« 短歌 「涙ため 山崎(やまさき)ハコを 聴いている 六十三歳 僕のかわいさ」。 | トップページ | 短歌 「ノート入れ 明日のために 削ってる 鉛筆数本 カシカシの音」。 »

2010.05.16

香川県高松市の久本古墳を見学しました。【写真四枚】

 五月十六日午前から、香川県高松市新田町二〇〇九の久本古墳を見学しました。
 久米池の近くの道路沿いにあります。平地にあります。
 横穴式石室が残っています。
 全長十・八メートル。羨道(せんどう。横穴式石室で玄室に通じる道)長六・三メートル、高さ二・一メートル。玄室(墳の中の棺をおさめる室)長四・五メートル、幅二・四メートル、高さ三・三メートル。
 柱石で玄門、羨門を仕切っています。
 玄室に石棚があります。下に陶棺が置かれていたといいます。

 石を積み重ねて建築物をつくる知恵、大きな石を運び込み、組み立てた力はすごい。

Dscn2207

Dscn2208

Dscn2221

Dscn2222_2

|

« 短歌 「涙ため 山崎(やまさき)ハコを 聴いている 六十三歳 僕のかわいさ」。 | トップページ | 短歌 「ノート入れ 明日のために 削ってる 鉛筆数本 カシカシの音」。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/48376820

この記事へのトラックバック一覧です: 香川県高松市の久本古墳を見学しました。【写真四枚】:

« 短歌 「涙ため 山崎(やまさき)ハコを 聴いている 六十三歳 僕のかわいさ」。 | トップページ | 短歌 「ノート入れ 明日のために 削ってる 鉛筆数本 カシカシの音」。 »