« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010.09.01

英語で日記 二〇一〇年九月一日 水曜日 随筆「上昇気流に乗りました」。

二〇一〇年九月一日 水曜日 随筆「上昇気流に乗りました」。

 晴れ。

 私は、古墳発掘作業に参加しました。
 それは、八日目になりました。
  私は、現場では、毎日、五百ミリリットルのペットボトルのお茶を六本分飲んでいます。
 私は、体調管理のためにつぎのようにしてきました。
 朝ご飯は食べない。
 昼食は、うどんを食べる。
 夜もできるだけ軽い食事にする。
 しかし、私は、本日の午後は胃の調子が悪くて困りました。
 それは、私が、昼食に、うどんを二玉も食べたせいだと思います。
 私は、今夜は、何も食べないで寝るつもりです。
 
 月刊誌『高知歌人』九月号が、私のアパートに届きました。
 巻頭随想に私の「上昇気流に乗りました」が掲載されていました。

Wednesday, September 1st, 2010 Essay "Rose with the ascending current".

Fine.

I participated in the old tomb excavation work.
It became the eighth day.
I drink six 500ml PET bottles of green tea at the site every day.
I have made it as follows for health management.
I don't eat breakfast.
I eat noodles for lunch.
I try to have slight repast as much as possible.
However, I had stomach upset since this afternoon and was embarrassed.
I think that it is because I ate as many as two small piles of noodles at lunchtime.
I will sleep with an empty stomach tonight.

Monthly publication 'Kochikajin' September reached my apartment.
My "Rose with the ascending current" was appeared in the beginning of the book occasional thoughts.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.02

英語で日記 二〇一〇年九月二日 木曜日 ボブ・ディランのCD。

二〇一〇年九月二日 木曜日 ボブ・ディランのCD。

 晴れ。

 古墳発掘作業に参加しました。
 それは、九日目になりました。
 作業が終わって、午後七時に、さぬき市に帰って来ました。
 疲れ過ぎて夕飯を食べる気がしません。
 しかし、何か食べないと体が持ちません。
 それで、トマト、ミカン、スイカを買って来ました。
 これが、今晩と、あすの朝の食事です。

 ところで、スーパーマーケットに行ったらCDを売っていました。
 ボブ・ディランのCDを買ってきました。
 いま、それを聴いています。
 しばらく聴きこんでみることにしました。

Thursday, September 2nd, 2010 CD of Bob Dylan.

Fine.

I participated in the old tomb excavation work.
It became the ninth day.
The work ended and I came back to Sanuki city 7 p.m.
I am very tired.
So,I do not want to eat dinner.
However, if I don't eat anything, my body doesn't hold out.
And, I bought tomatos, mandarin oranges, and a watermelon.
These are my meal for tonight and tomorrow morning.

By the way, CDs were sold when I went to a supermarket.
I bought the CD of Bob Dylan.
I am listening to it now.
I decided to listen to it many times for a while.

(mandarin orange ミカン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カミングアウト 「藤原さんは、おんなおとこね」。

 一人だけ、僕の本質を的確に指摘した女性がいます。
 四十年勤めた職場の、二十歳くらい年下の女性です。
 その人は、こういいました。
 「藤原さんは、おんなおとこね」
 発想、考え方、やることなどが、すべて女性的だということです。
 外見は、いかつい男性なのに。
 実は、僕も、そう思っていました。
 この人は、すごく人間の本質を見ている人だなと思いました。
 今夜、プリンセスプリンセスのCDを聴いていて、「やっぱり僕は、おんなおとこだな」と感じました。
 彼女たちの「女の子の世界」に、すごく共感するのです。
 体が、自然に踊り出すのです。
 とくに、いいと思うのは「ジュリアン」、「M」です。
 ずっと前に、「おとこおんな」である十八歳の女性と出会って、いまも、結婚状態です。
 なんとかなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.05

英語で日記 二〇一〇年九月三日 金曜日 奈良国立博物館を見学しました。

Photo

二〇一〇年九月三日 金曜日 奈良国立博物館を見学しました。

 晴れ。

 きょう、あすと博物館見学研修旅行に参加します。
 貸し切りバスで午前八時前に、さぬき市を出発しました。
 まず、私たちは、奈良市の奈良国立博物館を見学しました。
 そこには、たくさんの仏像が展示されていました。
 そして、同市の遷都千三百年祭関連会場を見学しました。
 ここには、大極殿が再建されていました。
 そこの説明板を見てびっくりしました。
 これは、当時あったものを再建したものではないようです。
 それは、想像の産物のようです。
 この夜、私たちは大阪市のホテルで泊りました。
 私の泊ったのは、三人部屋でした。
 相棒は、二十歳の男子学生二人でした。

Friday, September 3rd, 2010 It visited Nara National Museum.

Fine.

Today and tomorrow,I will participate in the training trip of the visit in the museum.
We left Sanuki city by a chartered bus before 8:50 a.m.
We visited Nara National Museum in Nara city.
A lot of buddhist images were exhibited there.
And,We visited the hall related to 1,300 transfering the capital anniversaries of the same city.
Daigoen(Room that emperor commands) was rebuilt here.
I was surprised to see the explanation board there.
According to it, this Daigoen did not rebuild what it was at that time.
It is like the product of imagination.
We stayed at a hotel in Osaka city this night.
It was in three person room that I stayed.
Mates were 20-year-old two schoolboys.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一〇年九月四日 土曜日 大阪市東洋陶磁美術館と国立民族学博物館を見学しました。

二〇一〇年九月四日 土曜日 大阪市東洋陶磁美術館と国立民族学博物館を見学しました。

 晴れ。

 きょうは、博物館見学研修旅行の二日目です。
 大阪市東洋陶磁美術館に行きました。
 見学して、ここが陶磁器を美しく展示することに気を配っていることに感激しました。
 そして、同市の国立民族学博物館に行きました。
 私は、ここでは、東南アジアのコーナーを中心に見ました。
 夕方、さぬき市に帰って来ました。


Saturday, September 4th, 2010 I visited Museum Of Oriental Ceramics,Osaka and National Museum of Ethnology, Osaka.
 
Fine.

It is the second day of the training trip of the visit in the museum today.
We went to Museum Of Oriental Ceramics,Osaka.
I was deeply moved the way of paying attention to make the exhibition of pottery here beautifully.
And, we went to National Museum of Ethnology, Osaka.
Mainly I saw  the corner of Southeast Asia here.
We came back to Sanuki city in the evening.

(ceramic セラーメク 陶磁器。ethnology エフノロジィ 民族学)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一〇年九月五日 日曜日 休日も、けっこう多忙です。

二〇一〇年九月五日 日曜日 休日も、けっこう多忙です。

 晴れ。

 久しぶりの休日でした。

 午前中は、英作文の勉強をしました。

 午後からは、買い物などで、夕がたまで走り回りました。
 ・ 図書館から借りていた本をコピーしました。
 ・ 図書館から借りていた本を返却しました。
 ・ 写真をプリントしてもらいました。
 ・ 送ってもらった本の料金を送りました。
 ・ 史料のコピー代を振り込みました。
 ・ 英語を教えていただいているかたへの授業料を振り込みました。
 ・ 文具を買いました。A4のノート、ドローイング・ペン、A4の印刷用用紙、ファイル。
 ・ 作業服、作業用の頭をカバーするタオルを買いました。

 夜、六十八歳の松山市の友人から電話がありました。
 病気が良くなったので働き始めるという話でした。
 がんばって。

Sunday, September 5th, 2010 My holiday is considerably busy.

Fine.

It was holiday after a long time.

I studied English composition in the morning.

I ran about the vicinity until the evening in the afternoon.
・Books borrowed from the library were copied.
・Books borrowed from the library were returned.
・Photographs were printed.
・The charge of sent book was sent.
・The copies fee of historical materials was transferred.
・Tuition was transferred to a person who teach me English.
・Stationaries were bought. Papers for A4 size, a note sized of A4, drawing pen, and A4 and file.
・Towels that covers the uniform and the head during the work were bought.

I had a telephone call from my friend in 68-year-old in Matsuyama city at night.
It was a story that his sickness improved, and he would begin to work.
Please hold out.

(composition カンパジション 作文。vicinity ビシニティ 周辺。borrow 無料で借りる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここに、僕の写真が載っていました。ありがとう。

http://mjcp.sakura.ne.jp/h/archives/2010/08/post_185.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.06

短歌 水って、こんなにうまかったのか。

 ゴクゴクゴク 「あーーっ、サイッコー」
 炎天下 作業の合間
 水のうまさよ

 本日から、また古墳発掘作業員をやります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一〇年九月六日 月曜日 私は、スリムで筋肉隆々の老人を目指しています。

二〇一〇年九月六日 月曜日 私は、スリムで筋肉隆々の老人を目指しています。

 晴れ。

 私は、今日、古墳の発掘に参加しました。
 古墳の発掘への参加は、これで十日目です。
 
 私は、今日の夕食はミカンとナシにしました。
 私は、スリムで筋肉隆々の老人を目指しています。

Monday, September 6th, 2010 I am aiming at slim and a prosperous muscle elderly person.

Fine.

I participated in the excavation of the old tomb today.
The participation of the work is the tenth day in this.
 
I made today's supper mandarin oranges and a pear.
I am aiming at slim and a prosperous muscle elderly person.

(prosperous プロスプラス 繁栄している。muscle マソウ 筋肉。elderly 年輩の)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.07

英語で日記 二〇一〇年九月七日 火曜日 素晴らしい一年生たち。

二〇一〇年九月七日 火曜日 素晴らしい一年生たち。

 晴れ、ときどき雨。

 私は、今日も古墳発掘の作業に参加しました。
 これは、十一日目になります。
 実は、私は、古墳発掘について、十分な知識がありません。 
 そのせいもあって、この作業で、何回も失敗しました。
 しかし、この作業に参加した一年生たちは立派です。
 彼らは、積極的に知識を吸収して、意欲的に働いていました。
 私は、彼らの積極性から多くのことを学ばなければなりません。

Tuesday, September 7th, 2010 The first graders are wonderful.

Fine and occasional rain.

I participated in the work of the old tomb excavation today.
This becomes the 11th day.
Actually, I do not have enough knowledge about the old tomb excavation.
That's why, I made many mistakes in this works.
However, the first graders who participated in this work are splendid.
They soaked up knowledge positively, and worked enthusiastically.
I should learn many things from their aggressiveness.

(splendid 素晴らしい。soak up ソウク 知識などを…からすぐに吸収する。positive 積極的な。enthusiastically エンスージアステクリィ 熱心に。aggressive 精力的な)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.08

英語で日記 二〇一〇年九月八日 水曜日 十二日間の私たちの古墳発掘作業が終わりました。

二〇一〇年九月八日 水曜日 十二日間の私たちの古墳発掘作業が終わりました。

 晴れ、ときどき雨。

 今日も古墳発掘の作業に参加しました。
 これは、十二日目になります。
 発掘した部分に、元の土を入れました。
 それが終わって、道具を古墳の上から下に持っていきました。
 三回も行き来しました。
 午後三時、私のアパートに帰りつきました。
 まず風呂に入りました。
 そして、布団の上に横になって本を読み始めました。
 気が付いたら、時刻は午後七時半になっていました。
 寝てしまっていました。
 起きあがって、洗濯を始めました。
 そして、もう一度、風呂を沸かしています。

Wednesday, September 8th, 2010 Our old tomb excavation work for 12 days ended .

Fine and occasional rain.

I participated in the work of the old tomb excavation today.
This becomes the 12th day.
We put former soil on parts where we had excavated.
After it ended, we took the tools to the old tomb below.
We took as many as three times to get there and back.
I returned to my apartment at 3 p.m..
First of all, I took a bath.
And, I lay on the futon and began to read a book.
Time was 7:30 in the evening when I noticed it.
I was asleep.
I started washing getting up.
And, I am preparing bath again.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌集 猛暑下の前方後円墳発掘作業。

 この山に 古代の事実 埋まってる
 古墳発掘
 作業始まる

 ハアハアと 発掘資材 上げている
 古墳に挑む
 初日の午前

 表土除け
 ハサミでノコで 木の根切る
 わが初めての 発掘作業

 ゴロリンと 手ガリの先に 転げ出た
 棒状の土器
 「これは、中世」
 
 掘り進み 石列少し 顔を出す
 ここから先が
 三、四世紀か

 次々と 埴輪(はにわ) 出してる 二人組
 休憩時間も
 もったいなさそう

 ゴクゴクゴク 「あーーっ、サイッコー」
 炎天下 作業の合間
 水のうまさよ

 「スイ、スイ、スィー」
 木陰に座り 目を閉じる
 休憩時間の 少しのうたた寝

 八本の ペットの水分 飲み干すと
 「さぁ、あがろうか」
 始末が始まる

 作業終え 駅のトイレに たどり着き
 わが顔見れば
 サウナ上がりか

 外仕事
 帰りの電車 乗り込めば
 「ここは天国」 冷房がある

 泥だらけ 作業着やらを 下洗い
 洗濯をして
 一息をつく

 くびれ部の 安山岩の 積み石は
 緻密な配置
 「すごいぞ、古代」

 寝ぼ助が 六時に起きて
 土作業 十二日間
 自分に拍手
 
 発掘の 十二日間 成果あり
 わが出っ腹は
 真っすぐになる

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.09.09

高知市へのアメリカ軍機の最初の空襲。

 高知市へのアメリカの最初の空襲について調べました。
 『高知県史 近代編』(高知県。一九七〇年三月)に、そのことが書かれていました。
 空襲したのはアメリカ軍機のB29一機で、爆弾を十二も落としました。
 建物が三棟半壊した。軽傷者が一人出ました。
 これが、高知市への最初の空襲でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一〇年九月九日 木曜日 高知市の友人が、わがアパートを来訪しました。

二〇一〇年九月九日 木曜日 高知市の友人が、わがアパートに来訪しました。

 晴れ。

 昼ごろ、高知市の友人(二十四歳)が、さぬき市の私のアパートに遊びに来てくれました。

 『高知の戦争 証言と調査』十号のゲラができました。
 私は、執筆者たちにゲラを送りました。
 
 夜、私は、窓の外では虫たちが「リー、リー」という声を上げているのに気が付きました。
 まだ猛暑ですが、着実に秋は近付いているようです。
  
 私は、詩の雑誌への書評を書きあげました。

 私が妻に電話したら、私の後期の授業料の話になりました。
 妻が、それを払ってくれたそうです。
 授業料等は、五十一万二千三百二十五円だったそうです。
 私は、しばらくは、妻に頭が上がりません。

Thursday, September 9th, 2010 My friend in Kochi city visited my apartment.

Fine.

My friend (24 years old) in Kochi city came to my apartment in Sanuki city to drink together in the afternoon.

'War testimony and survey of Kochi' The tenth galleys were able to be done.
I sent writers the galley.
 
I noticed that insects chirped away outside the window.
It is still an intense heat. However, autumn is coming steadily.
  
I finished writing the book review to the magazine of poetry.
 
When I called my wife, it became the story of my tuition at latter term.
She have paid it, I heard.
Tuition etc. seemed to be 512,325 yen.
I still feel I owe her a lot for a while.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.13

英語で日記 二〇一〇年九月十三日 月曜日 四国についての新しい科目の受講説明会。

二〇一〇年九月十三日 月曜日 四国についての新しい科目の受講説明会。

 晴れ。

 午前十一時ころ、大阪市から、さぬき市の私のアパートに帰りつきました。

 午後、大学へ行って、四国についての新しい科目の受講説明会に参加しました。
 それは、三科目ありました。
 そのうちの二科目受けることにしました。
 
 私のアパートへ帰って、後期の時間割をつくりました。
 そして、インターネットで履修の届をしました。
 後期の授業は、計十五科目の受講になります。
 それは、前期と同じです。
 
 英会話の会話例をつくりました。

 T:みなさん、元気ですか。
 S:はい、私は元気です。
 T:みなさん。あなたの夏休みに、何か楽しいことがありましたか。
 S:はい、私は、四つの楽しいがありました。
 T:それらを、私に教えてください。
 S:私は、東京都の防衛省の図書館に行って、アジア太平洋戦争のときの日本帝国陸軍の文書を三日間読み続けました。
 T:それは、何のためですか。
 S:私は、一九四四年から四五年八月までの、天皇の四国の本土決戦準備を調べていますが、その実態を知るためです。
 T:へぇ、そうなんですか。
 S:二つ目。私は、十二日間、高松市の、ある前方後円墳の発掘の作業員をしました。いくつも失敗をして、周りの人たちに、かなり迷惑をかけましたが、私にとっては貴重な経験でした。
 T:高松市にも前方後円墳があるんですね。
 S:ええ、香川県には、私が知っているだけでもたくさんあります。
 T:三つめ。私は、大阪府、奈良県の七つの博物館を見学しました。私は、それらの博物館で展示の仕方を勉強しました。
 S:そうですか。そして、四つ目は何ですか。
 T:私は、東京都の孫娘二人と交流できました。一人は、ピアノを弾くことができるようになっていました。もう一人の孫娘は、人の心を見抜くのが巧みになっていました。
 S:いい夏休みでしたね。
 T:ところで、先生の夏休みはいかがでした。先生は、お国には帰りましたか。

Monday, September 13th, 2010 Briefing session of attending a lecture of new subject about Shikoku.

Fine.

I came to my apartment in Sanuki city from Osaka city at about 11 a.m.

I went to my university, and participated in a briefing session of attending a lecture of new subjects about Shikoku in the afternoon.
It had three subjects.
I decided to attend two subjects
I returned to my apartment, and made my schedule at latter term.

And, I completed my registration card on the internet.
My class at latter term becomes 15 subjects in total.
It is the same as the first term.
 
I made an example of talking at English conversation class.

T:Everybody. How are you?
S:I'm great.
T:Everybody. Are there any happy things during your summer vacation?
S:Yes, I had four happy things.
T:Please teach them to me.
S:I kept going to the library of Ministry of Defense in Tokyo, and reading the document of the Japanese empire army at the Asian Pacific War for three days.
T:What is it?
S:The purpose was to know the actual situations from August in 1944 to '45 that I examine the mainland decisive battle preparation of emperor in Shikoku.
T: really?
S:Second thing is, I was a worker of the excavation of a certain Japanese keyhole-shaped tomb in Takamatsu city for 12 days. It was a precious lesson for me. Though I failed many times, and gave trouble surrounding people considerably.
T:There is a Japanese keyhole-shaped tomb also in Takamatsu city.
S:Yes, there is a lot in Takamatsu city as much as I know.
T:Thirs thing is, I visited seven museums in Osaka prefecture and Nara prefecture.I studied the method of the exhibition.
S:Really? And, what is the fourth?
T:I was able to play with my two granddaughters in Tokyo. One of them became to be able to play the piano. The other one became to be good at seeing through person's mind. 
S:It was good summer vacation.
T:By the way, How was your summer vacation?  Did you return to your country?

(briefing 趣旨説明。session セシャン 会合。attend 出席する。 lecture 講義。subject テーマ。participate 参加する。latter ララア 後半の。term 学期。complete コンプリーツ 完成させる。registration レジストレイション 登録。during ジューリング の間ずっと。ministry ミニスツリィ 省。empire エンポイア 帝国。purpose パーパス 目的。actual アクチョウ 実際の。 situation 状態。examine イクザメン 調査する。mainland メイランド本土。decisive ジサイセブ 決定的な。preparation パポレイシェン 準備すること。emperor エンボラー 天皇 。excavation エクスケベイション 発掘。Japanese keyhole-shaped tomb 前方後円墳。tomb チューン 墓。precious プレシャス 貴重な。ドウ けれども。surrounding ソラウディング 周囲。considerably かなり、相当に。method マセード 方法。exhibition エクスビシアン 展示)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一〇年九月十日 金曜日 Aホテルのキャンペーン。

二〇一〇年九月十日 金曜日 Aホテルのキャンペーン。

 晴れ。

 午後、私は、高松市からの高速バスで大阪市に向かいました。
 私は、大阪市に着いてから、今晩のホテルを探しました。
 そして、私は、JR大阪環状線の天王寺駅近くのAホテルに投宿しました。
 私は、自分の部屋に入って、机の上を見ました。
 そこには、心当たりのある本が展示されていました。
 それらは、日本の戦争は正しかったと主張する本でした。
 それらの本には、この本はホテルのフロントで売っていますという注記がついていました。
 それらを見て、私は気が付きました。
 このホテルの属しているグループの代表は、日本の戦争は正しかったとキャンペーンをしているリーダーです。
 このグループのホテルは、全国にたくさんあります。
 このグループの各ホテルで、こうした宣伝をしているのでしょうか。

Friday, September 10th, 2010 Campaign for A hotel.

Fine.

I faced Osaka city from Takamatsu city by a high-speed bus in the afternoon.
I searched for a hotel for tonight after I arrived at Osaka city.
And, I lodged at A hotel in the vicinity of Tennoji station of JR Osaka loop line.
I entered my room, and saw a desk.
There were some books that I have ever seen.
The books says that the war of Japan was right.
The note "This book is sold in the reception desk at this hotel" was attached to those books.
I noticed, after seeing this.
The representative of this hotel group is a leader who have a campaign to say the war of Japan was correct.
A lot of hotels of this group are in the whole country.
Do these each hotel groups advertise like this?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一〇年九月十一日 土曜日 妻への誕生日のプレゼント。

二〇一〇年九月十一日 土曜日 妻への誕生日のプレゼント。

 晴れ。

 私は、朝から和泉市の大阪府立弥生文化博物館へ行きました。
 私は、ここの常設展示を、じっくり見ました。
 午後、高知市の私の妻が、ここにやってきました。
 私と私の妻は、ここで、「仮面の考古学」の展示、「仏像細密筆画展」(絵師・小島嘉一さん)を見ました。
 私と私の妻は、夜、奈良市のホテルに泊まりました。
 私の妻と、妻の父の誕生日は、九月二日です。
 私は、妻に、こう言いました。
 「この旅行に誘ってあげたことが、僕の君の誕生日へのプレゼントだからね」

Saturday, September 11th, 2010 Birthday present for my wife.

Fine.

I went to Osaka prefectural Yayoi cultural museum in Izumi city in the morning.
I deliberately looked a permanent exhibit here.
My wife in Kochi city came here in the afternoon.
I and my wife looked exhibition of "Archeology of the mask" and "Buddhist image minute brush picture exhibition" (painter is Kojima Yosikazu) here.
We stayed at a hotel in Nara city at night.
My wife and her fathers' birthdays are September 2.
I said to my wife like this.
"Inviting you to this travel is your birthday present. "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の最愛の仏像の絵(絵師・小島嘉一さん)。

Photo_2

 大阪府和泉市の大阪府立弥生文化博物館での「仏像細密筆画展」(絵師・小島嘉一さん)で、私の最愛の仏像の絵を見ました。
 興福寺の阿修羅像です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一〇年九月十二日 日曜日 私たち二人は、四つの博物館を回りました。

二〇一〇年九月十二日 日曜日 私たち二人は、四つの博物館を回りました。

 きょうは、私と私の妻との旅行の二日目です。

奈良市内を歩きました。

 まずは、興福寺の宝物館に行きました。

 ここで、また、阿修羅に合いました。

 近鉄奈良駅の、なら奈良館を見ました。

 そして、奈良県立橿原考古学研究所付属博物館へ行きました。

 最後は、明日香村です。

 奈良県万葉文化館に行きました。

 今晩の宿泊はJR大阪駅の近くのホテルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.14

「年寄(としよ)りの冷や水」って何のこと? 冷や水は年寄りに悪いの?

 「年寄(としよ)りの冷や水」って、わかっているようでわからない言葉ですねえ。
 で、インターネットの辞書で調べてみました。

 【大辞泉】

 老人が冷水を浴びるような、高齢に不相応な危ない行為や差し出がましい振る舞いをするのを、警告したり冷やかしたりしていう言葉。

 【ことわざデータバンク】

 老人が冷水を飲んだり浴びたりするような、年齢に不相応な危ない行為や差し出た振る舞いをすることのたとえ。 類義語:老いの木登り/年寄りの力自慢/年寄りの夜歩き

 千葉県水道局のホームページには「お年寄りの方「に」冷水?」という記事がありました。

 お年寄りの方は、のどの渇きを感じる働きが鈍くなっているので、のどが渇いたと感じたときには、脱水症状がだいぶすすんでいるんだそうです。
 水分補給は、こまめに。冷たい水の方が吸収がよいので、冷やした「水道水」を、特に寝る前にコップ1杯くらいは、飲んでくださいね。 
   ※ お年寄りに無理は禁物という意味で「年寄り「の」冷水」ということわざがあるけど、こまめに水をとる「お年寄り「に」冷水」が大切なんだよ。
 
 しんじょう薬局(川崎市中原区上新城)のホームページには「年寄りの冷や水は脳に良い」という記事がありました。

 大人が子供より記憶力が劣るのは、放っておかれたために脳細胞の数が少なくなって、ネットワークの要であるシナプス(神経回路)の数が減少するためです。ただし、シナプスは刺激さえ与えれば新たに作ることができます。これを脳の「可塑性」と呼びます。
 新しいシナプスを作るということは、新しい考え方を得ることでもあります。年老いて考え方も頑固になった人は、既存の考えのみにこだわり、知らない考えは排除しようとします。これでは、すでに構築された脳細胞ネットワークしか使わないので脳の力を半減させてしまいます。
 日本には「年寄りの冷や水」ということわざがあり、老後は静かに余生を送ることを美徳とする考え方がありますが、実はそれは脳には良くないことなのです。脳は、常に新しいことを捜し求めています。
「もう年だから」と考えず、新しいことに挑戦するのが、脳の若さを保つ秘訣でもあります。
 ………

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国新聞の「英語で どない言うん?」。

 四国新聞が「英語で どない言うん?」という企画を始めています。
 九月十四日付朝刊は、「観光客との対話」です。
 私が勉強になるのは、カタカナで発音記号がついていることです。

 tourist spots トゥーリス(トゥ) スパッツ
 garden ガードゥン
 good グッ
 can I キャナイ
 get ゲッ
 from フラ(ム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牽牛子塚(けんごしづか)古墳が八角墳であったことが、なぜ斉明天皇陵だったことに直結するのか??

 奈良県明日香村の牽牛子塚(けんごしづか)古墳について同村教育委員会が九日、八角墳であることが分かったと発表しました。
 新聞各紙は、これについて女帝斉明陵と「特定」などと報じました。
 しかし、私には、このことが、なぜ、斉明天皇陵と認定されることになるのか理解できません。

 各紙は、こう伝えています。

 ☆  朝日新聞 斉明天皇の墓、ほぼ確実 牽牛子塚古墳は八角形墳

 ○ 大化改新で知られる中大兄皇子(なかのおおえのおうじ=天智天皇)の母、斉明(さいめい)天皇(594~661)の墓との説がある奈良県明日香村の牽牛子塚(けんごしづか)古墳(国史跡)が、当時の天皇家に特有の八角形墳であることが確認された。明日香村教育委員会が9日、発表した。墳丘全面が白い切り石で飾られ、内部の石室も巨大な柱状の切り石で囲われた例のない構造だったことも判明。斉明天皇は巨石による土木工事を好んだとされ、被葬者が同天皇であることがほぼ確実になった。
 ○ 過去の調査では、石室が二つの空間に仕切られていたことが判明している。斉明天皇と娘の間人皇女(はしひとのひめみこ)を合葬したと記された日本書紀の記述と合致するほか、漆と布を交互に塗り固めて作る最高級の棺「夾紵棺(きょうちょかん)」の破片や間人皇女と同年代の女性とみられる歯などが出土していた。
 これまでの発掘成果と合わせ、「一般の豪族を超越した、天皇家の権威を確立するという意思を感じる。斉明天皇陵と考えるほかない」(白石太一郎・大阪府立近つ飛鳥博物館長)など、専門家らの意見はほぼ一致している。

 ☆ 日本経済新聞 奈良の牽牛子塚古墳は「八角墳」 天皇陵の形

 ○ 文献記録や出土品などから古代の女帝、斉明天皇(594~661年)とその娘の間人(はしひと)皇女の合葬墓との見方が有力。
 ○ 同古墳は、(中略)これまでに、天皇などを葬るのに用いた最高級の棺「夾紵(きょうちょ)棺」の破片や七宝の飾り金具、女性とみられる人骨(歯牙)が出土している。

 宮内庁は同古墳の西に約2.5キロ離れた円墳の車木(くるまぎ)ケンノウ古墳(奈良県高取町、直径約45メートル)を、文献や伝承などから斉明天皇陵に指定しています。
 毎日新聞によると、宮内庁書陵部の福尾正彦・陵墓調査官は「斉明陵の見直しは必要ない。文献には大きな工事をしなかったとあり、必ずしも一致しない。被葬者を示す墓誌などが見つかるなどしなければ見直す状況にはならない」と話しているといいます。

 どちらが斉明天皇陵か、どちらもそうでないか、どちらもそうか、大いに議論していくべきではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.15

短歌 このごろの阿修羅さん。

 上野行き 福岡行きの 旅を終え 奈良の阿修羅の くつろいだ顔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌 スイカの値段で秋を知る。

 スイカたち 二倍の値段に なっていて 秋きたるらし 九月の半ば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一〇年九月十四日 火曜日 私たちの大学は、あすから後期の授業が始まります。

二〇一〇年九月十四日 火曜日 私たちの大学は、あすから後期の授業が始まります。

 晴れ。

 私たちの大学は、あすから後期の授業が始まります。
 きょう、そのための準備をしました。
 午前中、英語の勉強をしました。
 夕がたになって、あすの演習のリポートを書き始めました。
 そのリポートを書き終わったのは午前零時前でした。

Tuesday, September 14th, 2010 At our university, the classes of the latter period will begin from tomorrow.

Fine.

At our university, the classes of the latter period will begin from tomorrow.
I prepared for that today.
I studied English in the morning.
I began to write a report of tomorrow's maneuver in the evening.
I finished writing the report before twelve o'clock midnight.

(period ピリエド 期間。report リポーツ 報告書。maneuver マニューバー 演習 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報 高知市春野の秋山という山に、アジア太平洋戦争中の「タコつぼ」。

 情報です。

 高知市春野の秋山という山に、アジア太平洋戦争中の「タコつぼ」がたくさん残っているところがあるそうです。

 昨日と今朝電話をいただいたIさんの話です。

 彼女は、案内の方と、この間、行って五つほど「タコつぼ」を見つけたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.16

本土決戦時の大日本帝国陸軍の「高知方面配要図」。

 「高知方面配要図」という文書があります(防衛省所蔵防衛研究所所蔵)。
 「秘 集成五万分の一地形図高知第二号」、「参謀本部」と印刷された地図に陸軍の部隊がどこにいるか(いたか)を書きこんだものです。
 次のような部隊の名前があります。

 第百五十五師団
   配属部隊
    独立山砲兵第六連隊[一大隊(一中隊欠)欠]
    独立重砲兵第五中隊(一小隊欠)
    独立臼砲[きゅうほう]第二十二大隊ノ一中隊及段列ノ一部
    迫撃第三十七大隊ノ一中隊
    特設警備第三百二十八中隊
  缺如[けつじょ]部隊
    歩兵第四百五十連隊
 第二百五師団
   配属部隊
    独立臼砲第二十五大隊の一中隊
 第十砲兵師団司令部
   配属部隊
    野戦重砲兵第十七大隊
    独立臼砲第二十五大隊
    第一工事隊(一小隊欠)
 第十一師団
   配属部隊
    独立重砲兵第五中隊ノ一小隊
    独立臼砲第二十二大隊(一中隊及段別ノ一部ノ一部欠)
    迫撃砲第十七大隊
    迫撃砲第三十七大隊(一中隊欠)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一〇年九月十六日 木曜日 五つのリポート。

二〇一〇年九月十六日 木曜日 七つのリポート。

 晴れ後、曇り。

 四時間目の授業で、先生は私たちに、授業日程表を配布しました。
 それを見て、びっくりしました。
 今期中に七つのリポートを出さなけばならないことになっています。
 「この課題を乗り切れるだろうか」。不安になりました。
 でも、がんばるしかありません。
 幸い、近々、連休がありますので、そこで一つ目のリポートを仕上げたいと思っています。

 夕焼けがきれいでした。

 丘の上 海の夕焼け 浴びてます いとしい人は 「いま、どうしてる?」

Thursday, September 16th, 2010 Seven reports.

After fine weather, it is cloudy.

During the fourth lesson, our teacher gave the class schedule to us.
I was surprised to watch it.
We have to write seven reports in this term. 
I felt uneasy whether I survive this problem or not.
But I have to do my best.
Fortunately, there will be three straight holidays soon so I want to finish the first report in these holidays .

The sunset was beautiful.

I watch the sunset on the sea from the top of the hill.My girl lives in this direction. There is nothing to do to know her, but what does she do now?

(impose 義務を課す。survive サバーイブ …に耐える。straight ストレイツ 連続した。direction 方向)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌集 大学の後期の授業のはじめに。

 四十年 学びたかった 仏像史 受講ができる チャンスがきたよ 
 
 教科書の 『伊勢物語』 読みふける つまんないけど 授業は楽しみ

 リポートの 論点、いまだ 定まらず きりきりきりと 問いつめられてる

 「発掘の 手順は、こうです」 ああ、そうか わかる楽しさ 味わっている

 香水が ほのかに香る 二年生 美を極めるも 君の人生

 「この科目 五つリポート ありますよ」 最初の授業で パンチをくらった 

 丘の上 海の夕焼け 浴びてます いとしい人は 「いま、どうしてる?」

 「月が空に はりついてら」と 歌い出す ロックのような 半月、今宵(こよい)

 あす朝の ご飯をといて 準備する イカも炊いたし 漬物をある

 あす午後の 取材のあてを 思案する 行きたい所は 数か所あるが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.17

「月が空にはりついてら」について。

 「月が空にはりついてら」は、The Blue Hearts の「未来は僕等の手の中」のなかの一節です。
 作詞・作曲・真島昌利さんです。
 「銀紙の星が揺れてら…」と続きます。
ユーチューブでも聴くことができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.18

英語で日記 二〇一〇年九月十七日 金曜日 歴史地理学の授業。

二〇一〇年九月十七日 金曜日 歴史地理学の授業。

 晴れ。

 歴史地理学の授業を初めて受けました。
 先生は、三つのことを私たちに質問しました。
 一、古代の山陽道は、どこから、どこまででしょうか。
 二、江戸時代の東海道は、どこから、どこまででしょうか。
 三、当時の東海道は、端から端まで歩いて行けたでしょうか。行けない所は、どういうふうにして通過したでしょうか。
 私は、いずれの質問にも答えることができませんでした。

Friday, September 17th, 2010 The class of the historical geography.

Fine weather.

I took a class of the historical geography for the first time.
The teacher asked us about three things.
1, How far was ancient highway called Sanyoudo? from where to where?
2, How far was the highway called Tokaido of the Edo era?  from where to where?
3, There was the place where people cannot pass on foot in Tokaido. How did people pass there?
I was able to answer none of the questions.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史の自習の時間 古代の山陽道は、どこから、どこまで?

 質問・古代の山陽道は、どこから、どこまででしょうか。

 答え・律令時代の山陽道は、畿内(難波京、平城京、平安京)と北部九州(大宰府)を結んでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史の自習の時間 江戸時代の東海道は、どこから、どこまで?

 質問・江戸時代の東海道は、どこから、どこまででしょうか。

 答え・東海道は、江戸・日本橋から京・三条大橋にいたる道です。
 その距離は、約四百九十二キロメートルになります。
 途中、武蔵、相模、伊豆、駿河、遠江、三河、尾張、伊勢、伊賀、近江、山城の国々を通り、五十三の宿場がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史の自習の時間 江戸時代の東海道は、で歩いて行けない所、三つ。

 質問・当時の東海道は、端から端まで歩いて行けたでしょうか。行けない所は、どういうふうにして通過したでしょうか。

 答え・歩いていけない所が三つありました。

 ① 船を利用して海を渡る箇所です。
 そこは、桑名宿(三重県桑名市)と宮の宿(現在の名古屋市熱田区)を結ぶ海上路で、その距離にちなんで七里(しちり)の渡しといわれました。
 約二十八キロメートル(1里=約四キロメートル)。所要時間は約四時間でした。
 天候の悪化などにより、海難事故がしばしば発生する東海道の難所の一つでした。
 七里の渡しは、一六〇一年(慶長六年)の東海道制定の際に定められました。
 桑名宿、宮宿は、渡船場として賑わいました。
 天候の悪化などにより、海難事故がしばしば発生する東海道の難所の一つでした。
 海上を避ける迂回路としては、脇往還の佐屋街道がありました。

 ② 大井川(おおいがわ)です。
 大井川は、静岡県を流れる河川。南アルプス南部、静岡県、長野県、山梨県の県境付近にある間ノ岳に源を発し、赤石山脈・白根山脈の間を南下。静岡県焼津市大井川と榛原郡吉田町の境界から駿河湾に注ぎます。
 一六〇〇年(慶長五年)の関ヶ原のたたかいで、東海道筋の大名は、豊臣秀吉の思惑に反し、そろって東軍・徳川方に付いたため、戦後、山内一豊が土佐へ加増転封したのを始め、堀尾、中村らの諸大名は西日本へ転封となりました。
 その後、東海道筋は天領、親藩、譜代大名で固められ江戸の防衛に当てられました。
 この際、大井川は、架橋はおろか船による渡し舟も厳禁とされました。
 江戸の防衛に加え徳川家康の隠居城であった駿府城の外堀の役目を果たすためです。
 このため大名、庶民を問わず、大井川を渡河する際には馬や人足を利用して輿や肩車で渡河した川越(かわごし)がおこなわれました。
 このため、大井川は東海道屈指の難所とされました。
 とりわけ洪水の際には川留めがおこなわれたため、大井川を渡河する拠点の島田と金谷が宿場町となって賑わいました。
 明治時代に入ると架橋が許され各所に橋が掛けられるようになりました。

 ③ 天竜川(てんりゅうがわ)です。
 天竜川は、長野県から愛知県、静岡県を経て太平洋へ注ぐ天竜川水系の本流です。
 天竜川は「暴れ天竜」と呼ばれ、とても徒歩では渡ることができず、船渡りとなっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一〇年九月十八日 土曜日  太陽の光が輝く海を撮影しました。

二〇一〇年九月十八日 土曜日 太陽の光が輝く海を撮影しました。

 私の課題は、三テーマのリポートを書くことです。
 それが、うまく書けないのが、人生の重しのようになっていました。
 ついに、本日、午前中から、そのリポートを書き始めました。
 夜九時半になって、そのリポートを、三分の一、書き終わりました。
  明日、一箇所、取材して、何とかリポートの材料を整えたいと思っています。

 実は、午後は、オートバイで、ご近所を走りました。
 海の写真を撮りたかったのです。
 太陽の光が輝く海を撮影しました。
 それで満足して、私のアパートに帰って来ました。

Saturday, September 18th, 2010 I took  a picture of the sea where solar light sparkled.

Fine weather.

My problem is to write a report of three themes now.
It seems to have become the weight of my life that I cannot write it well.
At last, I have begun to write the report today from the morning.
It was half past 9 p.m. and has finished writing the report one-third.
I will reserch one thing tomorrow and want to prepare the materials of the report somehow.

In fact, I ran in the neighborhood by a motorcycle in the afternoon.
I wanted to take a picture of the sea.
I took a picture of the sea where solar light sparkled.
Thus I was satisfied and returned to my apartment.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌集 高知市の妻は……。

 うら寒い 秋の夜中に 考える
 こたつのような
 女人(にょにん)がほしい

 『伊勢』読めば
 恋がプレイに なっていて
 貴族世界に ペッとつばはく

 「週一回、さぬきに行く」は どうなった
 高知の妻は
 こぶさた続き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌 リポート、リポート……。

 リポートが 三分の一
 書き終わる
 日曜、祭日 せっせと書くか

 朝からやってA4で二十一ページしか進んでいません。

 苦手な「手書き」なので、大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.19

英語で日記 二〇一〇年九月十九日 日曜日 私の、イギリスから帰った青年へのメール。 

二〇一〇年九月十九日 日曜日 イギリスから帰った青年へのメール。 

 晴れ。

 私は、朝から高松市の平和資料館に行って、じっくり見学しました。
 私は、その帰りに古本屋に寄りました。
 私は、夕がた、さぬき市で、政治を語る集いに出席しました。

 以下、高知県の、ある青年へのメールです。

 メールを、楽しく読みました。 
 イギリスから高知県に帰って来ているとのことですね。
 いつからイギリスに行っていましたか。
 イギリスに滞在したのは、一年半くらいだったでしょうか。
 イギリスでは、働いていましたか。
 こんどは、スペインの大学に行きたいということですが、スペイン語も話せるようになったのでしょうか。
 私は、あれから、高知県立高知短期大学校を卒業して、ことしの春、さぬき市の「丘の上の大学」の文学部文化財学科で学んでいます。
 いま、ここの三年生です。
 考古学や博物館学を中心に学んでいます。
 いま、三つ、実習の授業を受けています。
 しかし、これが、なかなか難しくて苦労をしています。
 あなたの、お父さんの絵本が、出版されたとのことですね。
 お願いですけど、それを、私の住所に、お送りいただけませんでしょうか。
 代金は、それをいただいた後、すぐに、あなたに、お送りします。
 ところで、もう二十歳になりましたか。
 私は、二十五日午後一時ころからは、高知市にいます。
 もし、都合が合うなら、気安い所で、ビールを飲みながら会話しませんか。

Sunday, September 19th, 2010 My email to a young man who returned from U.K.  

Fine weather.

I went to the peace museum of Takamatsu city from morning and observed them slowly and carefully.
I stopped at a secondhand bookstore on my way home.
I attended at a gathering to talk about politics in the evening at Sanuki city.


This is my email to a certain young man in Kochi as follows.
 
I read an email from you happily.
I heard that you have returned to Kochi from the U.K..
When did you go to the U.K.?
Did you stay around 1 year and six month in the U.K.?
Did you work in the U.K.?
You said, you want to go to the Spanish university, but, did you come to be able to speak Spanish this time?
I graduated from Kochi prefectural colleage, and in this spring, I started to study in the department of literature cultural assets subject of "the university on the hill" in Sanuki city.
I am a third grader  here now.
I learn archeology and museology, mainly.
I take three classes of the training now.
However, these are very difficult for me and I have a hard time.
The picture books of your father have been published, right?
I would like to ask you but, would you send it to my address?
I will send the money to you immediately after I got it.
By the way, did you become 20 years old?
I will be in Kochi city from about 1:00 in the afternoon on 25th.
How about go drinking bear with me in a relaxed place if it ok for you?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌 「当たり前の幸せ」。

 この僕も 「当たり前の 幸せ」を 願っているよ 走っているよ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.20

英語で日記 二〇一〇年九月二十日 月曜日 ”YOU ARE MY DESTINY”の翻訳。

二〇一〇年九月二十日 月曜日 ”YOU ARE MY DESTINY”の翻訳。

 曇り。

 朝から”YOU ARE MY DESTINY”の翻訳をやっています。
 しかし、これが難しい。

YOU ARE MY DESTINY

Paul Anka

You are my destiny,you are what are to me.
You are my happiness,that's what yor are.
You are my sweet caress,you share my loneliness.
You are my dream come true that's what yor are.

Heaven and heaven alone can take your love from me.
Cause I'd be a fool to ever leave you dear
and s fool I'd never be.

You are my destiny,you share my reverie
You're more than life to me,that's what you are.

You are my destiny,you share my reverie
You're more than happiness
that's what yor are.

 午後から東かがわ市歴史民俗資料館へ行きました。
 ここに、弥生時代の手あぶり型土器が展示されていました。
 私は、二週間ほど前から、この土器は、何のための物だろうかと考えていました。

 さぬき市のアパートに帰り着いて、手書きのリポートの続きを書きました。
 八ページしか書けませんでした。
 まだまだ、この作業は続きます。

Monday, September 20th, 2010  Translation of "YOU ARE MY DESTINY".

Cloudy

I have been translating "YOU ARE MY DESTINY" since this morning.
However, this is difficult.

YOU ARE MY DESTINY

Paul Anka

You are my destiny,you are what are to me.
You are my happiness,that's what yor are.
You are my sweet caress,you share my loneliness.
You are my dream come true that's what yor are.

Heaven and heaven alone can take your love from me.
Cause I'd be a fool to ever leave you dear
and s fool I'd never be.

You are my destiny,you share my reverie
You're more than life to me,that's what you are.

You are my destiny,you share my reverie
You're more than happiness
that's what yor are.

君は僕の運命そのもの

ポールアンカ

君は、僕の運命だ、君は僕のために存在しているんだ。
君は、そう、僕の幸せ、君がいてくれることが僕の幸せだ。
君は僕の甘い愛撫、僕の孤独を君となら分かち合うことができる。
君がいてくれることで、僕の夢はかなう。

死だけが君の愛を取り上げることができる。
君を置いて行くなんて愚かなことだ。そんな愚か者には絶対にならない。

君は、僕の運命、君は僕の夢を分かち合う
君がいるってことは、僕の人生以上のものだ。

君は、僕の運命、君は僕の夢を分かち合う
君は幸せというものを超えた存在。それが君だ。

I went to Higashikagawa city Historical Museum in the afternoon.
Here, a small brazier type earthenware vessel of the Yayoi period was exhibited.
I have thought that what for was this earthenware vessel since about 2 weeks ago.

I reached my apartment in Sanuki city and wrote the continuance of the report of the handwriting.
I was able to write it only in 8 pages.
My work continues still more. 

(destiny デストニイ 運命。caress クラース 優しく愛撫する。share シエア 共有する。cause コース 原因。reverie リバリイ 空想、夢想、幻想、幻想曲。brazier 火鉢)

 【参考 手あぶり型土器の写真が、ここにもあります】

http://www.kawachi.zaq.ne.jp/zyao_maibun/center/index/M_H19_HT_index.files/H19ht01_ks

42.htm

http://www.city.neyagawa.osaka.jp/school/e/utani/080614neyaminamiiseki/080614neyaminami.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌 半値になっていたハマグリの前で

 「明日までの 賞味期限で 半額か」 ハマグリの前 迷いに迷う

 結局、「二パック五百円」を買ってしまいました。
 本日の夕食のメーンのおかずでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「しんぶん赤旗」九月二十日付の「日本の領有は正当 尖閣諸島 問題解決の方向を考える」が面白い。

 「しんぶん赤旗」九月二十日付の「日本の領有は正当 尖閣諸島 問題解決の方向を考える」が面白かった。
 ここにあります。

 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-09-20/2010092001_03_1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.21

短歌集 久しぶり、妻来る報に……。

 久しぶり 妻来る報に 歓迎の ウリ漬けている 登校前に

 次々と 絵を描き示す 教師いて 「知りたかった」が いくつもわかった
 
 夕焼けに 見入っています 丘の上 二十歳の娘(こ)らも 後ろで見てた 

 「イギリスで 働いてました。一年余。つぎはスペイン」 若い翼よ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一〇年九月二十一日 火曜日 美しい夕焼け。【写真つき】

Photo_3

二〇一〇年九月二十一日 火曜日 美しい夕焼け。

 きょうは、三コマの授業を受けました。
 三つとも、私にぴったりの授業でした。
 五時間目が終わって帰ろうとしたとき、夕焼けが綺麗なのに気が付きました。
 よく見える所まで行って、それを写真に撮りました。
 気がつくと、私の後ろで二年生の女性二人が携帯電話で夕焼けを撮っていました。
 私と同じように、この夕焼けを美しいと感じる人がいました。
 そのことが、とてもうれしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一〇年九月十五日 水曜日 ディバイダ(divider)って、どんな物?

二〇一〇年九月十五日 水曜日 ディバイダ(divider)って、どんな物?

 曇り。

 大学の後期の授業が始まりました。
  大学に行って教科書を買いました。
 そして、考古学実習の授業にでました。
 この授業は、土器の実測図製作がテーマです。
 次から持って来るものを指示されました。
 直定規。
 デバイダー。
 コンパス。
 カッターナイフ。
 トレーシングペーパー。
 2Hの鉛筆。
 ディバイダは「両方に針のあるやつ」だそうです。
 しかし、どんなものだかわかりません。
 授業が終わってから店に行って、それを見つけました。
 それは、短い寸法を測るのにつかう物でした。
 実測するのは、来週からです。
 一つひとつ正確な図をつくっていきたいと思っています。

 食生活を通常に戻しました。
 朝、夕は自分でつくって食べます。
 そして、昼は学生食堂で食べます。

Wednesday, September 15th, 2010 What kind of thing is divider?

Cloudy

The classes of the latter period of our university began.
I went to the university and bought some textbooks.
And I went for a class of the archeology training.
As for this class, the theme is to draw a survey map of earthenware vessels.
We were asked to bring some things from the teacher by next class.
A square.
A divider.
A compass.
A retractable knife.
Tracing paper.
P pencils of 2H.
The divider seem to be "a compass with the needle for both".
However, I do not understand what it is.
I went to a shop after the class was over and found it.
It is a thing to measure short dimensions.
I will measure from next week.
I want to make a correct figure one by one.

I returned my eating habits to as usual.
I make my meal by myself in the morning and the evening, and eat.
And I have lunch in a school cafeteria.

(measure 大きさなどを測る。earthenware アースヌウエア 土器。vessel パソ 容器。retractable リタッチャブル 引っ込められる。needle ニド 針。dimensions ズメンシェン 寸法。figure 図。one by one 一つひとつ。cafeteria ギャフェテリア セルフサービスの食堂)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.22

英語で日記 二〇一〇年九月二十二日 水曜日 マコとの出合い。

二〇一〇年九月二十二日 水曜日 マコとの出合い。

 晴れ。

 本日の考古学実習の実測の練習で、私たちはマコ(真弧。型取り器)を使いました。
 私たちのテーマは、埴輪の断片の実測の断面図の製作でした。
 埴輪の断片に、マコを当てて、マコに、その形を表現してもらいます。
 そして、それを方眼紙に、写し取っていきます。
 マコは、優秀な器具です。
 しかし、私は、マコを初めて使ったということもあってか、彼女の力を生かすことができず、失敗を繰り返しました。

Wednesday, September 22nd, 2010 An encounter with Mako.

Fine weather.

Our archeology training was an exercise of the actual survey.
We used Mako.
Mako is moulage device.
Our theme was production of the cross section of the actual survey of the pieces of the clay image.
I put Mako to the piece of the clay image.
And I have Mako express its form.
And I copy it on graph paper.
Mako is an excellent appliance.
However, this was my first time to use her, so I repeated failures because I can't use her real power. 

(exercise エクササイズ 実習。actual アクチョウ 実際の。survey サーベイ 測量。archaeology アーキオロディ 考古学 )

 【マコの写真などは、ここにあります】

 http://www.shiga-bunkazai.jp/ippin/18.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.23

「Japan Press Weekly(ジャパン・プレス・ウィークリー)」の記事が、ネットで読めます。無料です。

 「Japan Press Weekly(ジャパン・プレス・ウィークリー)」は、日本共産党の活動や政策、主張をはじめ、日本の平和、生活向上、政治革新のたたかいを「しんぶん赤旗」の主要記事の英訳で海外に知らせている雑誌です(ジャパン・プレス・サービス発行)。

 それが、ネットで、無料で読めるようになっていました。

 ここです。

 http://www.japan-press.co.jp

 新聞を整理していて「発見」しました。 五月二十八日付の「しんぶん赤旗」に載っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一〇年九月二十三日 六十六ページのリポートが完成しました。

二〇一〇年九月二十三日 六十六ページのリポートが完成しました。

 雨、後、雲り。
 
 午前七時過ぎ、激しく雨が降り始めました。
 雷が、ドカンドカンと落ち始めます。
 久しぶりの激しい雨です。
 何だかうれしくなって、しばらくの間、窓の外を眺めていました。
 
 午前中、部屋の机や本棚の位置を変えました。
 高知市の妻が、午後二時ころ、私のアパートにやって来ました。
 彼女は、私の作業を手伝ってくれました。

 夜は、この間からやっている手書きのリポートの続き執筆しました。
 やっと、リポートを書き終わりました。
 時計を見たら、午後十時になっていました。
 出来上がったリポートの枚数を数えました。
 それは、六十六ページになっていました。

September 23rd, 2010 66 pages of reports were completed.

Rain.
 
At past 7:00 a.m., it has begun to rain intensely.
Thunder has begun to fall bang bang.
It is intense rain after a long time.
I became somewhat glad and looked at the outside of the window for a while.
 
I changed the position of my desk and bookshelves in my room in the morning.
My wife came over in my apartment at about 2:00 p.m.
She helped my work.

I wrote the continuance of my handwriting report that I have done since 2 weeks ago at night.
At last I have finished writing a report.
When I watched a clock, it was 10:00 p.m.
I counted the number of sheets of the completed report.
It became 66 pages.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.26

英語で日記 二〇一〇年九月二十四日 金曜日 大豊町で見たマンジュシャゲ。

二〇一〇年九月二十四日 金曜日 大豊町で見たマンジュシャゲ。

 晴れ。

 午後、陸軍高松飛行場のことを取材しました。
 その後、オートバイで高知市に向かいました。
 高速道は使いませんでした。

 途中、香川県まんのう町の二宮忠八飛行館に寄り、見学しました。

 大豊町に入ると、寒さで震えあがりました。
 ガソリンスタンドの男性に聞くと、彼は、昨日から寒くなったとのことでした。
 道端に、たくさんマンジュシャゲが咲いていました。
 「今年もマンジュシャゲに出合えた」
 なんだか感激しました。

 この日、高知市柳町の居酒屋「つくし」が再開しました。

Friday, September 24th, 2010 The cluster amaryllis which I watched in Outoyo town.

Fine weather.

I collected data on Takamatsu army airport in the afternoon.
I went to Kochi city by a motorcycle afterwards.
I did not use the motorway.

I dropped in the Ninomiya Chuhachi flight museum of Mannou town on the way and observed it.

When I entered Outoyo town, I trembled violently by cold.
I asked a man of a gas station, he said that it has become cold from yesterday.
A lot of cluster amaryllises bloomed on the roadside.
"I came across a cluster amaryllis this year"
I was impressed.

A bar "Tukushi" in Kochi city Yanagimachi reopened on that day.

(cluster amaryllis クロステー・アマリリス マンジュシャゲ。motorway 高速道路)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一〇年九月二十五日 土曜日 怠惰な一日。

二〇一〇年九月二十五日 土曜日 怠惰な一日。

 晴れ。

 午前、病院に行きました。
 その後、家でテレビを見たり、居眠りをしたり怠惰な一日を過ごしました。
 

Saturday, September 25th, 2010 Lazy day.

Fine weather.

I went to a hospital in the morning.
I watched television in my house and afterwards, I dozed off and spent lazy.

(lazy レイジイ 不精な。doze ドウズ うたた寝する)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市春野の山中の海の見える側にあいているタコツボ四つ(写真三枚)。

Photo

Photo_2

Photo_3

 三十年ほど前、高知市神田のYAさん(一九二九年生まれ)が、狩猟中、高知市春野の山中で、アジア太平洋戦争中のタコツボ群を見つけました。
 九月中旬、神田の女性・Iさん(一九四二年六月一日生まれ)の願いで、YAさんとIさんは、タコツボを求めて春野の山中を駆け巡りました。いくつかタコツボを見つけました。それは、かつてYAさんが見つけた所とは違う場所でした。三十年前の所は、わかりません。
 その後、YAさんは、また、春野の山に入りました。いくつかタコツボを見つけました。しかし、三十年前の所は、わかりません。
 本日、YAさん、Iさん、私、私と同年代の元陸上自衛隊員の四人で春野の山をはいまわりました。
 四つのタコツボを見つけました。一人用のものです。四つとも海側に向かってつくられていました。これも、また、これまでとは違う所だといいます。
 YAさんは、鎌を手に、進路をつくりながら、道なき道を上へ上へあがって行きました。私も鎌を持ちましたが、あまりうまく使えませんでした。
 終わって、僕に、「戦争遺跡を見つけようと思ったら体力が必要だよ」と、いいました。
 「また、連れて行ってください」
 「よつしゃ」

 二人は、かたい握手をしました。

 写真①は、二番目に見つけたもの、②は、そのアップ、③は四番目に見つけたもの。

 (次の項目に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市春野の高森山の陸軍歩兵四十四連隊の軍旗を焼いた場所(写真一枚)。

Photo_4

 タコツボの件に先だって、私たち四人は、元陸軍歩兵四十四連隊隊員に、高知市春野の高森山の陸軍歩兵四十四連隊の軍旗を焼いた場所に連れて行ってもらいました。
 これは、ひとまず、写真だけ掲載します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国に、自分たちで小京都といっている市町村がどれくらいあるでしょうか?

 全国に、自分たちで小京都といっている市町村がどれくらいあるだろうかとインターネットで調べてみました。
 で、このホームページに出会いました。
 いやーっ、多いですねー。
 しかし、なぜ、自分たちの市町村の良さを、「小」京都などという言葉で表現するのでしょうか。
 なんだか情けなくなりました。もっと、自分の市町村に誇りを持ってほしいですね。

 http://www.kyokanko.or.jp/shokyoto/ichiran.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.27

全国に、○○富士といっている山がありますね。どんな所でしょうか。

 ○○富士といっている山がありますね。
 私が知っているのは蝦夷富士、讃岐富士くらいです。
 全国の、どんな山が○○富士と名乗っているでしょうか。
 インターネットで調べてみました。

 ここに、こんな記事がありました。

 http://www.fujisan-net.jp/data/article/1032.html

 これも、多いですねー。
 でも、富士山って、なんぼのものでしょうか。
 遠くから見ればかっこいいけれども、近くに行けば、何か寒々した山ですよねー。
 人間でもいますよねー。そんな人が。
 「富士山がなんぼのもんじゃ、うちの山はすごい」くらいの気迫がほしいよね。一つひとつの山には、一つひとつにいい点がありますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一〇年九月二十六日 日曜日 アジア太平洋戦争の戦跡を求めて。

二〇一〇年九月二十六日 日曜日 アジア太平洋戦争の戦跡を求めて。

 晴れ。

 アジア太平洋戦争の戦跡を求めて、高知市春野の山を駆け巡りました。
 
 午後七時半、さぬき市のアパートに帰って来ました。
 ご飯とか、おかずとかを、アパートに、そのままにしてあったので、ひどいことになっていました。
 トイレの換気扇も、回りっぱなしでした。

 例の六十六ページのリポートですが、今夜、追加を書きいれました。
 明日、そのリポートを提出する予定です。

 明日の英会話の授業の予習をしようと思っていたのですが、もう気力がありません。
 明日、早く起きて、予習をしたいと思っています。

Sunday, September 26th, 2010 Demand the old battlefield of the Asian Pacific Wars.

Fine weather.

I demanded the old battlefield of the Asian Pacific Wars and ran through the mountain in Kochi city Haruno.
 
At half past 7 p.m., I returned to my apartment in Sanuki city.
Because I kept rice and side dish intact in my apartment, they became terrible.
The ventilation fan of the restroom kept on turning around.

About 66 pages of reports,  I added somethings in it tonight.
I am going to submit the report tomorrow.

I intended to prepare the class of tomorrow's English conversation, but there is not already willpower.
I am getting up early, and I want to do preparations for lessons tomorrow.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.28

「高知方面配要図」(防衛省所蔵防衛研究所所蔵)が語る一九四五年夏の高知県。対戦車肉薄訓練の日々。

  手元に「高知方面配要図」という文書があります(防衛省所蔵防衛研究所所蔵)。
 「秘 集成五万分の一地形図高知第二号」、「昭和二十年製版」、「参謀本部」と印刷された地図に陸軍の部隊がどこにいるか(いたか)を書きこんだものです。
 次のような部隊の名前があります。

 第百五十五師団
   配属部隊
    独立山砲兵第六連隊[一大隊(一中隊欠)欠]
    独立重砲兵第五中隊(一小隊欠)
    独立臼砲[きゅうほう]第二十二大隊ノ一中隊及段列ノ一部
    迫撃第三十七大隊ノ一中隊
    特設警備第三百二十八中隊
  缺如[けつじょ]部隊
    歩兵第四百五十連隊
 第二百五師団
   配属部隊
    独立臼砲第二十五大隊の一中隊
 第十砲兵師団司令部
   配属部隊
    野戦重砲兵第十七大隊
    独立臼砲第二十五大隊
    第一工事隊(一小隊欠)
 第十一師団
   配属部隊
    独立重砲兵第五中隊ノ一小隊
    独立臼砲第二十二大隊(一中隊及段別ノ一部ノ一部欠)
    迫撃砲第十七大隊
    迫撃砲第三十七大隊(一中隊欠)

 『四国師団史』(陸上自衛隊第十三師団司令部四国師団史編さん委員会。一九七二年四月)が、当時の配置を書いています。
 高知県の足摺岬から室戸岬にわたる海岸線に第十一師団、第百五十五師団、第三百四十四師団(配属・騎兵第十一連隊、工兵第十一連隊第一中隊)が配置されました。
 徳島県沿岸には第百二十一独立混成旅団(配属・歩兵第四百五十連隊)が配置されました。
 高知県の後免[ごめん]北方高地に、上陸したアメリカ軍に攻勢を敢行する打撃部隊として第二百五師団が配置されました。
 高知平野の中核として配備についた第十一師団は、須崎湾に歩兵第十二連隊第一大隊を、仁淀川口から浦戸湾にわたる海岸線に右地区隊(歩兵第四十四連隊、配属、山砲兵第十一連隊第二中隊)を、浦戸湾から物部川にわたる海岸線に左地区隊(歩兵第四十三連隊)を、予備隊として歩兵第十二連隊主力を後免地域に配置しました。

 ほかに、当時の様子を伝える文章を二つ紹介します。
 「日本軍は[昭和]二十年[一九四九年]三月三十一日軍令陸甲第六十号により第五十五軍(偕)を編成、四月七日、軍司令官にジャワにいた原田[熊吉]を任じた。本土決戦により一挙に敗勢を挽回しようと、最後の力をふりしぼったこの部隊が編成されたのは六月十八日、参謀長に鎬木正隆が任じられ、司令部(偕一二四七五部隊)には将校五十三人、下士官、兵ら千二百人がいた。
 司令部は高知県長岡村新改におかれ、隷下に第十一師団(錦・師団長大野広一中将)、第百五十五師団(護土・師団長岩永汪中将)、第二百五師団(安芸・師団長唐川安夫中将)、第三百四十四師団(剣山・師団長横田豊一郎中将)、独立混成第百二十一旅団(菊水・旅団長横井忠道少将)がおかれ、高知県下に太平洋に向かって展開した。十一師団を除くと二十年に入って編成された急造師団であった。」、「兵たちは米軍の敵前上陸に備えてタコつぼ(ざんごう)掘りに明け暮れていた。」(『讃岐人物風景 18 男たちの青春』。四国新聞社・編。丸山学芸図書。一九七八年三月三十日)。
 この本によると、原田は、高知市八百屋町の豪商・川崎源右衛門宅に下宿し、城東中学校(いまの高知県立高知追手前高校)にあった司令官室に通っていたといいます。六月に本拠を高知市内から新改に移しています。
 「米軍上陸に備え、南四国に布陣したのは、第十一師団(錦)=大野広一中将=および同師団から編成された第一一五五師団(護土)=岩永汪中将、同第三四四師団(剣山)=横田豊一郎中将=があった。(中略)
 第二〇五師団(安芸)=広島五師団編成=とともに、第五十五軍を編成した。軍司令官は原田熊吉中将(四国軍管区司令官兼任)総兵力九万八千人、太平洋に向かって配置についた。ほかに軍管区部隊は二万二千二百人が北四国にあった。五十五軍は弾薬が不足し、管区隊は銃すら足りなかった。
 十一師団は須崎支隊、右地区隊(物部川-浦戸湾)左地区隊(仁淀川-浦戸湾)砲兵隊(御免後方)予備隊(同)が穴掘りに従事、地下陣地構築をあせっていた。司令部は御免南方、介良(けら)村、鉢伏山西北山ろくにあった。赤ん坊を背負った妻が、香川から汗だくで兵に面会に来た。民家の一室で本土決戦を前にはかない命を語りあったものだ。」(『明治 大正 昭和 香川県血涙史』。十河信善・編。讃岐総合印刷出版部。一九七六年十一月十五日)。

 こうした兵隊たちは、「対戦車肉薄訓練」をしていました。
 「陣地構築と併行して対戦車肉薄訓練も行われた。それは当時の第五十五軍には戦車の装備がなく、しかも対戦車砲も、その数と性能において、米軍に対しはるかに劣っており、敵上陸戦車を撃滅する有効な方法は特攻戦法による一兵一両必砕の肉薄攻撃によるほかなかったからであった。
 また軍は、硫黄島や沖縄の戦場で、これによって成功した幾多の戦訓に基づいて兵科の別なく、全部隊にこの戦法を徹底させた。そのため将兵たちは、壕から飛び出して戦車に肉薄し、機関部にガソリンを投げつけ炎上させる火炎瓶攻撃などの猛訓練を行なった。」(『四国師団史』)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国の徴兵制度。

 昨日、韓国の徴兵制について教えていただきました。
 その内容にインターネットの情報を加味してメモをしておきます。

 韓国には徴兵制があります。

 ● 十八歳の男子への徴兵検査によって判定されます。
 ● 1-3級までが現役、4級は補充役・公益勤務、5級は免除・有事時出動、6級が身体異常による完全免除とされています。
 ● 兵士の兵役義務期間は陸軍と海兵隊で二十四ヶ月、海軍で二十六ヶ月、空軍で二十八ヶ月です。
 海軍と空軍は志願しない限り配属されません。
 ● 大学生の場合は卒業まで入隊をのばすこともできます。
 高校を卒業してすぐ軍隊に行く人もいれば、大学在学中に休学していく人もいます。
 大学受験に失敗し浪人するなら、二浪は理由として認められるが、三浪になると入隊を伸ばしてもらうことはできません。
 ● 軍隊では、戦争や危機状態を想定した訓練を受けます。軍隊に入ると戦争に備え、銃の使い方や武術等をならいます。上官の命令にはどんなことでも必ず従い、つらい訓練をひたすら絶えていかねばなりません。
 軍法に従った団体生活が強いられ、 週末でも自由行動はできません。軍隊で規律に逆らって訓練を拒否したり、脱走したりすると、犯罪とまったく同じく厳しく処罰を受けるようになります。
 ● 公益勤務要員、産業技能要員、専門研究要員、義務警察官、戦闘警察官、海洋警察、警備矯導隊、義務消防隊などの軍隊以外での勤務をおこなうことで二年の兵役を四週間に短縮する制度があります。
 しかし、これらの制度の適用となるためには、難関資格取得が必要だったり、防衛産業へ就職したり、選抜試験に合格する必要があります。

 ● 兵役免除の特典を与えられるものもいます。
 スポーツでめざましい成績を収めたもの、理工系で将来研究員になったり、大手企業に就職などをすることが期待されるなど、学業が特に優秀な場合などが免除されます。国外での永住権取得者も免除の対象となります。ただし1年以上の国内滞在などによってこの免除はなくなります。
 ● 年に七百五十人程度が兵役拒否をおこない、懲役刑を受けて刑務所へ収監されています。
 兵役拒否者は、大韓民国兵役法違反で一年六カ月から三年の懲役に処されています。

 ● 大学一年生、二年生では必修科目で軍事学があります。二単位ずつです。二単位とれば徴兵期間が一・五カ月免除されます。四単位とれば三カ月免除されます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一〇年九月二十八日 火曜日 秋なのに、私は、汗がひどく出ます。

二〇一〇年九月二十八日 火曜日 秋なのに、私は、汗がひどく出ます。

 晴れ。

 秋になったのに、私は、授業中に、汗が出ます。
 私は、まわりを見回してみました。
 誰も、汗を出している人はいません。
 私の心身は、異常をきたしているようです。

Tuesday, September 28th, 2010 In autumn, I awfully get sweat.

Fine weather.

Though it is autumn, I get sweat during a class.
I looked around me.
There was noone sweated.
My mind and body seem to cause abnormality.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一〇年九月二十七日 月曜日 日本語の上手な韓国人の留学生たち。

二〇一〇年九月二十七日 月曜日 日本語の上手な韓国人の留学生たち。

 曇り、のち雨。

 本日、私は三時間の授業を受けました。
 いずれも、私にとって、素晴らしい授業でした。
 韓国人の留学生二人と一緒の授業がありました。
 彼女たちの日本語の上手さに感心しました。

 英会話の勉強をしておきます。

T:Please tell me about your summer vacation.
S:Yes.
T:What did you do?
S:I participated in the excavation of the old burial mound for 12 days.
T:Where did you go?
S:I went to Tokyo, Nagoya, Osaka, and Nara to study the history in the ancient times and the Asian Pacific Wars both.
T:How did you manage for money?
S:I drew it out from my savings. However, gradually it become few.
T:When did you study?
S:As for my studying, I made a short sentence every day before sleeping.   
T:You are elder enough, and you don't need to study. Why do you study now?
S:I think that there are 10 more years in the rest of my life. I want the rest of my life to be a bright one. Therefore I study.

Monday, September 27th, 2010 Japanese good Korean foreign students.

Cloudy,and rain.

I took three classes today.
For me, all of them were splendid classes.
One of them has two Korean foreign students.
I admired their Japanese skill.

I study English conversation.

T:Please tell me about your summer vacation.
S:Yes.
T:What did you do?
S:I participated in the excavation of the old burial mound for 12 days.
T:Where did you go?
S:I went to Tokyo, Nagoya, Osaka, and Nara to study the history in the ancient times and the Asian Pacific Wars both.
T:How did you manage for money?
S:I drew it out from my savings. However, gradually it become few.
T:When did you study?
S:As for my studying, I made a short sentence every day before sleeping.   
T:You are elder enough, and you don't need to study. Why do you study now?
S:I think that there are 10 more years in the rest of my life. I want the rest of my life to be a bright one. Therefore I study.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.30

英語で日記 二〇一〇年九月二十九日 水曜日 私は、『高知の戦争 証言と調査』十号の初校を済ませました。

二〇一〇年九月二十九日 水曜日 私は、『高知の戦争 証言と調査』十号の初校を済ませました。

 晴れ。

 私にとって、不快なことがありました。
 私は、他人が一生懸命やったことを、全面的に否定する言い方は嫌いです。
 私は、きょうは、それだけを書いておきます。

 夜、私は、『高知の戦争 証言と調査』十号の初校を済ませました。

Wednesday, September 29th, 2010 I finished the first proof of the tenth 'War testimony and survey of Kochi'.

Fine.

It might be unpleasant for me.
I hate the expression that completely denies others what have done hard.
I write only it today.

I finished the first proof of the tenth 'War testimony and survey of Kochi' at night.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一〇年九月三十日 木曜日 ライトスコープで観察した土器の世界。

二〇一〇年九月三十日 木曜日 ライトスコープで観察した土器の世界。

 雨。

 私たちは、古墳から出た土器を、ライトスコープ(三十倍)で観察しました。
 それで土器を見ると、土器の表面の凸凹や粘土に混ぜている砂の形がはっきりわかりました。
 土器が、肉眼で見るとき以上の情報を持っているのに感激しました。

 四時間目の実習は緊張しました。
 しかし、それは私にとって楽しい授業でした。
 自分が知らなかったことが、少しずつわかっていく、できなかったことができるようになっていくということは楽しいことですね。

Thursday, September 30th, 2010 The world of earthenware observed in light scope.

Rain.

In the light scope (30 times), we observed the earthenware that had came out of the old tomb.
Then, I observed earthenware.
I have clearly understood the shape of the mixed sand and the surface of the earthenware.

What I did not know became clear little by little.
What I could not do became to be able to.
It is happy for me.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌 「君に会いたい」。

 顔を見る それだけでいい ほんとだよ 君に会いたい そんな秋の夜

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »