« 「月が空にはりついてら」について。 | トップページ | 歴史の自習の時間 古代の山陽道は、どこから、どこまで? »

2010.09.18

英語で日記 二〇一〇年九月十七日 金曜日 歴史地理学の授業。

二〇一〇年九月十七日 金曜日 歴史地理学の授業。

 晴れ。

 歴史地理学の授業を初めて受けました。
 先生は、三つのことを私たちに質問しました。
 一、古代の山陽道は、どこから、どこまででしょうか。
 二、江戸時代の東海道は、どこから、どこまででしょうか。
 三、当時の東海道は、端から端まで歩いて行けたでしょうか。行けない所は、どういうふうにして通過したでしょうか。
 私は、いずれの質問にも答えることができませんでした。

Friday, September 17th, 2010 The class of the historical geography.

Fine weather.

I took a class of the historical geography for the first time.
The teacher asked us about three things.
1, How far was ancient highway called Sanyoudo? from where to where?
2, How far was the highway called Tokaido of the Edo era?  from where to where?
3, There was the place where people cannot pass on foot in Tokaido. How did people pass there?
I was able to answer none of the questions.

|

« 「月が空にはりついてら」について。 | トップページ | 歴史の自習の時間 古代の山陽道は、どこから、どこまで? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/49480787

この記事へのトラックバック一覧です: 英語で日記 二〇一〇年九月十七日 金曜日 歴史地理学の授業。:

« 「月が空にはりついてら」について。 | トップページ | 歴史の自習の時間 古代の山陽道は、どこから、どこまで? »