« ライディングリポート 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 29 七月四日の空襲後は、勤労奉仕の人数は大幅に減少。 | トップページ | ライディングリポート 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 31 七月二十二日、二十四日の空襲。 »

2010.05.05

ライディングリポート 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 30 陸軍の明野教導飛行師団は、決戦準備促進のため第二十戦闘飛行集団に改編されました。

 一九四五年七月十八日、陸軍の明野教導飛行師団は、決戦準備促進のため第二十戦闘飛行集団に改編されました。
 第二十戦闘飛行集団の司令部は、四国地方の軍備を強化するため、集団長・青木少将以下、司令部が明野から高松に移駐するよう発令されました。
 部隊の本部は、一九四四年九月に開隊された当初は飛行場内にあったが、のちに長専寺(林村)へ、そして、ふたたび飛行場内に、さらに木太国民学校と変わり、飛行司令団司令部が来たときには鷺田(さぎた)公民館に移っていました。 

 【参考資料】

 ○ 『高松空襲戦災誌』。高松空襲戦災誌編集室。高松市役所。一九八三年三月三十一日。

|

« ライディングリポート 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 29 七月四日の空襲後は、勤労奉仕の人数は大幅に減少。 | トップページ | ライディングリポート 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 31 七月二十二日、二十四日の空襲。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/48279456

この記事へのトラックバック一覧です: ライディングリポート 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 30 陸軍の明野教導飛行師団は、決戦準備促進のため第二十戦闘飛行集団に改編されました。:

« ライディングリポート 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 29 七月四日の空襲後は、勤労奉仕の人数は大幅に減少。 | トップページ | ライディングリポート 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 31 七月二十二日、二十四日の空襲。 »