« 『高知の戦争 証言と調査』第九号が発行されました。 | トップページ | 歴史の自習の時間 旧石器時代、旧石器文化とは。 »

2010.07.05

歴史の自習の時間 三時代区分とは。

 人類の歴史の時代を石器時代、青銅器時代、鉄器時代に区分する考え方です。
 デンマークのコペンハーゲン博物館の館長・クリスチャン・トムセン(一七八八年十二月二十九日~一八六五年年五月二十一日)は、博物館の展示品を、利器、特に刃物の材質の変化を基準にして分類し、人類は石以外に金属を知らない石器時代、鉄がまだ使われていない青銅器時代(青銅は銅、スズの合金)、鉄器時代という三つの時代を経たことを区分して展示しました。
 彼は、この考え方を推し進め、一八三六年に、『北方古代文化入門』を著して三時代区分法を提唱しました。
 このうち石器時代については、イギリスの考古学者・ジョン・ラボック(一八三四年四月三十日~一九一三年五月二十八日)が、一八六五年、石器時代を大きく二つにわけ、旧石器時代(Palaeolithic)と新石器時代(Neolithic)という用語を使うことを提案しました。
 絶滅動物化石と打製石器の時代を旧石器時代、現世人類と磨製石器、打製石器の時代を新石器時代といいます。
 旧石器時代と新石器時代の境目は一万年前で区切られているといいます。
 地質時代でいうと前者が更新世(洪積世)に属し、後者が完新世(沖積世)に属します。

|

« 『高知の戦争 証言と調査』第九号が発行されました。 | トップページ | 歴史の自習の時間 旧石器時代、旧石器文化とは。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/48805077

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史の自習の時間 三時代区分とは。:

« 『高知の戦争 証言と調査』第九号が発行されました。 | トップページ | 歴史の自習の時間 旧石器時代、旧石器文化とは。 »