« 英語で日記 二〇一〇年九月十二日 日曜日 私たち二人は、四つの博物館を回りました。 | トップページ | 四国新聞の「英語で どない言うん?」。 »

2010.09.14

「年寄(としよ)りの冷や水」って何のこと? 冷や水は年寄りに悪いの?

 「年寄(としよ)りの冷や水」って、わかっているようでわからない言葉ですねえ。
 で、インターネットの辞書で調べてみました。

 【大辞泉】

 老人が冷水を浴びるような、高齢に不相応な危ない行為や差し出がましい振る舞いをするのを、警告したり冷やかしたりしていう言葉。

 【ことわざデータバンク】

 老人が冷水を飲んだり浴びたりするような、年齢に不相応な危ない行為や差し出た振る舞いをすることのたとえ。 類義語:老いの木登り/年寄りの力自慢/年寄りの夜歩き

 千葉県水道局のホームページには「お年寄りの方「に」冷水?」という記事がありました。

 お年寄りの方は、のどの渇きを感じる働きが鈍くなっているので、のどが渇いたと感じたときには、脱水症状がだいぶすすんでいるんだそうです。
 水分補給は、こまめに。冷たい水の方が吸収がよいので、冷やした「水道水」を、特に寝る前にコップ1杯くらいは、飲んでくださいね。 
   ※ お年寄りに無理は禁物という意味で「年寄り「の」冷水」ということわざがあるけど、こまめに水をとる「お年寄り「に」冷水」が大切なんだよ。
 
 しんじょう薬局(川崎市中原区上新城)のホームページには「年寄りの冷や水は脳に良い」という記事がありました。

 大人が子供より記憶力が劣るのは、放っておかれたために脳細胞の数が少なくなって、ネットワークの要であるシナプス(神経回路)の数が減少するためです。ただし、シナプスは刺激さえ与えれば新たに作ることができます。これを脳の「可塑性」と呼びます。
 新しいシナプスを作るということは、新しい考え方を得ることでもあります。年老いて考え方も頑固になった人は、既存の考えのみにこだわり、知らない考えは排除しようとします。これでは、すでに構築された脳細胞ネットワークしか使わないので脳の力を半減させてしまいます。
 日本には「年寄りの冷や水」ということわざがあり、老後は静かに余生を送ることを美徳とする考え方がありますが、実はそれは脳には良くないことなのです。脳は、常に新しいことを捜し求めています。
「もう年だから」と考えず、新しいことに挑戦するのが、脳の若さを保つ秘訣でもあります。
 ………

|

« 英語で日記 二〇一〇年九月十二日 日曜日 私たち二人は、四つの博物館を回りました。 | トップページ | 四国新聞の「英語で どない言うん?」。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/49444088

この記事へのトラックバック一覧です: 「年寄(としよ)りの冷や水」って何のこと? 冷や水は年寄りに悪いの?:

« 英語で日記 二〇一〇年九月十二日 日曜日 私たち二人は、四つの博物館を回りました。 | トップページ | 四国新聞の「英語で どない言うん?」。 »