« 讃岐うどん おいしいから好き。 | トップページ | 英語で日記 二〇一〇年十一月十二日 金曜日 おいしい味噌汁ができました。 »

2010.11.12

藤原義一の提案 高知県立総合芸術大学をつくりたい。ご意見を!!

  以下、藤原義一の提案です。お読みいただいて、ご意見をいただければ、うれしい!!

 私は、高知県立総合芸術大学をつくることを提案します。

  中学校、高校、大学のクラブ、サークルでやってきた芸術活動を発展させるために、再度、学びたい。
 いま、職場や地域で、ある芸術活動をやっているが、レベルを上げたい。
 定年を機に、こんな芸術活動をやりたい。
 こういった人の思いにこたえられる高知県で初めての芸術大学です。

 科目は、以下のとおりです。
 音楽(各分野の基礎理論。観賞。作詞。作曲。声楽、合唱、各種楽器、日本舞踊、バレエ、ストリートダンスの初級、中級、上級)、美術(各分野の基礎理論。観賞。デッサン。日本画、油絵、一こま・四こま漫画、ストーリー漫画、彫塑、木彫、陶芸、染色などの初級、中級、上級)、写真(各分野の基礎理論。ポートレート、人物、風景、ニュース写真の初級、中級、上級)、映画(各分野の基礎理論。記録映画、フィクション、コマーシャル、アニメーションの初級、中級、上級)、文学(各分野の基礎理論。俳句、川柳、短歌、エッセイ、ルポルタージュ、小説の初級、中級、上級)。
全体として、実際に「やってみる」ことを重視した授業にします。

 新聞、雑誌などの募集に応募し、発表会に参加しなど、学んだ成果を世間の評価にさらしていくことを重視します。

 特徴は、学科をもうけないことです。全学生が、メーンを定めながら、いくつかの分野の科目を総合的に受講できるようにします。
 たとえば、私なら、まず、短歌の初級、彫塑の初級をメーンにしながら声楽の初級、ピアノの初級、デッサン、写真の人物の初級、記録映画の初級を受けたいですね。
極めるために、同じ科目を二度、三度……と受講することも可能です。

 教員は、高知県内の一人者を選任します。ストーリー漫画など、県内で見つけられない分野の教員は、県外からベテランをお願いします。

 四年制、一学年定員二百人。一時限百二十分で、月曜日から金曜日は午後六時から二時限の授業、土曜日、日曜日は午前九時から五時限の授業とします。科目は、半年で二単位とします。正規の学生にはなれないが、単位を履修したいという人を歓迎します。学生と同人数までいていいと思います。

 現実問題として、校舎は昼間にやっている既成の大学に同居します(大学の授業がないときです。しかし、音楽や美術の授業のための設備投資は必要です)。

 高知県は、日本で一番貧乏な県です。
 しかし、県民は芸術活動に熱心です。いろんな分野の音楽家がいっせいに街に出て 演奏するイベントもあります。ストリートダンスでは一つのメッカになっています。高知が彫刻や絵画の講座を盛んに開催しています。漫画家についての博物館も二つあります。民間の文学学校もあります。短歌や俳句もさかんです。出版も盛んです。
 こうした高知県には、芸術大学が必要です。
 卒業生は、県下の各芸術分野の、よき創造者として、いい働きをすると思います。
 「芸術が花咲く、人が集い楽しむ」高知県で人も呼びませんか。

|

« 讃岐うどん おいしいから好き。 | トップページ | 英語で日記 二〇一〇年十一月十二日 金曜日 おいしい味噌汁ができました。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/50007933

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原義一の提案 高知県立総合芸術大学をつくりたい。ご意見を!!:

« 讃岐うどん おいしいから好き。 | トップページ | 英語で日記 二〇一〇年十一月十二日 金曜日 おいしい味噌汁ができました。 »