« 短歌 さて、朝は何をつくりましょうか。 | トップページ | 英語で日記 Friday,July.30 2010 山の上の喫茶店で。 »

2010.07.30

歴史の自習の時間 写経をしていた武丘広立の死―天平十八年(七四六年)の文書。

 広立(ひろたつ)は 経写、写経で 過労死か 天平文書(てんぴょうもんじょ)を 辞書駆って読む

  天平十八年(七四六年)五月二十七日付の写疏所がつくった文書のことです。 三日前に亡くなった武丘広立の写した九十九帳(四十六帳疏、五十三帳疏中)の労賃、五百八十七文(もん)を支給してください、彼の家族が泣き患っています―ということを書いてあります。

|

« 短歌 さて、朝は何をつくりましょうか。 | トップページ | 英語で日記 Friday,July.30 2010 山の上の喫茶店で。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/49012995

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史の自習の時間 写経をしていた武丘広立の死―天平十八年(七四六年)の文書。:

« 短歌 さて、朝は何をつくりましょうか。 | トップページ | 英語で日記 Friday,July.30 2010 山の上の喫茶店で。 »