« 英語で日記 二〇一〇年九月八日 水曜日 十二日間の私たちの古墳発掘作業が終わりました。 | トップページ | 高知市へのアメリカ軍機の最初の空襲。 »

2010.09.08

短歌集 猛暑下の前方後円墳発掘作業。

 この山に 古代の事実 埋まってる
 古墳発掘
 作業始まる

 ハアハアと 発掘資材 上げている
 古墳に挑む
 初日の午前

 表土除け
 ハサミでノコで 木の根切る
 わが初めての 発掘作業

 ゴロリンと 手ガリの先に 転げ出た
 棒状の土器
 「これは、中世」
 
 掘り進み 石列少し 顔を出す
 ここから先が
 三、四世紀か

 次々と 埴輪(はにわ) 出してる 二人組
 休憩時間も
 もったいなさそう

 ゴクゴクゴク 「あーーっ、サイッコー」
 炎天下 作業の合間
 水のうまさよ

 「スイ、スイ、スィー」
 木陰に座り 目を閉じる
 休憩時間の 少しのうたた寝

 八本の ペットの水分 飲み干すと
 「さぁ、あがろうか」
 始末が始まる

 作業終え 駅のトイレに たどり着き
 わが顔見れば
 サウナ上がりか

 外仕事
 帰りの電車 乗り込めば
 「ここは天国」 冷房がある

 泥だらけ 作業着やらを 下洗い
 洗濯をして
 一息をつく

 くびれ部の 安山岩の 積み石は
 緻密な配置
 「すごいぞ、古代」

 寝ぼ助が 六時に起きて
 土作業 十二日間
 自分に拍手
 
 発掘の 十二日間 成果あり
 わが出っ腹は
 真っすぐになる

|

« 英語で日記 二〇一〇年九月八日 水曜日 十二日間の私たちの古墳発掘作業が終わりました。 | トップページ | 高知市へのアメリカ軍機の最初の空襲。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

古墳の発掘お疲れでした。私も約40年前、さぬき市大川町の古枝古墳の発掘に参加したことがあります。
大学に入り、考古学同好会を創設し、夏休みの活動として、六車恵一先生(当時大川中学の教員)の指導で参加しました。中学生の参加者が多く、試掘ということもあって、余り掘りませんでしたが、懐かしい思い出です。

藤原さんの参加した古墳発掘には高松市も関係していますか?実は、前の会社で同期(年は4歳した)の木村という者が、退職後、嘱託職員で高松市の発掘関係の仕事(発掘品の整理?)をしているそうですので、もしかすると会っているかもしれません。

先週は、奈良で八角形の古墳が出てきて各新聞を賑わしていましたが、藤原さんの参加した古墳ではニュースになるような発掘物はありましたか?

さて、10月30日から11月7日にかけて、岡山県で国民文化祭があります。岡山県全域で、テーマにより開催(有料・無料が混在)されますので、検討してみてはどうですか。’岡山県HPからでもはいれます。
たとえば、総社市で「古代吉備の風景」、新見市で「たたら製鉄フェスチバル」津山市で「中世山城の祭典」があり、文芸祭(短歌、俳句、川柳等)もあります。
私は10月31日高梁市の「全国神楽大会」(入場無料、JR高橋駅と会場までは無料バス運行、写真撮影可)行く予定です。

投稿: かめけん | 2010.09.13 01:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/49392144

この記事へのトラックバック一覧です: 短歌集 猛暑下の前方後円墳発掘作業。:

« 英語で日記 二〇一〇年九月八日 水曜日 十二日間の私たちの古墳発掘作業が終わりました。 | トップページ | 高知市へのアメリカ軍機の最初の空襲。 »