« 英語で日記 April 30th 2010 Both hands are extended like wings | トップページ | 英語で日記 May 1st  2010 May 1st 2010 A senior at our university worked vividly. »

2010.05.01

短歌 高松市の元特攻飛行場を走り抜ける日々。

 あのころは 特攻用の 飛行場 観光道路を 走り抜けてる

 高松市の屋島の所です。

 このところ、毎日のように、ここを走っています。

|

« 英語で日記 April 30th 2010 Both hands are extended like wings | トップページ | 英語で日記 May 1st  2010 May 1st 2010 A senior at our university worked vividly. »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

 お元気ですね。
 私の手元にある、防衛研究所図書館の資料を幾つかご紹介します。
 ①香川県にあった陸軍飛行場は、林飛行場のほか、丸亀と国分の二秘匿飛行場の、合計三カ所がありました。
 飛行場名は史料によって色々ですが、国分=屋島飛行場だと思います。戦時中の史料には「国分」、戦後の史料に「屋島」と記されています。
 このうち、国分はよく分かりませんが、丸亀飛行場の工事には、1945年5月末に、松山の第三航空教育隊から約1000名の兵員が派遣されています。
 愛媛には壬生川、松山東、松山西、宇和島の四カ所の陸軍飛行場が、1945年に入って計画されました。
 私も資料収集をしていますが、なかなか大変です。屋島飛行場について、工事に従事した軍部隊などが分かりましたら、教えて下さい。

投稿: 池田 | 2010.05.02 11:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/48234826

この記事へのトラックバック一覧です: 短歌 高松市の元特攻飛行場を走り抜ける日々。:

« 英語で日記 April 30th 2010 Both hands are extended like wings | トップページ | 英語で日記 May 1st  2010 May 1st 2010 A senior at our university worked vividly. »