« 歴史の自習の時間 弥生時代の五つの特質。 | トップページ | 歴史の自習の時間 古墳時代の終末年代と、その根拠。 »

2010.07.07

歴史の自習の時間 弥生時代の区分。

 弥生時代の開始年代については二説あります。
 Aは、紀元前十世紀とするものです。
 放射性炭素年代測定法(生物遺骸の炭素化合物中の炭素に一兆分の一程度以下含まれる放射性同位体である炭素14の崩壊率から年代を推定する方法)を信用して研究している側の見解です。
 Bは、紀元前五世紀とするものです。
 弥生時代は、前期、中期、後期に区分されます。
 前期と中期の境はについては、二説あります。
 Aは、紀元前四世紀初めとするものです。
 Bは、紀元前三世紀とするものです。
 これは青銅器の使用を指標としています。
 中期と後期の境は、紀元一世紀の初めとされています。
 これは、貨幣「貨泉(かせん)」の流入を指標としています。「貨泉」は、中国の新(しん)の王莽(おうもう)が一四年に鋳造した銅貨で、「貨泉」の文字が鋳出されています。弥生文化の遺跡からも出土しています。
 終末年代は、紀元三世紀中~後半とされています。
 成立期の前方後円墳の副葬品である鏡を指標にしています。中国の魏の銅鏡・三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう。縁部の断面形状が三角形状となった大型神獣鏡)です。これは、二三九年に製造を開始しています。

|

« 歴史の自習の時間 弥生時代の五つの特質。 | トップページ | 歴史の自習の時間 古墳時代の終末年代と、その根拠。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/48819987

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史の自習の時間 弥生時代の区分。:

« 歴史の自習の時間 弥生時代の五つの特質。 | トップページ | 歴史の自習の時間 古墳時代の終末年代と、その根拠。 »