« 英語で日記 April 23rd 2010 Movie "RUNAWAY BRIDE" | トップページ | さぬき市津田町の、けぼ山古墳を見ました。【写真】 »

2010.04.24

さぬき市大川町の富田茶臼山古墳を見学しました。【写真】

036

047

 久しぶりの晴天です。
 さぬき市の古墳を二つ見てきました。
 一つ目は、富田茶臼山古墳です。
 現存する古墳では、四国で一番大きなものだそうです。
 写真をアップします。
 以下、説明のデータは、さぬき市文化財保護協会大川支部のホームページから。

http://ew.sanuki.ne.jp/bunka33/tyausuyama.html

 場所は、さぬき市大川町富田中3402-3。
 歴史地理書「三代物語{1745年(延享二年)}」には「茶臼山古墳は西に向けて前方部が延び、後円部が丸く、周りには濠があって、円筒埴輪が数多く埋められ、黒油石(讃岐岩質玄武岩)といわれる石が墳丘に多量使用されていた。古書には、日本武尊の陵とされていた。 一九八九年の「富田茶臼山古墳発掘確認調査事業」の結果、古墳は全長百三十九メートル をはかり、高さ十一.八メートル、幅七十七メートルの前方部と直径九十一メートル、高さ十五.七メートルの後円部ともに三段に築造された前方後円墳です。
 墳丘周囲には前方部に向かって 次第に狭まる盾形の周濠がめぐり、その外側には周庭帯の存在も考えられることが判明しました。
 築造時期も五世紀前半に求められました。
 一九九三、四年度の調査で、古墳の南西および西側に三基の陪冢が発見されました。
 三基とも周溝を廻らせた五世紀前半の方墳です。
 
 *陪冢(ばいちょう)は、主人の墓にともなう従者の墓の意です。大きな墓のそばにある小さな墓。副葬品を納めるだけのものがあります。

|

« 英語で日記 April 23rd 2010 Movie "RUNAWAY BRIDE" | トップページ | さぬき市津田町の、けぼ山古墳を見ました。【写真】 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/48168510

この記事へのトラックバック一覧です: さぬき市大川町の富田茶臼山古墳を見学しました。【写真】:

« 英語で日記 April 23rd 2010 Movie "RUNAWAY BRIDE" | トップページ | さぬき市津田町の、けぼ山古墳を見ました。【写真】 »