« 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 69 高松中学校の生徒だった人の手記 そのニ。 穴吹智曹長も、高松飛行場に。 | トップページ | 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 71 高松中学校の生徒だった人の手記 その四 最新鋭戦闘機「疾風」の集団が高松飛行場にやって来た。 »

2010.08.15

香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 70 高松中学校の生徒だった人の手記 その三 高松飛行場から特別攻撃隊が出撃する姿を見ました。

 水原良昌さんは、高松飛行場から特別攻撃隊が出撃する姿も見ています。
 「昭和二十年[一九四五年]の三月中旬であったろうか、『今日特攻隊ガ出テイクント』と、どこからか伝えられて緊張したムードが流れていた。昼過、噂通りに遠目にそれらしい一隊の整列と儀式が眺められていたが、やがて九七式戦闘機と陸上攻撃機が三機ずつ並んで何回にも別れて離陸を始めた。誰言うとなく皆滑走路の横に走り並んで、帽子をふったりある者は長い竹竿にゲートルの紐[ひも]を結びつけて長い旗がわりにしてふつたりもした。
 飛行機は次々と地上をあとにした後、上空できれいな編隊を組んで飛行場上空をゆっくりと何回も何回も低く旋回した。それからやゝ高度を高めながらずっと東方上空に編隊を移し、やがて三機編隊ずつ風のように滑走路めがけて降下して来て、決別の例であろうか左右に翼をふりながら滑走路上を低く飛んだ後、再び急上昇して後をふりかえる事もなくひたすらに西空に向かって消えて行った。
 当時はまだ十四・五歳の少年達も、死への出発とか訣別[けつべつ]とかいった限界状況を目前にして、言語では表現出来ないどうしようもない重苦しさを各自に感じたようで、しばらくは皆押し黙ったまゝであった。
 それから四・五日してから又[また]二〇機ほど飛び立って行ったのであるが、その数日後の新聞紙上に九州の前線基地からの報道として『出撃を待つ特攻隊長A中尉』の談話が載った。先日林から飛び立っていったA中尉であったが、沖縄に米軍が来襲する少し前の事である。」

|

« 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 69 高松中学校の生徒だった人の手記 そのニ。 穴吹智曹長も、高松飛行場に。 | トップページ | 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 71 高松中学校の生徒だった人の手記 その四 最新鋭戦闘機「疾風」の集団が高松飛行場にやって来た。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/49150481

この記事へのトラックバック一覧です: 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 70 高松中学校の生徒だった人の手記 その三 高松飛行場から特別攻撃隊が出撃する姿を見ました。:

« 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 69 高松中学校の生徒だった人の手記 そのニ。 穴吹智曹長も、高松飛行場に。 | トップページ | 香川県の道路を拡張してつくった三つの陸軍飛行場 71 高松中学校の生徒だった人の手記 その四 最新鋭戦闘機「疾風」の集団が高松飛行場にやって来た。 »