« 英語日記 April 14th 2010 My theme of research has decided | トップページ | Carppenters の「Superstar」の日本語訳。 »

2010.04.14

高松市林町の地中の不発弾。

 大日本帝国陸軍林飛行場(高松市林町)などについて調べたいと思っていました。
 その林町で、つぎのような事件がありました。
 この飛行場と関係したことでしょうか。

 高松の住宅地に不発弾/周辺住民避難、焼夷弾か

 四国新聞 2010/04/15 09:41

 14日午前10時ごろ、香川県高松市林町で、宅地造成工事をしていた建設会社社長(54)が地中から不発弾を見つけ、高松南署に届け出た。同署の誘導で、半径150メートル内の住民が約6時間半にわたり近くの集会所などに避難。午後4時50分ごろ、陸上自衛隊第14旅団の専門隊員が不発弾を撤去、回収した。発見時、同社長が左手に軽いやけど。
 高松南署の調べでは、不発弾は1個で、長さ約80センチ、直径約15センチの円筒形。戦時中落とされた米国製100ポンド焼夷(しょうい)弾とみられるが、信管が破損し爆発の危険性は低いという。
 社長によると、4日朝からショベルカーで掘削中、深さ30センチ程度の地中で金属に当たる感触があった。不発弾からは白煙が上がり、漏れていた液体に触れてやけどした。
 現場は住宅が隣接する造成地。(後略)

 林飛行場は、アジア太平洋戦争開始後の一九四三年にできました。

|

« 英語日記 April 14th 2010 My theme of research has decided | トップページ | Carppenters の「Superstar」の日本語訳。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/48087615

この記事へのトラックバック一覧です: 高松市林町の地中の不発弾。:

« 英語日記 April 14th 2010 My theme of research has decided | トップページ | Carppenters の「Superstar」の日本語訳。 »