« 英語で日記 二〇一〇年十二月三十日 木曜日 高松空襲についての記事。 | トップページ | 【写真日記】 三泊四日、台湾一周 一日目・十二月三十一日 その一・高知市から桃園(タオユエン)国際空港へ。 »

2010.12.30

ひと足早い2011年の「年賀状」です。 

 お元気でしょうか。

  いま、12月31日になったところです。

 2011年、幸せだと実感できる年らしたいと切に思っています。

 平和資料館・草の家(高知市)の研究員としては、いま調査している小豆島の海軍の5人乗りの特殊潜航艇のこと、香川県の3か所に道路を広げてつくられていた陸軍の特別攻撃用の飛行場のこと、高知県南国市の稲生(いなぶ)、高知市の介良(けら)に配備されていた特殊な役割の迫撃砲部隊のことをまとめあげたいと思っています。

 編集を担当している『高知の戦争 証言と調査』は1月に11号を迎えます(2009年1月創刊)。続けていきます。12号の原稿を年内に3本入れました。あと2、3本、原稿を募集中です。

 短歌は月刊『高知歌人』に出しています。「毎月10首出す」を目標にしています。

 詩人・槇村浩をテーマにした組曲をつくる話が持ち上がっています。作詞チームの一員になりたいと思っています。
 
 大学(文学部文化財学科3年生)は、1月28日から後期試験です。緊張して新年を迎えようとしています。

 ブログ「短歌の花だより」を運営しています。訪ねていただければ幸いです。

                藤原 義一

                             bqv01222@nifty.com

  【PR】

  今年は、私たちの出している雑誌『高知の戦争 証言と調査』を、ぐんと広めたいと思っています。新年を機に定期購読者を募集しています。
 この雑誌は、2009年1月創刊。50~70ページ。この1月に発行の11号には、伊野町で壕を掘っていた兵隊の体験記、高知市田辺島での空襲体験記、高知工業学校1年生の戦中体験記、水中の特攻隊員だった人の話、研究者のエピソードの記が掲載されます。編者・戦争遺跡保存ネットワーク高知、発行者・藤原義一、発行所・平和資料館・草の家(高知市)。発行は2か月に一度程度です。
 藤原に、ご一報いただければ、お送りします(送料・無料。一緒に振替用紙を同封します)。

|

« 英語で日記 二〇一〇年十二月三十日 木曜日 高松空襲についての記事。 | トップページ | 【写真日記】 三泊四日、台湾一周 一日目・十二月三十一日 その一・高知市から桃園(タオユエン)国際空港へ。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/50444487

この記事へのトラックバック一覧です: ひと足早い2011年の「年賀状」です。 :

« 英語で日記 二〇一〇年十二月三十日 木曜日 高松空襲についての記事。 | トップページ | 【写真日記】 三泊四日、台湾一周 一日目・十二月三十一日 その一・高知市から桃園(タオユエン)国際空港へ。 »