« 四月十三日付の日本近代史のノートの隅っこに書いてあった短歌。 | トップページ | 短歌 四月五日のものです。英会話の初授業。 »

2010.07.25

英語で日記 Saturday,July.24th 2010 授業のノートのとり方を改善しようと思っています。

Saturday,July.24th 2010 授業のノートのとり方を改善しようと思っています。

  午前中、野暮用をこなしました。

  長い待ち時間の間に、日本の近世の歴史のノートを読みました。
 ついに、それを読み終えました。

 午後、大型電気店に行ってプリンターを買いました。
 実は、私が長く使っていたプリンターが一昨日、ダウンしてしまったのです。

 そして、高速バスで香川に向かいました。
 高速バスの中で、日本建築史のノートを読みました。
 建築の用語の意味を、辞書で引いて確かめていきました。
 そしたら、ノートに書いてあることの意味が見えてきました。

 授業のノートのとり方を改善しようと思い立ちました。
 授業中には、奇数ページのみにメモすることにします。
 授業の後で、偶数のページに、自分で調べたことを書きこんでいくことにします。

 午後五時半に、アパートに到着しました。
 また、日本建築史のノートを読みはじめました。
 そして、やっと日本建築史のノートを読み終えました。
 そのとき、時計の針は、午前二時を指していました。

Saturday,July.24th 2010 I will improve how to take notebooks of the class.

I digested somethig in the morning.
I read the notebook of the history of Japan at the early modern age during a long waiting time.
I finally finished reading it.

I went to a large-scale electric shop and bought a new printer in the afternoon.
Actually, my printer that I had used for a long time has been downed the day before yesterday.

And, I headed for Kagawa by a high-speed bus.
I read the notebook of a Japanese architectural history in the high-speed bus.
I looked up my dictionary and confirmed the meaning of the term of construction.
Then, the meaning of words in the notebook has come into view to me.

I will improve how to take notebooks of the class.
I will take notes only on the odd page during the lesson.
After the class, I will write down things that I examine by myself on the page of the even number.

I arrived at my apartment at 5:30.
I began to read the notebook of the Japanese architectural history again.
And,I finally finished reading the notebook.
At that time, the clock hand indicated 2 a.m.

|

« 四月十三日付の日本近代史のノートの隅っこに書いてあった短歌。 | トップページ | 短歌 四月五日のものです。英会話の初授業。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/48966903

この記事へのトラックバック一覧です: 英語で日記 Saturday,July.24th 2010 授業のノートのとり方を改善しようと思っています。:

« 四月十三日付の日本近代史のノートの隅っこに書いてあった短歌。 | トップページ | 短歌 四月五日のものです。英会話の初授業。 »