« 短歌 秋の夜長というけれど……。 | トップページ | 尖閣諸島のこと この記事が面白い。衆議院予算委員会、笠井議員の質問など。 »

2010.10.04

「民主党政権は、最悪の国民いじめの政治をすることになるだろう」という私の直感が、次々と実証されている悲しさ。

 民主党政権の誕生にさいしての僕の直感は、「この政権は、最悪の国民いじめの政治をすることになるだろう」ということでした。

 この党が、自民党の最右翼だった人たちと、一見革新ぽかったが「国民のため」を放棄した人たちが野合してできた政党だからです。

 それが、つぎつぎと現実になっています。
 十月三日の四国新聞の一面トップは、「新高齢者医療 厚労省方針 七十~七十四歳窓口負担二割 現行一割から引き上げ」。
 なんてことだ!!!!

 この政党と候補者に一票を投じた人たちは、いま、どう思っているでしょうか。
 はっきりいって、それらの人たちにも大きな責任がありますよ。

|

« 短歌 秋の夜長というけれど……。 | トップページ | 尖閣諸島のこと この記事が面白い。衆議院予算委員会、笠井議員の質問など。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/49643372

この記事へのトラックバック一覧です: 「民主党政権は、最悪の国民いじめの政治をすることになるだろう」という私の直感が、次々と実証されている悲しさ。:

« 短歌 秋の夜長というけれど……。 | トップページ | 尖閣諸島のこと この記事が面白い。衆議院予算委員会、笠井議員の質問など。 »