Sukumo city council, a female elementary school teacher in Simanto city, a female of Thuno town and I.
A local man and a male specialist in mountains guided us.
The population of this island is twenty six!
A flat in this island is only in front of the wharf.
We started climing the mountaitn from the right side.
There was a trench in the halfway up the mountain.  
And, I saw something like a positional mark in the upper side.
And then, there was a trace of fort near the top.
I found something like a positional mark near it again.
I'd like to check this island by a literature for a while.
Then, after investigating about this island, I'd like to visit there and make sure the fact by walking around.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語日記  April 1,2010 Oh, my PC broke down.

Today, I went to Sanuki city from Kochi city with my wife.

I tried to use my PC when we arrived at my apratment, but my PC was broken.

"Ah ah....I need it soon!!"

There is no choice.

I went to buy a new computer.

It was unexpected large expenses.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語日記  April 2,2010 Student Orientation.

There was a student orientation in this morning at my university.
This is the first time for me to meet members of our class. 
19 people were there, including me.
All are just young people (except for my 63 year old.)

In our university, we have to take our lessons and course on the net. 
Back to the apartment, I tried to log into the site, but could not login.
So, I contacted with the university, and they taught me another way of login.
Finally I could login.
I made a registration for a course on the site.
I filled my schedule from 1st period to 5th period.
There are no 5th period on Wednesday and Friday.
Subjects I took were the subjects of Archaeology, subjects to become a curator, and subjects of information processing.
English was the only conversation.
And I handed out this registration.

My wife said, "I worried about my cat being alone in my house." and went back home around four p.m.
And I started to live by myself.
I went to buy food.
I made something delicious with yellowtail Ala. Ala are parts of fish that people usually throw away, like a tail, a head and so on.

I proofreaded the galley proofs of the magazine.
I prepared for the English lesson.
Things I have to do go fast when I am alone.

Today, I made one haiku.
Alone, can you mutter complains

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.04

英語日記 April 3,2010 Shido Sinjujima(Pearl Islands).

Holidays

I walked around my neighborhood in this afternoon.

Shinjujima is in about ten minutes walking.

I heard that Shinjujima was under the sea long time ago, but  now it's like a mound in the land.

There is a legend about women who were victims of a powerful person in Heian period in Shinjujima.

After watching Shinjujima, I went to see the fishing port.

It was two hours walking when I found myself.

Back to my apartment, I fell asleep until after nine p.m. while lying down, reading a book.

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語日記 April 5th 2010. I can not hear English conversation.

Holiday

I study Engilsh for a English conversation lesson tomorrow.
I listened to a CD with the  English textbook many times.
But, it was hard for me to listen to it.

I have not watched American movies for these two years.
I thought that it is good for my listening to watch movies.
So,  I bought two used american DVDs.
Back to my apartment, I watched one of them "Mr.&Mrs. Smith".

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカが日本に圧力をかけて日本の政治、経済をねじ曲げてきた。二つの事例。

 「しんぶん赤旗」を読んでいると、アメリカが日本に圧力をかけて日本の政治、経済をねじ曲げてきたことがよくわかります。
 きょうも、二つの記事に注目しました。

 2010年4月4日(日)「しんぶん赤旗」

 米圧力の会談録を開示 駐留違憲判決「砂川事件」元被告に

 米軍駐留を違憲とした1959年3月の東京地裁判決(「伊達判決」)をめぐり、マッカーサー駐日米大使が藤山愛一郎外相ら(いずれも当時)に圧力をかけた問題で、外務省がこれまで「不存在」としていた同大使と外相の会談速記録の存在を認め、元被告側に2日夕、開示していたことが分かりました。
 開示請求していたのは、57年に旧米空軍立川基地(東京都立川市)の拡張に反対して労働組合員や学生らが基地内に立ち入り、安保特別法である刑事特別法にふれるとして起訴された「砂川事件」の元被告・坂田茂さん(80)、土屋源太郎さん(75)や支援者など40人です。
 開示されたのは東京地裁判決の2日後にあたる59年4月1日付「藤山大臣在京米大使会談録」と題された34ページの文書。手書きのため、精査した上で8日に発表します。
 東京地裁(伊達秋雄裁判長)は同事件の被告7人を無罪とし、米軍駐留は違憲との判断を下しましたが、マッカーサー大使は高裁を経ずに最高裁へ上告する「跳躍上告」をするよう要請。検察側は跳躍上告し、59年12月、最高裁は地裁判決を破棄しました。
 2008年4月、国際問題研究者の新原昭治氏が、米側が「跳躍上告」するよう日本側に圧力をかけていたことを示す電報14通を発見。これを受けて09年3月、坂田さんらは外務省などに情報公開請求に基づき文書の開示を求めましたが、「不存在」と回答されていました。政権交代を受けて、10月に再請求していました。
 この問題では、日本共産党の吉井英勝議員が昨年5月27日の衆院内閣委員会で、「存在しないとウソまでついて公開しないのでは、公文書管理の法律は生かされない」と指摘、徹底指導を求めていました。小渕優子内閣府特命担当相(当時)は、「指摘はもっともだ」と認め、「可能な限り積極的な公開をすすめていきたい」と答弁しました。
 (後略)

 2010年4月4日(日)「しんぶん赤旗」

 主張 MA米 農業破壊の輸入をやめよ

 米価の下落が日本農業を暗いものにしているなか、下落の大きな要因になっているミニマムアクセス(最低輸入機会=MA)米を今後も輸入し続けるのかどうかが、あらためて問われています。
 鳩山由紀夫政権は、MA米の輸入政策を見直さず、旧政権と同様に年間77万トンにのぼるMA枠の全量を輸入する姿勢をとっています。農業者をはじめ、食料自給率の引き上げを望む大多数の国民にも背を向けた姿勢です。

 全量輸入は約束でない

 MA米は、1994年に制定された世界貿易機関(WTO)協定で、それまで輸入割合の小さかった品目に輸入機会を提供するものとして設定されました。しかし、その全量を輸入するよう義務づけられたわけではありません。ところが、自公政権はそれを「義務」だと言い張り、国内に需要がないにもかかわらず、大量に輸入し続けてきました。
 赤松広隆農水相は、全量輸入について「(WTO協定上)規定されているわけでもないし、約束があるわけではない」(1日の参院農水委員会、日本共産党の紙智子議員への答弁)と言明しました。
 それにもかかわらず、同相は「国際約束」論を持ち出して、MA米の全量輸入を続けるという姿勢をとっています。(中略)
 赤松農水相は昨年10月に訪米し、カーク米通商代表(USTR)と会談した際、MA米の全量輸入を達成すると約束したことが伝えられました。
 MA枠の全量輸入が続くなか、2007年度は輸入量が70万トンにとどまりました。コメの需給が国際的にひっ迫し、価格が上昇したことが理由でした。ところが、米政府はこれにまで非難を浴びせてきました。
 USTRが作成した『貿易障壁報告』09年版は、07年度の未達について日本の制度運営の「弱さを露呈した」と強調しました。08年度には「全量達成されると期待している」とし、日本の輸入入札過程を「厳密に監視し続ける」と高飛車な態度を示しました。
 政府は08年度、77万トン全量を輸入しました。USTRは3月末に公表した10年版の『貿易障壁報告』で、「日本がWTOの輸入量約束を満たし続けることを期待する」とクギを刺しています。
 赤松農水相はMA枠77万トンの全量を「国際的な約束としてきちんと守っていることの方が、結果的には日本の農業を守ることになる」などとして、全量輸入に固執しています。政策の転換を求める国民に対しては、「こうした約束そのものは政権が代わっても守っていかざるを得ない」と開き直る始末です。
 (後略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.05

香川県・いま行きたい所 三豊市の宗吉かわらの里展示館。

 香川県三豊市三野町吉津の宗吉瓦窯(がよう)から七世紀末の日本初の瓦ぶき宮殿・藤原宮(ふじわらきゅう。六九四年から十六年、都がおかれました)に瓦を供給していたといいます。
 その窯跡に、市が整備した「宗吉瓦窯跡史跡公園」と「宗吉かわらの里展示館」があります。
 公園には当時の瓦窯の外観を再現しています。
 展示館では出土品などで藤原京とのかかわりなど瓦製作の歴史を紹介しています。
 宗吉瓦窯は、飛鳥時代に生産を始めました。土づくりから成形、焼成を一貫しておこなう、当時としては瓦生産の一大コンビナートでした。
 大正時代に軒丸瓦が発見されたことから知られるようになりました。二十四の瓦窯跡が見つかり、瓦の破片などが多数出土ました。

 同館の住所は、三豊市三野町吉津甲一五三の一。JR予讃線みの駅下車、徒歩三十分。電話は、0875(56)2301。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県立高知短期大学のみなさんへ、さぬき市からの近況報告です。 短歌「丘の上の大学の初授業」。

Photo

洗たくは途中までだが「遅れそう!」 機械にまかせ授業に急ぐ

小川からセキレイ一羽飛び立って チチチチチチと朝のあいさつ

「コーヒーのおかわり自由」 妻ならば小躍りしそう 喫茶の表示

五科目の教科書、ノートずっしりで 大学への坂登りいく朝

朝食にカップラーメン、にぎりめし 大学で見た若者の食

「古文献」 基礎からじっくり始まって ついていけそう 初心者の僕

Bランチ三百五十円売り切れで 八十円増し Aにしている
 
英会話 「六十三」と自己紹介 「interesting!(興味深い)」 教師の応援

二列目を定位置と決め 渡ってる 最後の授業 「讃岐の瓦」

赤照らす海の夕日を撮りながら 下校している 初授業終え

 ● KO、SU、SI、ZEという四つの病気を抱えながら、よろよろとがんばっています。

 ● オートバイを、まだ持ってきていないので「歩け、歩け」です。買い物に二時間かかったときもあります。気がつくと「よろよろ」と歩いていることがあるので、できるだけ胸を張ってカツカツと歩くように心がけています。

 ● 「午前零時に就寝」を心がけています。午前七時起床を目指し、目覚ましを二つかけています。

 ● 食事は、朝は喫茶店のモーニング、昼は学食のランチ、夜は定食屋ということになりそうです。 肉は「目の敵」にしています(大好きなのに)。トン汁よりはアサリ汁ということに、できるだけしています。ご飯は「大盛り」を避けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語日記 April 5th 2010 Japanese history is still interesting.

The class of the university has started.

I had two Japanese history classes today.
I thought, "I was born for studying Japanese history after all." after taking the lessons.

A teacher of English conversation is a young and fair woman.
Today's lesson was about self introduction.
"Please answer more than two sentences."
"Please speak loud."
I was asked to do self introduction.
"I came from Kochi city. I am 63 years old. I am studying the cultual heritage at the university."
The teacher's reaction was "It is interesting."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.06

 「降りそうにある」という感じのいい言葉。

 昨朝、喫茶店で、「降りそうにある」という言葉を聞きました。

 「雨が降りそうですね」ということでしょうか。

 すごく、心に響くいい言葉です。

 僕も使ってみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いま、行ってみたい所 バーミヤン渓谷の石窟群。

 アフガニスタンの首都カブールの北西230kmの山岳地帯に位置するバーミヤン渓谷(バーミヤーン渓谷)の古代遺跡群。
 七百を越える石窟群があり、うち七十以上の石窟は仏教壁画で飾られています。五世紀から九世紀にかけて作られたと見られています。
 バーミヤン渓谷は古代以来の都市であるバーミヤーン(バーミヤン)の町を中心とするヒンドゥークシュ山脈山中の渓谷地帯で、標高2500mほどの高地に位置しています。
 六三〇年、唐の仏僧・玄奘がこの地を訪れたときには大仏は美しく装飾されて金色に光り輝き、僧院には数千人の僧が居住していたといいます。
 その後、ムスリム(イスラム教徒)勢力がこの地にも及ぶようになり、イスラーム教徒による迫害によって次第に仏教徒の共同体は消滅していきました。
 十一世紀初頭に、この地を征服したガズナ朝のマフムードによって石窟寺院遺跡が略奪を受けたともいわれます。大仏も装飾がはががれ、顔面部が崩落するなど長年にわたる放置のために大きな被害を受けました。
 しかし、破壊はまぬがれ、偶像崇拝を否定するイスラムの時代にも多くの壁画が残されていました。
 一九七九年のソビエト連邦のアフガニスタン侵攻以来アフガニスタンで続いてきたアフガン紛争によって大きな被害を受けました。
 二〇〇一年二月二十六日、ターリバーンは、イスラムの偶像崇拝禁止の規定に反する大仏を破壊すると宣言し、二体の大仏を爆発物によって破壊しました。

(以上、データは、フリー百科事典『ウィキペディア』から)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.07

英語日記  March 30,2010 I want to visit Ugurushima island.

I want to visit Ugurushima island.
I went to Sukumo city from Kochi city by trains and a taxi in this afternoon.
I stayed at an inn in Katashima, Sukumo city.
I did not take a bath, and slept in the room.
I am going to get up at 6a.m. tomorrow.
I am going to visit Ugurushima in the city by taking the cruise boat that leaves at 7a.m. from the port near the inn.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.08

英語日記 April 8th 2010 Shikokumura is full-blown.

Photo_2

I had an entrance ceremony of our university today.
I also attended the ceremony even if I am transfered. The ceremony ended in the morning.

Then, I went to Shikokoumura in Yashima in Takamasu city.
Shikokumura is in 10 minutes on foot from Yashima station of the Kotohira electric railroad.   Flowers there were beautiful. 
There were some falled camellia that were covered with cherry blossoms.  I really liked them. 
 
So, one Haiku was born.

Cherryblossoms lay on a falling camellia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国村(高松市屋島)の戦争。

Photo_3

Photo_4

 高松市屋島の四国村に行ったら、こんなものが展示してありました。

 わおーっという感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.10

英語日記 April 9th 2010 Those who are made about fine anecdote of militarism.

I attended the class for four hours today.
The our three hours were classes in the computer classroom.
It was strained.
The future is prepared, and the review is very so.

I heard the lecture in Takamatsu City at night.
The theme is how the fine anecdote of militarism "Ichitaroyaai" after Russo-Japanese War was made up.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語日記 April 10th 2010 The acceptance of the prefectural library is an employee in the company.

I went to Kagawa prefectural library of Takamatsu City in the morning.
It is that most of women of the acceptance of the lending etc. did the nameplate of "Miyawaki bookstore Ltd." that it was surprised.
Why is the employee in the company working though it is a library of prefectural?

My do noodle of self to the return and it entered.
I put and ordered the noodle.
Then, it was only the one that the noodle entered the bowl that was passed to me.
It was a system that warmed the noodle of the bowl, and poured soup into the bowl by my putting all spring onions etc.
In a flurry for a moment.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌 「登り坂 ごんごんこいでる 学生ら……」。

登り坂 ごんごんこいでる 学生ら うつむきがちの われも胸張る

 (四月九日)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日常的に国民への監視活動をする自衛隊情報保全隊が増員されそうです。

 日常的に国民への監視活動をする自衛隊情報保全隊が増員されそうです。
 反対したのは日本共産党だけです。
 どうなってるの!? ほかの政党は。
 

 2010年4月10日(土)「しんぶん赤旗」

 国民監視活動を当然視 自衛隊 情報保全隊強化を可決 赤嶺議員批判

 日常的に国民監視活動を行う自衛隊情報保全隊の増員を含む防衛省設置法・自衛隊法の「改正」案が9日、衆院安全保障委員会で採決され、日本共産党以外の賛成で可決しました。民主党政権は自公政権と同様、自衛隊による国民監視を当然視し、活動を強化する立場を鮮明にしました。
 「改正」案は、昨年8月に陸海空3自衛隊ごとに分かれていた情報保全隊を統合し新編された自衛隊情報保全隊に新たに39人増員するもの。
 日本共産党の赤嶺政賢議員は同委員会の質疑で、「情報保全隊は、自衛隊の活動に批判的な市民や団体、政党の活動を日常的に監視し記録している」として厳しく批判し、反対を表明しました。
 赤嶺氏は、共産党の志位和夫委員長が2007年6月に、陸自情報保全隊の内部文書をもとに、自衛隊のイラク派兵や消費税増税に反対する活動などを含む国民のあらゆる運動・活動を対象に、写真撮影など監視・記録を日常的に行っていることを暴露した事実を示し、「情報保全隊を増員することは新政権としても国民監視活動を容認することか」と質問しました。
 榛葉賀津也・防衛副大臣は、「情報収集と研究を国防に生かすのは大変重要。(情報保全隊は)極めて有用な組織」「デモなど一定の写真撮影は法令に順守してやる場合もある。国民を監視するだけのためのものではない」などと答えました。
 赤嶺氏は、「(野党時代の)民主党国会議員も監視されていた。国民監視を堂々と認めた答弁には驚く」「憲法21条が保障する、集会、結社、言論、出版など表現の自由、憲法13条が保障する個人のプライバシーを侵害する憲法違反の行為。こうした活動を新政権が容認していることは極めて重大だ」と批判しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.11

英語日記 April 11th 2010 The mayoral election in Sanuki city will be notified on 18th.

The mayoral election will be held in Sanuki city.  The official announcement is 18th.
The election day is 25th.
It is expected a confrontation between an incumbent candidate Mr. Shigeki Oyama(59years old. independent) and a freshman candidate Mr. Kouji Miyake(55years old. Japan communist Party).
 
My wife in Kochi came to my apartment in Sanuki city in this afternoon.
She is going to return to Kochi city tomorrow.

(election 選挙。Mayor 市長。incumbent 現職の。confrontation 対決)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌 「待っている メールは、きょうも こなくって……」。

 待っている メールは、きょうも こなくって 何だかさびしい この春のこと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.13

短歌 「湯を止めて ボタンを押して……」。

湯を止めて ボタンを押して あれこれと 僕に指示する アパートの風呂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あーっ、いやな風邪をひいてしまいました。

 起きたらゴホゴホ。

 風邪気味です。

 きちんとした生活をしているのに、なぜ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイ デモ隊と治安部隊の衝突。

 タイからのメールで隊の事態を知りました。
 事態は「とんがった」状態で続いているようです。
 インターネットを見たら、こんな記事がありました。

 タイ死者21人、負傷874人、解散・総選挙前倒しも
 4月12日11時24分配信 産経新聞

 【シンガポール=宮野弘之】タイの首都バンコクの繁華街を占拠するタクシン元首相支持派「反独裁民主統一戦線(UDD)」のデモ隊と治安部隊との衝突による死者は、日本人カメラマンの村本博之さん(43)ら民間人17人を含む21人、負傷者は874人となった。アピシット首相は犠牲者に哀悼の意を示したうえで辞任要求を拒否した。これに対し、UDDはデモ継続を宣言し、事態打開のめどは立っていない。こうしたなか現地では、政府が解散・総選挙を前倒しするとの観測が強まっている。
 AP通信などによると、デモ隊は先月から集会を続ける2カ所を中心になお、数千人が集まり、周辺には治安部隊の放棄した武器や装甲兵員輸送車、軍用車両数台が残されている。デモ隊は12日、衝突で死亡した参加者の遺体を入れた棺とともに都心をめぐり追悼デモを実施。軍など治安部隊は現在撤収しているが、デモ隊が挑発行動をエスカレートさせれば、新たな衝突も懸念される。
 首相は10日夜のテレビで犠牲者に深い哀悼の意を表す一方、事態の打開を優先するとして、辞任要求を拒否。さらに衝突で犠牲者が出た原因を究明する考えを表明した。これに関連し、政府報道官は11日の記者会見で、「部隊は強制排除の際、デモ隊に向け実弾射撃は行っていない」と強調。さらに「デモ隊が軍などが保有しない武器を使った」と指摘し、デモ隊の武装が想定以上だったため制圧に失敗したと説明した。
 こうしたなか、12日付のバンコク・ポスト紙は首相が事態打開のため、6カ月以内の解散・総選挙を検討していると報じた。これまで政府は憲法改正などを前提に今年末の総選挙を提案しており、3カ月前倒しする形だ。ただ、UDDは首相の即時退陣と国外退去を求めており、事態の解決につながるかは不透明だ。

  2010年3月30日(火)「しんぶん赤旗」

  首相と直接交渉開始 反政府派、総選挙を要求 タイ

 【ハノイ=井上歩】タイの首都バンコクで反政府デモを続けるタクシン元首相派の運動団体「反独裁民主同盟(UDD)」幹部とアピシット首相は28日、事態打開に向けた直接交渉を行いました。UDDは2週間以内の下院解散・総選挙を要求。アピシット首相は受け入れず、29日の交渉再開で一致しました。
 双方3人ずつが出席した交渉はテレビ中継されました。UDDは憲法改正などの政治問題を解決するために総選挙が必要だと主張。どのような選挙結果でも受け入れると表明しました。
 アピシット首相は、次回総選挙で政治対立を終わらせるためには政治の全当事者が選挙と選挙結果を尊重する環境が必要だとして、早期の解散を否定しました。ただ、解散・総選挙自体には反対しませんでした。
 UDD幹部は交渉実現を評価。29日を最後の協議と位置づけ、要求が実現しない場合はデモを継続するとしています。

2010年3月23日(火)「しんぶん赤旗」

タイ 政治混乱いつまで 根本に民主主義めぐる対立 政府とタクシン派 交渉は開始

 タイの首都バンコクでタクシン元首相派が14日から大規模な反政府集会・デモを続けています。同派の運動団体「反独裁民主同盟」(UDD)と政府は政治混乱の落としどころを探り始めました。しかしタイの政治対立の根は深く、政情が安定するには長い時間がかかりそうです。(バンコク=井上歩 写真も)
 同盟は当初、支持者「100万人」を動員し、その圧力でアピシット政権を解散・総選挙に追い込むとしていました。支持基盤である東北部、北部など全土から支持者をバンコクに集結させ、14日には10万人以上が政権打倒の気勢を上げました。
 アピシット首相は解散の要求を拒否。治安維持法を発令し、約5万人の治安部隊で厳戒態勢をとりました。同盟は参加者の血をまくなどの過激な抗議をしたもののデモ自体は平和的に行い、懸念された衝突や騒乱は22日現在、回避されています。
 デモは、連日の酷暑の下で参加人数が減少。週末の20日には約5万~6万人が再び集まって圧力を強めましたが、運動には手詰まり感が出ていました。

■対話が最良の道

 同盟が「総選挙実現まで運動を続ける」との姿勢をとり、長期化の可能性が指摘され始めるなか、交渉が模索されはじめました。
 英字紙バンコク・ポストは19日付社説で国民の約6割は中立だとして、「対話が最良の道」だと主張。世論調査でも75%が交渉を支持しています。
 ただ、対立の根深さから悲観的な見方も少なくありません。政治学者チャロムチャイ氏は「即時の解散・総選挙の要求は実行不能で交渉成立は難しいだろう。同盟は支持を広げる時間稼ぎ、政府は交渉不成立後なら強硬手段に出られるとの考えがあるのでは」と話しました。
 過去4度の総選挙で勝利したタクシン派は、軍部による2006年のクーデターや政党解党などの司法判断で政権から追い落とされました。
 タクシン派は、これは平民層と立憲君主制であるタイの「貴族・特権階級」や「絶対王制型官僚主義」政治とのたたかいだと主張。「正義と民主主義を取り戻す」「次は総選挙でだれが勝っても認めるべきだ」と訴えています。アピシット首相も解散の条件がないと拒否しながら「要求は理解している」と述べています。

■国民的合意は…

 一方で国内にはタクシン政権が首相や政党への権力集中を図ったことへの反発も根強く残ります。反タクシン派や政府が主張する、政治家だけでなく王室や司法、独立機関に権力を分散する「タイ独自のバランス民主主義」の支持者です。
 国民の投票が勝敗を決めるのか、それとも軍や官僚なども含めた「バランス」のとれた政治をしていくのか。民主主義のあり方にまでかかわる対立は、容易に解消できそうにありません。この先、国民的合意がどう形成されるかが注目されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語日記 April 12th 2010 memo for English conversation

I attended  an English conversation class today.
It is hard for me to speak English well, yet. 
So, I made a plan for the next class. 
And, I made the memo in my apartment at night.


Q: I am not good at English, but I hope we have a good time. 
A: That's right.
Q: May I ask your name please?
A: My name is Yoshikazu Fujihara.
Q: What grades are you?
A: I am a junior of the cultural asset subject.
Q: Where are you from?
A: I came from Kochi city.
Q: What kind of circle are you in?
A: I don't become a member of a circle yet, but I want to enter some circle.
Q: What your favorite class you take now?
A: It is this English conversation class in my all classes I take.  It is the most interesting lesson.
Q: Why do you think so?
A: Well,It is because that I feel, I can do anything if I try hard this lesson.
Q: By the way, what is your hobby?
A: My hobby is to make Tanka.
Q: What points do you like?  Is it very interesting?
A: Well, I can tell my feeling in 36characters, and it makes me open my mind.
Q: What kind of job do you want to do after graduate?
A: I want to become a reseacher of historical science.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語日記 2020/04/13 自己紹介。

My name is Yoshikazu Fujihara.
I am 63 years old.

Some people say "You are single, aren't you?" because I don't have life atomosphere.
However, I have been married with a woman for 40 years who I got acquainted with whenwe were Kochi university students.
I was sophomore, and she was freshman at that time. 
We have our daughter and son.
They are both married.
My daughter has two girls.

I started working when I was 20.
I changed my job in 8 months, and after that I worked at Tokyo until 60 years old.
My job was editing a newspaper.

After retiring, I worked for a private peace musium in Kochi city as a researcher.
And also, I learnt in the prefectual Kochi junior college at night.
Then I graduated in this March.

And now I transferd to cultural asset subject of Department of Literature as a junior.
Now I think, "I was born to study this subject." after taking some cultural assets classes.
I will study hard here for 2 years, and I want to improve my work at the peace musium.

We have published reserch magazine "Testimony and survey of war in Kochi" since last January.
It is a pamphlet about 70 pages.
Please let me know if you want.
It is 200yen.

My hobby is to write the TANKA.(Japanese short poetry )
A lot of collections of my Tanka are published.
You can see my recent works on my blog called "Tanaka No Hanadayori (Flower of Tanka)"
It would be great pleasure if you access my blog.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語日記 April 7th 2010 "please give me a theme."

A teacher said to us "Please diecide your own theme in this year.
You study about your own theme throughout the year." in a lesson.

I showed my teacher three themes.
One of them would be the theme in this year.
I am going to prepare to focus on it by next time.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メールと電話、うれしいね。

 今夜は、いろんなメールや電話をいただきました。

 【メール】

 ● 香川県にいる、ある新聞記者(年下の男性です)。
 ● 高知大学の一年後輩の男性(東京都 在住です)。   
 ● 県立高知短期大学の先輩の女性(僕より、ずいぶん年下です)。
 ● 高知市の英語の先生(二十歳代の女性)。

 【電話】

 ● 私の通っている大学の、ある男性の先生。
 ● 高知市の妻。
 ● 東京都、千葉県に住む元の職場の先輩、同僚、二人の男性。

 あなたのメールを待っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.14

英語日記 April 13th,2010 "Please submit the report by June 3rd.

"Please submit the report by June 3rd."

My teacher asked us in today's fifth period."

Well.

It is considerably a tough subject.

Immediately, I have borrowed three books seemed to be a reference in the library of the university.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語日記 April 6th,2010 I walk for as many as 3 hours everyday.

It was 5:55 p.m. when my class ended.

I went shopping at three places on foot after my classes.

And, it was 7:30 p.m. when I got to my apartment.

I have walked for about three hours everyday since I came to Sanuki city.

I think, I would be slim sooner or later.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語日記 April 14th 2010 My theme of research has decided

Now, I am glad to transfer to this university as a junior. 

And, I am taking classes, thinking "Oh, now I understand!" everytime.

Today my theme of archaeological research was decided. 

I want to pursuit this theme by walkin around. 

I stopped by a store on my way home from university, and I got a Carppenters' CD. 

I am listening to it in my apartment, now. 

I am alone in my room, and devote myself to the singing in a trance.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松市林町の地中の不発弾。

 大日本帝国陸軍林飛行場(高松市林町)などについて調べたいと思っていました。
 その林町で、つぎのような事件がありました。
 この飛行場と関係したことでしょうか。

 高松の住宅地に不発弾/周辺住民避難、焼夷弾か

 四国新聞 2010/04/15 09:41

 14日午前10時ごろ、香川県高松市林町で、宅地造成工事をしていた建設会社社長(54)が地中から不発弾を見つけ、高松南署に届け出た。同署の誘導で、半径150メートル内の住民が約6時間半にわたり近くの集会所などに避難。午後4時50分ごろ、陸上自衛隊第14旅団の専門隊員が不発弾を撤去、回収した。発見時、同社長が左手に軽いやけど。
 高松南署の調べでは、不発弾は1個で、長さ約80センチ、直径約15センチの円筒形。戦時中落とされた米国製100ポンド焼夷(しょうい)弾とみられるが、信管が破損し爆発の危険性は低いという。
 社長によると、4日朝からショベルカーで掘削中、深さ30センチ程度の地中で金属に当たる感触があった。不発弾からは白煙が上がり、漏れていた液体に触れてやけどした。
 現場は住宅が隣接する造成地。(後略)

 林飛行場は、アジア太平洋戦争開始後の一九四三年にできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.15

Carppenters の「Superstar」の日本語訳。

 Carppenters の「Superstar」を日本語に訳してみました。

Long ago, and, oh, so far away

I fell in love with you before the second show.

Your guitar, it sounds so sweet and clear,

but you're not really here.

It's just the radio.

Don't you remember you told me you loved me baby?

You said you'd be coming back this way again baby.

Baby, baby, baby, baby, oh, baby.

I love you, I really do.

Loneliness is such a sad affair,

and I can hardly wait to be with you again.

What to say, to make you come again?

Come back to me again,

and play your sad guitar.

Don't you remember you told me you loved me baby?

You said you'd be coming back this way again baby.

Baby, baby, baby, baby, oh, baby.

I love you, I really do.

Don't you remember you told me you loved me baby?

You said you'd be coming back this way again baby.

Baby, baby, baby, baby, oh, baby.

I love you, I really do.

    スーパースター

遠い日、ずっと遠い所のお話です。
私は、二番目のショーの前にあなたと恋に落ちました。
あなたのギターは、甘くて透明な音色だったわ。
でも、本当のあなたはここにいません。
あなたのギターは、ラジオから聞こえてきたの。

あなた。私のことを好きだっていったのをあなたは忘れてしまったの?
あなたは、私に、「帰ってくる」っていったじゃない。
ねえ、あなた、あなた、あなた、あなた。
私は、あなたを愛しているの。ほんとよ、信じてよ。

一人ぼっちって、なんて悲しいものなの。
私は、あなたに会いたくて、会いたくて待ちきれないの。
なんて言ったら、あなたは帰ってくるの。教えてよ。  もう一度、私のもとに帰ってきてよ。お願いだから。
帰ってきて、あなたの泣くようなギターを聞かせてよ

あなた。私のことを好きだっていったのをあなたは忘れてしまったの?
あなたは、私に、「帰ってくる」っていったじゃない。
ねえ、あなた、あなた、あなた、あなた。
私は、あなたを愛しているの。ほんとよ、信じてよ。

あなた。私のことを好きだっていったのをあなたは忘れてしまったの?
あなたは、私に、「帰ってくる」っていったじゃない。
ねえ、あなた、あなた、あなた、あなた。
私は、あなたを愛しているの。ほんとよ、信じてよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.16

六十歳になる大阪のMさんへ。おめでとうございます。

 本日は、午後から研究時間にしました。
 高松市に行って高松市の戦争遺跡に詳しい方に、お話を聞かせていただきました。
 実にインタレティングな、お話でした。

 それが終わってから高松駅へ。
 そこから高速バスで高知市の「わが家」に帰ってきました。

 ネコのクニョが大歓迎してくれました。
 僕の肩に飛び乗って、しばらくた「ゆたったり」していました。
 電話がかかってきました。
 お話を聞かせていただいたかたの仲間の方でした。
 「香川の海軍の戦争遺跡に、ご案内しますよ」
 うれしい、電話でした。

 あすは、持病の治療のため病院へ。
 そして、会議に参加。

 できるだけ早く、さぬき市に帰りたいと思っています。
 帰ったら、すぐに大学のリポートにとりかからないといけません。

 いま、夜の十一時過ぎです。
 六十三歳の妻(僕も六十三歳ですが…)は、ラジオの中国語講座の生徒になって、なにやら中国語をしゃべっています。

 それはそうと、昨日、大阪府の女性・Mさんから、もう少しで六十歳になりますというメールをいただきました。
 僕の実感としては、まだ、四十代という感じの人です。
 六十歳というのは、ひとつの区切りですね。
 やっと、世の中を「見渡せる」という世代に入ったという感じです。
 おめでとう。Mさん。
 
  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.04.18

April 15th,2010 Class of practice.

I am attending four pracitices at the university.
They are interesting classes for me.
However, it is hard for me to prepare before the classes and report after the practice.
I tell myself "Do your best".

| | コメント (0) | トラックバック (0)

April 16th,2010 I covered the army Yashimau airport.

I covered it from a local historian's Mr.M in Takamatu city in this afternoon.
Here are the informations from Mr. M.
Army Hayashi airport in Takamatu city
Army Yashima airport
Aircraft carrier in port in Shido

After that, I went to Takamatu station and went to Kochi city by a high-speed bus.

I planned to study in the bus.
However, I fell asleep with a book opened.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

April 17th,2010 I attended the conference in Kochi.

I attended a conference in Kochi city in this afternoon.
My base is in Kagawa prefecture now.
What can I do for Kochi, although I live in Kagawa.
I am groping now.

20100417

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松市 回転ずし屋に入ったらマグロの中トロ百五十円。すごい……。

 四月十六日午後のことです。

 高松市で、どれでも一皿百五円の回転ずしの店に入りました。

 マグロの中トロというのがありました。

 「これも百五円か安い」

 三皿注文しました。

 さあ、出てきました。

 ところが、一皿に一つしか入っていませんでした。

 「普通は二つ入っているんだけどなぁ」

 ほかのを頼むと、それらは、ちゃんと二つ入っていました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語日記 April 18th 2010 I returned to Sanuki city from Kochi city by my motorcycle(250cc).

I Left Kochi city Otsu by my motorcycle (250cc) at 5a.m.
I ran on the expressway.
It was foggy in the 400 meter altitude.
I  arrived at my apartment in Sanuki city at 7:20a.m.

After that, I went to a certain place.
 
And, I went to a library, and  examined ancient tombs in Kagawa prefecture.
We plan to go to see some ancient tombs in the class.

I study a usage of the level for measurement exercise in the afternoon.
This is preparations for this week's measurement exercises.

(altitude 標高。ancient tomb 古墳。usage 使い方。examine 調べる。measurement 測量。exercises 演習。prepare 準備する)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK総合テレビの「シリーズ日本と朝鮮」の一回目。ちょっと、ちょっと……。

 本日夜九時からのNHK総合テレビの「シリーズ日本と朝鮮」の一回目。
 見ました。

 けど、公平なふりをしながら、大日本帝国の、天皇制侵略日本の論理を、しっかり擁護していませんか。
 朝鮮支配の先頭に立った伊藤博文さんへの「よいしょ」とか。
 森山さんとか、伊藤さん(?)とかいう大学の「先生」の「解説」が、ひどすぎ。
 この番組で示している日本の天皇制政府、伊藤さんの無茶苦茶な朝鮮支配の「事実」を見ても、これらの「解説」が、「ひどすぎーーー」ってことがわかりますよね。こんな偏り過ぎた「解説」は、不必要ですよね。

 この番組では、伊藤さんが考えていた朝鮮の「穏健な統治」を、しつこく強調しますが、それは植民地支配の「やり方」の問題です。植民地支配に変わりはありません。

 「第二次日韓協約」が、「正当」どうかという議論をしていましたが、これは、「ナンセンス」(これ、大昔に、一部ではやった言い方ですが……)。「正当」という議論は、どうかしていてます。日本の天皇制政府の侵略なのですから。

 なんか、「歴史認識の溝」などという「折衷主義」が、この番組の基調になっていることは非常に残念です。もっともらしいことをいっているようですが、「あっちむいて、ほい」になっていませんか。

 このテーマにとりくもうとしたことは大いに評価します。しかし、ひどすぎます。しっかりしてください。事実と論理に立った番組にしてください。NHKさん。「NHKだから、しょうがない」では、すまされません。「不評だった」ということを、しっかり腹にすえて二回目以降をつくっていただくことを期待します。

 ついでに、ナレーションの「演説をおこなった」なんて、ものすごく、いや。「演説をする」でいいのではないでしょうか。「おこなった」という変な日本語表現は、あしき「NHK語」のような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古代史と現代史を同時進行的に学んでいる僕。

 いま、古代史と現代史を同時進行的に勉強するというかっこうになっています。

 何か、そのとき、そのときでポジションを変えるのに苦労しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.19

僕は「モヤシっ子」。少し太り気味の……。

 野菜がなかなか高いですねー。

 で、ついつい野菜売り場で買うのは、比較的安い(と思う)モヤシのみということになってしまいます。

 昨晩、今朝と、ご飯にモヤシとサバの缶詰を煮たものというメニューです。

 これがなかなかおいしい。

 いま、お茶をわかしています。

 ペットボトルにつめて持っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語日記 April 19th 2010 Printed matter making

I have made various printed matter since I was 18 years old.
I participated in a meeting about printed matter tonight.
I have just finished  making the idea for that with the word.
I have one hour and half until twelve o'clock midnight.
I should hasten to prepare for tomorrow.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌 「坂登り 七十六段 タッタッタ……」。

 坂登り 七十六段 タッタッタ 一時間目の 授業にのぞむ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.20

作家・桐野夏生(きりの・なつお)さんの「ひどい目にあっている人たちが小説を読んで、生きていこうと思ってくれたら本当にうれしい」という発言に感動しました。

 最近は、朝、登校しながら新聞を読んでいます。
 いい記事に出合ったときは、何か、いい気持ちになります。

 四月十九日の「しんぶん赤旗」は、作家・桐野夏生(きりの・なつお)さんへのインタビュー記事を載せていました。
 「小説家とは……」という彼女の言葉に感動しました。

 「資本主義はここまできた。世界の圧倒的貧富の差は埋まらないないのではないでしょうか。そういう現実に小説は切り込んでいかなければならないと思います。ひどい目にあっている人たちが小説を読んで、生きていこうと思ってくれたら本当にうれしい。小説家とはそういう仕事なのだろうと思います」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.21

英語で日記 April 20th 2010 Shopping scared me.

I went to a supermarket tonight.

I am suffered from "shopping scare" recently.

Now I always think about saving money.

I bought a bagful of bean sproiuts for 38yen and a pack of trout for 50yen tonight.

Now I made the side dish from that.

And then, I boiled rice.

I am getting late dinner.

(scare おびえさせる。bagful 袋一杯。bean sprouts もやし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 April 21th,2010 Report for tomorrow's class.

I finished writing the report for the class of tomorrow in the evening.
I must write four another reports shortly.
I am a little in a hurry now.

I made the block copy of printed matter in the middle of the night.
It is the second printed matter made after I come to Sanuki City.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.22

ふたたび、「一太郎やあい」のこと。『季論』にリポートが載っています。

 「一太郎やあい」のことですが、調べなおしましたが、舞台は日露戦争のころのようです。

 季刊雑誌『季論』の第八号(千円)に「つくられた愛国さんの心『一太郎やあい』」という香川県の石井さんのリポートが載っています。

 お読みになりたいかたは、わたくしに、ご一報ください。何部か持っておりますので、お送りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さぬき市 ウグイスの鳴き声、サルの話。

朝、部屋の窓を開けたらホーホケキョの鳴き声が聞こえました。

 ここらは街なのですが、大学の山や神社があるので、少しは自然が残っています。

 そういえば、昨夜は、ある青年から「朝、市内を乗用車で走っていたら道路をサルが横切った」という話を聞きました。

 何か、さぬき市は楽しめそうな街です。

 天気が良くなったら少しオートバイで走ってみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メモ 江戸時代の讃岐の生駒騒動。【書き直しました】

 一、生駒親正(いこま・ちかまさ)

 生駒親重の子。美濃国可児郡土田(いまの岐阜県可児市土田)生まれ。生駒親重の子。
 一五六六年、親正は、織田信長の美濃攻めに際して、その臣下となりました。
 その後は、羽柴秀吉付属の武将に任じられ、長篠のたたかい、石山本願寺攻め、紀伊国雑賀攻めなどに参加しました。
 一五八二年の織田信長死後は、木下藤吉郎(のちの羽柴秀吉、豊臣秀吉)の家臣となり(一五六四年)、山崎のたたかいや賤ヶ岳のたたかい、小田原の役、文禄の役などに参加しました。
 姫路城主時代の羽柴秀吉(元は木下藤吉郎)に仕えていた一五七八年の約一万石からはじまり、一五八四年に二千加増、一五八五年に二万三千五百石と知行を増やしました。
 一五八六年、親正は、播磨(兵庫県)の赤穂城(あこうじょう)六万石の領主になりました。
 一五八七年八月、豊臣秀吉(元は、羽柴秀吉)は、生駒親正を讃岐国十五万石に封じました(尾藤智宣=びとう・とものぶ=の後。石高については諸説があります)。
  親正は、はじめ寒川郡鶴羽浦(つるわうら)に着き、引田城に入りました。
 親正は、領内支配を円滑に進めていくために、讃岐に土着し、在地に支配力を持っている讃岐の武士を家臣にとりたてていきました。
 親正は、讃岐の善通寺を保護しています。親正が、領地を巡回し、善通寺へ参詣したおりに、寺所蔵の綸旨類にふれ、そこに書かれていた文言から直ちに真言宗に改宗したといわれます。親正は、一五八八年一月に、二十八石を善通寺に寄進しています。息子の一正(かずまさ)も、同年七月、善通寺に三十五石を寄進しています。
 そのうち、親正は、引田城は、讃岐の東部に偏していたため、仙石氏のいた宇多津の聖通寺(せいつうじ)の古城に移りました。
 しかし、ここは城が狭く、居城としては適当ではありませんでした。
 そこで、国の真ん中、香東郡篦原庄(のはらのしょう)玉藻浦に高松城(玉藻城)の築城を開始します。縄張り(設計)は、藤堂高虎(伊勢津藩主)推薦の黒田如水でした。
 一五八九年秋、親正は、農民税を納めない中心人物数人を切りました。
 そして、生駒藩は、百人余りの「悪質者」を捕え、香西郡西浜村の海辺で火あぶりの刑にしました。
 一五九〇年、高松城が完成しました。城は海にのぞんでいて、この海を北面の備えとしました。四周の外堀には海水を引きいれ、搦手(からめて)の船蔵には軍船をつなぐようにしました。西に堀川港、東に東浜港をひかえ、南方だけが陸地で、水陸の攻防と水運を考えて構造した水城でした。外濠の内側に重臣や近習の屋敷を設け、外側に商人、職人町、寺町を配置しました。高松城と命名するにさいし、それまで高松左馬之助の居城があったほう(高松郷)を古高松と変え、新しい城下を高松としました。
 この年十月、親正は、豊臣秀吉の命を受けて、小田原北条氏攻略のため出陣しました。
 一五九二年、親正は、一正とともに、塩飽の水軍五千五百人を率いて、豊臣秀吉の朝鮮侵略にしたがいました。
 ところで、高松城は、内陸部、とくに西讃方面にたいしては要塞の地とはいえませんでした。そこで、これに備えるため、親正は、一五九七年春、西讃岐をおさめるため、那珂川(なかがわ)の土器川と金倉川の下流のデルタの津ノ森亀山(六六メートル)に、新たに丸亀城をつくる工事を始めました(城郭が、ほぼ完成したのは一六〇二年)。
 一五九七年、一正は、豊臣秀吉の朝鮮侵略に、手兵二千七百人を連れて参戦しました。
 親正は、豊臣秀吉の晩年には、中村一氏や堀尾吉晴と共に三中老に任じられて豊臣政権に参与しています。
 一六〇〇年七月、一正は、徳川家康の東軍に参戦、上杉景勝と会津でたたかいました。
 同年九月の関ヶ原のたたかいでは、親正は、石田三成にすすめられ、孫・正俊とともに大坂方に。親正は在国していましたが、丹後国田辺城攻めに家臣を代理として派遣しました。
 息子の生駒一正は、徳川家康につき、石田三成の本陣を襲いました。
 関ヶ原のたたかいの結果、政権は、豊臣家から徳川家へ移行しました。
 この年、讃岐の石高は十七万千八百石余になっています。
 一六〇一年二月、徳川家康は、石田三成陣を攻めた一正の戦功を賞し、高野山北室院で剃髪して謹慎していた親正の罪を許し、一正に、その所領を継がせました。

 二、生駒一正(いこま・かずまさ)

 一五五五年~一六一〇年五月十一日。
 生駒親正の長男。母は高木氏。正室は堀秀重の娘。子に生駒正俊(長男)、娘(猪熊教利室。のちに生駒将監の妻となります)、養女(生駒将監娘。園池宗朝室)、娘(近藤政成室のちに佐々木高和室)、生駒正信(次男。甚助)、入谷盛之(三男。甚内。入谷外記養子)、生駒正房(四男)。
 一正は、はじめ織田信長に仕え、紀伊雑賀攻めなどで活躍しました。
 織田信長死後は、羽柴秀吉に仕えて数々の合戦に参加しました。
 (前項と重なる所は割愛しました)
 一九〇二年、一正は、讃岐を支配することとなり、丸亀城から高松城に移住しました。
 丸亀城には、城代を置きました。
 一六〇三年二月十三日、父・親正が宇多津で死去しました。六十九歳。
 一九〇四年、生駒藩は、高松城常盤橋を起点とし、幕府制定の三十六町を一里とする、一里塚を領内につくらせました。
 一九〇八年、一正は、諸侯に率先して妻子を江戸に移しました。
 幕府は、これを賞し、江戸築城公役の半ばを免除しました。
 一六一〇年三月十八日、一正、死去。五十六歳。
 死後は、長男の正俊が生駒藩主となりました。
 正俊は、丸亀から高松城に移り、丸亀商人を高松に移して丸亀町としました。
 一六一五年、一国一城令により、丸亀は廃城となり、生駒家は、高松城で統治しました。

 三、生駒騒動

 生駒騒動は、江戸時代初期に讃岐国の生駒藩の生駒家で起こったお家騒動です。重臣が争い、生駒家は改易となりました。
 一六二一年六月五日に讃岐藩主・正俊が江戸からの帰藩途中に京都で急死しました。三十六歳。
 子の小法師が後を継ぎました(十一歳。三歳と書いている本もあります)。
 幕府は、小法師が若年であったため、外祖父(正俊の正妻の父)の藤堂高虎を執政として藩政にあたらせました。
 藤堂高虎は藤堂家の家臣を讃岐へ派遣して藩政にあたらせました。
 生駒藩は、一六二四年~四四年には、稲作の水の確保のため、ため池を積極に築造しました。
 一六二五年、小法師は元服して高俊を名乗り、翌年には従五位下壱岐守に叙任し、さらに幕府の老中首席・土井利勝の娘と婚約しました。
 高虎は生駒家一門の家老・生駒将監、帯刀(たてわき)父子の力を抑えるため、生駒家では外様の家臣である前野助左衛門と石崎若狭(わかさ)を家老に加えさせました。
 高虎の執政ということから、江戸と国元の二元的政治傾向が強まり、江戸家老・前野助左衛門、石崎若狭らと国家老・生駒帯刀らとの対立がおこりはじめました。
 一六三〇年七月、高虎が死去して、藤堂家は高次(たかつぎ)が継ぎ、生駒家の後見も引き継ぐことになりました。
 前野、石崎は高次の意向を背景に権勢を振るい、一六三三年に将監が死ぬと藩政を牛耳るようになりました。
 一六三五年、前野、石崎らが藤堂藩の重臣に「何分にも訴訟がましき事、徒党(ととう)を立て与(くみ)をいたし申す間敷(まじ)く事」と誓子を出しています(「生駒家文書」)。このことは、江戸藩邸に不穏な動きがあったことをうかがわせます。
 藩主の高俊は、藩政を重臣に任せきりにしました。
 成年に達してからは、踊りを好み、派手な衣装を身にまとった美童に踊りを踊らせ、日夜酒宴にふけり、往来するにも美童を供につけていったといいます。「生駒踊り」、「生駒道中」と呼ばれ評判になったといいます。
 自身は、もっぱら男色を愛好し、奥へはほとんど行かなかったと伝えられています。
 正室が、父の土井利勝に高俊の行跡を訴え、利勝は立腹して諌めさせましたが高俊の乱行は一向に収まりませんでした。
 前野助左衛門、石崎若狭は、しばしば専横なおこないをするようになり、これに不満を持つ一門譜代の家臣たちと対立して家中は乱れました。
 一六三五年、生駒家は幕府から江戸城修築の手伝い普請を命じられました。生駒家は、江戸の材木商の木屋から借金をして、これを実行しました。
 前野助左衛門、石崎若狭は、この返済のために高松城の南方の石清尾山の松林を木屋に伐採させました。この山は、親正が高松城を築いたときに要害として伐採を禁じた土地であり、家中の者たちは憤慨しました。
 一六三七年七月、生駒帯刀は江戸へ出て、幕府老中・土井利勝や藤堂高次、生駒家縁戚の脇坂安元(わきさか・やすもと)に訴状を提出しました。
 「生駒帯刀指上訴状」によると「壱岐守(生駒高俊)付きとして恐れながら言上致し候条教の事」として、「先代までに貯えた金銀を、高俊の代になってから、前野・石崎が勝手に使ってしまった。小野木重左衛門という新参者は先年大坂城の普請に際し、高松家中の者と黒田家中の者とが喧嘩したとき、一番先に逃げ出した臆病者であるのに、近年助左衛門の縁者となり加増をうけた。助左衛門・若狭・治太夫(前野助左衛門の子)らは年貢米を藩主の台所に入れて蔵に納めておき、値段の上がったとき小木野に売らせてもうけている。助左衛門と若狭は二人の相談ずくで目をかけている侍には、藩主の高俊の指示がないのに勝手に金銀などを与えて我儘(わがまま)な振舞をしている」などと訴えています(十九カ条からなる訴状です)。
 これによって生駒藩のお家騒動が表面化しました。
 訴状を受け取った藤堂高次は、土井利勝、脇坂安元と相談し、帯刀を尋問しました。
 高次は、帯刀を説諭して国許へ帰らせ、次いで前野助左衛門、石崎若狭を藩邸に召して尋問の上で訓戒し、以後は慎むよう誓わせました。
 しかし、家中の不和は収まらず、かえって対立するようになりました。
 一六三八年十月、生駒帯刀は、ふたたび藤堂高次に前野助左衛門、石崎若狭を厳しく裁くよう訴え出ました。
 国元にあった藤堂高次は、生駒帯刀を伊勢国津に呼び、家中の不和が続くようではお家滅亡になると諭して帰しました。
 一六三九年四月、参勤交代で江戸に出た藤堂高次は、脇坂安元、および土井利勝(前年に幕府大老に就任)と相談、このままでは訴訟が絶えず遂には生駒家はお取り潰しになると考え、ことを収めるため喧嘩両成敗として双方の主だった者五人に切腹を申し付けることになりました。
 翌月の五月、藩主・高俊が参勤交代で江戸に来て、前野助左衛門、石崎若狭も従っていました。
 藤堂高次は、前野助左衛門、石崎若狭、国元から生駒帯刀を藤堂家の藩邸に呼んで説得し、彼らは御家のために切腹することを承知しました。
 藤堂高次は、生駒帯刀を藤堂家の領地の伊賀国へ行かせたました。
 同年八月、藤堂高次は、使者に兵をつけて讃岐に遣わし、江戸での決定を家中の者たちに伝えました。
 これに帯刀派の家臣たちが不満を抱き騒ぎ始めました。
 同年十二月、彼らは江戸にいる藩主・高俊に生駒帯刀ら忠義の者の命を助けるよう訴えました。
 これまでの事情を知らされていなかった高俊は驚き、親類方が相談もなくことを決めたことに怒りました。
 一六四〇年一月、高俊は藤堂家の藩邸に赴き、藤堂高次に抗議しました。
 藤堂高次は説諭しますが高俊は納得しません。怒った藤堂高次は、ならば勝手にせよとサジを投げ、生駒家の家政から手を引くことにしました。
 藤堂家の兵も讃岐から立ち去りました。
 生駒帯刀は、帰国しました。
 帯刀派は歓喜しましたが、江戸で切腹するつもりで控えていた前野助左衛門、石崎若狭は衝撃を受け、切腹をやめ、ことの始末を幕府に訴えることにしました。
 同年四月、前野・石崎派は老中・稲葉正勝に訴状を提出しました。
 同時に国元に使者を送り、同志の者たちに家族を引き連れて立退くよう指図しました。
 讃岐では、前野・石崎派の侍八人、家族や家来を含めると二千三百人が鉄砲や刀槍で武装して国元を立退く騒ぎになりました。
 江戸でも、前野・石崎派の者たちが藩邸を立退きました。
 幕府は両派の者たちを江戸城に召して審議することにしました。
 同年七月、前野・石崎派と帯刀派は対決し、生駒帯刀は、前野助左衛門、石崎若狭の専横を申し立て、さらに彼らが武装して立退いたことを訴えました。
 三回の対審の後に、幕府の裁定が決しました。
 幕府は、藩主・高俊に対しても家中不取締りであるとして、讃岐を召し上げ、出羽国由利郡矢島(秋田県由利郡矢島町)へ流罪とし、堪忍料として一万石を与えました。
 前野助左衛門、石崎若狭をはじめ、これにくみしたものたちは切腹を命じられました。石崎若狭、前野冶太夫(助左衛門の子)ら四人は切腹、彼らの子どものうち男子は死罪、また、主だった者たち数人も死罪でした。
 前野助左衛門は、高松を去ってから病死したため、罪をまぬがれました。
 生駒帯刀は、忠義の心からことを起こしたとはいえ、家老として処置を誤ったという理由で、出雲の松江藩に預けられ、五十人扶持を与えられました。

 【参考文献】

 ○ 『高松市史年表』。高松市史編修室。高松市役所。一九六〇年二月十五日。
 ○ 『香川県の歴史』。市原輝士(いちはら・てるし)、山本大(やまもと・たけし)。山川出版社。一九七五年一月十五日二版十刷。
 ○ 『讃岐の歴史』。香川地方史研究会。講談社。一九七五年九月十日。
 ○ 『高松城主とその時代背景』。津森明ほか。一九八七年三月二十五日。
 ○ 『香川県史 第三巻 通史編 近世Ⅰ』。香川県。一九八九年二月二十八日。
 ○ 『香川県の歴史』。木原薄幸、丹波佑一、田中健二、和田仁。山川出版社。一九九七年十月十日。
 ○ 『善通寺史 善通寺創建一二〇〇年記念出版』。総本山善通寺。株式会社五岳。二〇〇七年九月。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌 時代をワープする、このごろの私の勉強。

 午前中 飛鳥滞在 午後、古墳 夜のリポート 江戸の讃岐に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.23

海軍兵学校の第七十四期の生徒の記録がCDになっていました。

 広島県江田島の海軍兵学校の第七十四期の生徒の記録がCD(二枚組)になっていました。
 「戦争と平和を生きた男たち」(海軍兵学校第七十四期・江鷹会。二〇〇九年八月十八日)です。
 第七十四期は、一九四二年十二月一日入学、千二十八人。一九四五年三月三十日に卒業しています(千二十四人)。
 なお、一年生は三号、二年生は二号、三年生は一号と呼んでいたようです。
 当時の海軍兵学校の様子がリアルにわかります。
 卒業後の特殊潜航艇や秋水の訓練、戦艦大和についても語られています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.24

英語で日記 April 22nd,2010 Sanuki in Edo period.

I am writing a reports about Sanuki in Edo period tonight.
It is the first time for me to write about Edo period.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 April 23rd 2010 Movie "RUNAWAY BRIDE"

I went to two libralies, and looked about Sanuki in Edo period.
My report has not finished yet.

I watched a movie "RUNAWAY BRIDE" with DVD in my apartment.
In this movie, there is a good line.
For instance, word of proposal of hiroine.
"This happend once in a lifetime,and it's definitely a first for me.And you're not gonna want to miss it,so pay close attention.I love you.Homer Eisenhower Graham.Will you marry me?"
I have moved a little.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さぬき市大川町の富田茶臼山古墳を見学しました。【写真】

036

047

 久しぶりの晴天です。
 さぬき市の古墳を二つ見てきました。
 一つ目は、富田茶臼山古墳です。
 現存する古墳では、四国で一番大きなものだそうです。
 写真をアップします。
 以下、説明のデータは、さぬき市文化財保護協会大川支部のホームページから。

http://ew.sanuki.ne.jp/bunka33/tyausuyama.html

 場所は、さぬき市大川町富田中3402-3。
 歴史地理書「三代物語{1745年(延享二年)}」には「茶臼山古墳は西に向けて前方部が延び、後円部が丸く、周りには濠があって、円筒埴輪が数多く埋められ、黒油石(讃岐岩質玄武岩)といわれる石が墳丘に多量使用されていた。古書には、日本武尊の陵とされていた。 一九八九年の「富田茶臼山古墳発掘確認調査事業」の結果、古墳は全長百三十九メートル をはかり、高さ十一.八メートル、幅七十七メートルの前方部と直径九十一メートル、高さ十五.七メートルの後円部ともに三段に築造された前方後円墳です。
 墳丘周囲には前方部に向かって 次第に狭まる盾形の周濠がめぐり、その外側には周庭帯の存在も考えられることが判明しました。
 築造時期も五世紀前半に求められました。
 一九九三、四年度の調査で、古墳の南西および西側に三基の陪冢が発見されました。
 三基とも周溝を廻らせた五世紀前半の方墳です。
 
 *陪冢(ばいちょう)は、主人の墓にともなう従者の墓の意です。大きな墓のそばにある小さな墓。副葬品を納めるだけのものがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さぬき市津田町の、けぼ山古墳を見ました。【写真】

073

069

 さぬき市津田町の、けぼ山古墳を見ました。海に突き出た感じの古墳でした(写真上は、けぼ山古墳から見た海です)。

 説明のデータは、さぬき市文化財保護協会津田支部のホームページから。

 http://ew.sanuki.ne.jp/tudabun7/kofun.html#keboyama

 一九四〇年ころに発掘されたといわれています。
 勾玉、鉄刀、鏡、七尺位の人骨が出土したと伝えられていますが、遺物は現存していません。
 全長五十七メートルの前方後円墳です。
 墳頂部には縄掛突起のついた石室蓋石があります。
 蓋石に縄掛突起をつけるのは珍しく、奈良県佐紀陵山古墳(日葉酢姫陵)、屋敷山古墳、宮山古墳に類例があります。
 この蓋石の下には竪穴式石室があるといわれ、さらにその中に家形をした刳抜式石棺があるといわれています。
  遺物は埴輪片が採集されており、さぬき市歴史民俗資料館に、ここから出土した壷形埴輪が展示されてています。

 * 刳抜式石棺(くりぬきしきせっかん)刳抜き式の木棺を石で置き換えたのに始まります。軟・硬質の石を刳抜き、身と蓋(ふた)とからなります。四世紀代から七世紀代まで認められます。形式上、割竹(わりたけ)形、舟形、家形があります。
 * さぬき市歴史民俗資料館は、つぎのページをごらんください。

  http://www.city.sanuki.kagawa.jp/original/miroku/museum/museum.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いま、ほしいもの デジタルクリノメーター。

  いろいろやっていると、ほしいものが増えます。

 いまほしいもののの一つはデジタルクリノメーターです。

 しかし、値段がはりますねー。

 【クリノメーターって、こんなものです】

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%8E%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新聞の記事 「いろは丸」は、ポルトガルから購入 大洲市が「購入契約書」を発表。

こんな記事が出ていました。
 
 <坂本龍馬>「いろは丸」ポルトガルから購入 通説覆す購入契約書判明
 4月23日17時43分配信 毎日新聞

 坂本龍馬の海援隊が、大洲藩から借りて使っていた蒸気船「いろは丸」は、(中略)大洲藩がポルトガル人から買い入れていたことが、ポルトガル語の購入契約書の解読で分かった。愛媛県大洲市が23日、発表した。(中略)
 契約書は個人所有で、市から依頼を受けた東京大学史料編纂(へんさん)所が解読。1866(慶応2)年9月22日付で、商人兼ポルトガル領事のロウレイロが長崎で4万メキシコ・パタカ(1万両相当)で大洲藩に売却し、「いろは丸」と称する、などと記されて、藩主代理の国島六左衛門がサイン。契約後に記された藩主・加藤泰秋の署名もあった。(後略) 【中村敦茂、門田修一】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.25

英語で日記 April 24th,2010 We visited the ancient tombs of Sanuki City by two places.

I attended the class of outdoor from a.m 9:30 to p.m 2.
The class of outdoor that I received is a visit of two places in the ancient tombs of Sanuki City.

After it had ended, I did the volunteer of taking a picture.

I finished writing the report sbout Sanuki in Edo period at night.
It was considerably a challenging problem for me.    

(considerably 相当に。challenging やりがいのある)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌 最近の、わが部屋の状況です。

目の前に パソコンがいて わが周り 本の山、山 「いいね、この部屋」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.26

英語で日記 April 25th,2010 Home delivery service from wife. 【写真 レンゲの花、高松市で】

Sunday

A home delivery service reached ne from my wife in Kochi city at night.

The luggage contained canned fish, etc.

I immediately opened one of the canned.

Then, I took late dinner with it and eggplant's pickles.

Result of my study today

I was able to read a book about ancient history.

I bought a book of "Nihonshoki"

My resume of research about the war on Sanuki has finished.

My homework of English conversation has finished.

(eggplant ナス)

20100425_018

高松市で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菅原道真と讃岐との関係?

 菅原道真と讃岐との関係。

 授業で、初めて知りました。

 家に帰ってホームページを探したら、こんな記事がありました。

 https://www.pref.kagawa.jp/maibun/s-michizanenoashiato.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.27

英語で日記 April 26th,2010 Fictious conversation.

I think about fictious conversation for English class 

【Geetings】

A: Hello.

B: Hi.

A: How are you,today?

B: Fine thank you,and you?

A: So so.

B: Was there anything? 

A: Nothing. 

【Small talk

A: It clear up today.

B: A long Rain made me unconfortable.

A: By the way, even if it rains, you do not put up the umbrella.

B: I do not like umbrellas.

A: Did you read an article about the meeting in Okinawa?

B: As many as 90,000 people gathered to demand removal of Futenma base of the U.S army in the meeting.

【Conversation 

A:It was wonderful. It is feeling that our presence lightens.The U.S. Army should go out from Futenma unconditionally.

B: Originally, Futenma base was took away from inhabitant in the prefecture and made by the U.S. army with their plot and violence.

A: By the way,What your favorite class you take now?

B: It is this English conversation class in my all classes I take. It is the most interesting lesson.

A:What makes you feel so?

B: Well,It is because that I feel, I can do anything if I try hard this lesson.

Ending salutation

B: Oh, I have to go now.

A: Oh I am sorry. Good Bye.

B: See you next time.Say hello to your family.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸時代 朱印地、黒印地とは。

 江戸時代に、将軍、大名は、神社、寺院の領地(寺社領)に一部を安堵(あんど。領有権の承認・確認)しました。
将軍も大名も朱印で領地安堵をしましたが、将軍・家光、家綱以降、将軍は朱印、大名は黒印で領地安堵をすることとなりました。これを朱印地、黒印地といいます。
 朱印地、黒印地は、公領という扱いですが、領内の租税は免除されていて、収益はすべて寺社のものとなりました。

 一六四〇年に讃岐の生駒家が出羽国由利郡矢島(やしま)に転封になり、その保護を失った金光院(こんこういん)は、徳川将軍家の朱印状の下付を受けて金毘羅領三百三十石(生駒家が寄進したもの)を保証されることを願い、生駒家の後に東讃岐を支配した御三家水戸藩の出である高松藩主・松平頼重(まつだいら・よりしげ)に依頼します。
 この結果、一六四八年三月十七日、金光院は朱印状を得ます。
 金毘羅大権現別当金光院の住職は、将軍の代替わり、金光院の住職の交代、四、五年に一度の年頭祝賀のために参府することになりました。
 そして、朱印地になったいきさつから、朱印地金毘羅に対する金光院の支配は、高松藩の強い影響の下に置かれました。
 讃岐では金毘羅のほかに、一六六五年に白鳥宮(しらとりぐう)領二百石、一六七三年に法然寺(ほうねんじ)領三百石(頼重に寄進された寺領)と興正寺(こうしょうじ)領百五十石が朱印地になっています。

 明治維新後の一八七一年の上知令によって朱印地、黒印地は国有地とされ、寺社にはごくわずかの境内地だけが残されました。

 【参考文献】

 ○ 『香川県の歴史』。木原薄幸、丹波佑一、田中健二、和田仁。山川出版社。一九九七年十月十日。
 ○ 『近世の讃岐』。木原溥幸(きはら ひろゆき)。美巧堂。二〇〇〇年十一月二十一日。
 ○ 『街道の日本史45 讃岐と金毘羅道』。木原溥幸(きはら ひろゆき)、和田仁(わだ・ひさし)。吉川弘文館。二〇〇一年四月十日。
 ○ 『地域に見る讃岐の近世』。木原溥幸(きはら ひろゆき)。美巧堂。二〇〇三年五月十四日。
 ○ 『山川 日本史小辞典 新版』。山川出版社。日本史広辞典編集委員会。二〇〇七年三月十日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 April 27th 2010 Interesting class 【写真 ツツジ。さぬき市で】

I went to school in rain and a strong wind.
Students also fold up their umbrella and walked to school getting wet because the wind was storng.

I could attend an exciting class in this afternoon.
Its theme was about the ancient history of Japan.
That is what exactry I had wanted to learn from long time ago. 
It was "Bravo".
I felt like this after the class.
I want to find the book written about it.
And I will think about the theme again.
 
After I returned to my room, two reports were completed at the night.
One is a report of English conversation.
Another is a report about two historical terms in Edo period.

20100527_005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.28

アメリカ軍系機関紙「Stars and Stripes」の沖縄県民集会についての報道ぶり。

沖縄県民大会のことをアメリカ軍系機関紙「Stars and Stripes」が報道しています。

Thousands rally against Futenma plan です。

 http://www.stripes.com/article.asp?section=104&article=69598

最後のほうで、「いやアメリカ軍基地賛成の人も、これだけいるよ」と書いているところがユニークです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 April 28th 2010 April 28th 2010 Class of drafting plane pictures

I attended the class that draft plane pictures outdoors.

I was not able to draft it well.

I want to finish up the assighnment of the drafting in this holidays.

I am examining for the army airaport in Yashima.

I went to Yashima, and got a certain book in this evening.

The book has some things what I had wanted to learn.

I was eager to meet the author. 

(author 著者。be eager to ~ ~を熱望する)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松市の陸軍屋島飛行場についてご存知のかたへ。

 高松市の陸軍屋島飛行場について、調べ始めています。

 一九四五年春から工事に入ったようです。

 ご存知のかた、いらっしゃったら、どこにあったのか、どんなふうにしてつくったのかなど、教えていただけませんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.29

英語で日記 April 29th 2010 I was taught about the place of the army Yashima airport.

In this morning, I listened to a story from a man(70 years old) who examine the army Yashima airport during the Asian Pacifi Ocean War in Takamatsu City, Yashima.
He taught me the place where the airport was.
I appreciate.

I heard a speech in Takamastu city in this afternoon.

After that, I stopped by two shops, and bought secondhand DVDs and books.

Pratice of conversation

A: By the way, what is your hobby?
B: My hobby is getting books walking around used bookstores.
A: Are common bookstores useless for you?
B: In common bookstores, there is few books I like.

(examine 調査する。appreciate を感謝する)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松市発 小池あきらさんって、名手だったんですね。

20100429_075

 きょうの午後、日本共産党の小池あきら参議院議員の演説を聞いて感激しました。
 彼は、演説の名手ですね。
 演説を聞いている人たちから、終始、「ウフフ」、「アッハッハ」という笑い声が上がります。ときたま、「へぇーっ」という驚きの声も聞こえました。
 聞き終わって、私の心に、灯りのようなものがともっていました。

 どこがいいのか、考えてみました。
 ○ 事実をあげて、事実の強さで語りかけていることです。
 ○ 事実をあげながら、それを、物事がどういう方向で発展していこうとしているかがわかるように組み立てていることです。
 ○ 話し方が「上から目線」ではないということです。一般的に「教えてやるぞ。よく聞けよ」というのは嫌ですが、この人は自分の場で知りえたことを、みんなに報告するという感じで話しています。
 ○ それにベースとしては声、語り口がいいですね。人を落ち着かせる声を出しています。早口ですが発音が明りょうですので、すべての言葉がきちんと伝わってきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

香川県県民ホールにいったら、ある株式会社の名前が冠せられていたのでびっくり。

20100429_054_2

 高松市の香川県県民ホールにいったら、ある株式会社の名前が冠せられていたのでびっくりしました。

 写真を見てください。

 県民ホールですから、香川県の持ち物のはずなのに、香川県政って、どうなっているのでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

パフパフの、すごい威力。パフパフって、えーーっと……。

 うー、いやだ。

 わが部屋の台所の排水がつまってしまいました。

 で、パフパフを手に入れようと、店に行きました。

 台所用品の所とか、ぐるぐるまわりました。しかし、ありかがわかりません。

 若い男性の店員に聞きました。

 「台所の水回りが詰まった時にパフパフとやって直すやつはありませんか」

 ありました。掃除用品の所にありました。

 商品名を見ると「つまりとり用ママカップ」と書いてありました。

 ママカップっていったって僕はジジだよ。ジジも使うんだよ。もっと「適切な」名前はありませんか。たとえば、「パフパフススス」とか。

 ともあれ、買って帰って台所に挑戦。パフ、パフとやっただけで、水が流れるようになりました。「パフパフススス」は、偉大です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ええ、身分ですねえ」、「限られた一生ですから、ある程度、好きなようにね……」という励まし。

 「高知市にもやるべきことがあります。今は、高知市を離れて香川県で大学の三年生をやっています。六十三歳です」。

 こう自己紹介したら、僕より年配の、ある男性から、こういわれました。「ええ、身分ですねえ」、「限られた一生ですから、ある程度、好きなようにね……」。

 うーん、実をいうと、僕は、十八歳のころから、ずーっと「好きなことを好きなように」やってきたのですが……。特に、結婚して、妻の収入のおかげで、ある程度「豊かに」なってからは、ずーっと……。

 実は、いまの大学には、妻のおかげで通っています。ものすごく高い授業料ですが、ぜんぶ「保護者」である妻が出してくれています。

 香川県での教科書代、本代、文房具代、衣食住の費用は僕の年金と退職金の残りから出ています(ちょっと心細くなっていますが……)。

 高知市に住んでいるときから、妻には「家計簿によると、あんたの年金分は、すべて、あんたが買い込んでくる本代に消えているんだよ」と指摘され続けてきました。「私が扶養してあげてんだから、忘れないように」という感じです。

 ま、「屈辱」に耐えながら、当面、一生懸命学ぼうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.30

ライディングリポート 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 ① はじめに。

 二〇一〇年三月に高知県から香川県に引っ越してきました。
 香川県のアジア太平洋戦争のときの軍事や県民のくらしについて調べてみたいと思い立つちました。
 調べていて「ワーッ」と思ったことがあります。
 『高松空襲戦災誌』(高松空襲戦災誌編集室。高松市役所。一九八三年三月三十一日)に、こんな記述がありました。
「決号作戦の一環として、全国的に特攻用の秘匿飛行場が計画された。比較的海岸に近く、千メートル程度の直線がとれる幹線道路を拡張して作ろうというものであった。
 香川県では、観光道路の新川橋から東に屋島飛行場が、端岡-国分飛行場(旧十一号線はそのなごり)が、飯野村山の谷から西への県道に丸亀飛行場が、それぞれ作られることになった。」
 この三つの飛行場のことを調べてみたいと思って行動を開始しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライディングリポート 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 ② 屋島飛行場へ急げ。

 『高松空襲戦災誌』(高松空襲戦災誌編集室。高松市役所。一九八三年三月三十一日)には、陸軍屋島飛行場のことが書かれていました。
 「屋島飛行場は、飛行場を秘匿[ひとく]している屋島神社参道の西側の畑を整地拡張した。また、参道を出た付近の観光道路を約千㍍にわたって拡張し、戦闘機が離着陸できるようにした。
 これは本土決戦の際、特攻機の中継離着場になるとともに、参道に秘匿疎開した飛行機を、高松飛行場[陸軍林飛行場のこと]に秘匿した飛行機を、高松飛行場まで運ぶことなく、直ちにここから発信できるようにしたものと思われる。
 これらの作業は、昭和二十年[一九四五年]春ごろから開始され、林村の飛行場作業場に当たっていた高松中学校の生徒が、付近の住民と共に作業に従事した。
 工事は道路を滑走路幅に広げ、両側に道路と平行して深い溝を掘って、その土を道路との間に盛りあげ、同じ高さにして固めていった。
 基礎には、牟礼や庵治から手ごろな大きな砕石を運んできて敷石した。拡張した部分は芝でおおい、周囲の田畑と見分けがつかないようにした。
 しかし米軍機による偵察で、この所在と目的が察知され、米軍の高松攻撃計画には、指定番号二六〇二標的としてキライ・エアフィールド(キライは帰来で付近の地名)と明示されている。
 この飛行場も使用されないまま終戦となった。」
 高松中学校関係の文献をあたると何かわかるかもしれません。
 また、こうした場合、朝鮮人が使役されていることがあるので、その方面の文献をあたってみる必要がありそうです。
 ほかに、このことを書いている資料はないか。五つの図書館を探しました。
 こんなことを書いた本がありました。
 『牟礼町史』(牟礼町史編集委員会。牟礼町。一九九三年三月二十日)です。
 「本町を縦断する国道一一号の元になった道路は、江戸初期に設けられた浜街道(志度街道)である。そのころの幅員[ふくいん。道路・橋・船などの、はば]は約三・八㍍ぐらいで、高松市高松町東端から小松歯科医院(王墓)の前を通り、柴野製菓の前を右折神櫛王墓前を牟礼川に沿って西林寺前へ出、赤坂を経て皿池の堤防を通り堀越へ、西門寺跡といわれる所で直角に左折し牟礼小学校横を通った。川東の農協大町出張所前から元結峠の一里松を右に見て、幡羅八幡神社前を直進海岸近くに出て、宮前・原浜の家並みの間を志度町に入っていた。
 大正九年(一九二〇)四月の道路法の施行によって、この道路が国道二二号となった。その後観光道路の名称で旧一一号線が中新町から屋島の馬場先を経て白羽神社馬場先近くまで新設された(太平洋戦争末期には、高松町から春日町にかけては飛行機の滑走路として使用するため沿線の民家は疎開し、橋の欄干も切り取られた)。」
 これは、地図を見ながら読み返すと、これは屋島飛行場のことのようです。
 まずは、屋島飛行場へいってみることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライディングリポート 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 ③ アメリカ軍の写真に写っていた陸軍屋島飛行場。

 「空襲一カ月前の航空写真見つかる 高松全域が鮮明に 米軍 攻撃目標で使用 非常用滑走路も」。
 四国新聞の二〇〇六年六月二十八日付の記事の見出しです。
 「非常用滑走路」というのが陸軍屋島飛行場のようです。
 ある図書館で、この記事のことを教えていただきました。
 その図書館には、この記事にある二つの写真もありました。
 アメリカ軍が、一九四五年五月二十八日に高度約一万メートルから連続撮影した写真です。
 その写真につぎのような記号が入っています。
 「40 3PR5M246 1V 5-28 F-1531 35000」と「41 3PR5M246 1V 5-28 F-1531 35000 REST」です。
 二つの写真に、かなり大きな白いスペースが写っています。
 陸軍の林飛行場です。
 林飛行場から左に真っすぐにのびた道があります。その先に飛行機の組み立て工場があったといいます。今の多肥下町の警察機動隊のある場所だそうです(「FM81.5 SunsetGroove 専用blog」から)。
 林飛行場から右上の所に屋島が写っています。
 その下に横に道路が走っています。
 観光道路です。
 その道路(いまは、県道牟礼中新線)が屋島の登山口付近で拡幅されています。
 陸軍屋島飛行場です。
 観光道路の一部が拡幅されて陸軍の飛行場になっていました。
 この写真の発見者、高松市のMさんが、お話を聞かせていただけることになりました。
 四月十六日午後、Mさんから当時のことをたくさん教えていただきました。
 Mさんのおかげで、どう取材をすすめていったらいいかの方向がつかめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライディングリポート 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 ④ 屋島神社の参道わきの松林に飛行機を隠してありました。

 これまでの取材で弱ったのは足。
 やっぱりオートバイが必要です。
 四月十八日早朝、高知市から、わがオートバイ(二五〇CC)を香川県にもってきました。そして、いろんな所を走り回りました。

  「いろいろまわりをぐるぐるまわっているより、やっぱり地元に何回も足を運ぶべきではないか」
 そう思って、四月二十八日夕、高松市屋島にいってみました。
 ここで、新たな手がかりを「発見」しました。
 この三月二十五日に、『屋島風土記』(屋島風土記編纂委員会。屋島文化協会。美巧堂)が出ていて、それに屋島飛行場のことが書かれていたのです。
 その本の編集にたずさわったかたの一人と連絡をとりました。
 四月二十九日午前にお話を聞かせてもらいました。
 そして、陸軍屋島飛行場のあった場所に案内していただきました。
 そのかたの調査によると、陸軍屋島飛行場は、県道155号の新川橋の所から屋島神社の参道がクロスする所までの間にありました。この間は、千メートル以上あるといいます。国道22号でした(その後、国道11号)。コンクリート舗装していました。
 観光道路が屋島神社の参道がクロスする所から北の屋島神社参道の両側は立派な松林でした。一九四五年、クロスする所から十数メートルいったところの左側に白っぽい飛行機が数機置いてあったのを見たといいます。松林の下に隠してありました。前の翼に乗って遊んだことがもあるといいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライディングリポート 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 ⑤ 「(陸軍屋島飛行場の関係で)庭の立派な松の木を切らされました」。

 五月一日は、朝から夕方まで、よく取材しました。
 高松市の二つの図書室、図書館で関連の本の一部をいくつもコピーしました。
 二人のかたに会って話をお聞きしました。
 そのうちの一人、Tさん(一九三五年十月生まれ。終戦時は、高松市の二番丁国民学校四年生)は、一九四五年に高松市木太町(きたちょう)に住んでいた女性から、当時聞いた、次の話を教えてくれました。
 「(陸軍屋島飛行場の関係で)庭の立派な松の木を切らされた。『飛行機の離着陸とときに、松の木に翼が当たって邪魔になる』ということだった」 
 木太町は、陸軍屋島飛行場の南西にあたります。

 Tさんは「県女(高松市の香川県立高等女学校)に行っていた姉が陸軍林飛行場の建設に動員されていた。帰りは、いっぱい泥がついて帰ってきていた。それに、姉は高松市内にも勤労奉仕に行っていた。製図もしていたといっていた」とも。

 陸軍林飛行場については、本のコピーがかなり集まりましたので、のちにくわしく書きたいと思っています。

 この日、二日、三日に取材でききるかたが見つかりました。
 一人は、私の前の職場の大先輩が紹介してくれたかたです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライディングリポート 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 ⑥ 陸軍屋島飛行場は、ここにありました。 

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライディングリポート 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 ⑦ 「うわーっ、すごい資料があった!」。

 このあと、図書館に行って、各国民学校、中学校、女学校からの道路を拡張してつくった陸軍飛行場づくりへの動員状況を調べましたが、何もでてきません。
 気分転換にと、高松市歴史資料館に行きました。
 「わっ」と、おどろくような資料が展示されていました。
 一九四五年度の「高松第一中学校教務日誌」です。
 これに、陸軍屋島飛行場への生徒たちの動員の記録が書かれているかもしれません。
 近々、「読ませていただけないでしょうか」と、お願いしてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライディングリポート 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 ⑧ 今度は陸軍端岡(はしおか)飛行場です。ゴー。

 陸軍屋島飛行場から今度は陸軍端岡(はしおか)-国分飛行場です。ゴー。
 この地域は、いまは、高松市になっています。
 まずは、地域の図書館へ。
 係の方が出してくださった『さぬき国分寺町誌』(国分寺町誌編纂委員会。国分寺町。二〇〇五年三月)を見ました。  

 「前にも見たけど、なかったよなぁ」と思いつつ読み進みましたが、意外な項目に書かれていました。
 「終戦後の村」という所です。
 「(国分寺町国分字東滑走路、国分寺町国分字西滑走路は)戦争中に道路を滑走路として使用することを目的として作られたものだという。東端が端岡山で、西へ約一㌔㍍、幅五〇メートルの道路であった。今は県道33号となっている。多くの田がつぶされ、宅地も壊された。」
 幅五十メートルとは、広いですねー。
 この位置や大きさは、戦後につくられた「国分寺町国分字東滑走路地図」、「国分寺町国分字西滑走路地図」という文書を見ればわかるといいます。
 まずは、その地域を走ってみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライディングリポート 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 ⑨ 「端岡(はしおか)国民学校に兵隊がいて、その兵隊たちがつくっていた」。

 端岡に着いて、通りがかりの男性に「端岡山って、どこでしょうか?」。
 「そこだよ」
 「ところで陸軍の飛行場があった所をごぞんじでしょうか」
 教えてくださいました。
 すぐ近くの県道33号の「ポプラ」の所からJR国分寺駅の前の所までだったそうです(地図を載せました)。

20100502_052

 「すぐそこの端岡国民学校に兵隊がいて、その兵隊たちがつくっていた」
 その男性は、一九四五年四月から端岡国民学校の六年生に。「私も兵隊たちと一緒に飛行場づくりの作業をしました」
 当時は、飛行場のあった地域は綾歌郡端岡村(はしおかむら)、綾歌郡山内村(やまのうちむら)だったといいます。

 この男性Yさんとは、近々、くわしくお話をうかがえることになりました。「こんどは、地図をもってきなさい」と頼もしい言葉をかけてくださいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライディングリポート 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 ⑩ 陸軍丸亀飛行場は、ここにありました。

Photo  

   五月三日朝九時から午後五時まで、香川県丸亀市にいって、アジア太平洋中の陸軍丸亀飛行場の調査をしました。
 当時のことを知っている男性・Mさん(一九三五年七月日生まれ)が、飛行場について、くわしく教えてくれました。
  陸軍丸亀飛行場は、飯野山(いいのやま。別名・讃岐富士。標高四二一・九メートル)の南の道路(いまは善通寺府中線)にそって建設していました。
 この飛行場は、香川県の綾歌郡飯野村(いいのむら)と綾歌郡坂本村に、またがっていました。
 飛行場は、道路の南側にありました。
 この工事にたずさわった兵隊たちは、国民学校の講堂で寝起きしていたといいます。
  飛行機格納庫の予定地、飛行場から、そこに向かう誘導路のことも教えてくださいました。
 Mさんは、飛行機のやって来るのを楽しみにしていたが、一機も来ないうちに終戦を迎えたと語っておられました。
 Mさんの案内で現地にいくと、当時の工事の時の盛り土の跡が三か所、残っていました。私は、これには、びっくりしました。

 お聞きしたことを、図で表わしました。
 Mさんは、戦後の飛行機跡地の処理についての地図や書類をお持ちです(飯野村分)。

 いくつかのことが宿題になりました。
 ① 当時の状況に近い地図を探して、それをもとに、Mさんに当時のことを書きこんでいただく。
 ② Mさんに、資料をゆっくり見させていただいて、分析する。
 ③ 飯野山に登って、この飛行場や、まわりの関係がわかる写真を撮る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌 われらが大学の丘に強い風が吹きわたった日に。

 わが丘の 春風強く 吹き抜けて 両手を広げ 飛び立つ用意

 本当に両手を広げてみました。飛び上がりそうでしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノートをとるための筆記用具。○・五のロトリングにしようかなと思っています。

 最近、ノートをとる時間が多くなりました。
 多いときには、「一日に四百五十分」、たえまなくノートをとっています。
 あとで、先生に「私の講義の内容を再現しなさい」といわれれば、さささとできるような「わき道」、そして、講義への私のコメントもふくめた、「ほぼ完全なノート」をとっています。
 で、問題は筆記用具です。
 なかなかいいのがみつかりません。
 本当は「軽やかに、すべるように書くことができる」ものをと思っています。
 そこで、本日は、○・五のロトリングで書いてみようと思い立ちました。
 いろいろ試してみましたが、なんか、うまくいきそうな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »