« 随筆 ピッチャーとバッター。  | トップページ | 短歌 「フン」なんて うそぶく癖(くせ)が僕にはあるんですよ。困ったもんだ。 »

2010.08.02

短歌集 「前期試験はヘビーだった。」。

 最終の 試験は一問 A3に ぴったりおさめ 悦にいってる

 風邪ひかず 遅刻もせずに 乗り切った 試験らの顔 思いだしてる

 試験後の ポストにまします 短歌誌を ありがたく読む 歌友(とも)は元気か

 つぎつぎと 取材の約束 取りつける 試験を終えた 夕の楽しみ

 夏休み 体をきたえ 学びたい 日程表は 真っ黒になる

 老いらくの 試験体験 エッセイに まとめています 長過ぎたかな

 「冷房の 機械はどこだ」 一間でも 見失ってる 汗だくの夜

 「あす夜中 帰るつもりだ」 えらそうに 電話している 老学生が

 十超える 試験の球を 打ち返し 大関飲んでる 恩師を思い

 試験終え お祝いのかず いま鍋に 今夜のうちに 炊き上げたいもの

|

« 随筆 ピッチャーとバッター。  | トップページ | 短歌 「フン」なんて うそぶく癖(くせ)が僕にはあるんですよ。困ったもんだ。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/49041572

この記事へのトラックバック一覧です: 短歌集 「前期試験はヘビーだった。」。:

« 随筆 ピッチャーとバッター。  | トップページ | 短歌 「フン」なんて うそぶく癖(くせ)が僕にはあるんですよ。困ったもんだ。 »