« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010.07.01

短歌集 「十八、二十歳の友たちのこと」。

 実習の 帰りに入った トンカツ屋 二十歳(はたち)の学友(とも)は お代わり、お代わり

 雨の中 上へ上へと のびていく ノウゼンガズラの 勢いを見る
 
 「すけした」を うちわにしてる 女の子 高知出身 真摯(しんし)な一年

 「僕のこと、兄さんでいい」 十八に 無理をいってる 六十三が

 六十三 大学生が 新聞に 紹介されて 差し入れが来る

 わが学友(とも)が ロングスカート はいてきて 梅雨のしめりが パッと華やぐ

 休講に しょげかえってる 六十三 知の時間から 切り離されて

 粘土来て 抽象こねる 夜のこと 曲線の美を 描きかねてる

 三時間 街歩きして うどん食う 十八七人 六十三われ

 この授業 なんとヘビーな もう一つ リポート書けば 前期は終わる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.02

英語で日記 Thursday,July.1st 2010 さぬき市志度の志度寺や周辺の街なみ。 

Thursday,July.1 2010 さぬき市志度の志度寺や周辺の街なみ。 

 曇りのち晴れ。
 
 私たちは、午前九時過ぎから正午近くまで、さぬき市志度の志度寺や周辺の街なみを見学しました。
 志度寺は、江戸時代からの建物も残っている素晴らしい寺でした。
 これは、二時間続きの授業の一環です。
 一年生の男子七人と私は、これが終わってから、うどん屋に行って、うどんを食べました。
 これは、おいしかった。
 
 四時間目の授業を受けていて、突如、「宮武外骨(みやたけ・がいこつ)のことを調べてみよう」と思い立ちました。
 まずは、明日、図書館にいって調べることにします。

Thursday,July.1st 2010 Shido temple and peripheral town at Shido in Sanuki city .
 
Fine after cloudy.
 
We visited Shido temple and a peripheral town in at Shido in Sanuki city from 9 o'clock to noon in the morning.
The Shido temple was a wonderful temple which has remained from Edo period.
This is a part of the class of continuation of two classes.
Seven boys of the first grader and we went to an Udon(noodle) shop after this ended, and ate the Udon.
This was delicious.
 
I made up my mind suddenly, "Let's examine Mr.Miyatake Gaikotu bone " after I attended the class of the fourth.
I will go to the library and examine it tomorrow.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 Cloudy,Friday,July.2nd,2010 粘土の作品「魅惑の球形」。 

Cloudy,Friday,July.2nd,2010 粘土の作品「魅惑の球形」。 

 朝、早く起きて、粘土の作品「魅惑の球形」を仕上げました。
 いつの日にか焼いてみたいと思っています。

 午前九時過ぎから香川県立県立図書館にオートバイで向かいました。
 途中、日本共産党の三ヶ尻亮子(みかじり・りょうこ)さん(四十一歳)が街頭演説をしているのに出会いました。
 いま、高知県に住んでいる人です。
 私は、彼女を初めて見ました。
 演説を終わってからあいさつに来てくれました。
 私は、自己紹介しました。

Cloudy,Friday,July.2nd,2010Work "fascinating sphere" of clay.
 
I got up early and finished up my work "fascinating sphere" of clay.
I want to burn it one day.

I faced Kagawa prefectural library by my motorcycle at 9 a.m.
I met Mrs.Mikajiri Riyouko(41 years old) who was making a speech on the street on the way to the library.
She belongs to Japan Communist Party.
She is an inhabitant in Kochi Prefecture now.
I saw her for the first time.
She came to me for the greeting after having the speech.
I introduced myself.
 
I looked for the book in the prefectural library until 5 a.m.
"It was, and existed. I wanted to learn this."
There were some parts that I would almost say so.
I obtained a large result today.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌 「借りてきた 本積み上げて 悦に入る……」。

 借りてきた 本積み上げて 悦に入る 「うん、その前に タコで夕食」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 63 飯野山飛行場づくりに行って見た兵士たちの訓練の様子、体や頭に木の葉をつけて……。

 実は、この調査は、煮詰まってしまって、前に進まなくなっていました。
 ところが、本日七月二日、香川県立図書館で、いろいろ本を探していて、『敗戦五十年記録集”私と戦争”』(香川県職員退職者会。角田緑。一九九五年八月十五日)に出会いました。
 陸軍飯野山飛行場に動員された女性の手記が載っていました。

 丸亀市三条町の中北スガノさんです(以下、一部を引用。行替えしました)。
 農業で、夫は軍属として善通寺師団に勤めていたといいます。
 「飯野山のふもとに飛行場が出来ると言うので勤労奉仕に朝から歩いて、やっと行きますと兵士が体や頭に木の葉をつけて走って居ました。
 食べる物が無いので走りながらバタバタたおれるのです、見ておどろきました。
 地ならしを手伝って昼のおべんとうを食べに親類の家に行きましたが、いとこが居ないので、しき居に腰をかけて食べました。
 持って行ったお茶を飲んで、桃を買って帰ろうとおねがいすると、お米を出さねばくれないとの事。
 夕方まで仕事をして、つかれて皆といっしょに遠い道を帰って来ました。
 自分達が食べる物も無いのに兵隊さんが可愛そうで、皆んなでお米、豆、イモ等を持ちよって郡家地区から三輪車にイッパイつんで送りなんぎしていた兵隊の部隊長に上げたそうです。
 亦[また]、ツギ布が無くてやぶれた所のつくろいも出来ずにこまって居た人が沢山[たくさん]いました。
 亦、丸亀へ行って顔がうつるようなオカユを食べに行っていました……」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.04

来日六か月のネパール人男性の日本語。すごく流ちょうでした。

 七月四日夜、高知市の、ある食堂に行きました。

 ネパール人の男性の店員は、日本語がとても上手です。

 「十年ぐらい日本にいるのですか?」

 「六か月です」

 三十七歳だといいます。

 日本語は日本に来てから習ったといいます。

 「毎晩、午前零時から一時まで日本語を勉強しています」

 インド語、英語もできるそうです。

 うーん、すごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 Rain,Saturday,July,3rd 2010 『高知の戦争 証言と調査』十号用の原稿を二つ整理しました。  

Rain,Saturday,July,3rd 2010 『高知の戦争 証言と調査』十号用の原稿を二つ整理しました。  

 早朝、土砂降りの雨が降りました。
 でも、少し小ぶりになったので、私は出発しました。
 善通寺市での野外実習を受けるためです。
  JR志度駅のホームで列車を待っていたとき、雨のため実習が中止になったことを知りました。
 それで、そのまま列車に乗って高知市に向かいました。
 高知市に着いてから、やったこと。
 古本屋で本探し。
 平和のための戦争資料展の見学。
 『高知の戦争 証言と調査』十号用の原稿の整理。
 経済学の勉強会への参加。
 仲間との食事。
 夜、市内の家に帰りついたら、『高知の戦争 証言と調査』十号用の原稿が、もう一本届いていました。
 その原稿を整理していて気が付いたら午前二時になっていました。

Rain,Saturday,July,3rd 2010 I arranged two sheets of manuscript for the 'War testimony and survey of Kochi' tenth.
 
It rained heavily early morning.
However, I left because it became a little.
The purpose of my going out is to receive the outdoors practice in Zentsuji city.
When waiting for a train at the JR Shido platform, I knew the practice was canceled because of rain.
And, I remained there and faced Kochi city taking train.
 
What I had done after I arrive at Kochi city is the following.
Search the boos in an used bookstore.
Visit the war material exhibition for peace.
Arrange a manuscript for the 'War testimony and survey of Kochi'tenth .
Participate the economics study meeting.
Meal with companion.
 
Another manuscript for the 'War testimony and survey of Kochi' tenth had reached when I returned to my house in Kochi City at night.
I arranged the manuscript.
It was 2 a.m. when I finished the arrangement of the manuscript.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Winter Tale(冬の物語)』という立体絵本。【写真二枚】

 七月三日夜、『Winter Tale(冬の物語)』という立体絵本を手に入れました。
 こんなこともできるんだなと感激しました。
 著者は Robert Sabuda さんでした。

Photo_3

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sunday,July,4 2010 シロネギは高級野菜でしたっけ。

Sunday,July,4 2010 シロネギは高級野菜でしたっけ。

 雨、のち晴れ。

 NHKテレビの各党首討論会を見ました。

 そして、大型電気店に寄ってから、さぬき市へ向かいました。

 さぬき市のアパートに帰ってから、少し休んでビラ配布をしました。

 そして、食材の買い出し。

 きょうもシロネギは一本で百十円。
 同じ値段でモヤシが三パック買えます。
 で、やっぱりモヤシ三パックを選びました。
 シロネギって、前からこんなに高かったんでしょうか。
 さぬき市に越してきてから、シロネギを一度も買っていません。

Sunday,July,4 2010 Was Shironegi(White spring onion)an expensive vegetable?
 
Fine after rain.
 
I saw the round-table discussion of the party leader of each political party on NHK television in the morning.

After it I went to a large electric shop near my house.
And, I faced Sanuki city.
After I returned to my apartment in Sanuki city, I took a rest a little.
And, I distributed the flyer.
 
After it had ended, I went a supermarket to buy some ingredients.
 
In the supermarket,Shironegi(White spring onion) is 110 yen each today.
You can buy three Moyashi packs if there are 110 yen.
And, I chose three Moyashi packs after all.
Has Shironegi been expensive for a long time ago?
After I moved in Sanuki city, I have never bought Shironegi.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第三十二回戦争と平和を考える資料展(高知市立自由民権記念館)、あと七月六日(火曜日)、七日(水曜日)、八日(木曜日)のみです。【写真二枚】

 第三十二回戦争と平和を考える資料展(高知市立自由民権記念館)、あと七月六日(火曜日)、七日(水曜日)、八日(木曜日)のみです。
 六日、七日は、午前九時半から午後五時まで。八日は、午前九時半から午後四時までです。
 主催は、ピースウェイブ実行委員会です。

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.05

短歌 「三日ほど 眠り続けて……」。

  三日ほど 眠り続けて しゃきとして 授業に向かう 今朝の夢

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『高知の戦争 証言と調査』第九号が発行されました。

 『高知の戦争 証言と調査』第九号が七月一日に発行されました。

 目  次

 中学生に語る 八歳の高知空襲体験【岡村正弘】
 高知の戦争遺跡調査 研究の効能【窪田充治】
 戦争遺跡の再評価【馴田正満】
 浦戸海軍航空隊・呉鎮守府第11特別陸戦隊の引渡目録【福井康人】
 編集者のメッセージ【藤原義一】

 定価・二百円。

 ご一報いただければ、お送りします。

 現在、七月三十一日締め切りで原稿を募集しています。
 書いていただける方、ご一報ください。

 (編集担当・藤原 義一)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

歴史の自習の時間 三時代区分とは。

 人類の歴史の時代を石器時代、青銅器時代、鉄器時代に区分する考え方です。
 デンマークのコペンハーゲン博物館の館長・クリスチャン・トムセン(一七八八年十二月二十九日~一八六五年年五月二十一日)は、博物館の展示品を、利器、特に刃物の材質の変化を基準にして分類し、人類は石以外に金属を知らない石器時代、鉄がまだ使われていない青銅器時代(青銅は銅、スズの合金)、鉄器時代という三つの時代を経たことを区分して展示しました。
 彼は、この考え方を推し進め、一八三六年に、『北方古代文化入門』を著して三時代区分法を提唱しました。
 このうち石器時代については、イギリスの考古学者・ジョン・ラボック(一八三四年四月三十日~一九一三年五月二十八日)が、一八六五年、石器時代を大きく二つにわけ、旧石器時代(Palaeolithic)と新石器時代(Neolithic)という用語を使うことを提案しました。
 絶滅動物化石と打製石器の時代を旧石器時代、現世人類と磨製石器、打製石器の時代を新石器時代といいます。
 旧石器時代と新石器時代の境目は一万年前で区切られているといいます。
 地質時代でいうと前者が更新世(洪積世)に属し、後者が完新世(沖積世)に属します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史の自習の時間 旧石器時代、旧石器文化とは。

  旧石器時代とは、ホモ属(ヒト属)が打製石器(旧石器)をつくり始めたとされる二百五十万年前から、磨製石器(新石器)をつくり始めた一万年前までを指します。
 その担い手は、原人・ホモ・ハビリス(二百五十万年前~)、原人・ホモ・エレクトス(百五十万年前~)、旧人・ホモ・サピエンス・ネアンデルターレンス(三十万年前から)、新人・ホモ・サピエンス・サピエンス(三・五万年前~)と変化します。
 ホモ属は、百五十万年前~百万年前にはアフリカ外に拡散します。そして、二十万年前~十万年前に、また拡散します。アメリカへは二万年前から一・五万年前に入りました。
 礫石器(れきせっき)、握斧(石材を手に握れる大きさに打ち欠き一端をとがらせたもの)、槍先など多様な石器を持っていました。
 旧石器の形状により三つの時代に分けけられます。
 二百五十万年前からは、前期旧石器時代といい原人、旧人の一部による旧石器であるとされます。
 八万年前からの中期旧石器時代は、旧人類による旧石器です。
 三・五万年前から後期旧石器時代は、新人類による旧石器です。
 前期、中期、後期と時代が新しくなるほど、石器も小さくなり、多様な形態をもつこととなります。
 狩猟活動では間違いなく襲える相手を捕獲する、他の動物が食い荒らした動物の残骸を取ってくる、土を掘ってミミズやイモムシをつかまえるなどで食べ物を獲得していたと思われます。
 ホモ属は、百万年前~八十万年前には火を使い始めます。
 住居のはじまりは、風雨や寒さを凌ぐためや外敵から身を守るために岩陰や洞穴に住んだり、大樹下などに住んだと思われます。

 ホモ属は抽象的思考を持っていたことは、残された芸術を見てもわかります。
 スペインのアルタミラの洞穴壁画には顔料を使ったリアルな野牛の立像が描かれていますが、これは、別の場所で見たものを洞窟の中で描くという高度な作業の成果です。
 トールジェ洞窟の獣人像は、イマジネーションの産物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌 「消費税 上げるの賛成 四割も……」。

消費税 上げるの賛成 四割も この人たちは みなリッチなの? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌 「憶良(おくら)本 ずらっと並ぶ その中で……」。

 憶良(おくら)本 ずらっと並ぶ その中で 字の太いのを 借り出している

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 Monday,July,5 2010 ”You should”、and ”You should'nt”.

Monday,July,5 2010 ”You should”、and ”You should'nt”.

 雨、のち晴れ。

  夜、私は、前期試験のための勉強を始めました。
 試験は、なかなか、難しい。
 私の前途は多難です。

 またまた、英会話の宿題です。
 「You should」を使った文章を三つ、「You should'nt」を使った文章を三つくってきなさいということです。
 私は、こんな文章を書こうと思っています。

  【You should】 

 あなたは、前期試験に向けての勉強を真面目にやらなくてはいけない。
 あなたは、あした中に、演習のためのリポートをかかなくてはいけません。
 あなたは、四つの出版物のためのの原稿を五本書かなければいけません。

 【You should'nt】

 あなたは、いろんなことに手を出し過ぎてはいけません。
 あなたは、授業中に居眠りしてはいけません。
 あなたは、ビールを飲み過ぎてはいけません。 

Monday July 5th 2010 "You should"、and "You should'nt".

Fine after rain.

I started studying for the first term examination at night.
The examination is quite difficult.
My future is full of troubles.

It is homework of English conversation again.
I have to make three sentences using "You should" and three sentences using "You shouldn't". 
I think that I write such sentences.

  【You should】 

 あなたは、前期試験に向けての勉強を真面目にやらなくてはいけない。
 あなたは、あした中に、演習のためのリポートをかかなくてはいけません。
 あなたは、四つの出版物のためのの原稿を五本書かなければいけません。

【You should'nt】

 あなたは、いろんなことに手を出し過ぎてはいけません。
 あなたは、授業中に居眠りしてはいけません。
 あなたは、お酒を飲み過ぎてはいけません。

  ● ホームワークの英訳 ●

 【You should】

You should study for the first term examination seriously.
You should write the report for the maneuver by the end of tomorrow.
You should write five manuscripts for four publications.

 【You should'nt】

You should'nt do this and that.
You should'nt doze during the lesson.
You should'nt drink beer too much.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.06

歴史の自習の時間 山上憶良は、飛び立つ羽を得て何をしたかったのでしょうか。

 よのなかを うしとやさしと おもへども とびたちかねつ とりにしあらねば
   山上憶良(やまのうえのおくら)

 憶良の「貧窮問答の歌」は、「人間として生まれてきたのがよいことかどうか疑わしい実態」の庶民の悲惨な暮らしぶりを歌い、「ムチを手にした徴収(とりたて)の里長(さとおさ)の声は、私どもが寝ている戸口まで来て呼び立てる」と嘆かせています。そして、「かくばかり すべなきものか よのなかの道」でむすびます。
 そして、この歌が続きます。
 「この世の中を生きていくというのは辛いこと、恥ずかしいことだと思いますが、飛び立つこともできない。私は鳥ではないので」と、いうことでしょうか。

 この歌の後に「山上憶良が、頭を低くして、この作品をつつしんでお見せします」という文章が入っています。

 憶良は、伯耆守(ほうきのかみ)、筑前守と地方官を歴任しました。彼の最高の官位は、従五位下(じゅごいのげ)で、やっと貴族入りしたというところでした。
 徴収の側の人間が、こうしたことを歌っていることに驚きがあります。
 本当は支配する側ではなく、飛び立つ羽を得て、こうした民を救う側に立ちたかったのでしょうか。
 奈良時代の『万葉集』に載っている憶良の七十八首の作品群を読むと、彼が、死や貧、老、病などに敏感で、社会的な矛盾を鋭く観察していたことがわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 Tuesday,July.6th,2010 私の部屋を整頓するために。

Tuesday,July.6th,2010 部屋を整頓するために。

 雨のち曇り、そして雨。

 七畳半のアパートに住んでいます。
 それは、ビジネスホテルのような部屋です。
 この部屋を合理的に使いたいと思っています。
 部屋の中を動くときは、手に何かを持っていようと心がけています。
 台所に持っていくもの。
 冷蔵庫に入れておくもの。
 洗濯機に入れるもの。
 ゴミの袋に入れるもの物。

 私の目指しているのは、いろんなものを移動させながら整理するということです。

Tuesday,July6th,2010 My room will be neat and tidy.

Partly cloudy, then rain.

I live in an apartment of seven mat half.
It is a room like an economy hotel.
I want to use this room reasonably.
When I move in the room, I try to have something.
The one taken to kitchen.
The one put in refrigerator.
The one put in washing machine.
The one thing put in bag of garbage.

My aim is to arrange my room while moving various things.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 64 「帥作命丙第四十号」が語ること。 

 『昭和二十年 航空総軍後方関係命令綴』のコピーをいただせました。ありがとうございました。陸軍秘匿(ひとく)飛行場のいったんがわかります。

 帝国陸軍は、四五年一月二十日に策定された帝国陸海軍作戦計画大綱にもとづき本土決戦の準備を進め、同年四月八日に作戦準備を促進させるために第一総軍、第二総軍、および航空総軍を設置しました。
 作戦名は「決号作戦」とされ、航空総軍はそれまで複雑であった陸軍航空部隊の統一指揮を目的とし、合わせて陸軍航空総監部がおこなっていた教育業務も引継ぎ、同総監部は廃止されました。
 航空総軍の通称号は、帥(すい)です。

 川邉正三・航空総軍司令官(中将)の「帥作命丙第四十号 航空総軍の命令 五月二十八日一〇・〇〇 東京」を見ます。
 
 一、航空総軍ハ秘匿飛行場ヲ増設セントス
 二、第一航空軍司令官ハ六月末概成七月末完成ヲ目途トシ左記秘匿飛行場ヲ整備スヘシ
     左  記
 三本木(青森県三本木町附近)
 六 郷(秋田県六郷町附近)
 金ケ﨑(岩手県金ケ﨑西方約四粁高谷野原)
 青野原(兵庫県北條東南方約四粁)
 神 野(兵庫県加古川東北方約四粁加古川河原)     
 行 幸(岡山県和気町西南方約十二粁)」
 又第三航空教育隊ヨリ将校ノ指揮スル人員各々約一、〇〇〇名速ニ松山及丸亀新設飛行場ニ派遣シ概ネ七月中旬迄[まで]夫々中部軍管区経理部松山出張所長及陸軍航空経理部長ノ指揮ヲ承ケシムベシ
 (中略)
 四、航空総軍経理部長ハ、六月末完成ヲ目途トシテ丸亀(香川県)国分(香川県)及倉吉(鳥取●●附近ニ秘匿飛行場ヲ整備スルト共ニ第二項第一航空軍司令官ノ実施スル秘匿飛行場整備を援助スヘシ
 (後略)

 第三航空教育隊は、松山にあった部隊です。
 中部軍管区は、大日本帝国陸軍の軍管区の一つで、中部軍の管轄区域でした。一九四五年二月一日、中部軍は、第十五方面軍の編成により廃止され、その後は第十五方面軍司令部が中部軍管区司令部を兼ね近畿地方の軍政を統括しました。

 香川県関係では、この稿のテーマである国分飛行場、丸亀飛行場が七月完成を目指していたことがわかります。
 松山や倉吉にも、秘匿飛行場がつくられていたようです。

 そのほか、全国各地に秘匿飛行場がつくられていたことがわかります。
 つぎの秘匿飛行場の整備が急がれていました。
 三本木(青森県三本木町附近)
 六 郷(秋田県六郷町附近)
 金ケ﨑(岩手県金ケ﨑西方約四粁高谷野原)
 青野原(兵庫県北條東南方約四粁)
 神 野(兵庫県加古川東北方約四粁加古川河原)     
 行 幸(岡山県和気町西南方約十二粁)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.07

歴史の自習の時間 考古資料の点から農耕の存在を立証する三つの材料。

 考古資料の点から農耕の存在を立証する材料には、つぎのようなものがあります。
 ① 土器の稲モミの圧痕(あっこん)やプラント・オパール。
 熊本県本渡市の大矢遺跡から出土した縄文時代中期、縄文時代後期の土器の稲もみの圧痕(あっこん)が確認されています(それぞれ一点。ともに長さ約三ミリ、幅約一ミリ)。圧痕は、土器の製作中に稲モミなどが混ざってできた小さなくぼみです。縄文時代中期、後期に稲作があったことを示す資料です。
 岡山県灘崎町にある彦崎貝塚の縄文時代前期(約6000年前)の地層から、イネのプラントオパール(イネ科植物の葉などの細胞成分)が大量に見つかっています(土壌一グラム中二千~三千個)。イネの栽培をうかがわせます。

 ② 農具の確認。

 静岡市の弥生時代後期の村の遺跡・登呂遺跡(とろいせき)から、平鍬(ひらぐわ)、田下駄(たげた)、竪杵(たてぎね)などの木製農具が出土しています。
 大阪府東大阪市瓜生堂の弥生時代の集落跡・瓜生堂遺跡(うりゅうどういせき)では、鍬(くわ)、鋤(すき)などの木製の農耕具が出土しています。

 ③ 栽培地遺跡の検出。

 宮崎県都城市の坂元A遺跡では、縄文時代晩期(弥生早期)から近世までの水田跡が見つかっています。
 縄文時代晩期(弥生時代早期)の水田の区画はくずれた隅丸方形ないし楕円形をしていて、一区画が十平米前後と狭く不整形なものです。弥生時代前期の水田跡はより低いところへと広がっています。弥生時代中期末~後期になると、より低地(恒常的に水がわく場所)まで広がっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史の自習の時間 弥生時代の五つの特質。

 弥生時代は、紀元前十世紀、または紀元前五世紀から紀元三世紀中ごろ~後半までです。
 それは、灌漑(かんがい)水田型イネ栽培の出現に始まり、前方後円墳の成立で終わります。
 その時代は、つぎの五つの特質を持っています。
 ① 灌漑水田型イネ栽培の導入。
 水田型イネ栽培のためには、湿地帯を人工的につくってやることが必要で、農業用水のための給排水設備付設の人工的栽培地が造成されました。
 灌漑水田型イネ栽培が食糧獲得の中心的な位置を占めだして、堅果類の貯蔵施設、粗放農業に対応した石鍬類、大規模な貝塚は順次、姿を消していきます。
 ② 金属器(青銅器、鉄器)の普及と石器の消滅。
 青銅器、鉄器は、中国華北が起源で、朝鮮半島を伝わって日本にもたらされたと思われます。
 青銅器は、弥生時代前期の後半に日本列島に流入しました。そして、前期末には青銅器の生産を開始しました。
 鉄器は、弥生時代前期末~中期初めに流入しました。そして、弥生時代中期~後期に北部九州で鉄器の鍛造(金属素材を加熱し、ハンマーなどでたたき、成形し靭性=じんせい=を与えていく加工法)が始まりました。後期には、鉄器製作が拡大しました。
 かくして、石器は駆逐されます。
 ③ 大規模拠点集落の発達。
 十万平方メートル以上の広がりのある拠点集落が弥生時代前期末に成立し、中・後期に大型化しました。
 奈良県磯城郡田原本町の弥生時代の環濠集落遺跡・唐古・鍵遺跡(からこかぎいせき。遺跡面積は約三十万平方メートル)、大阪府和泉市と同泉大津市とにまたがる弥生時代中期の環濠集落遺跡・池上・曽根遺跡(面積約六十平方メートル)、福岡県福岡市博多区の比恵那珂遺跡群、愛媛県の文京遺跡などに、それを見ることができます。
 この拠点集落は、主要な平野ごとに成立し、各種手工業生産の拠点、交易の拠点にもなっていました。
 大規模拠点集落は、古墳時代には続きませんでした。
 ④ 交易活動の活発化。
 このことは、③にのべた金属器の流入を見てもわかります。
 ⑤ 前方後円墳の祖形的な大型墳墓(ふんぼ)の成立。
 弥生時代の墓の基本形は、集団墓地で、被葬者は集団の一部でした。棺は、甕棺墓(かめかんぼ)、土器、木、石と多様でした。
 そして、弥生時代の中期の後半~後期の初めに北部九州に単独墓が成立し、後期中ころから、それが山陰、瀬戸内沿岸に広がりました。
 単独墓は、集団墓と分離され、墳丘を持ち配石(はいせき)されていました。埋葬施設は、棺と石製や木製の槨(かく。棺をおさめる外箱)でした。埋葬対象は一人か二、三人でした。副葬品は、鏡、鉄製武器、装身具でした。埋葬儀礼のために儀礼用装飾土器が発達しました。
 これは、のちの前方後円墳の祖形というべきものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史の自習の時間 弥生時代の区分。

 弥生時代の開始年代については二説あります。
 Aは、紀元前十世紀とするものです。
 放射性炭素年代測定法(生物遺骸の炭素化合物中の炭素に一兆分の一程度以下含まれる放射性同位体である炭素14の崩壊率から年代を推定する方法)を信用して研究している側の見解です。
 Bは、紀元前五世紀とするものです。
 弥生時代は、前期、中期、後期に区分されます。
 前期と中期の境はについては、二説あります。
 Aは、紀元前四世紀初めとするものです。
 Bは、紀元前三世紀とするものです。
 これは青銅器の使用を指標としています。
 中期と後期の境は、紀元一世紀の初めとされています。
 これは、貨幣「貨泉(かせん)」の流入を指標としています。「貨泉」は、中国の新(しん)の王莽(おうもう)が一四年に鋳造した銅貨で、「貨泉」の文字が鋳出されています。弥生文化の遺跡からも出土しています。
 終末年代は、紀元三世紀中~後半とされています。
 成立期の前方後円墳の副葬品である鏡を指標にしています。中国の魏の銅鏡・三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう。縁部の断面形状が三角形状となった大型神獣鏡)です。これは、二三九年に製造を開始しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史の自習の時間 古墳時代の終末年代と、その根拠。

 古墳時代は、前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)の成立をもって開始としています。実年代でいえば、三世紀半ばです。
 前方後円墳は、円形の墳丘(後円部)に方形の墳丘(前方部)を付設した古墳です。後円部に遺骸が埋葬されています。大和を中心に本州、四国、九州に約五千六百基が分布しています。韓国にも、西南部、全羅南道に当たる栄山江流域を中心に十基程度が分布しています。
 それでは、古墳時代の終わり(終末)は、いつでしょう。
 これには、二説あります。
 A説は、前方後円墳を新たにつくらなくなったときとしています。実年代でいえば七世紀前半期です。
 B説は、前方後円墳に準じた大型墳丘墓の消滅までとしています。A説から半世紀後ろにずれます。
 古墳時代の終わりはいつかということを検証していくうえで、三つの最終段階(六世紀末~七世紀初め)の前方後円墳を見てみましょう。
 ① 岡山県総社市の、こうもり塚古墳。
 ② 奈良県橿原市の見瀬丸山古墳(みせまるやまこふん)。
 ③ 奈良県平群町(へぐりちょう)の鳥土塚古墳(うどづかこふん)。 
 これらの古墳は、埋葬施設として大型の石材を積み上げた横穴石室をおさめています。使用した石材は大型のもので、一辺三メートル~四メートルもあります。十トン~七十トンもの石材を組み合わせています。
 副葬品のなかに須恵器(すえき)があります。
 須恵器は、五世紀に朝鮮半島南部から伝わり、古墳時代から平安時代まで生産された陶質土器です。ろくろ技術を用いて製作され、千百度以上の高温で焼いています。
 須恵器は、短い期間で形式変化が激しい土器です。
 ①、②、③には、TK43型式、TK209型式のどちらかが入っています。
 TK43型式は、これは、五八八年前後のものです。
 TK209型式は、六〇〇年前後のものです。
 たとえば、①にはTK43型式が入っています。
 ③には、TK43型式のものと、TK209型式のものが入っています。
 これが、古墳時代の終末年代を考えるうえでの一つの手かがりです。
 古墳時代の次の時代は、飛鳥時代です。
 飛鳥時代の仏教寺院の建立開始はいつでしょうか。
 これが、もう一つの手がかりです。
 日本で最も古い本格的な寺院とされているのは飛鳥(奈良県明日香村)の蘇我氏の氏寺・法興寺(のちの飛鳥寺)です。
 『日本書紀』によると、法興寺は五八八年(崇峻天皇元年)に造営を開始し、五九六年(推古天皇四年)にできあがっています。
 その法興寺の下層の造成土層(基礎工事の跡)から須恵器が出てきています。
 これは、TK43型式のものです。
 前方後円墳をつくらなくなった時期と、最初の寺院の建立の時期が一致しています。
 ゆえに、B説をもって古墳時代の終末年代とすべきではないかと考えます。

 【参考 須恵器の型式について】

 http://f1.aaa.livedoor.jp/~megalith/kouko3sueki.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 Wednesday,July.7th 2010 私の妻の旅行と、飼いネコと私。

Wednesday,July.7th 2010 私の妻の旅行と、飼いネコと私。

 晴れ、のち曇り。

 大学の授業は四時間目が休みになりました。
 それで、午後三時ころ、私のアパートに帰りつきました。
 アパートで、ひたすらパソコンに向かい、ある科目の試験のためにメモをつくりました。
 これまでに二項目、書き上げていました。
 きょうは、それに加え、四項目を書き上げました。
 作業を終えると、午後十一時になっていました。
 これで、私の頭は整理されました。
 このメモをもとに、がっちり勉強したいと思っています。

 午後からの勉強の途中、つぎのような息抜きをしました。
 夕食の用意。
 洗濯。
 夕食。
 ビラの配布。
 食材の買い出し。
 妻への電話。


 妻に電話しました。
 妻は、いつもと違って、低姿勢の話しぶりでした。
 彼女が、私に、つぎのようにいいました。
 「私は八月の始め三泊四日で広島市に行きます。その間、ネコを、わが家で独りにしておくのが心配です。この期間、あなたは、高知市の家に帰っていてください。あなたは、ネコの面倒をみていただけませんでしょうか」
 実は、この期間、私の大学では集中講義があります。
 それを受けないでで高知市に帰ることにしました。
 「妻を羽ばたかせるように後押しするのが夫のつとめです」
 なんちゃって。
 私が、本当に、いつも、そういう態度だったら、いい夫なのですが。

Wednesday July.7th 2010 My wife's travel, keeping cat, and I.

Partly cloudy
 
As for the class of my university, the fourth period was canceled.
And, I returned to my apartment at about 3 p.m. 
I was single-minded to face my personal computer in my apartment, and made the memo for the examination of a certain subject.
I had finished writing two items so far.
I finished writing four items in addition to it today.
When I finished working, it was p.m.
My head was arranged by this.
I want to study stoutly based on this memo.
 
I rested in the middle of my study in the afternoon as follows.
Preparation for supper.
Supper.
Washing.
Distribution of flyer.
Buying of ingredients.
Telephone to my wife.
 
I called my wife.
Her way of talking was a modest attitude different from usual.
She said to me as follows.
"I will go to Hiroshima city for 3 nights and 4 days in early August. Meanwhile, I worried about making the cat alone in my house. You must return to our house in Kochi city for this period. Could you look after the cat?"
Actually, there is an immersion program at my university for this period.
I decided to return to Kochi city without attending it.
"To support a wife and make her flap is a husband's work"
It is just a joking.
Though it is a good husband if I always am such an attitude.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.08

歴史の自習の時間 南北朝正閏論(なんぼくちょうせいじゅんろん)と水中の特別攻撃隊。

 南北朝正閏論とは、日本の南北朝時代において南北のどちらを正統とするかの論争のことです。閏は「正統ではないが偽物ではない」という意味です。
 南北朝時代とは、日本の歴史で、天皇家が南北二つに分裂した時代です。一三三六年(延元元年、建武三年)、足利尊氏による光明天皇の践祚、後醍醐天皇の吉野への転居により天皇王朝が分裂してから、一三九二年(元中九年、明徳三年)に両王朝が合一するまでの時代を指します。室町時代の初期のことです。この時代の天皇王朝には、南朝(大和国吉野行宮)と北朝(山城国平安京)に二つの王朝が存在し、それぞれ正統性を主張しました。
 近世以来、南北朝のいずれが正統かをめぐって南北朝正閏論がおこなわれてきました。
 明治になってから 歴史学界では、南北朝時代にかんして『太平記』の記述を他の史書や日記などの資料と比較する実証的な研究がされ、これにもとづいて一九〇三年(明治三十六年)、および一九〇九年(明治四十二年)の小学校で使用されている国定教科書改訂において南北両朝は並立していたものとして書かれていました。
 ところが、一九一〇年(明治四十三年)の教師用教科書改訂にあたって問題化し始めました。
 一九一一年(明治四十四年)一月十九日付の読売新聞は「南北朝対立問題-国定教科書の失態」と題した社説を掲載しました。
 「もし両朝の対立をしも許さば、国家の既に分裂したること、灼然火を賭るよりも明かに、天下の失態之より大なる莫かるべし。何ぞ文部省側の主張の如く一時の変態として之を看過するを得んや」
 「日本帝国に於て真に人格の判定を為すの標準は知識徳行の優劣より先づ国民的情操、即ち大義名分の明否如何に在り。今日の多く個人主義の日に発達し、ニヒリストさへ輩出する時代に於ては特に緊要重大にして欠くべからず」
 これを機に、南北朝のどちらの皇統が正統であるかを巡り論争が激化しました。
 並立説で三上参次,北朝正統で吉田東伍,南朝正統で黒板勝美らが論戦しました。
 この論争は、帝国議会での政治論争にまで発展しました。
 野党の立憲国民党や大日本国体擁護団体などが第二次桂内閣を糾弾しました。
 このため、政府は野党や世論に押され、一九一一年(明治四十四年)二月四日、帝国議会で南朝を正統とする決議をおこないました。
 さらに、並立説を採用していた教科書『尋常(じんじょう)小学日本歴史』の改定しました。
 そして、この教科書の執筆責任者である文部省の喜田貞吉(きた・さだきち。一八七一年七月十一日~一九三九年七月三日)を休職処分としました。
 最終的には『大日本史』の記述を根拠に、明治天皇の裁断で三種の神器を所有していた南朝が正統であるとされ、南北朝時代は南朝が吉野にあったことにちなんで「吉野朝時代」と呼ばれることとなりました。
 田中義成などの一部の学者は「吉野朝」の表記にたいして抗議しています。
 なお、一九一一年(明治四十四年)十一月三日付で『南北朝正閏論纂(なんぼくちょうせいじゅんろんさん)』が発行されました。著者は、山崎藤吉、堀江秀雄です。発売元は、「皇典講究所 國學院大學 出版圖書販賣所」です。南朝正統説を絶対のものと説いています。
 戦前の皇国史観のもとでは、足利尊氏を天皇に叛いた逆賊・大悪人、楠木正成や新田義貞を忠臣とするイデオロギー的な解釈が主流になります。
 私は、いま、アジア太平洋戦争中の水中の特別攻撃隊のことを調べていますが、楠木正成が特別攻撃の守り神のように扱われていて、ぎくっとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.09

英語で日記 Thursday,July.8th 2010 テレビドラマ「科捜研の女」の主役。

Thursday,July.8th 2010 テレビドラマ「科捜研の女」の主役。

 晴れ。
 
 私は、今夜は勉強しないことに決めました。

 それで、私は、ひさしぶりにテレビドラマを見ました。
 その番組は、「科捜研の女」です。
 主役の女性が、きちんと歳を重ねてきている人という感じで素敵でした。
 私は、彼女を、彼女が、もっと若いころに見たことがあるような気がします。
 しかし、私には、彼女がが誰だったかわかりません。
 終わりの字幕を見てわかりました。
 沢口靖子(さわぐち やすこ)さんでした。
 彼女は、一九六五年六月十一日生まれです。
 彼女は、二十代のころより、ずっと素敵になっています。

 その後、私は、テラコッタ粘土で、作品をつくりました。
 私にとっては、腕をつくるのが難しいですね。

Thursday July.8th 2010 Heroine of TV drama "Kasouken No Onna".

Fine.

I decided to no study tonight.

And, I saw the TV drama after a long time.

The program is "Kasouken No Onna. "

Heroine was wonderful.

She looks beautiful as she grew older.

I think that I have seen her when she was younger.

However, I cannot recall her name.

The name of the performer came out at the end of the TV drama.

Her name was recalled when I saw it.

Her name is Sawaguchi Yasuko.

Her birthday is June 11th, 1965.

She became more wonderful than her twenties.

Afterwards, I made the work from the terracotta clay.

It is difficult for me to make the arm.

(performer  パフォーマー 俳優。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史の自習の時間 柿本人麻呂の見た讃岐

 「柿本人麻呂の見た讃岐」ということで勉強してみたくなって、出発点のメモをつくりました。

 『万葉集』には歌人・柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ。七世紀後半~八世紀前半)の長歌十九首、短歌七十五首が掲載されていますが、この中には、讃岐に来て詠んだ歌があります。
 この歌を紹介し、人麻呂の人となり、この歌を詠んだころの讃岐の姿を紹介していきたいと思っています。

 【柿本人麻呂が讃岐で詠んだ歌】

 『万葉集』巻二には、人麻呂が、「中之水門(なかのみなと)」から舟で狭岑(さみ)島に来て、岩の中に横たわる行き倒れの死人を見て詠った次の長歌一首と短歌二首が収められています。

 長歌一首

 玉藻(たまも)よし 讃岐の国は 国柄(くにがら)か 見れども 飽かぬ 神柄(かみがら)か ここだ貴(とうと)き 天地(あめつち) 日月(ひつき)とともに 満(た)り行かむ 神の御面(みおも)と 継ぎ来たる 中之水門(なかのみなと)ゆ 船浮けて 我が漕ぎ来れば 時つ風 雲居に吹くに 沖見れば とゐ波立ち 辺(へ)見れば 白波騒く 鯨魚(いさな)取り 海を畏(かしこ)み 行く船の 梶引き折りて 彼此(おちこち)の 島は多けど 名ぐはし 狭岑(さねみ)の島の 荒磯面(ありそも)に 廬(いほ)りて見れば 波の音(と)の 繁き浜辺を 敷栲(しきたえ)の 枕になして 荒床(あらとこ)に より臥(ふ)す君が 家知らば 行きても告げむ 妻知らば 来も問はましを 玉鉾(たまほこ)の 道だに知らず おぼほしく 待ちか恋ふらむ 愛(は)しき妻らは

 反歌二首

 妻もあらば 摘(つ)みて食(た)げまし 沙弥(さみ)の山 野の上(へ)の宇波疑(うはぎ) 過ぎにけらずや

 沖つ波 来よする荒磯(あらいそ)を しきたへの 枕とまきて 寝(な)せる君かも

 この歌は、死人を見た人麻呂が憐れに思い、「家がわかれば知らさねば。妻が飛んでくるであろうに。妻がいれば一緒につんで食べもしよう。よめな(宇波疑)はもう盛りが過ぎたが」と詠んだものです。
 歌の中に出てくる「中之水門(なかのみなと)」とは「那珂の港」をいうとの説もあり、今の丸亀市中津の金蔵川河口付近ではないかと考えられています。
 「狭岑島」とは、今の沙弥島(坂出市)と考えられています。
 讃岐の沖合いを船で航行すると、海に島が次々と現れ、また、讃岐富士(飯野山)をはじめとする秀麗な姿の山々を南に見ることができます。人麻呂はこの景色を見て、「玉藻よし 讃岐の国は 国柄(くにから)か 見れども飽かぬ」と詠んだのでしょう。

 【柿本人麻呂が来たころの讃岐】

 ○ 柿本人麻呂は、どこから、どうやって讃岐に来たのでしょうか。人麻呂はこのルートで讃岐にやってきたのでしょう。柿本人麻呂を乗せた舟は、讃岐の沿岸の港に寄港しながら航行したのでしょうか。
 この点で参考になるのが、『万葉集』巻一に載っている、舒明 (じょめい) 天皇(六二九年~六四一年)が伊予の湯宮(道後温泉)へ海路で行幸した帰りに讃岐の安益(あや)郡(綾歌郡)に立ち寄ったとき、その従者の軍王(いくさのおおきみ)が山を見てつくったという歌です。

 霞立つ 長き春日の 暮れにける わづきも知らず 村肝(むらぎも)の 心を痛み 鵼子鳥(ぬえこどり) うらなげ居れば 玉襷懸(たまだすきかけ)のよろしく 遠つ神 わご大君(おおきみ)の 行幸(いでまし)の 山越す風の 独(ひとり)居る 吾が衣手に 朝夕に 還らひぬれば 大夫(ますらお)と 思へる吾も 草枕 旅にしあれば 思ひ遣る たづきを知らに 網の浦の 海処女(あまおとめ)らが 焼く塩の 思ぞ焼くる 吾がしたごころ

    反歌

 山越(やまごし)の 風を時じみ 寝(ね)る夜おちず 家なる妹(いも)を かけてしねびつ

 この歌は「網の浦」に船を寄せたとき長旅のわびしさに妻への思慕を詠ったものですが、「網の浦」は今の宇多津の津の郷の辺り、「山越(やまごし)の風」とある山は津の山、を指したものではないかという説もあります。
 ○ 沙弥島(しゃみじま)
 沙弥島には、沙弥千人塚があります。島の南西端の権現山、浜辺が海流で削られた急崖上の平たん部に、方墳の千人塚を中心とした群集墳です。一辺約十メートル、高さ約一・五メートルの花崗岩で盛られた方墳で、小さい花崗岩の列石が二重に積まれ、方形をよく残しています。石室は墳頂の東南隅に竪穴式石室が確認されています。墳頂部は平たんですが、大正期には中に空洞が見える程度の穴が開いていたといい、全長三十六センチメートルの鉄剣が掘り出されています。 墳形などにより、古墳時代中期から後期頃のものとされています。方墳の南西部や東部に方形あるいは長方形に、花崗岩を一~二メートルに一、二列ほど列石の並ぶ墳丘を持たない小さな古墳が五基、組み合わせ棺が三基あり、陪塚と呼び習わしていますが、同一時期の築造と認めることはできかねます。 さらにこの山の北側の斜面に、崩壊していますが横穴式石室が三基確認されています。この古墳、千人塚については,聖宝(理源大師)の母,綾子の墓であるという伝説があります。
 島の最北端に突き出した長崎鼻の南にある「柿本人麿碑」は、人麻呂が、この島に船を着けて「石中死人を視て作歌」し、その心を敬慕した作家・中河与一氏が、昭和十一年に建立した記念碑です。
 この石碑に隣接した海岸線には「人麻呂岩」があり、人麻呂が沙弥に漂着して視た「石中の死者」が,この岩の附近にあったと伝えられています。
 ○ このころ、讃岐では、六六七年に屋島城(やしまき)が築かれました(『日本書紀』)。この城は、六六三年に倭国が唐と新羅の連合軍に白村江のたたかいいで破れたため、その侵攻に備えて築かれたものといわれています。
 ○ 讃岐では、大宝年間(七〇一年から七〇四年)に、国守・道守朝臣(ちもりのあそん)により満濃池が築造されたといわれています。
 ○ 讃岐の志度の玉とり海女の伝承も人麻呂が生きたころの物語です。
一人の海女の悲しい伝説が志度に伝えられている。
 こんな物語です。

 時は天智天皇(てんじてんのう。六二六年から六七二年)のころ。藤原鎌足が亡くなり、唐の第三代皇帝、高宗に嫁いでいた娘は父の追善のため、三つの宝物を贈った。
 しかし、都への船が志度浦にさしかかると、三つの宝物のうち「面向不背(めんこうふはい)の玉」が竜神に奪われてしまった。  鎌足の子の不比等は玉を取り戻すため、身分を隠して志度へ。海女と契り、一子房前をもうけた。不比等は数年後、素性を明かし、玉の奪還を海女に頼む。
 海女は「わたしが玉を取り返してきましょう。その代わり、房前を藤原家の跡取りに約束してください」と竜宮に潜っていった。
 腰に命綱をつけた海女の合図があり、不比等が綱をたぐると、海女の手足は竜が食いちぎっていた。が、十文字に切った乳房の下には、玉が隠されていた。
 房前は藤原家を継ぎ、大臣に出世した。ある日、不比等から母の死の理由を聞かされ、志度を訪問。千基の石塔を志度寺に建て、菩提(ぼだい)を弔った。

 伝説は志度寺の由来を記す「志度寺縁起」のひとつに伝えられ、能の「海士」にもなっています。

 【柿本人麻呂の経歴】

 柿本人麻呂は、七世紀後半から八世紀前半にかけて、飛鳥時代の持統朝(六八六年から九九七年)と文武朝(六九七年~-七〇七年)の人です。
 柿本人麻呂の歌で作歌年代のわかるのはつぎの五首です。
 1、六八九年(持統三年)、日並皇子尊殯宮之時(巻二)。
 2、六九一年(持統五年)、献泊瀬部皇女忍坂部皇子歌(巻二)。
 3、六九二年(持統六年)、幸伊勢国時、留京柿本朝臣人麻呂歌(巻一)。
 4、六九六年(持統十年)、高市皇子尊城上殯宮之時(巻二)。
 5、七〇〇年(文武四年)、明日香皇女木瓲殯宮之時(巻二)。 
 人麻呂の官位は何だったでしょうか。
 江戸時代、契沖、賀茂真淵らが、史料にもとづき、以下の理由から人麻呂は六位以下の下級官吏で生涯を終えたと唱え、以降現在にいたるまで歴史学上の通説となっています。
 1.五位以上の身分の者の事跡については、正史に記載しなければならなかったが、人麻呂の名は正史に見られない。
 律令には、三位以上は薨、四位と五位は卒、六位以下は死と表記することとなっているが、『万葉集』の人麻呂の死をめぐる歌の詞書には「死」と記されている。
 『万葉集』巻二に讃岐で死人を嘆く歌(『万葉集』巻2・220-222)が残り、また石見国は鴨山での辞世歌と、彼の死を哀悼する挽歌(『万葉集』巻2・223-227)が残されているため、官人となって各地を転々としたのではないでしょうか。
 文武天皇四年(七〇〇年 文武四年)に薨去した明日香皇女(あすかのひめみこ)への挽歌が残されていることからみて、草壁皇子の薨去後も都にとどまっていたようです。
 亡くなった地は、石見国とみられます。

 【柿本人麻呂の歌】

 人麻呂の歌は、讃歌と挽歌、恋歌に特徴があります。
 賛歌・挽歌については、「大君は 神にしませば」「神ながら 神さびせすと」「高照らす 日の皇子」のような天皇即神の表現などをもって高らかに賛美、事績を表現します。
 この天皇即神の表現については、『記紀』の歌謡などにも例がないわけではありませんが、人麻呂の作に圧倒的に多く、この歌人こそが第一人者です。
 恋歌に関しては、複数の女性への長歌を残しています。人麻呂の恋歌的表現は共寝をはじめ非常に性的な表現が少なくありません。

 [参考文献]

 ○ 『和歌文学講座 5 万葉の歌人』。和歌文学会。一九六九年五月一日。
 ○ 『万葉集』についてのインターネットのホームページのいくつか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Winter's Tale を訳したいと思っています。

Winter's Tale

Each morning I stand in the new-fallen snow and watch as the world wakes around me.
Today,a great owl soars high overhead,a soft streak of white in the sky.

While far down below,in the warmth of a tree,a family of mice greets the day with a yawn and a stretch.

Off in the distance the foxes emerge,magnificent in their new winter coats.
The snow shivers off a nearby bush as a rabbit leaps out with something for me.

Over by the ridge,the old bear reflects on the dancing,cold rush of the river.
The water explodes in a fresh burst of silver,as breakfast escapes in a flash.

Out in the meadow,a family of deer leap and play in the blanket of snow.
While up in the trees the chattering squirrels stock up on their favorite treats.

I wave my bright scarf and tip my hat to the moose as he wades through the swamp.
Then,just round the bend,a woodpile grows fat from the hard,busy work of the beavers.
We spend all our days in a world dressed in white,but when the earth turns to green I must go.

But I promise,my friends in this wondrous place,
I'll return for a visit next year.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.11

歴史の自習の時間 食糧獲得の仕方、経済から見た縄文時代の特徴。

 縄文時代は、約一万六千五百年前から約三千年前(約二千五百年前という説もあります)に日本列島で発展した縄文土器をつかった時代です。
 食糧獲得の仕方、経済から見た縄文時代の特徴は、つぎのとおりです。
 ① 水産資源の利用。
 骨製の釣針、銛(もり)、石や土器の漁網錘(ぎょもうすい。網につける重り)などが遺跡から出土します。
 貝塚のサカナの骨を見てもわかります。
 ② 植物質資源の活用。
 ドングリなどの堅果類(けんかるい)、根茎類(こんけいるい)をとっていたようです。
 植物質資源の土を掘るための扁平打製石斧、打製石鍬、加工具の石皿、磨石(すりいし)が出土します。
 青森県の三内丸山遺跡遺跡(さんないまるやまいせき)からクリの実が貯蔵用の穴倉からまとまって出土しています。そのDNAがそろっていることからクリ林の管理がなされていたという説も出ています。
 プラント・オパールの研究によって、縄文時代後期から晩期にかけては熱帯ジャポニカのイネの焼畑稲作がおこなわれていたことが判明しています。
 ③ 小型動物の捕獲。
 小型の槍先、石鏃(せきぞく。矢の先端につけて用いる小型の石器)が出土しています。
 貝塚もシカ、イノシシなど小型動物の骨が残されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史の自習の時間 礫石器(れきせっき)とは。

 礫石器とは、原石を加工せずに使った石器のことです。
 狩猟具、武器としての飛礫(つぶて)や製粉、調理用の磨石(すりいし)、調理用の敲石(たたきいし)・凹石(くぼみいし)、研磨用の砥石(といし)などがあります。
 使用痕があるかどうかが石器であるかどうかを見極める目安となります。
 原石をそのまま道具として用いることから、単体で出土しても、それが遺物(考古資料)であるかどうかは判別できない場合も多い。出土遺構や出土状況の検討が不可欠です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.12

英語で日記 Friday,July.9th 2010 香川大学の三年生に出会いました。

Friday,July.9th 2010 香川大学の三年生に出会いました。

 晴れ。
 
 私は、リポートを一つ仕上げました。
 そして、私は、高知市へ向かいました。

 高松駅近くの高知市行きの高速バス乗り場に行きました。
 そこには、YOさんがいました。
 彼と私は、県立高知短期大学を、ことし、卒業しました。
 彼は、いま、香川大学の三年生です。

Friday,July.9th 2010 I met the third grader of Kagawa University.

Fine.

I finished up one report.

And, I faced Kochi city.

I went to the high-speed bus terminal for Kochi city in the vicinity of Takamatu Station.

There was Mr. YO there.

He and I graduated from the prefectural Kochi junior college this year.

He is the third grader of Kagawa University now.

(vicinity ブスニティ 付近)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 Saturday,July.10th 2010 岩崎弥太郎の評価。

Saturday,July.10th 2010 岩崎弥太郎の評価。

 晴れ。

 私たちは、朝から、県立高知県立短期大学のサークルの仲間と安芸市に行きました。
 それは、岩崎弥太郎の実家などを見るためです。
 私たちは、安芸市内で、二つの展示を見ました。

 岩崎弥太郎は、侵略に協力して、金持ちになりました。
 その彼の姿が、そこでは美化されていました。
 これは、不思議なことです。
 私は、岩崎弥太郎の行動について、きちんと、批判的な評価をすべきだと思いました。

Saturday,July.10th 2010 Mr.Iwasaki Yatarou's evaluation.

Fine.
 
We went to Aki city with the companion of the circle in prefectural Kochi junior college in the morning.
The purpose is to see Mr.Iwasaki Yatarou's parents' house etc.
We saw two exhibitions there.
 
Mr.Iwasaki Yatarou became a rich by cooperating in the invasion.
His appearance was beautified there.
This is mysterious.
I thought that I had to criticize about his behavior, neatly.

(evaluation イバリオエイツ …を評価する。companion 仲間。exhibition エクスビシェン 展示会。cooperat コウポレイツ 協力する。invasion インベイジョン 侵略。criticize 批判的な評価をする)

 【参考 岩崎弥太郎って、こんな人】

 データは、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から。

 岩崎 弥太郎(いわさき やたろう。1835年1月9日 -1885年2月7日)は、実業家で、明治の動乱期に政商として巨利を得た人物である。
 土佐国(現在の高知県安芸市)の地下浪人・岩崎弥次郎(やじろう。1808年 - 1873年)と美和の長男として生まれた。
 地下浪人とは、郷士の株を売ってしまって浪人をしている者のことで、弥太郎の曽祖父・弥次右衛門の代に郷士の株を売ったと言われている。
 幼い頃から文才を発揮し、14歳頃には当時の藩主・山内豊熈にも漢詩を披露し才を認められる。
 21歳の時、学問で身を立てるべく江戸へ遊学し安積艮斎の塾に入塾するが、安政2年(1855年)、父親が酒席での喧嘩により投獄された事を知り帰国。
 父の冤罪を訴えたことにより弥太郎も投獄されるが、この時、獄中で同房の商人から算術や商法を学んだことが、後に商業に手を染める機縁となった。
 出獄後は村を追放されるが、蟄居中であった吉田東洋が開いていた少林塾に入塾し、後藤象二郎らの知遇を得る。
 東洋が参政となるとこれに仕え、藩吏の一員として長崎に派遣されるが、公金で遊蕩したことから半年後に帰国させられる。
 この頃、27歳で弥太郎は長岡郡三和村の郷士・高芝重春(玄馬)の次女喜勢を娶る。
 土佐勤王党の監視や脱藩士の探索などにも従事していた弥太郎は、吉田東洋が暗殺されるとその犯人の探索を命じられ、同僚の井上佐一郎と共に藩主の江戸参勤に同行する形で大坂へ赴く。
 しかし、必要な届出に不備があった事をとがめられ帰国した。
 この直後、大坂に残っていた井上は岡田以蔵らによって暗殺され、弥太郎は一命を取り留めた。
 弥太郎は、尊王攘夷派が勢いを増す京坂での捕縛業務の困難さから任務を放棄し、無断帰国したともいわれる。
 帰国後、弥太郎は長崎での藩費浪費の責任なども問われ、役職を辞した。
 慶応3年(1867年)、後藤象二郎に藩の商務組織・土佐商会主任・長崎留守居役に抜擢され、藩の貿易に従事する。
 坂本龍馬が脱藩の罪を許されて亀山社中が海援隊として土佐藩の外郭機関となると、藩命を受け隊の経理を担当した。
 記録上確認できる弥太郎と龍馬の最初の接点はこの時である。
 弥太郎と龍馬は不仲であったともいわれるが、弥太郎は龍馬と酒を酌み交わすなどの交流があった様子を日記に記しており、龍馬が長崎を離れる際には多額の餞別を贈っている。
 明治元年(1868年)、長崎の土佐商会が閉鎖されると、開成館大阪出張所(大阪商会)に移る。
 翌2年(1869年)10月、大阪商会は九十九(つくも)商会と改称、弥太郎は海運業に従事する。
 廃藩置県後の明治6年(1873年)に後藤象二郎の肝煎りで土佐藩の負債を肩代わりする条件で船2隻を入手し海運業を始め、現在の大阪市西区堀江の土佐藩蔵屋敷(土佐稲荷神社付近)に九十九商会を改称した「三菱商会(後の郵便汽船三菱会社)」を設立。
 三菱商会は弥太郎が経営する個人企業となる。
 この時、土佐藩主山内家の三葉柏紋と岩崎家の三階菱紋の家紋を合わせて三菱のマークを作った。
 最初に弥太郎が巨利を得るのは、維新政府が樹立されて紙幣貨幣全国統一化に乗り出した時のことで、各藩が発行していた藩札を新政府が買い上げることを事前にキャッチした弥太郎は、10万両の資金を都合して藩札を大量に買占め、それを新政府に買い取らせて莫大な利益を得る。
 この情報を流したのは新政府の高官となっていた後藤象二郎であり、今でいうインサイダー取引である。
 弥太郎は最初から政商として暗躍した。
 弥太郎の三菱商会は、明治7年(1874年)の台湾出兵に際して軍事輸送を引き受け、政府の信任を得る。
 明治10年(1877年)の西南戦争でも、輸送業務を独占して大きな利益を上げた。
 政府の仕事を受注することで大きく発展を遂げた弥太郎は「国あっての三菱」という表現をよく使った。
 海運を独占し政商として膨張する三菱に対して世論の批判が持ち上がる。
 農商務卿西郷従道が「三菱の暴富は国賊なり」と非難すると、弥太郎は「三菱が国賊だと言うならば三菱の船を全て焼き払ってもよいが、それでも政府は大丈夫なのか」と反論し、国への貢献の大きさをアピールした。
 明治11年(1878年)、紀尾井坂の変で大久保利通が暗殺され、明治14年(1881年)には明治十四年の政変で大隈重信が失脚し、弥太郎が強力な後援者を失うと、大隈と対立していた井上馨や品川弥二郎らは三菱批判を強める。 明治15年(1882年)7月には、渋沢栄一や三井財閥の益田孝、大倉財閥の大倉喜八郎などの反三菱財閥勢力が投資し合い共同運輸会社を設立して海運業を独占していた三菱に対抗した。
 三菱と共同運輸との海運業をめぐる戦いは2年間も続き、運賃が競争開始以前の10分の1にまで引き下げられるというすさまじさだった。
 パシフィック・メイル社やP&O社などの外国資本とも熾烈な競争を行い、これに対し弥太郎は船荷を担保にして資金を融資するという荷為替金融(この事業が後の三菱銀行に発展)を考案し勝利した。
 こうしたライバルとの競争の最中、明治18年(1885年)2月7日、弥太郎は51歳で病死した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 Sunday,July.11th 2010 アメリカ軍のB29爆撃機の焼夷弾攻撃で、田辺島地域の十九軒が全焼。

Sunday,July.11th 2010 アメリカ軍のB29爆撃機の焼夷弾攻撃で、田辺島地域の十九軒が全焼。

 晴れ。

 午前中、高知市大津の女性から、アメリカの高知県大津村田辺島(当時)への空襲の体験を聞かせていただきました。
 彼女は、アメリカ軍のB29爆撃機の焼夷弾攻撃で、田辺島地域の十九軒が全焼したといいました。

 参議院選挙の投票をしました。

 そして、さぬき市に帰って来ました。

 夜、参議院選挙の開票がおこなわれました。

Sunday July.11th 2010   19 houses at Tabeshima were burnt down because of the shell attack by the B29 bomber of the U.S. Army.

Fine.

In the morning,we listened to the experience of a certain woman's.
She told that the B29 bomber of the U.S. Army attacked them with the shell.
And 19 houses burnt down at Tabeshima.
Tabeshima is a name of the region at Otsu in Kochi City .

I did the House of Councilors voting poll.

And, I came back to Sanuki city.

The House of Councilors election was counted at night.

(experience 体験。region リージエン 地域。B29 ビートゥエンティーナイン。bomber ボバー 爆撃機。shell 爆発物)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 Thursday,July.12th 2010 目の前の希望の光が消えてしまうとき。

Thursday,July.12th 2010 目の前の希望の光が消えてしまうとき。

 雨、のち曇り。

 本日、私が受ける四時限目の日本古代史関係の試験は、記述式で五問です。
 私は、こんなことを書こうということは数日前にまとめました。
 しかし、私にとっては、それを覚えて、漢字も書けるようにするのが大変でした。
 日本古代史は、漢字がとても難しいのです。
 私は、昼休みも食事しないで勉強しました。
 そして、試験の時間がやって来ました。
 試験の制限時間は六十分です。
 私は、最後までがんばって書き終えました。

 私は、つぎの設問に英語で答えてみることにしました。
 「あなたにとって、なくなったら困るものを一つあげてください。そして、それがなくなったら、みんなが、世界が、どんなに困るか書きなさい」
 やってみましょう。

(hope)

We cannot walk toward ahead without hope.
However, the light of the hope in my presence might sometimes disappear during the life.
I think that it is a good way to shut yourself and be quiet in a room at such time.
However, even if it is long, it is adjusted to about one week.
Moreover, you should begin to stand up and walk.
Yes!  The purpose is to revive the hope you lost, again.

 (希望)

 希望がなかったら私たちは前に向かって歩いて行くことができません。
 しかし、人生の歩みの中では、ときどき、自分の目の前の希望の光が消えてしまうことがあります。
 そんなときは、部屋に閉じこもって、じっとしていることも良いと思います。
 でも、それは長くても一週間くらいにしましょう。
 また、立ちあがって、歩き始めましょう。
 そうです。それは、失った希望を、ふたたび、つくりだすためです。

Thursday July.12th 2010 When the light of the hope in my presence disappears.

Partly cloudy
 
The examination related to the Japanese ancient history of the fourth period that I receive are five description questions today.
I made a memo which I would write several days ago.
However, it was hard for me to remember them all and write in chinese character.
The Chinese character of Japanese ancient history is very difficult.
I studied without eating at lunchtime.
And, the time of the examination came.
The time limit was 60 minutes.
I did my best to finish writing until the last minute.
 
I decided to answer the following question in English.
"Please give embarrassed one what you lose. And, write how the world or everyone would be embarrassed when it is lost."
Let's try.

(hope)

We cannot walk toward ahead without hope.
However, the light of the hope in my presence might sometimes disappear during the life.
I think that it is a good way to shut yourself and be quiet in a room at such time.
However, even if it is long, it is adjusted to about one week.
Moreover, you should begin to stand up and walk.
Yes!  The purpose is to revive the hope you lost, again.

(presence 存在。relate リレイツ 述べる。description 記述すること。hold out 持ちこたえる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.13

【教えていただけませんか】 「一号アルコール」、「第一線集積亜号燃料」って何でしょうか。

 一九四五年七月二十二日の陸軍航空総軍の命令書を読んでいるのですが、そのなかに出てくる「一号アルコール」、「第一線集積亜号燃料」というのがわかりません。
 「一号アルコール」と普通揮発油(作戦用)を集積して、「第一線集積亜号燃料」に充当しなさいということが書かれているのですが……。

 どなたか、わかるかた教えていただけませんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.14

詩 「僕の『かたわれ』へ」。僕って「強い女が好き」。知ってましたか。

 高知市の、僕の「かたわれ」へ。

 ちっとも、ぐらつかないね。
 君の信念は。
 今夜、電話したら、戦争体験の原稿をパソコンで打っている最中だとか。
 一昨日、とことんやなことがあったけど、「もう、やだー」なんていって寝込んでなんかはいない。

 君が十八、僕が十九のときに出会って。
 それから、いろいろあって。
 一九七〇年十月に結婚したね。
 それから、いいあらそいや、君からの僕の首をかむ実力行使や、いろいろあったけど。
 僕たちは、まだ「結婚状態」でいる。
 よく我慢したね。僕は。
 じゃなかった。君は。
 こんな軟弱で、なんかあると「いじいじ」と両足を抱え込んでしまうような男と。

 僕って「強い女が好きでーす」。
 知ってましたか。 
 高校一年生のときから、何人かの女性を一方的に追っかけましたが、みんな「強い女」でした。
 そして、大学で出会った君も「強い女」。
 
 さぬき市の僕は、いま、あすの演習のための勉強が終わったところです。
 午前零時を過ぎそうです。
 実は、大学三年生の前期試験の勉強計画もつくりました。
 少し予定がくるうと、全体がきしみそうな、あやしい計画です。
 試験は、七月二十七日に始まって、八月二日に終わります。

 試験が終わって二、三日間、こちらにやってきませんか。
 アパートの近くの、おいしい、うどん屋や、丘の上の、ぼーっとできそうな喫茶店も見つけました。のほほんと、穏やかな海を見るのも楽しいと思います。
 いかがですか。

 (二〇一〇年七月十三日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌 「試験だ。試験だ」。試験って正直にいうと「嫌い」。

助け合い 仲良くなって 仲間たち 試験が僕らの 輪をつくってる  

昼休み 暗記のメモに 向かってる 書けない漢字 いくつかあって

旧石器 弥生に古墳 歩を進め A4用紙の 五問にいぞむ

「出ていいわ」 学生トドッと 席を立つ まだ二問ある 半時間ある

「スッとした」 「肩の荷下りた」 一科目 試験が終わった 翌朝の教室(へや)

 七月十一日のできごとでした。

 この科目は、前期中に、もう一度、試験があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌 先生の熱心さ。感謝しています。

 五十肩 ギリギリいわせ 板書する 先生の目は 少年のよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌 娘からの父の日の贈り物。

娘から 父の日だより やって来る 鉛筆削り器 カシカシの音

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌 「わが党の 涙ながらの 文を読む……」。

わが党の 涙ながらの 文を読む 「おお、すまなんだ」 消えいっている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 Tuesday,July.13th 2010 私たちの大学では前期試験の日程が発表されました。

 Tuesday,July.13th 2010 私たちの大学では前期試験の日程が発表されました。

 雨。

  朝、私たちの新聞の一面トップに載った記事を読んで、感激しました。

 私たちの大学では前期試験の日程が発表されました。
 試験のあるのは十一科目。
 そのほかにリポートを八つほど仕上げなくてはなりません。
 それが終われば夏休みです。

 リポートを二つ、仕上げました。
 「さぁ、印刷して……」
 ところが、紙がありません。
 コンビニにA4の用紙を買いに行きました。

 印刷が終わったら、もう午前一時になっていました。

Tuesday July.13th 2010 The schedule of the first term examination was announced at our university.

Rain.
 
I was deeply moved when I read the article written on the top of our newspaper in the morning.
The schedule of the first term examination was announced at our university.
I should take the examination of 11 subjects.
I should finish up about eight reports in others.
We will go on a summer vacation from the next day when they are over.
 
I finished up two reports.
"Now, and I print and ……"
There is no paper.
I went to a convenience store to buy A4 paper.
 
When the print ended, it had become 1 a.m.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 Wednesday,July.14th 2010 「わぉーーっ、一時間目に遅れる」。

 Wednesday,July.14th 2010 「わぉーーっ、一時間目に遅れる」。

 起きたら午前八時半でした。
 「うわーーっ」
 二つの目覚まし時計をにらみつけました。
 「なぜ、午前七時に鳴らないんだ」
 そのわけは、すぐわかりました。
 私が、セットしていませんでした。
 シャワー。
 歯磨き。
 ヒゲそり。
 着替え。

 朝食は、ぬきです。
 十五分後に、出発しました。
 オートバイでです。
 雨の中、カッパも着ずに。
 一時間目に間に合いました。

 やっぱり、忘れ物がありました。
 昼休みにアパートに帰って処理しました。

 今夜、夏休みに、孫たちと山登りする計画が持ち上がりました。
 それまでに、体を鍛えておかなくては。

 夜、リポートを一つ書きあげました。

 そして、日曜日の調査のための資料集をつくりました。

 そろそろシンデレラの時間です。もう寝なくては、あすも、きょうのようになってしまいそうです。

Wednesday July.14th 2010 "Waoooooo. I will be late for the first class."

I looked my clock as soon as I get up.
It was 8:30 in the morning.
"Waoooooo."
I glared at two alarm clocks.
"It did't ring at 7 a.m."
I understood the reason at once.
I didn't set my alarm clock.
Taking a shower.
Brushing my teeth.
Shaving my beard.
Changing clothes.
There was no time to eat breakfast.
I left 15 minutes later.
I went by motorcycle.
I didn't put on raincort, it was raining though. 
It could be on time at the first class.
 
After all, there was a thing left behind. I noticed it after sittng.
I returned to my apartment at lunchtime and managed it.

The plan to climb a mountain with my grandchildren has come up tonight.
It is summer vacation's plan.
I should train my body till then.

I finished writing one report at night.
And, I made the material collection for the investigation on Sunday.
It is time of Cinderella slowly.
I should sleep now.
Tomorrow, I will do the same thing like today if I do not sleep at once.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.15

英語で日記 Thursday,July.15th 2010  藤原京と藤原宮。

Thursday,July.15th 2010  藤原京と藤原宮。

 私は、夜、考古学のリポートを書きました。
 それは、千二百文字以内のものです。
 私は、この文字内に短くするのに苦労しました。
 「できた」
 私は、印刷しました。
 私は、印刷された物を読み直しました。
 そしたら、それには重大ミスがありました。
 設問では「藤原宮」のことをきいているのに、私のリポートでは、すべて「藤原京」になっていました。
 「藤原京」は、飛鳥の西北部にあった都のことです。
 「藤原宮」は、そこにあった宮殿のことです。

Thursday July.15th 2010 Fujiwarakeyou and Fujiwaranomiya

I wrote the report of archeology at night.
It is the one within 1,200 characters.
It was hard to summerize in 1200 characters.
"It was completed. "
I printed.
I tried to read it.
Then, there was an important mistake in it.
My report was all about "Fujiwarakeyou", but the question was about "Fujiwaranomiya".
"Fujiwarakeyou" is the metropolis in the northwest part of Asuka.
"Fujiwaranomiya" is a palace there.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.16

香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 65 一九四五年七、八月ころの、香川県下の陸軍の飛行部隊の配備。

 一九四五年七、八月ころの、香川県下の陸軍の飛行部隊の配備はどうなっていたでしょうか。
 七月十八日、陸軍明野教導飛行師団は、第二〇戦闘飛行集団に改編され、司令部(集団長・青木少将)は、明野から高松(鷺田公会堂)に移転してきて、四国地方の「防衛」にあたりました。
 八月一日、明野教導飛行師団は、第一〇〇飛行団と交代しました。
 飛行団の主力は、四式戦闘機(よんしきせんとうき)でした。
 四式戦闘機の開発は中島飛行機製作所太田工場、宇都宮工場で生産されました。中島飛行機。キ番号(試作名称)はキ84。愛称は日本全国から募集され、多くの票数を占めかつ陸軍省の選定を受けた結果「疾風」(はやて)と命名され、四五年四月十一日の各新聞欄にて「殊勲を樹てている陸軍最新鋭戦闘機」「疾風のごとく敵に襲いかかるわが戦闘機の雄姿を讃ふにふさわしい名前である」という賛辞が交えられつつ写真付きで発表されました。
 ほかに、飛行第一〇一戦隊(任務は本土決戦にさいしての特別攻撃機援護でした)、偵察飛行隊、航空地区司令部、第一七六飛行場大隊(地上部隊)、第二五一飛行機大隊(地上部隊)、高射機関砲隊、対空無戦隊、航空通信隊などが配備されていました。
 高松飛行場には、八月十五日の終戦時に、第一〇〇飛行団所属の四式戦闘機や第一〇一戦隊、第一〇三戦隊(由良)所属の司令部偵察機五、単座戦闘機三四ら飛行機六十一機が保存されていました。
 十一月九日、これらの飛行機は、進駐軍によって飛行場に並べられて焼却されました。

 【参考文献】

 ○ 『香川県史 第六巻 通史編 近代Ⅱ』。香川県。一九八八年三月三十一日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌集 「丘の上の喫茶店で」。

 晴天が 雨に転じる 一瞬の 空を見ている 丘の喫茶で

 「学んでも 先が短い」 その思い ねじ伏せ、ねじ伏せ ノートに向かう

 三時間 喫茶でねばり 半年の 文化史ノート 一割ほど読む

 十切の スイカを一つ かごに取る 皮も漬けこみ いただくつもり

 中古屋で 青春映画 買ってくる まずは英語で 見てみるつもり

 十時間 同じ科目を 勉強し 試験の範囲 半分終わる

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史の自習の時間 「銀シャリ」と釈迦(しゃか)との関係。

 ここで、答えてくれていました。

 http://www.union-net.or.jp/cu-cap/syari.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史の自習の時間 インゲン豆と明(みん)からの帰化僧・隠元(いんげん)禅師との関係。

 ここで、答えてくれていました。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%A1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史の自習の時間 日本への仏教公伝は、いつ? 二つの説。

 仏教公伝(ぶっきょうこうでん)とは、国家間の公的な交渉として仏教が伝えられることを指します。
 仏教は、公伝以前に、すでに日本で、私的な信仰としては伝来していたと考えられるため、「公伝」と称されます。
 日本への仏教公伝の具体的な年次については、五三八年説と五五二年説があります。

 ○ 五三八年(戊午)説

 『上宮聖徳法王帝説』や『元興寺伽藍縁起并流記資財帳』においては、欽明天皇の「戊午年」に百済の聖明王から仏教が伝来したとあります。

 ○ 五五二年(壬申)説

 『日本書紀』では、欽明天皇十三年(五五二年、壬申)十月に百済の聖明王(聖王)が使者を使わし、仏像や経典とともに仏教流通の功徳を賞賛した上表文を献上したと記されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.17

Friday,July.16th 2010 私は、十時間もノートとにらめっこしました。

Friday July.16th 2010 I had a staring game with the notebook for as many as ten hours.

I have no school today.
However, I went to the university to submit three reports.

And, I started studying for exam of Japanese culture history at 1 p.m. in the coffee shop on the hill.
I diligentry read the notebook.
I examined them in the dictionary when there was a matter I do not understand, like the name of an era etc.
And, I wrote the result in the notebook.
I was in this coffee shop for three hours.

And, I went shopping in the nearby supermarket.
Here, I met two students at the same university.
A man of the third grader same as me greeted.
However, the first grader woman behaved  "I do not know you".
I was sad.

After returned to my apartment,I studied a Japanese culture history.
It was twelve o'clock midnight when I noticed it.
I studied the same subject for ten hours a day.
However, only one notebook of a Japanese culture history ended.
There is another notebook.

 アパートに帰ってから、また、日本文化史を勉強しました。
 気が付いたら、午前零時でした。
 同じ科目を一日に十時間勉強しました。
 しかし、日本文化史のノートが一冊終わっただけす。
 ノートは、もう一冊あります。

 そして、近くのスーパーマーケットに買い物に行きました。
 ここで、同じ大学の二人の学生に会いました。
 私と同じ三年生の男性はあいさつを返してくれました。
 しかし、一年生の女性のほうは、「あんたなんか知らないよ」という対応でした。
 悲しかったですね。

 そして、午後一時から、丘の上の喫茶店で日本文化史の受験勉強をはじめました。
  ノートを熱心に読みました。
  ノートで、年号などのわからない事項があったら、辞書で、それらを調べました。
 そして、その結果をノートに書きました。
 この喫茶店に三時間いました。

 きょうは授業は休みでした。
 しかし、三つのリポートを提出するために大学に行きました。

Friday,July.16th 2010 私は、十時間もノートとにらめっこしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 66 林飛行場づくり=囚人も動員して……。

 高知市屋島町西潟元濱中に住んでいた青木正彦さんが、林飛行場づくりへの動員の体験を書いています(『私の戦場 回顧録』。青木正彦。二〇〇三年五月一日)。
 「昭和十九年一月、陸軍の飛行場が林村に設置される事が決定され、早急に工事に取り掛かった。飛行場になる土地の上にある家屋の取壊しに、近辺の各町内会からは、勤労奉仕に男も女も駆り出され、腰に弁当持参で、しかも歩いて出かけて行った。春日川の堤防を、寒風吹く二月、三月頃、防空頭きんをかぶっての出動、そして飛行場での土の運搬、地均し等、すべて人力で行った。二百七十五町歩、林村の四十六パーセントにあたっていたという。
 一般の勤労奉仕隊の外に、中学生(旧制中学)、囚人、朝鮮人等が作業に従事させられ、何の機械力も無い、牛車、猫車、リアカー、手押車等で毎日勤労奉仕が続き、その年八月には飛行場が完成し、陸軍の飛行場が発着するようになった。
 私も何度か浜中町内会の勤労奉仕隊に加わり、早朝暗がりの中を、一時間余りもかかって歩いて行き、一日中泥押しに参加し、帰りは六条の喜岡さんの家へ寄り、いろいろ食糧を貰って帰った。この頃から既に日本は食糧不足になり、配給制で、いつも腹八分目で辛抱し、ぞうすい、おかゆでやっと満腹感を味わっていた。不平、不足を言っても仕方ない時代であった。しかし勤労奉仕の帰りに喜岡の家でご馳走になった米の飯は実にうまかった。こちらからも時々塩田のお塩を持って行ってあげた。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.18

短歌 「僧・一遍(いっぺん)から学ぶこと」。

平安の 東寺(とうじ)、西寺(さいじ)は 迎賓館 そのなりたちを フムフムと読む

 考えを ビラや踊りに 注ぎ込み 巡り歩いた 一遍(いっぺん)のこと  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.19

歴史の自習の時間 僧侶・源信の母のいさめの和歌。

 以下の所に出てきます。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%90%E4%BF%A1_(%E5%83%A7%E4%BE%B6)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 Sunday,July.17th 2010 ライチをたくさん食べました。

Sunday,July.17th 2010 ライチをたくさん食べました。

 晴れ。

 香川県丸亀市にあった陸軍隠匿飛行場について、あるかたから話を聞かせていただきました。
 この日は、MOさんとも一緒でした。
 お話を聞かせていただいたかたから資料を貸していただきました。
 
 これが終わってから、きのうの午後から私のアパートに来ている帰りに私の妻に電話したら、「高知に帰ります。うちのネコが飢えているかもしれないから」とのことでした。

 帰りに高松市で食べ放題のバイキングに挑戦しました。
 六十歳以上の人は割引料金でした。
 焼肉。
 すし。
 野菜。
 果物。
 腹いっぱい食べました。
 一番おいしかったのは果物のライチでした。
 ライチの実は、見かけは不格好です。
 しかし、皮を取ると、美しい半透明の実が現れます。
 十五個ほど食べました。
 
 帰ったら部屋がきれいに片付いていました。
 洗濯物もきれいにたたまれています。
 「ありがとうございます」

 午後六時から日本文化史の勉強をしました。
 午前零時に、勉強を中断しました。
 昨夜も、この科目の勉強を三時間やりました。
 明日も、この科目の勉強が続きます。

Sunday,July.17th 2010  I ate a lot of litchi.

Fine.

I listened the story of the army concealment airport in in Kagawa Prefecture Marugame City from a certain person.

Mr. M.O listened together.

I lent the material from the person.

I called my wife.

She had been in my apartment since yesterday afternoon.

So,she said.

"I will return to Kochi city. Because our cat might starve"

I challenged Viking of all-you-can-eat on my way to Takamatsu city.

The restaurant discounted the charge to 60-year-old or more person.

The Roast meat.

Sushi.

Vegetable.

Fruit.

I ate full.

It was a litchi that I thought the most delicious.

The appearance is actually ugly.

However, the beautiful translucent fruits appear when the rind is taken.

I ate that about 15 pieces.

The room was beautifully settled when I returned.

Laundry is beautifully folded.

"Thank you"

I studied a Japanese culture history at 6 p.m.

I stopped studying at twelve o'clock midnight.

I studied this subject for three hours last night.

The study of this subject will continue tomorrow.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 Monday,July.17th 2010 " It's just happening around us all the time."

「見て。ネルソン。
 みんな生きている。 
 私たちのまわりで、いつも、みんながせいいっぱい生きているのね。
 そう思うと、本当にきれいだわ」

Monday July.17th 2010 " It's just happening around us all the time."

Fine.

The study of my Japanese culture history ended tentatively.

I started studying of the museum study.

By the way, I have been watching an American movie "Sweet November" with DVD since the other day.

I introduce my favorite dialog.

Nelson and Sarah look at night view.

Sarah talks to Nelson.

"Look at that,Nelson.

That's life.

Tt's just happening around us all the time.

I think that's so beautiful."

 "Look at that,Nelson.
  That's life.
  Tt's just happening around us all the time.
  I think that's so beautiful."

 ところで、私は、この間からDVDでアメリカ映画"Sweet November"を見ています。
 私の気に入ったセリフがあります。
 夜景を眺めている NelsonとSarah。
 Sarahが、Nelsonに語りかけます。

  私の、日本文化史の勉強は、一応、終わりました。
 私は、博物館学の勉強を始めました。

 晴れ。

Monday,July.17th 2010 " It's just happening around us all the time."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.20

短歌集 「大学は前期試験の季節」。

 「授業はね、楽しいけれど。試験はね。かなりの苦手」 重たい季節

 飛鳥から 鎌倉までの 宗教史 頭に詰め込み 試験に向かう

 どのような 問題でるか 描けない 試験二つ目 いま始まるよ

 七問の それぞれの顔 見えてきて 「うむ、描けそう」 鉛筆握る

 六問目 入った途端 「三十分!」 残りの二問 にらみつけてる

 「五分前!」 少し短い わが答え 足りない所 書き加えてる

 「記述式。九問出ます。六十分」 試験の通告 くらくらときた

 瀬戸内海が きらきらきらと 呼んでいて 写真撮ってる 下校のすがら

 「その先に 夕食とろう。さて、おかず」 ぐつぐつぐつと なべ笑っている

 手づくりの 甘酒たっぷり 冷えていて 食事の前に のどをうるおす

 今晩は 演習リポート 抱えてて 試験勉強 明日の夜から

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tuesday July.20th 2010 二つ目の試験が済みました。

Tuesday July.20th 2010 二つ目の試験が済みました。

 二つ目の試験(日本宗教史)が終わりました。
 この試験を終わって、「やっと切り抜けた」という感じがしています。
 次に受ける試験は、つぎの月曜日の英会話です。
 試験までに、これまでに習った表現をこなせるようにしておこうと思っています。
 今夜は、演習のリポートを書かなくてはいけません。
 今後の試験の勉強を、あすの夜から始めます。

Tuesday July.20th 2010 The second examination finished.

My second examination (Japanese religious history) was over.
I feel like, survive in this examination.

The examination that I take next is English conversation the next Monday.
I try to be able to handle the expression that I have learnt so far until the examination.

I must write the report of the maneuver tonight.
I will start to study the rest of the examination from tomorrow night.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 Saturday,July.17th 2010 I taranslated a story into Japanese.

Saturday,July.17th 2010 I taranslated a story into Japanese.

I translated a certain English story into Japanese today.

Winter's Tale

Each morning I stand in the new-fallen snow and watch as the world wakes around me.
Today,a great owl soars high overhead,a soft streak of white in the sky.
While far down below,in the warmth of a tree,a family of mice greets the day with a yawn and a stretch.
Off in the distance the foxes emerge,magnificent in their new winter coats.
The snow shivers off a nearby bush as a rabbit leaps out with something for me.
Over by the ridge,the old bear reflects on the dancing,cold rush of the river.
The water explodes in a fresh burst of silver,as breakfast escapes in a flash.
Out in the meadow,a family of deer leap and play in the blanket of snow.
While up in the trees the chattering squirrels stock up on their favorite treats.
I wave my bright scarf and tip my hat to the moose as he wades through the swamp.
Then,just round the bend,a woodpile grows fat from the hard,busy work of the beavers.
We spend all our days in a world dressed in white,but when the earth turns to green I must go.
But I promise,my friends in this wondrous place,
I'll return for a visit next year.

冬の物語

毎朝、私は、降ったばかりの雪の中に立ち、世界が目をさましていくのをながめます。
今日、私の頭の上を、大きなフクロウが空に白い柔らかいすじを引きながら飛んでいきました。
下のほうの、木の温かい穴の中では、ネズミの家族が、あくびしたり伸びをしたりしてあいさつをかわしています。
そこからかなりはなれた所には、キツネの家族がいます。彼らは、新しい冬の毛でおおわれてすばらしいコートを身につけているような感じです。
近くのヤブがふるえたとおもったら、ウサギが飛び出てきて私の方に何かを運んできました。
尾根の向こうでは、年寄りのクマが冷たいせせらぎでダンスしています。クマは、朝食をとろうとしているのですが、あっという間に逃げられます。銀色の水しぶきが、ぱーっと飛び散ります。
草地では、シカの一家が一面の雪の上でとんだりはねたりしています。
木の上では、おしゃべりなリスたちがお好みの木の実をためこんでいます。
ヘラジカが湿地帯を渡ろうとしている時、私は、明るいスカーフを振り、帽子をとってあいさつしてやります。
そして、川の曲がりめのすぐ近くでは、ビーバーがせっせと仕事をしたせいで、マキの山ができてきました。
私は、毎日、白一色の世界で、過ごします。
でも、大地が緑色に変わるとき、私は行かなければなりません。
私は、また来年、このすばらしい場所の友だちに会うために、ここに戻ってくるつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.22

英語で日記 Wednesday,July.21st 2010 土器の拓本の練習をしました。

Wednesday,July.21st 2010 土器の拓本の練習をしました。

 晴れ。

 実習では、先週に続いて、土器の拓本の仕方を教わりました。
 拓本の作業は、土器に、水を使って紙を張り付けるのが難しい。
 
 家に帰ってから文化財学の試験に向けての勉強をしていました。
 しかし、途中でダウンしました。
 三時間ほど寝てしまいました。
 そして、起き上って勉強の続きを午前零時までやりました。
 この科目の勉強は、明日も続きます。

Wednesday,July.21st 2010 We practiced the stone-print of earthenware.

Fine.
 
In the practice, we learnt the method of the stone-print of earthenware following last week.
As for the work of the stone-print, it is difficult for me to stick paper on earthenware by using water.

After that, I returned to my house, I studied for the examination of the cultural asset study.
However, I was downed in the middle.
I slept for about three hours.

And, I got up and continued studying until twelve o'clock midnight.
I reviewed the notebook of this subject and understood that I was taught fairly valuable things.
The study of this subject will continue tomorrow.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 Thursday,July.22nd 2010 山崎ハコさん「ヨコハマ」の歌を聴きながら。

Thursday,July.22nd 2010 山崎ハコさん「ヨコハマ」の歌を聴きながら。

 晴れ。

 一時間目と二時間目に地理学の授業を受けました。
 この授業に刺激されました。
 先生の一生懸命さが素敵です。
 後期は実践的な地理学の科目を受けたいと思っています。

 アパートに帰ってから、昨日の続きの試験勉強をやりました。
 
 それから、戦争体験集の本を、ある人に貸してもらいました。
 そして、食材の買い物に行きました。
 ライチも買ってきました。

 そして、比較考古学の試験勉強をしました。
 山崎ハコさんの歌を聴きながら勉強しました。
 彼女の「ヨコハマ」を聴くと何だか涙ぐみそうになります。
 比較考古学の試験勉強は、午後十時半に終わりました。
 試験勉強が比較的早く済んだのは、山崎ハコさんの歌のおかげです。 
 ちなみに、「ヨコハマ」は、ここにありました。

 http://www.youtube.com/watch?v=9fAttmTjKUo

Thursday,July.22nd 2010 While listening to the song of Mrs.Hako Yamasaki  "Yokohama".

Fine.

I attended the class of the geography in the first period and second period.
I was stimulated by this class.
I like all-out of the teacher
I want to receive the subject of practicing geography at latter term.
 
After I returned to my apartment, I studied for the exams same as yesterday.
 
After that, I borrowed a book about the war experience collection.
And, I bought ingredients.
I bought litchi.

And, I did the examination study of the comparison archeology.
I studied while listening to the songs of Mrs.Hako Yamasaki.
I feel like crying if I listen to her "Yokohama".
I finished studying my comparison archeology at 10:30 at night.
Thanks to Mrs.Hako Yamasaki's songs, my examination study ended comparatively early.
By the way, "Yokohama" was here.

http://www.youtube.com/watch?v=9fAttmTjKUo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.23

ご近所の白い子猫。【写真】

Photo

 七月二十三日の昼休みに「山の上の喫茶店」に行ったら、この子猫がいました。

 初対面でおびえているけど、そんうち仲良くなりたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白い壁が黒く塗られていました 高知県安芸市。【写真二枚】

 

Photo_2

Photo_3

 このあいだ、高知県安芸市に行ったことを書きましたが、ここでは白い壁が黒く塗られている所がありました。

 アジア太平洋戦争のときの、アメリカ軍機の空襲を「よける」ためのものだったといいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.24

英語で日記 Friday,July.23rd 2010 六冊ノートを持って高知市に向かいました。

Friday,July.23rd 2010 六冊ノートを持って高知市に向かいました。

 晴れ。

 午前中は試験のための勉強をしました。


 午後、高知市へ向かいました。
 会議に出席するためです。
 六冊ノートを持って高知市に向かいました。
 列車の座席、高速バスの座席で、日本の近世の歴史のノートを読みました。
 列車で私の前に座っていた女子高校生もノートを広げて勉強していました。

Friday July.23rd 2010  I faced Kochi city with six notebooks.

Fine.

I studied for the examination in the morning.

I faced Kochi city in the afternoon.
The purpose was to attend a conference.
I faced Kochi city with six notebooks.
I read the notebook of the history of Japan at the early modern age in the seat of the train and the high-speed bus.
A high school girl who sat in front of me in the train also expanded her notebook and studied.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四月十三日付の日本近代史のノートの隅っこに書いてあった短歌。

 昨日、日本近代史のノートを読んでいたら四月十三日付の隅っこに二首、短歌が書いてありました。
 
 散り落ちる サクラの花を 楽しんで 坂登りゆく 教室、まぢか

 一年に 教室などを 聞かれてる 入ったばかりの 三年生が

何か、あのころが懐かしいような気持ちになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.25

英語で日記 Saturday,July.24th 2010 授業のノートのとり方を改善しようと思っています。

Saturday,July.24th 2010 授業のノートのとり方を改善しようと思っています。

  午前中、野暮用をこなしました。

  長い待ち時間の間に、日本の近世の歴史のノートを読みました。
 ついに、それを読み終えました。

 午後、大型電気店に行ってプリンターを買いました。
 実は、私が長く使っていたプリンターが一昨日、ダウンしてしまったのです。

 そして、高速バスで香川に向かいました。
 高速バスの中で、日本建築史のノートを読みました。
 建築の用語の意味を、辞書で引いて確かめていきました。
 そしたら、ノートに書いてあることの意味が見えてきました。

 授業のノートのとり方を改善しようと思い立ちました。
 授業中には、奇数ページのみにメモすることにします。
 授業の後で、偶数のページに、自分で調べたことを書きこんでいくことにします。

 午後五時半に、アパートに到着しました。
 また、日本建築史のノートを読みはじめました。
 そして、やっと日本建築史のノートを読み終えました。
 そのとき、時計の針は、午前二時を指していました。

Saturday,July.24th 2010 I will improve how to take notebooks of the class.

I digested somethig in the morning.
I read the notebook of the history of Japan at the early modern age during a long waiting time.
I finally finished reading it.

I went to a large-scale electric shop and bought a new printer in the afternoon.
Actually, my printer that I had used for a long time has been downed the day before yesterday.

And, I headed for Kagawa by a high-speed bus.
I read the notebook of a Japanese architectural history in the high-speed bus.
I looked up my dictionary and confirmed the meaning of the term of construction.
Then, the meaning of words in the notebook has come into view to me.

I will improve how to take notebooks of the class.
I will take notes only on the odd page during the lesson.
After the class, I will write down things that I examine by myself on the page of the even number.

I arrived at my apartment at 5:30.
I began to read the notebook of the Japanese architectural history again.
And,I finally finished reading the notebook.
At that time, the clock hand indicated 2 a.m.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.26

短歌 四月五日のものです。英会話の初授業。

 リスニング どんな教師か どきどきで 待ち受けている 喧噪の中

 四月五日の英会話のノートの隅っこに書いていた短歌です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 Monday,July.26th 2010 昭和天皇へのインタビュー。

Monday,July.26th 2010 昭和天皇へのインタビュー。

 昭和天皇にインタビューすることができました。
 彼には、ずっと教えてもらいたいことがありました。
 彼にアジア太平洋戦争の過程とを聴きました。
 「でも、おかしいなぁ。昭和天皇は亡くなっているのに、なぜ、インタビューができているのでしょうか」
 そう思ったら、目が覚めました。
 午前五時半でした。
 昨夜、十時ころ、本を読みながら寝てしまったのでした。

 三時間目に英会話の試験を受けました。
 A4用紙で五ページ分!
 すごい問題の量です。
 反応の遅い私には、最悪の事態です。
 焦って顔色が真っ赤になってしまっていました。
 まずは、ヒアリング。
 あとは、ほとんどが英作文の問題でした。
 急げや急げで鉛筆を走らせました。
 タイムリミットと同時に答案を書き上げました。
 解答を全部書けました。
 「おお、奇跡のようです」

 午後八時半に夕食を終わりました。
 少し休んで試験勉強に取かかりましょう。
 明日の試験は四科目です。

 
Monday July.26th 2010 Interview with Emperor Hirohito.

I was able to interview with Emperor Hirohito.
I have wanted him to teach me one thing for a long time.
I listened to the process of the Asian Pacific War from him.
"However, it is amusing. Why am I interviewing, Emperor Hirohito has died though?"
I awoke when thinking so.
It was 5:30 in the morning.
Because I had slept while reading book around ten o'clocklast night.

I took the examination of English conversation in the third period.
Five pages with the A4 form.
They were a large amount of questions.
It was the worst situation for me who can't do something fast, like a turtle.
I was so upset and complexion was crimson.
First of all, it was hearing.
Most of the examinations were English composition.
I tried to answer them as possible as I could.
I finished writing the examination simultaneously with the time limit.
I was able to write all answers.
"Oh miracle. "

I ended supper at 8:30.
I will take a rest a little.
And, I start studying for the exams again.
My examinations are four subjects tomorrow.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌集 「丘の上の大学」の前期試験、進行中。

 疑問点 教えてくれる 十九歳 娘と孫の 中間世代

 五ページの 英語問題 焦ってる 「終わり」の声と 同時に終わる

 古代史の 採点評を 聴いている 「そうか。あそこは、走りすぎたか」

 アオウリを つけこんでいる 夜のこと 明日の朝の 楽しみである

 マグロあら ぐつぐつと煮て 肉をそぐ きょうの英語は 及第点か

 昼休み 予定に入れて 四科目 勉強、終わり 明日は決戦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.27

短歌集 妻のメールは両手ふり、「試験がんばれ」。

 別居から 四カ月経ち 妻からの メールが来たよ 七月の末

 スポンサー 妻のメールは 両手ふり 「試験がんばれ」 もう寝たいのに

 八本の 鉛筆削って 今晩の 試験勉強 零時に終わる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌集  「丘の上の大学」の前期試験は続く。 

 「メモリィを 増設したい」 「僕もだよ」 この娘(こ)も、今日は 試験が四つ

 学生が 作戦メモを 手に持って 歩いています 試験の最中

 学生も 体力勝負 本日の 四つの試験 いま「終わりです」

 シロウリは 「早い者勝ち!」 目に入り 三つ買ったよ 見通しなしに

 冷え冷えの 甘酒があり ぐっと飲む 自分でつくると みな、うまいもの

 「さぁ、明日」 二つの試験の 勉強を 始める、始める 気合いを入れる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.28

そういえば、僕の部屋には砂糖がなかった。

 午前二時に寝て、六時に起床。

 すごいねー、僕も。たまにはね。

 一時間目の試験の勉強をやり残していたので、こういうことになりました。

 まだ、不十分だけと、もう八時。出なくては。

 ところで、ものすごく濃いコーヒーを入れたんだけど、これはこれは。

 砂糖はないかと思ったけど、三月末に、さぬき市に来て以来、砂糖は買った覚えがないことに気付きました。

 二時間の試験が終わったら買ってくることにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 Sunday,July.25th 2010 英単語の発音。

Sunday,July.25th 2010 英単語の発音。

 午前中は、ごとごとと食事の用意や掃除をしました。
 英会話の試験のための勉強をしなくてはならないと思っています。
 しかし、なんとなく、それを後回しにしています。
 午後から勉強を始めました。
 教科書を、改めて単語を引きながら読みなおしました。
 発音をたださなければならない単語がかなりありました。
 
 these=アリーズ。 
 unit=ユネーツ。
 correct=コレークツ、
 circle=スーカオ。
 apartment=アパートマンツ。
 conversation=カンバセイシアン。
 terrible=テルボー。
  teffific=トリフエク。
 topic=トペイク。
 similar=シモラー。
 kid=キーツ。
 item=アイロム。
 mention=マンシャン。
 gadget=ギャゼツ。
 appliance=アプライヤンス。
 match=ハマチ。
 adjust=アジヤースツ。
 lawn mower=ランナウエイ。
 own=オーヌ。
 invent=インベンツ。
 own=オーヌ。
 wheel=フイヨ。
 Velcro=ベルコー。
 
 そして、アメリカ映画を日本語と英語の字幕で見ました。
 その後は、中学校程度の英語の問題集にとりくみました。
 これがクイズみたいな問題で、私の回答は三分の一しかあっていませんでした。
 ま、これが私の実力だと思います。

Sunday,July.25th 2010 Pronunciation of English words.

I prepared for meal and cleaned in the morning.
I think that I should study for the examination of English conversation.
However, I tried to avoid it somehow.
I started studying in the afternoon.
I read the textbook again while looking up the words.
There considerably were many wrong pronunciation words for me.
 
These = [ari-zu].
Unit = [yune-tsu].
Correct = [kore-kutsu]
circle = [su-kao].
Apartment = [apa-tomantsu].
Conversation =[Kanbaseisian].
Terrible = [Terub].
Teffific = [torifueku].
Topic = [topeiku].
Similar = [shimora-].
Kid = [kiitu].
Item = [airomu].
Mention = [mansian].
Gadget = [gyazetsu].
Appliance = [apuraiyansu].
Match = [hamati].
Adjust = [ajiya-sutsu].
Lawn mower = [rannawuei].
Own = [o-nu].
Invent = [inbentu].
Own = [o-nu].
Wheel = [fuiyo].
Velcro = [beruko-].

And, I saw an American movie in Japanese, with English title.
Afterwards, I did an English workbook at the junior high school level.
This was like quiz, and my answers were correct only 1/3.
This is my ability.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.29

英語で日記 Tuesday ,July.27th 2010 午前零時になりましたが、あと一科目の試験勉強をしなくてはいけません。 

Tuesday ,July.27th 2010 午前零時になりましたが、あと一科目の試験勉強をしなくてはいけません。

 晴れ。

 きょう、日本の近世の歴史、日本建築学、比較考古学、博物館概論の試験を受けました。
 帰ってから博物館学の試験勉強をしました。
 午前零時に終わりました。
 しかし、あと一科目の試験勉強をしなくてはいけません。

Tuesday ,July.27th 2010 Twelve o'clock midnight came,but I must study another subject.

fein.


I took the exams of the Japanese early modern age history,the Japanese architectonics, the comparison archeology, and the museum outline today.
After I returned to my apartment, I did the exams study of the museum study.
It ended at twelve o'clock midnight.
However, I must do the exams study of another subject.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌 アラをほぜる楽しみ。

 アラほぜる 楽しみしらぬか 金持ちは これを思いて 今日も買い来る

 今夜はマグロのアラをダイコンと煮て食べました。

続きを読む "短歌 アラをほぜる楽しみ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌 夜九時半の高知市の妻は……。

 「街中を 自転車こいでる 最中よ」 夜九時半の 妻は走りいる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 Wednesday,July.28th 2010 二年生の女生徒の三分以上のおしゃべり。

Wednesday,July.28th 2010 二年生の女生徒の三分以上のおしゃべり。

 曇り、ときどき晴れ。
 
 午前二時過ぎに寝て、午前六時過ぎに起床しました。
 そして、一時間目の文化財学の試験のための勉強をしました。

 一時間目の試験の教室に早目に行きました。
 すると、教室には、すでに、二年生の女性が来ていました。
 彼女と少し、おしゃべりしました。
 彼女は、以下のようなことを私に話してくれました。
 この大学に入学するまでに住んでいた地域のこと。
 出身の高校のこと。
 いままでに獲得した資格のこと。
 これから獲得したい資格のこと。
 弟たちのこと。
 そういえば、私のことは、ほとんど話しませんでした。
 私と彼女が三分間以上話したのは初めてです。
 彼女は、私と同じ授業をたくさん受けています。
 よく勉強をしている人で、私は、前期試験に当っても彼女にいろいろ教えてもらいました。

 一時間目の試験を三十分で書き終わりました。
 そして、自分の解答を見直しました。
 一問目がポイントを外した解答であったのに気づきました。
 急いで、書きなおしをしました。
 二時間目の試験は、何と十問もありました。
 ひたすら書き続けました。
 尖った鉛筆を四本使いました。
 「二問ほど解答できないまま終わるかもしれない」
 焦りました。
 しかし、五分前に全問の解答が書けました。
 疲れました。
 この試験は、集中力が問われる試験でした。
 「私の試験は易しいですよ」
 事前に先生は、私たちに、こういいました。
 しかし、この試験は、私にはヘビーでした。

 アパートに帰ってから楽しみにしている英作文の勉強をしました。
 三月末からの英作文のための資料をファイルしました。
 それは、ちょうど二冊分になりました。
 同じ間違いを繰り返しているので、このファイルで復習をしながら前に進みたいと思っています。
 
 そして、正午から寝ました。
 起きた時、時計は午後五時でした。
 今夜は勉強しないことにしました。
 「独りお客」を開くことにしました。
 それは、前期試験の中間のくつろぎの時間です。
 冷房は十六度にしました。
 食卓にプルメリアの香りを置きました。
 国産豚肉のブロックを蒸し焼きにしました。
 こんがりと、よく焼けました。
 それを、いくつかに切りました。
 一夜漬けのシロウリ、スイカの皮を皿に山盛りにしました。
 そして、ウイスキーの水割りをつくりました。
 デザート用に、ベトナムのドラゴンフルーツを切りました。
 たっぷり食べました。
 それから、DVDで日本映画「バッテリー」を見ました。
 これは、すごい映画でした。

Wednesday July.28th 2010 Chat with a second grade woman for three minutes or more.
 
Cloudy and occasional fine.
 
I went to bed at 2 a.m.
And, I got up at 6 a.m.
After I I woke up,I studied for the examination of the cultural asset study in the first period.
 
I went to a classroom of the examination early.
Then, a second grade woman had already come to the classroom.
I chatted a little with her.
The theme about as follows.
Region where she lived before she entered this university.
Her high school.
Qualifications that she has acquired before.
Qualifications that she will acquire in the future.
Her younger brothers
Incidentally, I didn't speak about myself.
It was my first time to talk with her for a long time.
She attends same class as me a lot.
She studies well, and she taught me various things about the first exams.
I finished writing the examination in 30 minutes.
And, I reviewed its answer.
I noticed that I answered the first question out of the point.
I rewrote it in a hurry.

The exams of the second period that I took had ten questions.
I kept writing single-mindedly.
I used four pencil with a sharp point.
"The time limit would come when I still have 2 questions."
I was in a hurry.
However, I was able to finish writing five minutes ago.
After this exams, I became tired.
 
This examination need concentration.
"My examination is easy".
The teacher said to us beforehand.
However, this examination was heavy for me.

I studied English composition which I look forward to after I returned to my apartment.
The material for the English composition from the end of March was filed.
They became just two.
The same wrong is repeated, and I want to advance ahead by reviewing with this file.
 
And, I slept at noon.
When I got up, the clock was 5 p.m.

I decided not to study tonight.
I decided to open "One person praty".
It was time for relaxation in the middle of the first term examination.
I adjusted air-conditioning to 16 degrees.
I put the smell of purumeria on the table.
I roasted the block of domestic pork in a covered pan.
It roasted brown.
I cut it in some.
I put cram of oriental pickling melon peels and watermelon peels on a plate.
And, I made water and whisky.
The dragon fruit from Vietnam was cut for the dessert.
I ate enough.
After that, I saw Japanese movie "Battery" with DVD.
This was a terribly significant movie.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 Thursday,July.29th 2010 木曜日は勉強デー。 

Thursday,July.29th 2010 木曜日は勉強デー。 

 晴れ。

 前期試験は、月曜日の四つの試験を受ければ終了です。
 これまでの試験では、みな六十点以上はとれていると思います。
 本日・木曜日、金曜日、土曜日、日曜日は授業がありません。
 じっくり試験勉強をすることにしています。

 夕方までに讃岐の古代建築の瓦についての研究の科目の勉強を終えました。
 そして、夕方から古文献研究の勉強を始めました。

Thursday July.29th 2010 Thursday is a day of study.

Fine.

If four examinations on Monday are taken, my first term examination will be over.
I think, all of the exams I took so far might be 60 points or more.
I do not have classes on Saturday, Sunday, today, Thursday and Friday.
I take time to do the examination study.

I finished studying a subject of the research about the tile of Sanuki ancient architecture by the evening.
And, I started studying a reseach about old document in the evening.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.30

短歌 もうセミの季節になっていたんですね。気付いた朝のこと。

 「起きようか」 「いやまだまだだ」 ミンミンに 揺られ揺られて たゆたっている

 携帯の目覚ましが「イッツアタイム」と叫び続けていたこともかすかに聞こえていました。でも、「きょうは休みの日だから」。目を覚ましたら午前九時五分。一時間目の授業開始の時間でした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌 さて、朝は何をつくりましょうか。

 「何食べよ?」 みずからに問う 朝のこと 「何つくろうか」と 動き出してる

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史の自習の時間 写経をしていた武丘広立の死―天平十八年(七四六年)の文書。

 広立(ひろたつ)は 経写、写経で 過労死か 天平文書(てんぴょうもんじょ)を 辞書駆って読む

  天平十八年(七四六年)五月二十七日付の写疏所がつくった文書のことです。 三日前に亡くなった武丘広立の写した九十九帳(四十六帳疏、五十三帳疏中)の労賃、五百八十七文(もん)を支給してください、彼の家族が泣き患っています―ということを書いてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 Friday,July.30 2010 山の上の喫茶店で。

Friday,July.30 2010 山の上の喫茶店で。

 晴れ。

 昨日、私は、アパートを出ないで勉強しました。
 しかし、本日は、午後から山の上の喫茶店に行きました。
 そこで、古文献研究のテストのための勉強をしました。
 その勉強を終て、アパートに帰りました。
 私の短歌から十首を選びました。
 高知市の地元の雑誌に投稿するためです。
 これから、その原稿を郵便ポストに入れてくるつもりです。
 そして、教育学概論の試験に向けての勉強を始めます。

Friday July.30th 2010 In the coffee shop on the mountain.

Fine.

I studied without going out of my apartment yesterday.
However, I went to the coffee shop on the mountain in the afternoon today.
And, I studied for a test of old document research in the coffee shop.
Then, I finished the study in the evening.
And, I returned to my apartment.
I chose ten poems from my tanka.
I contribute them to a local magazine issued in Kochi city.
Hereafter, I will put the manuscript in the pillar box.
And, I start studying for the examination of the pedagogy outline.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.31

歴史の自習の時間 ナチス党の御用教育学者、エルンスト・クリーク。

  教育学概論のノートを見直していたら、クリークのことが出てきました。
 あのエルンスト・クリークです。
 詳しくメモしておくことにします。

 ● クリーク [ 日本大百科全書(小学館)]

 Ernst Krieck(1882―1947)

 ドイツの教育学者。(中略)ヘルバルト以来の従来の教育学を個人主義的、規範的、技術的教育学であると批判し、それに対して現実的、客観的事象としての教育事実の叙述、認識を目的とする教育科学(中略)の樹立を唱えた。彼によれば、教育とは、他の社会機能と密接な連関をもつ社会の根源的機能であり、社会が生活秩序、価値などの文化を通してその成員を類型同化する過程であるとされた。しかも、社会の包括的、本源的母体を民族国家と考え、これを諸機能の統一原理とすることにより、その教育科学は民族主義的、国家主義的性格を濃厚にした。
 主著『教育の哲学』(1922)、『文化民族の教育組織』(1927)などにおける彼の教育理念や、『自由ドイツ学校』誌上での中央党、社民党への攻撃は、ナチス政府の迎えるところとなり、彼はその理論的イデオローグの役を果たすこととなった。

[ 執筆者:舟山俊明 ]

 ● 以下、データは、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』。

 エルンスト・クリーク(1882年6月6日 - 1947年3月19日)は、ドイツの教育者で、著述家、大学教授。ナチス党の御用教育学者として知られる。
 フェーゲルスハイムの生まれ。
 実科学校を卒業後、カールスルーエの教育養成所に進む。
 その後、国民学校の教師になり、教育のあり方を機械的で、官僚的過ぎると批判。この時期、独自に自身の教育観を築き上げていく。
 1910年、最初の著述『人格と教育』を出版。1917年には『ドイツの国歌理想』、1920年には『科学の革命』、そして1922年に『教育の哲学』が出る。この本により、ハイデルベルク大学で名誉博士号を取得した。
 その後4年間、自由な著述家として専念し、1928年フランクフルト・アム・マインの教育養成大学に招聘される。しかし、1931年の夏至祭りで「第三帝国万歳」と叫んだことで、ドルトムントの教員養成大学に懲戒転任させられる。
 それでもなおルール地方でもしばしば政治的な発言を繰り返す。
 1932年クリークはドイツ国家社会主義教員同盟の一員となり、合わせてナチス党員となる。
 その年、フランクフルト・アム・マインのフランクフルト大学の学長となる。そこで哲学と教育学の教授職を担当した。この地位に、第二次世界大戦の終結まで留まっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史の自習の時間 「国家ノ須要ニ応スル学術技芸ヲ教授」するために生まれた帝国大学。

 ○ 帝国大学令(明治19年勅令第3号)

 第一条 帝国大学ハ国家ノ須要ニ応スル学術技芸ヲ教授シ及其蘊奥ヲ攷究スルヲ以テ目的トス

 ○  大学令(大正7年勅令第388号)

 第一条 大学ハ国家ニ須要ナル学術ノ理論及応用ヲ教授シ並其ノ蘊奥ヲ攻究スルヲ以テ目的トシ兼テ人格ノ陶冶及国家思想ノ涵養ニ留意スヘキモノトス

 【以下、参考】

 帝国大学令(明治19年勅令第3号)

 第一条 帝国大学ハ国家ノ須要ニ応スル学術技芸ヲ教授シ及其蘊奥ヲ攷究スルヲ以テ目的トス
 第二条 帝国大学ハ大学院及分科大学ヲ以テ構成ス大学院ハ学術技芸ノ蘊奥ヲ攷究シ分科大学ハ学術技芸ノ理論及応用ヲ教授スル所トス
 第三条 分科大学ノ学科ヲ卒ヘ定規ノ試験ヲ経タル者ニハ卒業証書ヲ授与ス
 第四条 分科大学ノ卒業生若クハ之ト同等ノ学力ヲ有スル者ニシテ大学院ニ入リ学術技芸ノ蘊奥ヲ攷究シ定規ノ試験ヲ経タル者ニハ学位ヲ授与ス
 第五条 帝国大学職員ヲ置ク左ノ如シ
  総長 勅任
  評議官
  書記官 奏任
  書記 判任
 第六条 帝国大学総長ハ文部大臣ノ命ヲ承ケ帝国大学ヲ総轄ス其職掌ノ要領ヲ定ムルコト左ノ如シ
  第一 帝国大学ノ秩序ヲ保持スル事
  第二 帝国大学ノ状況ヲ監視シ改良ヲ加フルノ必要アリト認ムル事項ハ案ヲ具ヘテ文部大臣ニ提出スル事
  第三 評議会ノ議長トナリテ其議事ヲ整理シ又議事ノ顛末ヲ文部大臣ニ報告スル事
  第四 法科大学長ノ職務ニ当ル事
 第七条 評議会ハ便宜ニ従ヒ帝国大学若クハ文部省ニ於テ開設ス
 2 評議会ノ議ニ付スヘキ事項左ノ如シ
  第一 学科課程ニ関スル事項
  第二 大学院及分科大学ノ利害ノ鎖長ニ関スル事項
 第八条 評議官ハ文部大臣各分科大学教授ヨリ各二人ヲ特選シテ之ニ充ツ
 第九条 評議官ハ五箇年ヲ以テ任期トス任期満ツルノ後時宜ニ依リ更ニ勤続ヲ命スルコトアルヘシ
 第十条 分科大学ハ法科大学医科大学工科大学文科大学及理科大学トス
 2 法科大学ヲ分テ法律学科及政治学科ノ二部トス
 第十一条 分科大学職員ヲ置ク左ノ如シ
  長 奏任
  教頭 奏任
  教授 奏任
  助教授 奏任
  舎監 奏任
  書記 判任
 第十二条 分科大学長ハ教授ヨリ特選シテ之ニ兼任ス
 2 分科大学長ハ帝国大学総長ノ命令ノ範囲内ニ於テ主管科大学ノ事務ヲ掌理ス
 第十三条 各分科大学ノ教頭ハ教授ヨリ特選シテ之ニ兼任ス
 2 教頭ハ教授及助教授ノ職務ヲ監督シ及教室ノ秩序ヲ保持スルコトヲ掌ル
 第十四条 各分科大学ノ教授助教授ノ人員ハ其学科ノ軽重及学生ノ員数ニ応シテ別ニ文部大臣ノ定ムル所ニ依ル

 注・この勅令は、明治19年3月2日に公布された。上掲のものは、明治23年勅令第93号による改正前の制定時の条文である。
 この勅令は、明治23年勅令第93号、同勅令第269号、明治25年勅令第75号および明治26年勅令第82号による改正がなされた。
 帝国大学令(大正8年勅令第12号)【改正帝国大学令】により、本令は大正8年4月1日をもって廃止された。

 大学令(大正7年勅令第388号)

 第一条 大学ハ国家ニ須要ナル学術ノ理論及応用ヲ教授シ並其ノ蘊奥ヲ攻究スルヲ以テ目的トシ兼テ人格ノ陶冶及国家思想ノ涵養ニ留意スヘキモノトス
 第二条 大学ニハ数個ノ学部ヲ置クヲ常例トス但シ特別ノ必要アル場合ニ於テハ単ニ一個ノ学部ヲ置クモノヲ以テ一大学ト為スコトヲ得
 2 学部ハ法学、医学、工学、文学、理学、農学、経済学及商学ノ各部トス
 3 特別ノ必要アル場合ニ於テ実質及規模一学部ヲ構成スルニ適スルトキハ前項ノ学部ヲ分合シテ学部ヲ設クルコトヲ得
 第三条 学部ニハ研究科ヲ置クヘシ
 2 数個ノ学部ヲ置キタル大学ニ於テハ研究科間ノ聯絡協調ヲ期スル為之ヲ綜合シテ大学院ヲ設クルコトヲ得
 第四条 大学ハ帝国大学其ノ他官立ノモノノ外本令ノ規定ニ依リ公立又ハ私立ト為スコトヲ得
 第五条 公立大学ハ特別ノ必要アル場合ニ於テ北海道及府県ニ限リ之ヲ設立スルコトヲ得
 第六条 私立大学ハ財団法人タルコトヲ要ス但シ特別ノ必要ニ因リ学校経営ノミヲ目的トスル財団法人カ其ノ事業トシテ之ヲ設立スル場合ハ此ノ限ニ在ラス
 第七条 前条ノ財団法人ハ大学ニ必要ナル設備又ハ之ニ要スル資金及少クトモ大学ヲ維持スルニ足ルヘキ収入ヲ生スル基本財産ヲ有スルコトヲ要ス
 2 基本財産中前項ニ該当スルモノハ現金又ハ国債証券其ノ他文部大臣ノ定ムル有価証券トシ之ヲ供託スヘシ
 第八条 公立及私立ノ大学ノ設立廃止ハ文部大臣ノ認可ヲ受クヘシ学部ノ設置廃止亦同シ
 2 前項ノ認可ハ文部大臣ニ於テ勅裁ヲ請フヘシ
 第九条 学部ニ入学スルコトヲ得ル者ハ当該大学予科ヲ修了シタル者、高等学校高等科ヲ卒リタル者又ハ文部大臣ノ定ムル所ニ依リ之ト同等以上ノ学力アリト認メラレタル者トス
 2 入学ノ順位ニ関スル規程ハ文部大臣之ヲ定ム
 第十条 学部ニ三年以上在学シ一定ノ試験ヲ受ケ之ニ合格シタル者ハ学士ト称スルコトヲ得
 2 前項ノ在学年限ハ医学ヲ修ムル者ニ在リテハ四年以上トス
 第十一条 研究科ニ入ルコトヲ得ル者ハ医学ヲ修ムル者ニ在リテハ四年以上其ノ他ノ者ニ在リテハ三年以上当該学部ニ在学シ其ノ他相当ノ学力ヲ具ヘタル者ニシテ当該学部ニ於テ適当ト認メタルモノトス
 第十二条 大学ニハ特別ノ必要アル場合ニ於テ予科ヲ置クコトヲ得
 2 大学予科ニ於テハ高等学校高等科ノ程度ニ依リ高等普通教育ヲ為スヘシ
 第十三条 大学予科ノ修業年限ハ三年又ハ二年トス
 2 修業年限三年ノ大学予科ニ入学スルコトヲ得ル者ハ中学校第四学年ヲ修了シタル者又ハ文部大臣ノ定ムル所ニ依リ之ト同等以上ノ学力アリト認メラレタル者トス
 3 修業年限二年ノ大学予科ニ入学スルコトヲ得ル者ハ中学校ヲ卒業シタル者又ハ文部大臣ノ定ムル所ニ依り之ト同等以上ノ学力アリト認メラレタル者トス
 第十四条 大学予科ノ設備、編制、教員及教科書ニ付テハ高等学校高等科ニ関スル規定ヲ準用ス
 第十五条 大学予科ノ生徒定数ハ毎年ノ予科修了者ノ員数カ其ノ年当該大学ニ収容シ得ル員数ヲ超過セサル程度ニ於テ之ヲ定ムヘシ
 第十六条 大学及大学予科ノ学則ハ法令ノ範囲内ニ於テ当該大学之ヲ定メ文部大臣ノ認可ヲ受クヘシ
 第十七条 公立及私立ノ大学ニハ相当員数ノ専任教員ヲ置クヘシ
 第十八条 私立大学ノ教員ノ採用ハ文部大臣ノ認可ヲ受クヘシ公立大学ノ教員ニシテ官吏ノ待遇ヲ受ケサル者ニ付亦同シ
 第十九条 公立及私立ノ大学ハ文部大臣ノ監督ニ属ス
 第二十条 文部大臣ハ公立及私立ノ大学ニ対シ報告ヲ徴シ検閲ヲ行ヒ其ノ他監督上必要ナル命令ヲ為スコトヲ得
 第二十一条 本令ニ依ラサル学校ハ勅定規程ニ別段ノ定アル場合ヲ除クノ外大学ト称シ又ハ其ノ名称ニ大学タルコトヲ示スヘキ文字ヲ用ウルコトヲ得ス

  附 則

 1 本令ハ大正八年四月一日ヨリ之ヲ施行ス
 2 本令施行ノ際現ニ大学ト称シ又ハ其ノ名称ニ大学タルコトヲ示スヘキ文字ヲ用ウル学校ニハ当分ノ内第二十一条ノ規定ヲ適用セス

 注・この勅令は、大正7年12月6日に公布され、同8年4月1日より施行された。上掲のものは、昭和3年勅令第7号による改正前の制定時の条文である。
 この勅令は、昭和3年勅令第7号、昭和18年勅令第40号および昭和21年勅令第102号による改正がなされた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史の自習の時間 教育勅語ってどんなもの?

 ● 「しんぶん赤旗」2000・5・25

 教育勅語ってどんなもの?

 〈問い〉 「神の国」発言とあわせ森首相の教育勅語発言が問題になっています。教育勅語とは、どういうものなのですか。(栃木・C子)

 教育勅語は、明治憲法発布の翌年(一八九〇年)に、道徳の根本、教育の基本理念を教え諭すという建前で出された勅語(天皇が直接国民に発する言葉)で、戦前、学校教育などを通じ、国民に植えつけられました。
 勅語は、「朕惟フニ我カ皇祖皇宗(ちんおもうにわがこうそこうそう)」という言葉から始まります。「皇祖皇宗」(天照大神=あまてらすおおみかみ=に始まる天皇の祖先)が建てた国を治めるのは、その子孫の天皇であるとされています。明治憲法が、日本は「万世一系(ばんせいいっけい)」の天皇、つまり永遠につづく天皇が治める(第一条)、天皇は「神聖」だ(第三条)と定めたのと同じ考え方です。一方、国民は天皇に仕える「臣民」(家来)とされました。
 勅語には、「父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ(ふぼにこうにけいていにゆうに)」といった、一見当たり前の道徳項目をのべているような個所があります。しかし、これらはすべて、「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ(いったんかんきゅうあればぎゆうこうにほうじ)」、つまり戦争になったら天皇のために命をささげ、天皇に「忠義」をつくすことにつながるものとしてあげられているのです。
 実際、戦前は「忠を離れて孝なく、父祖に孝ならんと欲すれば、天皇に忠ならざるをえない」(勅語四十周年での文相談話)と教えられました。勅語の道徳項目は、天皇を頂点とする身分序列の社会の道徳で、臣民は天皇に忠義を誓う、臣民の間も、目下は目上に従え式の身分ルールでかためられていました。
 (中略)教育勅語は、戦後、新しい憲法のもとで効力を失い、国会では、主権在民に反すること、「神話的」な国家体制の考え方=「国体観」であること、国民の基本的人権を損なうものであることなどを理由に「排除」の決議がされました。(豊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史の自習の時間 戊申詔書(ぼしんしょうしょ)とは。

 戊申詔書(ぼしんしょうしょ)は、一九〇八年(戊申の年)十月十三日の詔書のことです。
 日露戦争の結果、日本は帝国主義国として列強と並ぶ国際的地位を得ました。しかし、国内では、地方社会の荒廃、疲弊が表面化し、また、社会主義思想が勃興しました。この詔書は、こうした状態に対処しようとしたもので、皇室を中心として「上下」が一体となり、「忠実業ニ服シ勤倹産ヲ治メ」ることによって国運を発展させ、列強に伍(ご)していくことを国民に求めたものでしたた。
 日露戦争後、内務省などによっておこなわれた地方改良運動のなかで、戦後の国民のとるべき道を示すものとして重視され、各地の役場、小学校などで捧読(ほうどく)会が開かれたほか、学校教育でも教育勅語と並ぶものとされ、国民に大きな影響を与えました。

 戊申詔書(明治41年10月13日)

 朕惟フニ方今人文日ニ就リ月ニ将ミ東西相倚リ彼此相済シ以テ其ノ福利ヲ共ニス朕ハ爰ニ益々国交ヲ修メ友義ヲ惇シ列国ト与ニ永ク其ノ慶ニ頼ラムコトヲ期ス顧ミルニ日進ノ大勢ニ伴ヒ文明ノ恵沢ヲ共ニセムトスル固ヨリ内国運ノ発展ニ須ツ戦後日尚浅ク庶政益々更張ヲ要ス宜ク上下心ヲ一ニシ忠実業ニ服シ勤倹産ヲ治メ惟レ信惟レ義醇厚俗ヲ成シ華ヲ去リ実ニ就キ荒怠相誡メ自彊息マサルヘシ
 抑我カ神聖ナル祖宗ノ遺訓ト我カ光輝アル国史ノ成跡トハ炳トシテ日星ノ如シ寔ニ克ク恪守シ淬砺ノ誠ヲ輸サハ国運発展ノ本近ク斯ニ在リ朕ハ方今ノ世局ニ処シ我カ忠良ナル臣民ノ協翼ニ倚藉シテ維新ノ皇猷ヲ恢弘シ祖宗ノ威徳ヲ対揚セムコトヲ庶幾フ爾臣民其レ克ク朕カ旨ヲ体セヨ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史の自習の時間 国民精神作興(さっこう)ニ関スル詔書とは。

 国民精神作興(さっこう)ニ関スル詔書は、関東大震災直後の一九二三年(大正十二年)十一月十日、国民精神の強化振興から出された詔書(しょうしょ=大日本帝国憲法下で、天皇の命令を伝える公文書)です。  一九一八年の米騒動をきっかけとして大衆運動が組織化と高揚の時期を迎え、吉野作造の民本主義や社会主義などの思想と運動が国民の一定の層に拡大する中で、同年九月一日、関東大震災が突発しました。大震災後の混乱のなかでこうした事態に危機感を強めた天皇が出しました。  この詔書は、「国家興隆ノ本ハ国民精神ノ剛健ニ在リ」とし、「浮華放縦(ふかほうしょう=うわべばかりはなやかで、内容のない、勝手気ままに振る舞うさま)ノ習」、「軽佻詭激(けいちょうきげき=よく考えず、軽はずみに度を失って激しい言行がをおこなうこと)ノ風」を排し、「質実剛健(しつじつごうけん=飾りけがなくまじめで、たくましく、しっかりしていること)」、「醇厚(じゅんこう=人情の厚いこと)中正」の精神の確立と「忠孝義勇(ちゅうこうぎゆう=主君への忠義と、親への孝行、そして正義を守ろうという気持ちから発する勇気)ノ美」を国民に要求しました。  国民精神作興(さっこう)ニ関スル詔書  朕惟フニ國家興隆ノ本ハ國民精神ノ剛健ニ在リ之ヲ涵養シ之ヲ振作シテ以テ國本ヲ固クサセルヘカラス是ヲ以テ先帝意ヲ敎育ニ留メサセラレ國體ニ基キ淵源ニ遡リ皇祖皇宗ノ遺訓ヲ掲ケテ其ノ大綱ヲ昭示シタマヒ後又臣民ニ詔シテ忠實勤儉ヲ勸メ信義ノ訓ヲ申ネテ荒怠ノ誡ヲ垂レタマヘリ是レ皆道德ヲ尊重シテ國民精神ヲ涵養振作スル所以ノ洪謨ニ非サルナシ爾來趨向一定シテ效果大ニ著レ以テ國家ノ興隆ヲ致セリ朕即位以來夙夜兢兢トシテ常ニ紹述ヲ思ヒシニ俄ニ災變ニ遭ヒテ憂悚交々至レリ  輓近學術益々開ケ人智日ニ進ム然レトモ浮華放縱ノ習漸ク萌シ輕佻詭激ノ風モ亦生ス今ニ及ヒテ時弊ヲ革メスムハ或ハ前緖ヲ失墜セムコトヲ恐ル況ヤ今次ノ災禍甚大ニシテ文化ノ紹復國力ノ振興ハ皆國民ノ精神ニ待ツヲヤ是レ實ニ上下協戮振作更張ノ時ナリ振作更張ノ道ハ他ナシ先帝ノ聖訓ニ恪遵シテ其ノ實效ヲ擧クルニ在ルノミ宜ク敎育ノ淵源ヲ祟ヒテ智德ノ竝進ヲ努メ綱紀ヲ肅正シ風俗ヲ匡勵シ浮華放縱ヲ斥ケテ質實剛健ニ趨キ輕佻詭激ヲ矯メテ醇厚中正ニ歸シ人倫ヲ明ニシテ親和ヲ致シ公德ヲ守リテ秩序ヲ保チ責任ヲ重シ節制ヲ尚ヒ忠孝義勇ノ美ヲ揚ケ博愛共存ノ誼ヲ篤クシ入リテハ恭儉勤敏業ニ服シ産ヲ治メ出テテハ一己ノ利害ニ偏セスシテ力ヲ公益世務ニ竭シ以テ國家ノ興隆ト民族ノ安榮社會ノ福祉トヲ圖ルヘシ朕ハ臣民ノ協翼ニ賴リテ彌々國本ヲ固クシ以テ大業ヲ恢弘セムコトヲ冀フ爾臣民其レ之ヲ勉メヨ    御名 御璽     摂政名  【参考】 http://www.geocities.co.jp/Berkeley/3776/sakkou.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史の自習の時間 ルソーの曲と軍歌「戦闘歌」。

 一九九五二年十月十八日、フランスのルイ十五世の前でオペラ『村の占い師』が公演されました。その第八場のパントマイム劇で用いられたジャン=ジャック・ルソーの曲が、のちに日本の軍歌につかわれました。
 その軍歌は、「戦闘歌」です。
 東京音楽学校(現東京藝術大学)教授の鳥居忱が作詞し、一八九五年に軍歌集『大東軍歌』に掲載されます。

 見渡せば 寄せて来る、敵の大軍 面白や。スハヤ戦闘(たたかい)始まるぞ。イデヤ人々攻め崩せ。
 弾丸込めて撃ち倒せ。敵の大軍撃ち崩せ。
 見渡せば 崩れ懸る、敵の大軍心地よや。 モハヤ戦闘(たたかい)勝なるぞ。イデヤ人々追い崩せ。
 銃剣附けて突き倒せ。敵の大軍突き崩せ。

 この戦闘歌は歌うだけでなく、歌詞に合わせたふりつけがあり、小学校において遊戯曲として用いられていたといわれます。
 この曲は、「むすんでひらいて」にもつかわれています。

 【参考】

http://bunbun.boo.jp/okera/w_shouka/m_kyouiku/k2_sentou_ka.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史の自習の時間 ポール・ラングランの生涯教育の提案。

 ポール・ラングラン

 データは、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』。

 ポール・ラングラン(1910年-2003年)は、フランスの教育思想家。ユネスコの成人教育長を勤め、生涯学習の考え方の原点を示すワーキングペーパーを提出した。
 1910年、フランス北部のパ=ド=カレー県に生まれる。
 幼少期に第1次世界大戦を経験している。
 1930年、パリのソルボンヌ大学を卒業、同時に教授職を獲得し、パリ、シャンベリー、グレノーブルで教師を務める。
 28歳のとき第2次世界大戦が勃発、以後レジスタンス運動に関与する。
 しかし、ラングラン自身は社会を改革する手段を政治よりも教育として考えていた。そして、寝食をともにした成人たちとの経験から、義務教育以後の教育の必要性を実感するようになり、生涯教育の考え方の原型を構築するに至る。
 第2次世界大戦後は労働者教育センター設立と経営の仕事に加わり、1948年にユネスコに加わる。
 1965年12月にパリで開催された第三回成人教育推進国際委員会で、ラングランは「エデュカシオン・ペルマナント」と題するワーキングペーパーを提出した。これには次のような目標が掲げられている。

 1.人の誕生から死に至るまでの人間の一生を通じて教育(学習)の機会を提供する。
 2.人間発達の総合的な統一性という視点から、さまざまな教育を調和させ、統合したものにする。
 3.労働日の調整、教育休暇、文化休暇等の措置を促進する。
 4.小・中・高・大学とも地域社会学校としての役割、地域文化センターとしての役割を果たすように勧奨する。
 5.従来の教育についての考え方を根本的に改め、教育本来の姿に戻すため、この理念の浸透に努める。
 これは、のちに波多野完治によって翻訳され、『生涯教育について』として刊行された。
 1972年、ラングランはユネスコを退職し、成人教育運動団体「民衆と文化」の会長を務める。
 この頃に『生涯教育入門(第1部・第2部)』(1970年)、『未来の学習』(1973年)を発表、生涯教育(生涯学習)の理念を提唱した人物として世界中に認知されるようになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 Saturday,July.31st 2010 老学生・藤原義一(ふじはら・よしかず)、ラストスパート。

Saturday,July.31st 2010 老学生・藤原義一(ふじはら・よしかず)、ラストスパート。

  晴れ。

  私の前期試験の最終日は、八月二日です。
 その日、私は、四科目の試験を受けます。
 そのための勉強が、いま、午後九時半に、一応終わりました。
 きょうは、朝から勉強をしました。
 勉強したのは、教育学概論と、古代史概論です。
 一回、食事をしただけです。
 いまから、本日の二食目をします。
 おかずは、シラウリと豚肉を炊きこんだものです。

 二時間ほど前、スーパーマーケットに豚肉を買いに行きました。
 そこでは、私の大学の同学年の人がレジを打っていました。
 「僕は、一日中、勉強を楽しんでいる。その一方に、同じ学年の人でアルバイトをしている人がいる」
 何だか申しわけないような気持ちになりました。

 このあとの試験対策は、学んだ多くのデータを、私の脳みその少ないメモリィに入れることです。

Saturday,July.31st 2010 Old student,Fujihara Yoshikazu put a last spurt.

Fine.

The final day of my first term examination is on August 2nd.
I will take the examination of four subjects on the day.
The study for that ended tentatively at 9:30 at night now.
I studied in the morning today.
They were a pedagogy outline, and an ancient history outline that I studied.
I only ate once.
I am taking today's second meal now.
The side dish are boiled Sirouri and pork.

I went to a supermarket to buy pork about two hours ago.
The person who is same grade as me in my university was in charge of a checkout there.
"I am enjoying studying all day long. On the other hand, there is a person who is same grade as me is working part-time. "
I felt sorry for her.

My examination measures after this are to store a lot of learnt data in my little brains' memory.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »