« 歴史の自習の時間 食糧獲得の仕方、経済から見た縄文時代の特徴。 | トップページ | 英語で日記 Friday,July.9th 2010 香川大学の三年生に出会いました。 »

2010.07.11

歴史の自習の時間 礫石器(れきせっき)とは。

 礫石器とは、原石を加工せずに使った石器のことです。
 狩猟具、武器としての飛礫(つぶて)や製粉、調理用の磨石(すりいし)、調理用の敲石(たたきいし)・凹石(くぼみいし)、研磨用の砥石(といし)などがあります。
 使用痕があるかどうかが石器であるかどうかを見極める目安となります。
 原石をそのまま道具として用いることから、単体で出土しても、それが遺物(考古資料)であるかどうかは判別できない場合も多い。出土遺構や出土状況の検討が不可欠です。

|

« 歴史の自習の時間 食糧獲得の仕方、経済から見た縄文時代の特徴。 | トップページ | 英語で日記 Friday,July.9th 2010 香川大学の三年生に出会いました。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/48854095

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史の自習の時間 礫石器(れきせっき)とは。:

« 歴史の自習の時間 食糧獲得の仕方、経済から見た縄文時代の特徴。 | トップページ | 英語で日記 Friday,July.9th 2010 香川大学の三年生に出会いました。 »