« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011.01.03

【写真日記】 三泊四日、台湾一周 一日目・十二月三十一日 その一・高知市から桃園(タオユエン)国際空港へ。

 二〇一〇年十二月三十一日から二〇一一年一月三日まで、妻、弟で台湾を旅行しました。とにかく列車で一回りしてみようという旅行です。

 【十二月三十一日】

 高知市行川(なめかわ)の友人によると、そこは雪が積もっているとのことです。
 高知市大津の、わが家の外に出て見ると東のほうの山には雪が積もっていました。

Photo

 午前十一時十五分、妻、弟とタクシーで南国市の高知龍馬空港に向かいました。

 全日空のプロペラ機で大阪国際空港へ。何か不安……。

Photo_2

 そして、バスで関西国際空港へ。
 二十九番ゲートの所にマッサージ機が七つも並んでいました。十分二百円と割高ですが、利用しました。
 テレビを見ると全国的に雪が降っていて、高知県の四万十市の積雪の映像も放送されました。
 日本航空の首切りとたたかう労働者の姿も伝えていました。
 午後六時五十五分発。
 着陸態勢に。
 両側の灯の海が美しい。
 
 灯(ひ)の海の 真上を通り
 ジェット機は
 するするすると 桃園(タオユエン)に着く

 午後九時一分、桃園市の台湾桃園国際空港着。

 案内は
 単語のメモと ジェスチャーで 世界を歩く
 タフな弟

 【尋子】  私は外国にベトナム、北京、内モンゴルに行っただけ。台湾にたどりつけるか不安いっぱいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【写真日記】 三泊四日、台湾一周 一日目・十二月三十一日 その二・高鉄台中(タイチョン)駅での珍事 エスカレーター逆走事件。

 タクシーに乗って高鉄桃園(タオユエン)駅へ。
 高鉄で台中(タイチョン)駅へ。

Photo_13

 ここで事件発生!! (尋子、後述)。

 タクシーで台中日華金典酒店(ホテル)に行きに、午前零時過ぎ、投宿しました。
 おっと時差一時間ですので、ここでは、まだ午前零時になっていません。
 高層ホテルです。私たちの部屋は二十五階。ビルの真ん中が空洞になっていて下をのぞきこむと足がふるえそうになります。

Photo_12

 部屋でテレビをみました。
 歌の番組は若い女性が涼しそうな衣装で歌っています。

Photo_3

 アニメ「魔女の宅急便」や「妊婦もの」の日本のドラマもやっていました。

 いずれも言葉、字幕とも日本語です。

Photo_4

 中国語 松下由樹が しゃべってる
 日本のドラマ
 台湾で見る

 台中の 高層ホテル
 カップラーメン 「うまいねえ」
 さて新年だ

 【尋子】 高鉄桃園駅で。タクシーに乗ろうと下りのエスカレーターで降りはじめていると、上から義弟の「尋子さ-ん!!」の声。あわてて下りのエスカレーターを駆け上りました。降りていた白人の男性が日本語で「大丈夫??」と声をかけてくれました。

 実は、尋子さんはタクシーの方向に向かう。いっぽう、私は写真を撮りたくて別の方向にずんずん行っていたので、弟があわてて「尋子さ-ん!!(夫を捨てていったらいかん!!)と、呼び止めた結果の出来事でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【写真日記】 三泊四日、台湾一周旅行 二日目・一月一日 その一・蓮霧(レンウー)と釈迦(スーチヤ)。

 【一月一日】

 朝、ホテルの部屋から下を見たら、こんな感じでした。

Photo_14

 朝食はホテルの十二階のレストランでバイキング。

 チェックアウト後、散歩。
 信号です。

Photo_15

 

 国立自然科学博物館の庭に行ったら、体操をしている人たちと出会いました。

Photo_16

 バスで台鉄台中駅へ(ここからは台鉄での旅です)。
 近くの市場を見てまわりました。
 ひょろ長いナスやニンニクの葉がありました。

Photo_18

 果物の釈迦(スーチヤ)と蓮霧(レンウー)を買いました。

Photo_5

 朝市で 釈迦(スーチヤ)の名前の 水果(スイクワ)買う
 台湾二日目
 台中の街

Photo_6

 【尋子】 市場の魚屋の店頭には「有殺」の表示。まだ生きている魚が、少し水を張った桶の中にピクピク。近くの屋台には「現殺」の表示で魚が山積み。いまさっき……ということだと思いました。

Photo_17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【写真日記】 三泊四日、台湾一周旅行 二日目・一月一日 その二・台南の市庁舎跡。

 台湾鉄道の台中駅から台南(タイナン)駅へ。
 席がなくて立っていたら車内清掃の女性が「後ろの車両の座席が空いていますよ」と教えてくれました。中国語ですが何となくわかりました。
 ありました。
 ありがとうございました。
 台南駅で降りて、駅前の地下道を通っていたらかたわらに段ボールが敷かれていました。
 セルフの店で食事をしました。
 ここで西瓜汁(スイカのジュース。三十元)を飲みました。
 そして、台南孔子廟へ。

Photo_7

Photo_8

 
 青空に 龍二匹舞う 孔子廟
 平安願うと
 札に書く妻

 孔子廟の隣で、舞台があって店がたくさん出て……という催しをやっていました。
 ふと見ると、見たことのある宅配便のマークがありました。

Photo_9

 この孔子廟の近くに台湾文学館がありました。
 ここの建物は、日本が植民地にしていた当時の市役所だったところだといいます。

Photo_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【写真日記】 三泊四日、台湾一周旅行 二日目・一月一日 その三・華蓮市の花火。

 台南駅から華蓮(ホワリェン)駅へ向かいます。
 台南駅午後三時十六分発、高雄(カオシング)駅午後三時五十一分着です。
 途中、ナンツー駅で約一時間停車。理由の説明なし。
 高雄駅で乗り換え。午後五時。一時間九分遅れです。
 「この列車が遅れたので列車に乗り遅れた。切符を取り替えてください」という英語を考えました。
 妻は中国語のセリフを考えました。
 しかし、ここは弟の出番でした。
 彼が、ホームの駅員に「これをどうしてくれる!!」とばかりにして切符を見せました。駅員は「チーサン!(三番ホーム)」。
 三人で三番ホームへ急ぎました。
 三番ホームでは、ずっと前に出ているはずの華蓮方面行きの列車が待っていました。
 ここから華蓮まで五時間十五分です。
 途中、車内販売で弁当売りが来ました。
 排骨弁当、八十元を買いました。
 午後十時十分、華蓮駅に到着。
 タクシーで華蓮市の金龍大旅社に向かいました。
 午後十時半について、そこに宿泊。
 このホテルの前の広場で新年のコンサートをやっていました。
 最後は花火。

Photo_11

 ガンガン景気よく上がります。
 感激しました。

 ところで、ここではバスを汽車、列車を火車というそうです。
 プラットホームは「月台」。
 オートバイは機車というみたいですが……。
 漢字で見て「こんな感じかな」というこでさまよっています。
 タクシーに乗る時は行き先を紙に漢字で書いたものを示して行ってもらっています。

 

Photo_19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【写真日記】 三泊四日、台湾一周旅行 三日目・一月二日 その一・華蓮市の特攻隊関連施設、将軍府、防空壕

 【一月二日】

 華蓮市の金龍大旅社をチェックアウトして近くをぶらぶら。
 ギョウザの店で朝食を食べました。
 市場で買い物。
 私は、また、果物の蓮霧と芭楽(グアバ。バーラヲ)を買いました。
 タクシーで松園別館へ。日本占領期の日本軍の施設で、日本軍の特攻隊が、ここで接待を受けたそうです。

Photo_2

Photo_3

  ここにもか
 特攻隊が いたという 施設の残る
 華蓮(ホワリエン)の高台

 下に降りていくと華蓮の「将軍府」がありました。

Photo_4

Photo_5

その左に防空壕がありました。
 レンガとコンクリートでつくった丈夫なもので、その前に壁がありました。

Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【写真日記】 三泊四日、台湾一周旅行 三日目・一月二日 その二・花蓮市の「扁食」店。

 花蓮駅前の喫茶店でゆっくりしました。
 パパイヤジュースとマンゴージュースを飲みました。
 その後、駅前をぶらぶらしていると「扁食」の看板を掲げる食堂がありました。

Photo_7

 「これは食べてみたい。扁食してみたい」
 注文すると水ギョウザでした。
 五十元でした。

 「扁食」の メニューにひかれ
 食べてみる
 「うん、おいしいよ。水ギョウザだよ」

 【尋子】 この店には「素食」もありました。肉の入っていない料理のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【写真日記】 三泊四日、台湾一周旅行 三日目・一月二日 その三・列車の「無座」の切符。

 午後一時三分、花蓮駅発で台北駅へ。
 途中から「無座」です。
 席はすべて指定席で立ち席が「無座」です。
 立つているのはいやなので床に座り込んで過ごします。
 駅に近づくたびに、車内放送で「クイリクワ」といっているのが気になります。
 「アテンション プリーズ」のことなのでしょうか。

 「無座」という 切符を買って
 床(ゆか)にいる
 妻、カシャカシャと 辞書引いている

 車内の消火器の表記を見てヘーッと思いました。
 「滅火器」

  これは各地で見ました。

Photo_8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【写真日記】 三泊四日、台湾一周旅行 三日目・一月二日 その四・新北投(シンペイトウ) 川で足湯を楽しむ人々。

 台北駅から地下鉄の淡水線に乗り換えて、新北投(シンペイトウ)駅で下車。
 歩いて水都温泉会館へ。
 しゃべりながら歩いていたら「水都温泉会館に行くんですか。こっちですよ」と後ろを歩いていた日本語で女性が教えてくれました。
 日本人?
 途中、道の右側の川で、たくさんの人たちが足湯を楽しんでいました。

Photo_9

 午後五時に到着。ここでチェックイン。
 ホテル内のレストランで食事。
 台湾料理を、たらふく食べました。
 屋上の露天温泉でくつろぎました。
 熱い湯の出口に「(熱い湯に)小心」という表示がありました。気をつけなさいという意味のようです。
 部屋のテレビでドラマを見ていると時々、字幕を読みとった妻の通訳が入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【写真日記】 三泊四日、台湾一周旅行 四日目・一月三日 レシート宝くじ。

 【一月三日】

 雨。

 朝食は水都温泉会館でバイキング。
 歩いて新北投駅に行って台北駅へ。
 バスで桃園国際空港へ。
 ところで、いくつかの店でもらう領収書には宝くじの番号がついています。

 空港内の喫茶店でもらった領収書にも、これがついていました。

Photo_10

 抽選は年に六回。一、二月分の抽選は三月二十五日とのことです。

 桃園国際空港を日本航空機で、午後零時半、出発。
 飛行機内には「台湾のにおい」が満ちています。
 みんな台湾のものを食べたので、体に、しみついているようです。
 弟によると、日本人は外国に行くと「醤油のにおいがする」といわれるそうです。
 一路、関西国際空港へ。
 午後四時過ぎに到着。
 バスで大阪国際空港へ。
 空港の売店で『仏像の見方 ハンドブック』を買いました。
 後期試験対策です。
 「日本美術史」では、仏像の基本的な見方、それぞれの時代の日本の仏像の特徴をつかんでおく必要があります。
 午後六時四十分発の高知龍馬空港行きに乗りました。
 午後六時二十分、高知龍馬空港に到着。バスなどで高知市の自宅へ。
 途中で近所のインド料理の店で夕食。
 これで今年の贅沢は終わり。
 家に着いたら午後八時半でした。

 

 【尋子】 エスコートしてくれた義弟に感謝。夫は、写真を撮るのに熱中していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.04

本土決戦時に高知県に配備された陸軍偕(かい)第六四八三部隊の役割 その一 第五十五軍の直轄部隊の一つ・迫撃第三七大隊。

 本土決戦時に高知県に配備された陸軍偕(かい)第六四八三部隊の役割について調べ始めました。
 わかったところから書いていきたいと思います。

 『本土決戦 四国防衛軍 下巻』(茶園義男。徳島県出版文化協会。一九七一年十二月二十五日)に、この部隊のことが出てきます。
 偕第六四八三部隊は、第五十五軍の直轄部隊の一つです。
 第五十五軍の通称(文字符)は、偕。軍管区は四国。軍司令官は原田熊吉中将です。終戦時所在地は、高知県長岡郡新改村です。
 偕第六四八三部隊というのは通称号で、部隊固有名は迫撃第三七大隊です。
 編制年月日は一九四五年二月二十八日、編制人員は八百六十八人、第十一師団に配属されました。同年八月十五日の終戦時には、高知県長岡郡にいました。
 なお、長岡郡は、後免町、野田村、大篠村、三和村、稲生(いなぶ)村、十市村、大津村、介良(けら)村、岡豊村、長岡村、久礼田村、新改村、上倉村、瓶岩村、田井村、天坪村、吉野村、西豊永村、東豊永村、本山村、国府村、大杉村でした。

 迫撃というのは、迫撃砲を使うということです。
 『大砲入門 陸軍兵器徹底研究』(佐山二郎。光人社。一九九九年九月十三日)によると迫撃砲にはつぎのようなものがありました。
 十四年式重迫撃砲=口径約二十七センチ。
 十一年式曲射歩兵砲。
 九〇式軽迫撃砲。
 九四式軽迫撃砲。
 九六式中迫撃砲=口径十五センチ。
 九六式重迫撃砲=口径三十センチ。
 九七式中迫撃砲(長・短)。
 九九式小迫撃砲。
 二式十二センチ迫撃砲。
 四式重迫撃砲=口径三十センチ、弾量百七十キロ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一一年一月三日 月曜日 年賀状、ありがとうございました。

二〇一一年一月三日 月曜日 年賀状、ありがとうございました。

 晴れ。

 たくさん年賀状をいただいていました。
 アメリカからも。
 ありがとうございました。

 年末に息子夫婦が送ってくれた酒を飲みました。
 うまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一一年一月四日 火曜日 戦争遺跡保存四国シンポジウム(五月、今治市)のお知らせのはがき。

二〇一一年一月四日 火曜日 戦争遺跡保存四国シンポジウム(五月、今治市)のお知らせのはがき。

 晴れ。

 妻の年賀状の印刷担当をつとめました。
 戦争遺跡保存四国シンポジウム(五月、今治市)のお知らせのはがきをつくりました。
 Iさんが『高知の戦争 証言と戦争』十一号の初校ゲラを持って来てくれました。 昨夜に引き続き息子夫婦が送ってくれた酒を弟と飲みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.10

英語で日記 二〇一一年一月十日 月曜日 バイクが動きません。

二〇一一年一月十日 月曜日 バイクが動きません。

  晴れ。

 昨夜、アパートに帰って来ました。
 オートバイで買い物に行こうとしました。
 しかし、オートバイは故障していました。
 それで、今日の午後、JR志度駅近くのオートバイの店まで私のオートバイを持って行きました。
 オートバイは、あす午後には復活する予定です。

 故障は、もう一つあります。
 昨夜から胸の鼓動の早鳴りが続いています。

Monday, January 10, 2011 My motorcycle doesn't move.

Fine.
 
I came back to my apartment last night.
I tried to go shopping by my motorcycle.
However, it was out of order.
And, I took it to a motorcycle shop in the vicinity of JR Shido Station this afternoon.
As for, it is scheduled to revive on tomorrow afternoon.

There is another  trouble.
My pulse of heart began to race from last night.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年一月九日 日曜日 丸亀中学校二年生たちの陸軍の飛行場づくり。

二〇一一年一月九日 日曜日 丸亀中学校二年生たちの陸軍の飛行場づくり。

 晴れ。

 午前中、丸亀市立図書館で、最後の陸軍第十一師団長だった人の本を読みました。
 それには、一九四五年四月からの、四国への陸軍の配備状況が書かれていました。

 午後一時、JR丸亀駅前でIさん(七十九歳)と会いました。
 彼は、終戦のとき、丸亀中学校の二年生でした。
 彼は、彼も参加した陸軍国分飛行場づくり、陸軍丸亀飛行場づくりの様子を教えてくれました。
 夜、アパートで月刊『高知歌人』の短歌十首とエッセイを書き終えました。

Sunday, January 9, 2011 Marugame junior high school second-year student's army airport-making.

Fine.

I read a book about a person who was the last head of the 11th army division in Marugame city library in the morning.
A disposition situation of  army to Shikoku from April, 1945  is written in it
I met Mr. I(79 years old) in front of JR Marugame Station in the afternoon.
He was a second-year student in Marugame junior high school at the end of the war.
He taught me appearances of army Kokubu airport-making and army Marugame airport-making that he had participated.

I finished writing ten tanka poems and an essay for monthly 'Kochikajin' in my apartment at night.

(dispose 配置する。division デビジョン 陸軍師団)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年一月八日 土曜日 高知県立短期大学のときの三人の仲間と懇談しました。

二〇一一年一月八日 土曜日 高知県立短期大学のときの三人の仲間と懇談しました。

 晴れ。

 午後、高知市で、高知県立短期大学のときの三人の仲間と懇談しました。
 三人は、こんな人です。
 僕と同い年の女性は、最近、会社をつくり、社長に就任しました。
 僕より若い女性は、専門学校で教えています。
 四十代の女性は英語の塾の先生です。彼女は、大学三年生でもあります。
 私には、いい仲間がたくさんいます。
 

Saturday, January 8, 2011 A chat with three companions from Kochi prefectural junior college days.

Fine.

In the afternoon,I chatted with three companions from Kochi prefectural junior college days in Kochi city.
Three people are like this.
A same age woman as me made a company recently, and assumed a position of the president.
Another woman is younger than me. She  teachs in a special school.
A woman in her forties is a teacher of an English cram school. She is a junior.
I have a lot of good companions.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年一月七日 金曜日 奈良県の古代遺跡。

二〇一一年一月七日 金曜日 奈良県の古代遺跡。  晴れ。  仲間と一緒に、奈良県でいくつかの古代の遺跡を見ました。 Friday, January 7, 2011 Ancient ruins in Nara Prefecture. Fine. I saw old relics with my companion in Nara Prefecture.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年一月六日 木曜日 お茶会。

二〇一一年一月六日 木曜日 お茶会。

 晴れ。

 私は、大阪市のSさん宅でのお茶会に参加しました。

Thursday, January 6, 2011 A tea party.

Fine.

I participated in a tea party in Miss. S's house in Osaka city.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年一月五日 水曜日 Sさんの四回忌のつどい。

二〇一一年一月五日 水曜日 Sさんの四回忌のつどい。

 雲り。

 妻と一緒に、朝から『高知の戦争 証言と調査』十一号の二校をしました。

 午後、高知市から列車で大阪市へ行きました。
 大阪市で、Sさんの四回忌のつどいに参加しました。
  彼と私は、職場の仲間でした。

Wednesday, January 5, 2011 Gathering of the third anniversary of my co-worker Mr.S .

Cloudy.

I and my wife read two proofs for  'War testimony and survey of Kochi'11th in the morning.

I went to Osaka city from Kochi city  by a train in the afternoon.
I participated in a gathering of the third anniversary of Mr.S .
He and I were co-worker .

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【エッセイ】 『伊勢物語』二十三段を読む 同じ「風吹けば……」でも、私は感情の熱で「かなまり」の水を沸騰させた妻の話が好きです。 

 『伊勢物語』二十三段は、嫌な男と、その賢い妻の話です。

 二人とも「ゐなかわたらひ」をしていた人の子どもでした。
 幼なじみで、両想いで一緒になりました。
 妻のもとに夫が通い、夫がやしなわれる結婚だったようです。
 妻のほうの親が亡くなり妻の家は経済的に苦しくなります。
 すると、夫は、妻のもとに通いながらも、ひと山越えた里、「河内の国、高安(たかやす)の郡(こうり)」の新しい女の所にも通うようになります。
 妻は、それに文句をいいません。
 夫は「こと心ありてかかるにやあらむ」と疑って、高安に行ったふりをして前栽に隠れて妻の様子を探ります。
 妻は、「いとよう化粧(けそう)して、うたながめて」つぎのような歌を詠みます。

  風吹けば沖つ白浪(しらなみ)龍田山
    夜半(よは)にや君がひとり越ゆらむ

 この歌を聞いて夫は、いとおしく思って、それ以降、高安にはあまり行かなくなります……。
 この話、私は嫌いです。
 経済的に困難になったことで妻を裏切り、その上、妻を疑ってのぞき見する、いやな男に対する批判的な視点がないからです。
 それに妻のほうも、そんな夫の性格を知っていて、のぞき見するように仕向けている様子があるからです(これは、私の勝手な解釈ですが……。ほんとは、こんな裏切り夫は追いだしてやればいいと思うのですが……)。

 この歌は、同時代の後二つの書物にも載っています。

 一つは『古今和歌集』です。

 風吹けば沖つ白波立田山夜半には君がひとりこゆらむ(題しらず。読人不知)

 ここにある物語は、『伊勢物語』の、その部分とほぼ同じです。
 少し違うのは妻が「夜ふくるまで、琴をかきならしつゝ、うちなげきて、この歌をよみて寝にければ」というところと、これを見た夫が「それより、また外へもなからずなりけり」というところです。
 二つ目は『大和物語』です。
 ここでも妻は、同じ歌を詠みます。
 しかし、その様子は少し違います。
 「はしにいでゐて、月のいといみじうおもしろきに頭かいけづりなどしてをり。夜ふくるまで寝ず。」
 そして、歌を詠みます。
 そして、「この女、うち泣きて、かなまり(金属製のわん)に水を入れて、胸になむすゑたりける。……この水熱湯にたぎりぬれば、湯ふてつ。また水を入る。」
 それを見ていた夫は、走りい出て、かき抱いて寝ました。
 「かくて(夫は)ほかへもさらにいかで、つとゐにけり。」
 水を沸騰させたのは、妻の悲しみと愛と憤りの熱だと思います。妻の行為は、猟奇的ですが、感情の発露としては自然です。この物語が、私は一番好きです。

 【参考文献】

 『伊勢物語の原風景 愛のゆくえをたずねて』。原國人。有精堂出版株式会社。一九八五年十一月二十日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二〇一一年一月四日 火曜日 うだうだとする一日。

二〇一一年一月四日 火曜日 うだうだとする一日。

 晴れ。

  高知市の自宅にいます。
 なんだか、うだうだとしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ニュース】 「ワンパッケージ」で賃上げ政策をという日本共産党の提案。

 九日午前、JR丸亀駅前の喫茶店で、NHK総合テレビの「日曜討論」各党代表インタビューをみました。
 日本共産党の志位和夫委員長が、国民の生活を立て直して深刻な日本経済の低迷を打破するために、政治の責任で「ワンパッケージ」の賃上げ政策を実行に移すことを提案しました。
 すごい、いい提案です。

 その内容が、ここに載りました。

 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2011-01-10/2011011001_01_1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.11

【短歌】 不快な寝ざめ。

 悪夢見て 数回起きた 明けのこと 新聞紙上の きな臭いこと

 米韓と 一緒になって 戦争に 走っています 民主の政権

 十一日付の四国新聞一面トップは、「物品役務協定へ協議 日韓防衛相 軍事情報保護協定も」。三面には「米空母と海自 共同訓練公開 北朝鮮、中国けん制も」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地球一周の距離は?

 ひがとよさんのメールを読んで、「地球一周の距離は?」とインターネットで見てみました。
 ありました。これです。
 

 http://kids.gakken.co.jp/kagaku/110ban/text/1327.html

 ……現在わかっている地球一周分の長さはふたつあります。赤道の長さの約4万77km。それから、北極と南極の2点を通る長さの約4万9kmです。
 一般に地球一周といった場合には、およそ4万kmと覚えておけばいいでしょう。

 50ccバイクで地球二周分を走行ですか。ひがとよさん、すごいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年一月十一日 火曜日 オートバイは快調。 Tuesday, January 11, 2011 My motorcycle is smooth.

二〇一一年一月十一日 火曜日 オートバイは快調。

 晴れ。

 昨夜、『伊勢物語』についての文章を書き上げました。

 本日から大学の授業が始まりました。
  大学のセンダンの木の実は、真っ青な空を背景に金色に輝いていました。
 
 オートバイの店に行きました。
 オートバイは直っていました。
 快調です。
 
 夜、アパートでクジラの肉を煮て食べました。

 『高知の戦争 証言と調査』十二号の二本の原稿を整理しました。

Tuesday, January 11, 2011 My motorcycle is smooth.

Fine.

I finished writing sentences of 'Tales of Ise' last night.

The class of our university started today.
Nuts of a chinaberry tree in our university sparkled golden in a bright blue sky.
I went to a motorcycle shop.
My motorcycle had been repaired.
It is smooth.
 
I boiled and ate whale's meat in my apartment at night.

I arranged two sheets of manuscript of 'War testimony and survey of Kochi' 12th .

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.12

英語で日記 二〇一一年一月十ニ日 水曜日 「締め切りは本日午後五時」。Wednesday, January 12, 2011  "The deadline is today afternoon five o'clock".

二〇一一年一月十ニ日 水曜日 「締め切りは本日午後五時」。

 晴れ。

 「あのリポートの締め切りはいつだったかなぁ」
 朝、私のノートを見ました。
 ノートを見て、びっくりしました。
 締め切りは本日午後五時でした。
 あせりました。
 それでも、二時間目の授業は受けました。
 アパートに帰って、午後一時からパソコンでリポートをつくりました。
 まず、展示会の企画をつくりました。
 つぎに、展示会のポスターです。
 そして、展示会場の構成図をかきました。
 これら三つをそろえて提出しました。
 それは、午後四時でした。
 五時間目の授業を受けることができました。

 夜、ある人に『高知の戦争 証言と調査』十三号への記事の執筆を願いしました。

Wednesday, January 12, 2011  "The deadline is today afternoon five o'clock".

Fine.

"When was a deadline of that report?"
I saw my notebook in the morning.
I was surprised to see it.
Its deadline was 5 p.m. of today.
I was in a hurry.
Still, I attended the second period.
I returned to my apartment, and made a report with my personal computer at 1 p.m.
First of all, I made a project of an exhibition.
Next, I made a poster of the exhibition.
And, I drew a block diagram of the exhibition hall.
I arranged and submitted these three.
It was 4 p.m.
I was able to attend the fifth period.

I asked a certain person to write an article to 'War testimony and survey of Kochi'No.13 at night.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマキとチマキの違い 高知人的勘違い。

 授業中、「チマキというのは、どんなものですか?」と韓国人の先生に質問されました。
 「わかりません」
 本当にわからないのです。
 食べたことはあると思いますが、「これがチマキですよ」という形で出されて食べたことがないのです。
 インターネットで見たら「もち米やうるち米、米粉などで作った餅、もしくはもち米を、三角形(または円錐形)に作り、ササなどの葉で巻き、イグサなどで縛った食品。葉ごと蒸したり茹でて加熱し、葉を剥いて食べる」とあります。
 「背(せい)くらべ」(作詞:海野厚 作曲:中山晋平)という歌があってチマキが出てくることは知っていました。

 柱のきずは おととしの
 五月五日の 背くらべ
 粽(ちまき)たべたべ 兄さんが
 計ってくれた 背のたけ
 きのうくらべりゃ 何(なん)のこと
 やっと羽織の 紐(ひも)のたけ

 柱に凭(もた)れりゃ すぐ見える
 遠いお山も 背くらべ
 雲の上まで 顔だして
 てんでに背伸(せのび) していても
 雪の帽子を ぬいでさえ
 一はやっぱり 富士の山

 でも、私は、おとなになってからも「チマキだなんて変だね。高知ではスマキというんだよ」と思ってきました。
 スマキって、あれですよ、練り物の……。
 高知にしかないのでしょうか?
 スマキが食べたい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.13

大三島のみやげをいただきました。

 十二日午後、五時間目の授業に向かっていると、一年生の女子たちに出くわしました。
 その一人が「はい。これ。おみやげです」と、まんじゅうを一つくれました。
 愛媛県の大三島のものでした。

 大三島。

 高知大学の先輩、渡邉靖ニさん(故人)が高校時代まで過ごした場所です。
 まんじゅうを食べながら靖ニさんのおもかげを思い出していました。

 そういえば、数年前、大久島に行ったとき、大久島でつくられた毒ガスの一部がアジア太平洋戦争中に大三島に移されたことを知りました。
 あの毒ガスは、その後、どうなったのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年一月十三日 木曜日 僕は、夜が忙しい。Thursday, January 13, 2011 My night was busy.My night was busy.

二〇一一年一月十三日 木曜日 僕は、夜が忙しい。

  晴れ。

 きょうは、夜が忙しかった。
 部屋のたくさんのゴミを捨てに行きました。
 手打ちうどんを食べに行きました。
 鹿児島県立図書館が送ってくれた資料をコピーしてYさんに送りました。
 散髪をしてもらいました。
 証明写真を撮りました。
 中古のDVDを三枚買いました。
 探していた人と連絡がつきました。
 彼は、一九四五年夏に兵士でした。
 Sさんに「あなたの編入祝いの宴をしましょう」と電話しました。
 DVDを二本見ました。

Thursday, January 13, 2011 My night was busy.

Fine. 

My night was busy today.
I went to throw away a lot of garbage of my room.
It went to eat a homemade noodle.
I copied a material that Kagoshima prefectural library sent me.
And,sent it to Mr. Y.
I had my hair cut.
An ID photo was taken.
I bought three DVDs of second-hand goods.
I was able to speak on telephone with a person whom I had been looking for.
He was a soldier in the summer of 1945.
I called Mrs. S , saying that "Let's do the feast of your incorporation celebration".
I watched two DVDs.

(garbage カーベッジ 生ゴミ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.14

英語で日記 二〇一一年一月十四日 金曜日 妻は、人々の幸せのために、日々、活動しています。Friday, January 14, 2011 My wife acts for people's happiness every day.

二〇一一年一月十四日 金曜日 妻は、人々の幸せのために、日々、活動しています。

 晴れ。

 大学は休みです。

 昼から四時間、英作文の勉強をしました。

 そして、歌物語について小文を書きました。

   夜中に高知市の、わが家にやってきました。

 妻の最近の活躍の話を聞きました。

 彼女は人々の幸せのために、毎日、活動しています。

 『高知の戦争 証言と調査』十一号の三校を終えました。

Friday, January 14, 2011 My wife acts for people's happiness every day.

Fine.

Our university is closed.

I studied English composition for four hours from noon.

And I wrote an essay about Utamonogatari (a collection of short tales).

I arrived at my home in Kochi city at midnight.

I listened to my wife's story.

She acts for people's happiness every day.

I finished three proofs of "war testimony and investigation of Kochi"11th .

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌物語 『伊勢物語』、『大和物語』、『平中物語』について。

 歌物語(うたものがたり)は、和歌にまつわる説話を集成した、物語文学の総称です。一首から数首の和歌を中心に構成された短編の物語集のことをいいます。

 【作品】

 平安時代の十世紀に集中的に制作され、『伊勢(いせ)物語』、『大和(やまと)物語』、『平中(へいちゅう)物語』がその代表的な作品です。
 ほかに、『多武峯少将物語』、『伊勢集』、『一条摂政集』もあります。

 【成立】

 歌を交えながら話を語るという方法は、古代の記紀歌謡にまでさかのぼることができるものです。十世紀初頭の、最初の物語と目される『竹取物語』は歌物語ではなく作り物語ですが、それにも歌が含まれています。
 九世紀なかばの和歌再興期以後、実在の人物の和歌がどのような事情で詠まれたかに深い関心が寄せられ、それが宮廷社会で「歌語り」として語られるようになりました。
 歌物語はそうした「歌語り」を物語として洗練させながら、作中人物の、歌を詠まざるをえない心情の経緯を語ろうとしています。
 歌物語の成立には、『万葉集』の「左注」や、『古今和歌集』などに見られるような、和歌の「詞書」に記された出来事との関係が指摘されます。
 例えば『伊勢物語』は『古今和歌集』と重複する和歌を含みますが、『古今集』の詞書を改変したと考えられる章段や、『古今集』において隣同士に配列された和歌同士で一つの物語を作ったと考えられる章段があります。
 このような歌物語は、次第にその詞書にあたった部分が長大化していくことにつながりました。

 【『伊勢物語』】

 『伊勢物語』は、平安時代初期に成立しました。
 全百二十五段からなり、「男」の元服から死にいたるまでを数行程度の仮名の文と歌で作った章段を連ねることによって描きます。
 歌人・在原業平の和歌を多く採録し、主人公を業平の異名で呼んだりしている(第六十三段)ところから、主人公には業平の面影があります。主人公が業平と呼ばれることはなく王統の貴公子であった業平とは関わらないような田舎人を主人公とする話(二十三段)も含まれていいます。中には業平没後の史実に取材した話もあるため、作品の最終的な成立もそれ以降ということになります。
 各話の内容は男女の恋愛を中心に、親子愛、主従愛、友情、社交生活など多岐にわたります。
 作中紀氏との関わりの多い人物が多く登場します。在原業平は紀有常(実名で登場)の娘を妻としているし、その有常の父紀名虎の娘が惟喬親王を産んでいます。

 『源氏物語』にも、この作品のことが出てきます。

 

 【『大和物語』】

 『大和物語』の成立は、十世紀の中ごろとされています。
 その記述のほとんどが、天暦五年(九五一年)以前における、官位など宮中の人間関係によって成り立っています。
 このころは、村上天皇の勅によって編纂された『古今和歌集』に続く勅撰集『後撰和歌集』の、ちょうど編纂時期と重なっています。そして、一段における贈答歌が「後撰和歌集」では千三百二十ニ、千三百二十三番の和歌として撰歌されるなど、かなりの数の「大和物語」の和歌が撰歌されています。
 内容は、九~十世紀前半の宮廷社会に登場した人物をめぐる、恋愛や離別・哀傷といったさまざまな出来事について、歌と語りで綴った物語の集まりです。主人公も段ごとに多種多様で、天皇、上皇、王臣貴族、女御や女官など、歴史に残った宮中の人物もかなり含まれます。
 それぞれの段との間に関連性がない場合がほとんどです。

 【『平中物語』】

 『平中物語』(平仲物語とも書く)は、平安時代の天徳三年~康保ニ年(九五九年~九六五年)ごろまでの成立とされます。
 現代に伝えられる伝本は、藤原定家の孫である冷泉為相による古写本一冊しかありません。
 恋愛説話三十八段からなります。
 主人公の「平中」は、平安時代中期の歌人、平貞文(たいらのさだふみ又はさだぶん)です。

 作中の男は、よく涙を流して泣きます。また、涙をくどきにも使います。

 【影響】

 『源氏物語』は「歌物語」ではありませんが、『伊勢物語』の影響を受けていて、その表現でも引き歌(和歌に類似した表現を用いることで、和歌自体やその周辺の状況を背景として表現すること)だけでなく、和歌の措辞を多く用いています。

(以下は、インターネットの各ページの記述を参考にしました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 「デビューから40年、沖縄を語る 南沙織(みなみ・さおり)さん」。

 四国新聞一月十三日二面の「時の人」は「デビューから40年、沖縄を語る 南沙織(みなみ・さおり)さん」。
 沖縄県で生まれ、宜野湾市(ぎのわんし)の普天間(ふてんま)飛行場のゲート近くで育った彼女。
 「あの危ない飛行場がなぜ、いまだにあるのか。移設先が辺野古(へのこ)の海というのもだめです」
 彼女、五十六歳だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.15

「色好み」の男の涙。エッセイの素。

  『伊勢物語』の「色好み」の男は、よく涙を流しています。

 「男は泣くな」とばかり親たちから教えられてきた僕にとっては、とても不思議なシーンです。

 『平中物語』の男も、妻でない女を誘惑するために涙を利用していますね。

 おもしろい。

 少し立ち入って考えてみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『竹取物語』の舞台の富士山の様子。

 『竹取物語』の舞台では、富士山には煙がたってたようです。

 不二の薬に火をつけて燃やした煙ということになっていますが、「その煙(けぶり)、いまだ雲のなかへたちのぼる、とぞ言い伝へける。」とあります。

 『古今集』の仮名序では「今は富士の山も煙たたずなり」とあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年一月十五日 土曜日 男は生き抜くうえで弱い生命体だという議論。Saturday, January 15, 2011 Discussion that men are weak living things to survive, though.

二〇一一年一月十五日 土曜日 男は生き抜くうえで弱い生命体だという議論。

 晴れ。

 午前中、平和資料館・草の家(高知県)の新年会に参加しました。

それには、約四十人が参加しました。

 『高知の戦争 証言と調査』十二号の表紙の写真を撮影しました。

 高知市内で「県立高知短期大学の社会人入試を受けませんか」というビラ配りに参加しました。

 夜、高知短期大学学生有志のコンパに特別に参加しました。

 それには、十人が参加しました。

 ある男性が、「男は弱い生命体です。しかし、女は、それと比較して強く生き抜く生命体です」といいました。

 その議論に共感しました。

 そのコンパには、三十七歳の女性も参加していました。

 彼女は、小学校一年生の女の子のお母さんです。

 彼女は、高知短期大学に入学する前から、私のブログを見ていてくれたとのことです。

Saturday, January 15, 2011 Discussion that men are weak living things to survive, though.

Fine.

I participated in New Year's party of Grass roots house peace museum (Kochi Prefecture) in the morning.

About 40 people participated in it.

I took photographs for covers of  'War testimony and survey of Kochi'12th.

I distributed flyers in Kochi city.

It said "You also take an entrance exam of prefectural Kochi junior college as a member of society . "

I specially participated in a party by students of Kochi junior college at night.

10 people participated in it.

A certain man said to me.

" Men are weak living things to survive. However, women are living things to survive strongly.". 

I sympathized his opinion.

37-year-old woman also participated  the party.

She has a daughter .Her daughter is  the first grader in an elementary school.

I heard that she has read my blog before entering the Kochi junior college.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『大和物語』を読みはじめました。信濃の国の更科(さらしな)の「おば捨て山」の話も載っています。

 『大和物語』を読みはじめました。

 おもしろい。

 信濃の国の更科(さらしな)の「おば捨て山」の話も載っています。

 男が妻のプレッシャーのもと親代わりの伯母をだまして高い山の峰に捨ててくるというものです。

 男は、このことを悔いて、また行って連れてもどるのですが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.16

英語で日記 二〇一一年一月十六日 日曜日 高知県南国市里改田の琴平神社の山の戦争。Sunday, January 16, 2011 War of mountain in Kotohira Shinto shrine in Kochi prefecture Nankoku city.

二〇一一年一月十六日 日曜日 高知県南国市里改田の琴平神社の山の戦争。

 晴れ。

 寒い朝でした。

 朝から高知県南国市里改田の琴平神社の山へ行きました。

 私たち一行は、ここの戦争遺跡に詳しいDさん、Fさんの案内で、この山を歩きました。

 この山には、アジア太平洋戦争のときの横穴壕やトーチカ跡がたくさんあます。

 Yさんと私は、午後、高知市内の元兵士の話を聞きました。

 彼は、一九四五年春、香川県善通寺の陸軍第十一師団に入隊した人です。

 その後、通信兵として高知県に出陣し、高知市介良(けら)の民家に寝起きしていたました。

 高知市から高松市への高速バスの中で『平中物語』を読みました。

 『平中物語』の「男」は、涙を流すことで女性たちを口説こうとします。

 『伊勢物語』の「男」も、同じ手法を用いました。

 午後十時二十分、さぬき市のアパートに帰って来ました。

 高知市の妻に電話しました。

 彼女は、『高知の戦争 証言と調査』十一号の四校を終了したといいました。

Sunday, January 16, 2011 War of mountain in Kotohira Shinto shrine in Kochi prefecture Nankoku city.

Fine.

It was a cold morning today.

I went to a mountain in Kotohira Shinto shrine in Kochi prefecture Nankoku city in the morning.

We walked in this mountain by guides of Mr. D and Mr. F, they were well informed about  war ruins here.

Lots of tunnel trenches and torch marks at Asian Pacific War remain in this mountain.

Miss. Y and I heard a story of a former soldier in Kochi city in the afternoon.

He is a person who joined 11th army division in Kagawa prefecture Zentsuji in the spring in 1945.

I read ' Heitiyumonogatari ' (Tales of Heitiyu)' in a high-speed bus from Kochi city to Takamatsu city.

"Man" of this story tries to win women by his tears.

"Man" of ' Isemonogatari '(Tales of Ise) used the same techniques.

I came back to my apartment in Sanuki city at 10:20 p.m.

I called my wife in Kochi city.

She said that she had ended forr proofs of 'War testimony and survey of Kochi'11th .

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.17

【短歌】 結婚四十年 わが妻問いの夜と、その後。【一部変更】

 わが妻は 地域奉仕で 僕、学生 四十年目の 一緒の暮らし

 きょうも、また 自転車駆って あちこちと 走っているらし 元気な妻は

 「帰るのは 夜中だからね」 ひさしぶり 妻問いの夜も 予定は変えない

 「生き抜くの パワーがあるね。女って」 へなちょこ男 「しか、しか」という

 このごろの できごと一気に のべたてて すっきりしたか 「先に寝るから」

 川の字に 寝てるこのごろ メス猫と 妻と私の 三人家族
 
 「本借りて」「校正しといて」 あれこれと 夫のツメも 苛酷であるが

 お刺身と タコの酢の物 水ギョウザ わが好物が 並ぶ夕飯

 今週の スケジュールなど のべたてて 「あなたのアパート、しばらく行いけない」

 夜九時に 電話をした 「いまは、だめ」 妻、六十三は 会議にふける

  「いまも、だめ。中国語の 真っ最中」 夜十一時 電話切る妻

 他人には あったかムード 夫には 「ぴしぱしムード」の 妻のいる街

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年一月十七日 月曜日 『万葉集』の勉強。Monday, January 17, 2011 Study of 'Manyoshu'.

二〇一一年一月十七日 月曜日 『万葉集』の勉強。

 徒歩で大学に行きました。

 夜は、四国学をインターネットで受講しました。

 この試験のために『万葉集』について勉強するつもりです。

Monday, January 17, 2011 Study of 'Manyoshu'.

I went to our university on foot today.

I attended Shikoku study on the Internet at night.

I will study 'Manyoshu' for this examination.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.19

英語で日記 二〇一一年一月十八日 火曜日 陸軍丸亀飛行場について。Tuesday, January 18, 2011 About army Marugame airport.

二〇一一年一月十八日 火曜日 陸軍丸亀飛行場について。

 晴れ。

  夜、陸軍丸亀飛行場について、これまでの調査のまとめを書きました。

Tuesday, January 18, 2011 About army Marugame airport.

Fine.

I wrote a summary of a current investigation about army Marugame airport at night.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ふくい」さん。ありがとう。元「女性解放の戦士」より。

  「【短歌】 結婚四十年 わが妻問いの夜と、その後。【一部変更】」を読んで「ふくい」さんがコメントをつけてくれました。ありがとうございます。

 「久しぶりにフジハラ短歌で泣き笑い。フジハラさんを笑ったのではないです、『わが妻』さんが私によく似てるから。」
 うれしいコメントです。

 私が、昔、大学生だったとき、妻は一年下でした。
 当時、僕は「女性解放の戦士」たらんとしていました。
 大学に新日本婦人の会をつくり、母親運動の運動体もつくりました。
 そのリーダーが、いまの妻・尋子でした。
 彼女は、順調に「成長」し、現在にいたっています。
 近々、母親運動の関係で広島市に行くとか、言っています。

 しかし、元「女性解放の戦士」は、いまは、単なる「甘えん坊」で、妻も手を焼いています。
 僕の成長が、どっかで停止していることが問題点なのは、実はわかっています。

 ところで、いま午前零時過ぎです。
 一昨日から、ダイコンをぶ厚く切ったもの(オデンのような)を炊いているのですが、それが、やわらかくなりません。
 で、いま、魚のアラを加えて、炊き直しています。

 

 後期試験の課題が押し寄せています。

 しかし、今夜は、十九日の授業の準備におわれました。

 何か課題に押しつぶされそうになりながら、「何とかしたい」とあえいでいる日々です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年一月十九日 水曜日 後期試験の勉強を始めました。Wednesday, January 19, 2011 Study of exam at latter term.

二〇一一年一月十九日 水曜日 後期試験の勉強。

 晴れ。

 数時間かけて、陸軍丸亀飛行場についてのリポートを書き直しました。

 これを、もう一回、書きなおす必要があります。

 今夜から後期試験の勉強を始めました。

 まずは、考古学研究法の試験勉強をしました。

 この科目は、あまり理解しないままで過ごしてきました。

 それで、いま苦労しています。

 

  インターネットで四国学を受講しました。

Wednesday, January 19, 2011 Study of exam at latter term.

Fine.

I rewrote a report of army Marugame airport spending several hours.

I should rewrite this once more.

I started to study  a latter term exam tonight.

First of all, I did a exam study of a archeology research method.

I have spent this subject without understanding so much.

And, I have a hard time now.

I attended Shikoku study on the Internet.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短歌】 「カモン」という知事。

 ぺらぺらと

 広域連合 語る知事

 「カモン」というが ちょっとやばそう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短歌】 独りの夕食。けっこううまいよ。

 早口で しゃべりしゃべる 妻がいる 「早く切れよか」 わかったよ、もう

 ほかほかに ダイコン、ナスを 焼いてます 独り夕食 それなりの美味

 ノートなど すべてバックに 入れました あと一時間 自由な時間

 十日の追加

 「やりかけた ことがあるから じゃあ、またね」 妻との電話 かなり困難

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.20

英語で日記 二〇一一年一月二十日 木曜日 道州制の問題。Thursday,January 20, 2011 Questions of Doushiyusei(regional system).

二〇一一年一月二十日 木曜日 道州制の問題。

 きょうの基礎実習は江戸時代の文書(もんじょ)についてでした。
 先生は三つ文書を示しました。
 しかし、私は、それらが、ほとんど読めませんでした。
 
 夜、インターネットで四国学の授業を受けました。
 この講義のテーマは、道州制の問題でした。
 昨夜の続きです。

 娘の長女・エミは月曜日からインフルエンザにかかっているそうです。
 心配です。

Thursday,January 20, 2011 Questions of Doushiyusei(regional system).

Today's basic practice was documents in Edo period.
Our teacher showed us three documents.
However, I was hardly able to read them.

I attended a class of Shikoku study on the internet at night.
A theme of this lecture was a question of Doushiyusei(regional system) .
This is last night's continuation.

Daughter's eldest daughter Emi seemed to have gotten the flu since Monday.
I am worried. 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.21

英語で日記 二〇一一年一月二十一日 金曜日 歴史地理の試験という難問。。Friday, January 21, 2011 Difficult problem of exam of history geography.

二〇一一年一月二十一日 金曜日 歴史地理の試験という難問。

 晴れ。

 午前九時から午後四時まで、手書きのリポートを書きました。
 このリポートのためにたくさんのイラストを描きました。
 それは、二十一ページのリポートになりました。

 ところで、私は、歴史地理の試験に合格できそうにありません。
 これまで地理学を勉強してきませんでしたから、授業が理解できていないのです。
 それで、大学受験のための地理Bの参考書を買ってきました。
 試験の前々日まで、これを読んで勉強します。
 そのうえで、歴史地理のノートを読み直して勉強します。

Friday, January 21, 2011 Difficult problem of exam of history geography.

Fine.

I wrote a handwriting report from 9a.m. to 4 p.m.
I drew a lot of illustrations for this report.
The report  became  21 pages.

By the way, probably I don't have any confidence to pass an exam of  history geography.
Because I have not studied a geography up so far , I cannot understand this class.
And, I have bought reference books of geography B for my university exam.
I study reading this until the day of the exam beforehand.
I study  history gography  to read my notebook .

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パイナップルのお値段。

Photo

 昨夜、近くのスーパーマーケットで見つけたフィリピン産のパイナップルです。

 安かったので二つ買ってきました。

 食べてみると味もいい。

 値段は一つ八十八円でした。

 安いのはいいのですが、こんな値段で生産者は食べていけるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルフうどんの私流の食べ方。

Photo_2

 近くにできたセルフのうどん屋が気に入っています。

 これは昨日の朝の私の食事です。

 ワカメとネギが入れほうだいになっています。

 ネギをすくう容器も大型です。

 ごらんのように私のうどんの上はネギだらけです。

 野菜補給のために活用しています。

 以前、広島市に単身赴任していた時、野菜不足で体調をくずしたことがありますので。

 アゲと牛肉の筋のおでんとコロッケをつけて計四百三十円でした。

 【追加】

 本日の遅い昼食も、ここで食べました。

 ひょいと見たら、若い衆が、どんぶりにワカメとネギをピラミッドのように乗せていました。

 負けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短歌集】 地理のイロハを自習中です。

 夜、大学受験用の地理学Bの参考書を二冊買ってきました。

 後期の歴史地理の試験対策です。

 地理の基礎がわかっていないので、急いで基礎を学んで、その後で歴史地理のノートを読みなおそうと思っています。

 その参考書を読んでいたら、つぎつぎと短歌が生まれました。

   地理のイロハの自習

 ハレとケは 日本固有と 書いてあり いぶかっている 調べなくては

 この四国 メジアンライン(中央構造線) ものとせぬ 循環鉄路 追加したいね

 室戸やら 足摺(あしずり)やらが そうなのか 「海岸段丘」 下線引いてる

 見たいよね 天井川を いつか行く 旅のリストに 書き加えてる

 「養殖」と 「栽培漁業」 違うんだ 六十三で 知ったよ、今夜

 「砂砂漠」 内モンゴルへの 再訪を 夢見ているよ 歌姫の声

 

 あの温(ぬく)い ニュージーランドに フィヨルド!! 氷河期の地図 描いてみたい

 アメリカを 東にひっぱり 大陸と あわせてみたい 地理の夢見る

 各国の 案内役の 地理の本 行ってみたいな つぎなる国に

  【追加】

 追加したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わおーーーっ!!! 『男はつらいよ 寅さん DVDマjガジン』。

 夜、本屋に行ったら『男はつらいよ 寅さん DVDマjガジン』というのがありました。

 創刊号、二号を買ってきました。

 いま午前零時前ですが、これから創刊号を見てみようと思っています。

 きっと泣くと思いますが。「平中」さんのように。メロメロと。

 だって、これ、一九六九年公開の作品です。

 六八年秋に高知市から東京都に出てきて働き始めました。

 このころは練馬区江古田の日本大学芸術学部の前の病室の二階の四畳半に住んでいました。

 尋子さんは、高知大学の学生でした。

 私は、毎日のように彼女に手紙を出していました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.22

映画「男はつらいよ」の、好きなせりふ。 さくら→お兄ちゃん。 「つらいことがあったら、いつでも帰っておいでね」。

 映画「男はつらいよ」の、好きなせりふ。

 さくら→お兄ちゃん。

 「つらいことがあったら、いつでも帰っておいでね」

 こんな優しい妹がほしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「男はつらいよ」の、好きなせりふ。 御前様。 「バターーっ」。

 一回目の作品です。

 京都で、御前様と、その娘の写真を撮る寅さん。

 「笑って」に、御所線様は、「バターーっ」。

 「チーズ」の間違いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画「男はつらいよ」の、好きなせりふ】 寅→ひろし。 「人間はねえ。理屈なんぞじゃ。動かねえんだよ」。

 映画「男はつらいよ」、一回目。

 好きなせりふ。

 寅→ひろし。

 「人間はねえ。理屈なんぞじゃ。動かねえんだよ」

 本当ですね。

 人を動かすのは、 理屈+情念 ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短歌】 寅さんを独りで見ている夜のこと。

 寅さんを 独りで見ている 夜のこと 涙ためてる 老いのせいかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『桑略記』 のテキストのありか。

 『桑略記』 のテキストが、ここにありました。

 感謝。

 http://www.umoregi.com/koten/fusoryakki/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年一月二十二日 土曜日 アジア太平洋戦争のときの日本軍のオーストラリア攻撃。Saturday, January 22, 2011 Japanese army attacked Australia in Asian Pacific War.

二〇一一年一月二十二日 土曜日 アジア太平洋戦争のときの日本軍のオーストラリア攻撃。

 晴れ。

 午前十時から、大学での催しに参加しました。

 午後から歴史地理の勉強をしました。

  夜、DVDで映画「Australia」を見ました。

 それは、スケールの大きな作品でした。

 それには、日本軍のオーストラリア攻撃のシーンも出てきました。

  妻は、きょうは広島市にいます。

 彼女は、女性たちの集まりに参加しています。

Saturday, January 22, 2011 Japanese army attacked  Australia in  Asian Pacific War.

Fine.

I participated in a meeting at the university at 10a.m.

I studied a history geography in the afternoon.

I watched  movie "Australia" with DVD at night.

It was a big scale.

A  scene which Japanese army attacked Australia had come out, too.

My wife is in Hiroshima city today.

She is participating in women's gatherings.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.23

英語で日記 二〇一一年一月二十四日 月曜日 聴覚教育メディア論の試験。Monday, January 24, 2011 Exam of audiovisual education media theory.

二〇一一年一月二十四日 月曜日 視聴覚教育メディア論の試験。

 晴れ。

 昨日は午後七時ころ寝ました。

 そして、本日は午前七時に起きました。

 二時間目に、聴覚教育メディア論の試験を受けました。

 その試験は、小論文でした。

 昼休みに、手書きのリポートを提出しようと思って、そのリポートを点検し始めました。

 そのリポートの誤字をたくさん見つけました。

 そのリポートの、巻物の巻き方についての表現も間違っていました。

 アパートに帰って、巻物をつくって、実際に巻物を巻いてみました。

 リポートを直して、あす提出することにします。

 夜、午後十一前まで、日本美術史の試験勉強をしました。

Monday, January 24, 2011 Exam of audiovisual education media theory.

Fine.

I slept yesterday at about 7 p.m.

And, I awoke at seven this morning.

Second period,I took an exam of the aural educational media theory.

The exam was a short essay.

At lunchtime,I was going to submit a handwriting report, and began to check it.

I found a lot of errors on it.

The expression of how to roll a scroll was also wrong.

I returned to my apartment, and made a scroll, and rolled it actually.

I corrected the report, and will submit it tomorrow.

I did an exam study of Japanese art history to 11  at night.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.24

【ニュース】 自衛隊の情報機関、自衛隊情報保全隊の動き。

 自衛隊情報保全隊の動きが、つぎのページに載っていました。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110124-00000502-san-pol

  講演会で自衛隊員監視、防衛相直轄部隊が「不当調査」

  産経新聞 1月24日(月)1時53分配信

 北沢俊美防衛相直轄の防諜部隊「自衛隊情報保全隊」が、陸上自衛隊OBの佐藤正久自民党参院議員や田母神俊雄元航空幕僚長の講演に潜入し、現職自衛官の参加状況を監視していることが23日、分かった。複数の防衛省・自衛隊幹部が明らかにした。


 (中略)

 保全隊は佐藤、田母神両氏の講演のほか、田母神氏が会長を務める保守系民間団体「頑張れ日本! 全国行動委員会」の集会にも隊員を派遣。また、陸上自衛隊唯一の特殊部隊「特殊作戦群」の初代群長を務めた陸自OBの会合なども監視対象にしている。
 監視目的は現職自衛官の参加の有無を確認し、参加している場合は氏名も特定する。佐藤、田母神両氏の発言内容もチェックし、報告書の形でまとめ、提出させている。
 陸自朝霞駐屯地(東京都など)に本部を置く東部情報保全隊の隊員が投入されるケースが多いとされる。保全隊は陸海空3自衛隊の統合部隊で、監視実態が発覚しないよう、空自隊員の参加が想定される田母神氏の講演には隊員同士の面識がない陸自の保全隊員を派遣することもあるという。
 保全隊は外国情報機関によるスパイ活動などから自衛隊の保有情報を防護するのが主任務。

 (中略)

 自衛隊情報保全隊 平成21年8月、陸海空3自衛隊の情報保全隊を統合し、大臣直轄部隊として新編。ネット上での情報流出やイージス艦情報漏洩事件を受け、機密保全強化と自衛隊へのスパイ活動に関する情報収集の効率化のための措置。実動部隊は中央情報保全隊と北部、東北、東部、中部、西部の地域ごとの保全隊で構成する。駐屯地や基地ごとに派遣隊も置き、隊員は約1千人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢に悩まされて睡眠不足のころごろです。

 このごろ夢に悩まされています。
 それで、かなり睡眠不足になっています。

 たいていは、取材の夢です。
 記者をしていたときの出来事に重なっているもの、いまの戦争遺跡の調査にかさなっているものがおもです。
 現場に行って、「もう少しで事実がわかるのに」とキリキリしているのです。

 高知大学を四年生になる前に辞め、仕事を始めてからは、よく試験の夢を見ました。
 勉強していない、しかし、答案用紙は目の前にある、でもで書けない!!
 そんな夢ばかりでした。

 退職して県立高知短期大学で学び、そして、いまの大学で学んでいます。
 不思議に試験の夢は見なくなりました。

 現実にやっていることは夢に見ないものなのでしょうか。
 そう、いまも試験でフーフーいっています。
 少し不十分になっているなぁと思っている取材が夢になってくるようです。

 もうすぐ午前零時です。
 『源氏物語』の現代語訳を読んで寝ることにしましょう。
 妻が、これを読んでいるときには「あんな浮気男の話のどこがおもしろいんだ」とヤユしていました。が、私は、当時の貴族たちの生活の一端が読み取れる本として読み始めました。
 けっこう、これがおもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これが「自衛隊情報保全隊に関する達」です。

 「自衛隊情報保全隊に関する達」がありました。

 これです。

 http://www.clearing.mod.go.jp/kunrei_data/f_fd/2009/fy20090729_00051_020.pdf

自衛隊情報保全隊に関する達

平成21年7月29日

陸上自衛隊達第51-20号

自衛隊情報保全隊に関する訓令(平成21年防衛省訓令第46号)第24
条の規定に基づき、自衛隊情報保全隊に関する達を次のように定める。

陸上幕僚長陸将火箱芳文

自衛隊情報保全隊に関する達

(趣旨)

第1条この達は、自衛隊情報保全隊(以下「情報保全隊」という。)につ
いて必要な細部の事項を定めるものとする。

(用語の意義)

第2条この達において用いる用語の意義は、自衛隊情報保全隊に関する訓
令(平成21年防衛省訓令第46号。以下「訓令」という。)に定めるも
ののほか次によるものとする。
(1) 駐屯地等駐屯地、基地、分屯地及び分屯基地をいう。
(2) 関係部隊等部隊等及び施設等機関等をいう。

(情報保全隊本部各課の班)

第3条情報保全隊本部の各課に情報保全隊司令の定めるところにより、所
要の班を置く。
2 班に班長を置く。
3 班長は、課長の命を受け、班の事務を掌理する。

(中央情報保全隊の班)

第4条中央情報保全隊に情報保全隊司令の定めるところにより、所要の班
を置く。
2 班に班長を置く。
3 班長は、中央情報保全隊長の命を受け、班の事務を掌理する。

(地方情報保全隊の班)

第5条地方情報保全隊に情報保全隊司令の定めるところにより、所要の班
を置く。
2 班に班長を置く。
3 班長は、地方情報保全隊長の命を受け、班の事務を掌理する。

(情報保全派遣隊の組織)

第6条訓令第20条の規定により配置する情報保全派遣隊は、幹部を長と
し、必要な人員装備をもって組織する。

(情報保全派遣隊の冠称)

第7条情報保全派遣隊の冠称は、当該駐屯地等名又は施設等機関等名をも
って示すものとする。この際、駐屯地等名が重複する場合は、当該駐屯地
等名の後に一連番号を付して区分するものとする。

(情報保全派遣隊長)

第8条情報保全派遣隊の長は、情報保全派遣隊長とする。
2 情報保全派遣隊長は、地方情報保全隊長の指揮監督を受け、情報保全派
遣隊の隊務を統括するとともに、当該情報保全派遣隊の所在地と同一所在
地に所在する関係部隊等の情報保全業務のために必要な資料及び情報の収
集整理及び配布に関する事務を行う。
3 情報保全隊司令が指定する情報保全派遣隊長は、前項の規定に基づく職
務を行うほか、地方情報保全隊長の指示に基づき他の情報保全派遣隊の業
務の統制・調整に関する事務を行う。

(配置又は廃止のための手続き)

第9条情報保全隊司令は、情報保全派遣隊を配置又は廃止する必要がある
ときは、関係する幕僚長、また、必要に応じて施設等機関等の長と協議し
た後、陸上幕僚長に申請するものとする。

(配置のための指示及び援助)

第10条陸上幕僚長は、情報保全派遣隊の配置について、防衛大臣の承認
があった場合は、関係する方面総監及び情報保全隊司令に必要な事項を指
示するものとする。この際、海上自衛隊又は航空自衛隊の基地等に配置す
る情報保全派遣隊に関しては、海上幕僚長又は航空幕僚長を通じて必要な
事項を関係部隊等に指示するものとする。
2 方面総監は、情報保全派遣隊の配置について、陸上幕僚長から指示があ
った場合は、関係の駐屯地司令、分屯地司令又は駐屯地業務隊長に対し、
必要な事項を指示するとともに、地方情報保全隊長の行う配置に関し、所
要の支援を行うものとする。

(情報保全派遣隊区)

第11条情報保全隊司令は、地方情報保全隊の担当する区域を情報保全派
遣隊区に区分し、適任の情報保全派遣隊長に当該情報保全派遣隊区にかか
わる所要の情報保全業務の支援を担任させることができる。
2 前項の規定により、情報保全派遣隊区の担任を命ぜられた情報保全派遣
隊長は、情報保全業務の支援に関し、当該情報保全派遣隊区内に所在する
情報保全派遣隊長と緊密に連絡するものとする。

(情報保全連絡官)

第12条情報保全隊司令は、所要の情報保全業務の支援を行わせるため、
情報保全派遣隊が配置されていない駐屯地等に当該駐屯地等を担当する情
報保全派遣隊から情報保全連絡官を派出することができる。ただし、自衛
隊地方協力本部等において特に必要があるときは、その所在地の最寄りの
情報保全派遣隊から情報保全連絡官を派出することができる。
2 情報保全隊司令は、情報保全連絡官を派出したときは、速やかに陸上幕
僚長に報告するとともに、関係する幕僚長に通知するものとする。

(情報保全連絡官の職務)

第13条情報保全連絡官は、派出される情報保全派遣隊長の指揮監督を受
け、情報保全業務の支援に関し、当該情報保全派遣隊と派出された駐屯地
等に所在する関係部隊等との連絡に当たるものとする。

(関係部隊等の長への通報)

第14条情報保全隊司令、中央情報保全隊長及び地方情報保全隊長は、任
務遂行中に知り得た情報のうち必要な事項について関係部隊等の長に速や
かに通報するものとする。

(委任規定)

第15条この達の実施に関し必要な事項は、情報保全隊司令が定める。

附則
1 この達は、平成21年8月1日から施行する。
2 陸上自衛隊情報保全隊に関する達(陸上自衛隊達第51-19号)は、
廃止する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「陸上自衛隊保全隊に関する訓令」です。

 「陸上自衛隊保全隊に関する訓令」がありました。

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:-KeHs-SHZVwJ:www.soungalo.com/+%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E6%83%85%E5%A0%B1%E4%BF%9D%E5%85%A8%E9%9A%8A&cd=9&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
 
第1条 この訓令は、陸上自衛隊情報保全隊(以下「情報保全隊」という。)について必要な事項を定めるものとする。

(用語の意義)

第2条 この訓令において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 情報保全業務 秘密保全、隊員保全、組織・行動等の保全及び施設・装備品等の保全並びにこれらに関連する業務をいう。

(2) 施設等機関等 防衛庁本庁内部部局、防衛大学校、防衛医科大学校、防衛研究所、統合幕僚監部、情報本部、技術研究本部、契約本部及び防衛施設庁をいう。

(情報保全隊の任務)

第3条 情報保全隊は、陸上幕僚監部、陸上幕僚長の監督を受ける部隊及び機関並びに別に定めるところにより支援する施設等機関等の情報保全業務のために必要な資料及び情報の収集整理及び配布を行うことを任務とする。

(情報保全隊の組織)

第4条 情報保全隊は、情報保全隊本部及び本部付情報保全隊並びに方面情報保全隊からなる。

(情報保全隊長)

第5条 情報保全隊の長は、情報保全隊長とし、陸将補をもって充てる。

2 情報保全隊長は、防衛庁長官(以下「長官」という。)の指揮監督を受け、情報保全隊の隊務を統括する。

3 情報保全隊長は、情報保全隊本部の事務を掌理する。

(副隊長)

第6条 情報保全隊に、副隊長1人を置く。

2 副隊長は、情報保全隊長の命を受け、情報保全隊本部の部内の事務を整理するとともに、情報保全隊の隊務につき情報保全隊長を助け、情報保全隊長に事故があるとき、又は情報保全隊長が欠けたときは、情報保全隊長の職務を行う。

(情報保全隊本部の科)

第7条 情報保全隊本部に、次の4科を置く。

総務科

運用科

情報科

保管科

(総務科)

第8条 総務科においては、次の事務をつかさどる。

(1) 公印の保管に関すること。

(2) 公文書の接受、発送、編集及び保管に関すること。

(3) 人事に関すること。

(4) 福利厚生及び健康管理に関すること。

(5) 物品に関すること(整備に関することを除く。)。

(6) 施設の維持管理に関すること。

(7) 他の科の所掌に属しない事項に関すること。

(運用科)

第9条 運用科においては、次の事務をつかさどる。

(1) 情報保全隊の運用に関すること。

(2) 教育訓練に関すること。

(3) 秘密の保全に関すること。

(4) 業務の遂行に必要な研究に関すること。

(情報科)

第10条 情報科においては、次の事務をつかさどる。

(1) 情報収集の計画に関すること。

(2) 資料及び情報の分析及び配布に関すること。

(保管科)

第11条 保管科においては、資料及び情報の保管及び整理に関する事務をつかさどる。

(科長)

第12条 科に、科長を置く。

2 科長は、情報保全隊長の命を受け、科務を掌理する。

(本部付情報保全隊長)

第13条 本部付情報保全隊の長は、本部付情報保全隊長とし、2等陸佐をもって充てる。

2 本部付情報保全隊長は、情報保全隊長の指揮監督を受け、本部付情報保全隊の隊務を統括する。

(方面情報保全隊長)

第14条 方面情報保全隊の長は、方面情報保全隊長とし、1等陸佐をもって充てる。

2 方面情報保全隊長は、情報保全隊長の指揮監督を受け、方面情報保全隊の隊務を統括する。

(副隊長)

第15条 方面情報保全隊に、副隊長1人を置く。

2 副隊長は、方面情報保全隊の隊務につき方面情報保全隊長を助け、方面情報保全隊長に事故があるとき、又は方面情報保全隊長が欠けたときは、方面情報保全隊長の職務を行う。

(情報保全派遣隊)

第16条 陸上幕僚長は、長官の承認を得て、方面情報保全隊の隊務を分担させるため、情報保全派遣隊を駐屯地若しくは分屯地又は施設等機関等の所在地に配置することができる。

(業務担当区域及び業務担当区域の特例)

第17条 第3条に規定する任務に基づき本部付情報保全隊及び方面情報保全隊が担当する区域は、別表のとおりとする。ただし、本部付情報保全隊及び方面情報保全隊にあっては、情報保全隊長が特に命ずる情報保全業務を行う場合において必要があるときは、他の方面情報保全隊の業務担当区域においても情報保全業務を行うことができる。

(集中運用)

第18条 情報保全隊長は、必要に応じ、本部付情報保全隊及び方面情報保全隊の全部又は一部を集中して運用することができる。

(要請及び通知)

第19条 情報保全隊長及び本部付情報保全隊長並びに方面情報保全隊長(以下「情報保全隊長等」という。)は、陸上幕僚長の監督を受ける部隊若しくは機関又は別に定めるところにより支援する施設等機関等(以下「関係部隊等」という。)の長(防衛庁本庁内部部局にあっては官房長又は局長をいう。以下同じ。)から情報保全業務に係る要請があったときは、当該要請に係る必要な業務を行い、その結果を関係部隊等の長に通知するものとする。

(業務支援)

第20条 情報保全隊長等は、隊務の遂行に関し、必要な支援を関係部隊等の長に求めることができる。

2 前項の規定による支援を求められた関係部隊等の長は、当該関係部隊等の業務の遂行に支障のある場合を除き、できる限り必要な支援を行わなければならない。

(他自衛隊との連絡調整)

第21条 情報保全隊長等は、情報保全業務の実施について、海上自衛隊及び航空自衛隊の情報保全業務担当部門と緊密に連絡調整し、必要に応じて協議を行うものとする。

(委任規定)

第22条 この訓令に定めるもののほか、この訓令の実施に関し必要な事項は、陸上幕僚長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成15年3月27日から施行する。

2 中央調査隊及び方面調査隊の組織及び運用に関する訓令(昭和48年陸上自衛隊訓令第62号)は、廃止する。

(陸上幕僚監部の内部組織に関する訓令の一部改正)

3 陸上幕僚監部の内部組織に関する訓令(昭和53年陸上自衛隊訓令第2号)の一部を次のように改正する。

(次のよう略)

附 則(平成18年3月27日防衛庁訓令第12号抄)

1 この訓令は、平成18年3月27日から施行する。

別表

本部付情報保全隊及び方面情報保全隊の業務担当区域

 以下、タイトル不明の文書。

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:http://www.soungalo.com/page2.html

第1条 この達は、陸上自衛隊(自衛隊体育学校、自衛隊中央病院及び自衛隊地方連絡部を含む。)における防衛秘密の指定等の上申、運搬、交付、伝達、保管、廃棄及びその他防衛秘密を保護するため必要な事項について定めるものとする。

2 陸上自衛隊における防衛秘密に指定された暗号の保護については防衛秘密に指定された暗号の保護に関する達(平成14年陸上自衛隊達第44―6号)に定めるもののほか、この達による。

(用語の定義)

第2条 この達において用いる次の各号に掲げる用語の意義は、防衛秘密の保護に関する訓令(平成14年防衛庁訓令第54号。以下「訓令」という。)に定めるもののほか、当該各号に定めるところによる。

(1) 文書等 文書若しくは図画又は物件をいう。

(2) 作成 新たに文書等を存在させることをいい、複製、引用、抜粋及び加工によるものをいう。

(3) 交付 形態のいかんを問わず防衛秘密に係る文書等を相手方の支配下に移すことをいい、手交、郵送及び貸出しによるものをいう。

(4) 運搬 防衛秘密に係る文書等を物理的に移動させることをいう。

(5) 伝達 防衛秘密に係る事項を相手方に伝えることであって、有体物である防衛秘密に係る文書等の交付を伴わないものをいい、電話、電子メール等の電気通信若しくは口頭又は合議等によるものをいう。

(6) 庁秘 秘密保全に関する訓令(昭和33年防衛庁訓令第102号)第10条の規定により、機密、極秘又は秘のいずれかの区分に指定された秘密をいう。

(防衛秘密管理者補)

第3条 訓令第3条第3号及び第5号の規定に基づき、次の各号に掲げる者を防衛秘密管理者補に指定する。

(1) 陸上幕僚監部にあっては、衛生部長、監察官、法務官、警務管理官及び課長

(2) 方面総監部にあっては、医務官、監察官、法務官、課長、室長及び海上自衛隊又は航空自衛隊との連絡幹部

(3) 師団司令部、旅団司令部、学校(自衛隊体育学校を含み、分校を除く。以下同じ。)、研究本部、補給統制本部、補給処(支処及び出張所を除く。以下同じ。)及び病院(自衛隊中央病院を含む。以下同じ。)にあっては、部長、課長(部長の指揮監督を受ける課長を除く。)、医務官、監察官、法務官、幕僚幹事、企画室長、作戦評価室長、学生隊長、生徒隊長、試験室長、運営室長、自衛隊中央病院の所長及び学院長

(4) 自衛隊地方連絡部、分校並びに補給処の支処及び出張所にあっては、それらの長

(5) 団本部にあっては、科長

(6) 連隊、群、大隊及びこれらに準ずる隊(第7号及び第8号に掲げる隊を除く。)の本部にあっては、それらの長。ただし、編制上陸将補を長とする隊(中央業務支援隊を除く。)では、科長

(7) 中央業務支援隊にあっては、部長

(8) 中隊及びこれらに準ずる隊(隷下に固有の編制部隊を持たない部隊)にあっては、それらの長

(9) 本部付情報保全隊、方面情報保全隊及び方面情報保全派遣隊並びに基地通信中隊派遣隊にあっては、それらの長

(10) 臨時に編成された部隊等(訓練、演習のため編成された部隊等を含む。)にあっては、前各号に準ずる者

(保全責任者)

第4条 防衛秘密管理者補が保全責任者を指定する場合は、防衛秘密管理者補の直近下位の幹部自衛官、准尉又は行政職俸給表(一)の職務の級2級以上若しくはこれに対応する各俸給表の級の事務官等(以下「幹部自衛官等」という。)を指名するものとし、該当者がいない場合は、防衛秘密管理者補が保全責任者を兼ねることができる。

2 前項の保全責任者は秘密保全に関する達(陸上自衛隊達第41―2号。以下「保全に関する達」という。)第5条に定める保全責任者を兼ねることができる。

3 防衛秘密管理者補が2名以上の保全責任者を指名したときは、それぞれの保全責任の区分を明確にしておかなければならない。

(総括保全責任者)

第5条 防衛秘密管理者補は、2名以上の保全責任者を指名した場合は、そのうちから総括業務を行う者(以下「総括保全責任者」という。)を指名するものとする。

2 総括保全責任者は、次の各号に掲げる事項について防衛秘密管理者補を補佐するものとする。

(1) 防衛秘密に係る文書等の作成又は作成の件数及び部数、交付範囲、保管場所、保管部数及び防衛秘密を取り扱うことを業務とする者を必要最小限とするための措置

(2) 標記又は表示の抹消措置

(3) 制限職務区分を承知し、これに応じた防衛秘密の取扱いの業務に従事する者を指定するための手続き

(4) 全各号に定めるもののほか、防衛秘密管理者補が命じた事項

第2章 防衛秘密の指定及び指定後の手続き

第1節 防衛秘密の指定

(防衛秘密の指定のための上申)

第6条 防衛秘密管理者補は、その所掌する事務に関して法第96条の2第1項に該当すると認める事項があるときは、上申書(別紙第1)により順序を経て陸上幕僚長に上申するものとする。

2 前項の防衛秘密に該当する事項の指定に係る上申を行う場合は、防衛秘密に該当する文書又は図画については当該文書又は図画を、防衛秘密を記録する又は化体する物件については、写真等を添付して行うものとする。

3 法第96条の2第1項に該当する事項の具体的な基準については別に定める。

(防衛秘密指定前の文書等の保全措置)

第7条 防衛秘密の指定前にやむを得ず、合議、交付、保管、廃棄等又は第6条の規定に基づく上申が必要となった場合、防衛秘密管理者補が防衛秘密に該当すると認める事項が記録されている文書等は、防衛秘密に準じて行うものとし、その要領については別に示すところによる。

(防衛秘密が要件を欠くに至った場合の手続き)

第8条 防衛秘密管理者補は、所掌する防衛秘密に係る文書等の防衛秘密の要件の適否について必要の都度又は定期秘密保全検査時に検査をし、要件を欠くに至ったと判断する場合は、直ちにその旨を順序を経て陸上幕僚長に上申するものとする。

2 前項の手続きについては第6条に準じる。

(標記の実施又は抹消に伴う処置)

第9条 訓令第7条第2項の規定に基づいて標記を付す際に、防衛秘密管理者補は防衛秘密に該当すると認められる部分に、次の各号に示す要領で標記するものとし、その一例は別紙第2のとおりとする。

(1) 下線を引いて明示する。

(2) 枠で囲んで明示する。

(3) 文頭及び文末に括弧を付して明示する。

(4) 防衛秘密に指定された事項が当該文書との関係等である場合にあっては、当該文書の冒頭又は末尾にその旨を記載する。

2 訓令第7条第4項に規定する標記又は表示の抹消において、次の各号に掲げる場合は、赤色調以外の色で二重線を付し抹消する。

(1) 赤色調の表紙等に標記又は表示されている場合

(2) 標記又は表示に赤色調の色が不適当な物件に表示する場合

(通報時の処置)

第10条 訓令第10条の規定に基づき指定後の通報を受けた場合、陸上幕僚長は速やかに上申した防衛秘密管理者補に順序を経て通報するものとする。なお、通報の様式の一例は、別紙第3のとおりとする。

第2節 防衛秘密の指定後の措置

(記録)

第11条 陸上幕僚監部各所掌課等は第10条の規定により通報した場合は、陸上幕僚監部運用支援・情報部情報課へ写しを送付するものとする。

2 前項の規定に基づく通知がなされた場合、陸上幕僚監部運用支援・情報部情報課において所要の事項を防衛秘密管理簿へ記録するものとする。

(防衛秘密の表示)

第12条 防衛秘密に係る文書等の表紙以外の防衛秘密が記録された各ページには適宜の大きさで第9条の例により防衛秘密の表示をするものとする。

2 次の各号に掲げる場合は、赤色調以外の色でも表示することができる。

(1) 表紙等以外の各ページに表示する場合

(2) 赤色調の表紙等に表示する場合

(3) 秘密区分の標記の表示に赤色調の色が不適当な物件に表示する場合

3 防衛秘密に係る文書等の一部に庁秘の文章等がある場合には、努めて防衛秘密及び庁秘の秘密区分ごとに別冊とするものとし、やむを得ず別冊としない場合は、当該文書又は図画の章、節、条等ごと防衛秘密又は庁秘の秘密区分を注記するものとする。この場合、ページに防衛秘密が含まれている場合は、防衛秘密を表示するとともに、ページに防衛秘密が含まれていない場合はそのページに含まれている庁秘の最高の秘密区分に応ずる標記を表示するものとする。

4 防衛秘密及び庁秘の秘密区分の異なる文書又は図画を同一簿冊に編てつした場合には、編てつした文書又は図画の表紙の右上部及び左下部に訓令第7条に規定する標記を表示するものとする。

5 第3項及び第4項の表示要領は、別紙第4のとおりとする。

6 防衛秘密に係る物件で直接の標記が付すことができないものは、当該物件の容器に表示するか、又は荷札、立札等によりその標記を明らかにするものとする。

(登録番号等の表示要領及び周知)

第13条 訓令第13条第2項別記第4号様式に定める登録番号の表示要領及び保存期間等の表示は、別紙第5の例により行うものとする。

2 訓令第13条3項に規定する通知による指定が行われた時の周知の書面の様式は、別紙第3を準用する。

3 訓令第13条5項の規定する防衛秘密登録簿の様式は別紙第6のとおりとする。

4 保全責任者は防衛秘密管理者補の承認により訓令第13条の1項の表示、第3項の周知、第4項の抹消が行われたとき、防衛秘密に係る文書等の保存期間及び物件の廃棄の時期について変更する措置を採った場合、その旨を防衛秘密登録簿(別紙第6)に登録するものとする。

第3章 防衛秘密の保護

(防衛秘密の取扱いの業務に従事する者の指定等)

第14条 防衛秘密管理者補は、取り扱う防衛秘密に係る文書等の範囲を示した書面により防衛秘密の取扱いの業務に従事する者を個別に指定する。

2 前項の防衛秘密の取扱いの業務に従事する者は、庁秘の関係職員及び従事者と兼ねることができる。

(保全教育等の実施)

第15条 部隊等の長は、指揮下の隊員に対し、防衛秘密の保全意識の高揚及び遵守事項の徹底を図るため、それぞれの地位に応じて計画的に又は機会をとらえて保全に関する教育を実施するものとする。

2 防衛秘密管理者補は、防衛秘密に関する事務を行う職員に対し、職務の重責を自覚させるとともに、計画的に保全業務遂行に必要な識能について教育を実施するものとする。

(事故報告)

第16条 防衛秘密管理者補は、訓令第21条第1項に規定する措置をとった場合は、事故報告に関する達(陸上自衛隊達第121―2号)に定めるところにより、速やかに陸上幕僚長に報告しなければならない。

第4章 防衛秘密の取扱い

第1節 作成

(作成時の保全措置)

第17条 防衛秘密に係る文書等の作成時における浄書、印刷、製本及び複写は、防衛秘密の取扱いの業務に従事する幹部自衛官等以上の者が、防衛秘密管理者補の指定する幹部自衛官等の立会いの下で実施するものとする。ただし、やむを得ない場合は防衛秘密の取扱いの業務に従事する陸曹等により実施できる。

2 前項に規定する立会者は、防衛秘密の取扱いの業務に従事する者をもって充てるものとする。

3 前各項の防衛秘密の取扱いの業務に従事する職員又は立会者は、使用した原紙、誤刷紙その他防衛秘密又は防衛秘密となる疑いのある文書のほご等(以下「防衛秘密ほご等」という。)について、用済み後、防衛秘密廃棄簿(別紙第7)に記録し、速やかに細断又は焼却(判読が不可能な状態をいう。以下同じ。)するものとする。

(作成に伴う手続)

第18条 他の防衛秘密管理者又は防衛秘密管理者補から交付を受けた防衛秘密に係る文書等を複製した場合、登録番号は原本の登録番号とし、一連番号は原本の一連番号に順次に枝番号を加えたものを用いるものとする。その際、交付元の防衛秘密管理者又は防衛秘密管理者補に複製数、複製年月日、交付先を通知するものとする。

(防衛秘密ほご容器の備付け)

第19条 防衛秘密管理者補は、防衛秘密ほご等を入れる施錠可能な容器を備え付け、防衛秘密ほご等をこれに入れさせるものとする。この際、庁秘ほご容器と同一のものを使用することができる。

2 前項にかかわらず紙細断機(庁秘の機密及び極秘用)が備え付けてある場合は、ほご容器の使用は要しない。

(防衛秘密ほご等の廃棄施設)

第20条 防衛秘密ほご等の廃棄の施設は「保全に関する達」第33条の規定による。

(作成の登録)

第21条 防衛秘密管理者補は防衛秘密に係る文書等を作成した場合は、訓令第12条から第14条の規定に基づく措置を行い、その数量、交付先等を保全責任者により防衛秘密登録簿に登録する。

第2節 運搬、交付及び伝達時の取扱い

(貸出しの承認)

第22条 防衛秘密に係る文書等は、防衛秘密の取扱いに従事する者で防衛秘密管理者補が承認した者以外に貸出してはならない。

2 前項の貸出しにおいて、保全責任者は防衛秘密に係る文書又は図画にあっては防衛秘密貸出簿(別紙第8)に、物件にあっては関係簿冊及び証書等に記載し、防衛秘密管理者補の承認を受けた後、貸受者とともに押印するものとする。

3 防衛秘密に係る文書等の貸出しを受けた者は、用済み後速やかに保全責任者に返納するものとし、保全責任者はその場で異常の有無を確かめた後、前項の防衛秘密貸出簿等に所要事項を記録し、返納者とともに押印するものとする。

4 防衛秘密に係る文書等の貸出期間は、原則として当日限りとする。やむを得ず2日以上にわたる場合においても、その期間を最小限にしなければならない。

5 防衛秘密管理者補は、防衛秘密に係る文書等を閲覧させる場合は、努めてその保管場所又は保全に適するその他の場所を閲覧場所に指定しなければならない。

6 総務課等で保管している防衛秘密に係る文書等は、当該文書の主管部課等の防衛秘密管理者補の承認を得た者でなければ閲覧させ又は貸し出しをしてはならない。

(交付の制限)

第23条 防衛秘密管理者補は、防衛秘密に係る文書等を交付するときは、必要最小限の範囲の者に、必要最小限の部数を交付するものとする。

2 会議又は教育等の席上で防衛秘密の文書等を交付した場合は、やむを得ない場合を除き、会議又は教育等の終了後直ちに回収するものとする。

(隊外への持出し)

第24条 防衛秘密に係る文書等は、陸上自衛隊の施設外に持ち出してはならない。やむを得ず持ち出す必要が生じた場合は、その都度理由を明らかにして防衛秘密管理者補の許可を受けるものとする。

2 防衛秘密管理者補は、前項の許可を与える場合は、当該文書等の保管(取扱)責任者を指名し、かつ、携帯方法、保管要領について、秘密保全上必要な措置を命じなければならない。

(運搬の方法)

第25条 訓令第27条第1項の規定により職員が運搬する場合は、防衛秘密管理者補の指名する防衛秘密の取扱いに従事する幹部自衛官等が携行し、1名以上の隊員を努めて同行させる。ただし、同一施設内における運搬は、防衛秘密管理者補が指定する防衛秘密の取扱いの業務に従事する陸曹等に行わせることができる。

2 防衛秘密の物件を防衛秘密管理者補の指示により輸送機関を利用して運搬する場合は、前項により携行者として指定されたものを監視者として同乗させるものとする。ただし、やむを得ない場合は、当該防衛秘密文書等の容器の施錠を確実に行い、努めて輸送機関との間に秘密保全のため必要な措置を講じた後、監視者を省略することができる。
3 前各項の規定により難い場合は、別に示すところによる。

(交付の確認等)

第26条 防衛秘密に係る文書等を交付(貸出しを除く。)する場合は、防衛秘密受領書(別紙第9)を内側の封筒又は包装内に同封し、これにより交付の確認を行うものとする。ただし、隊員が携行する場合は、防衛秘密受領書に代え所定の簿冊等により行うことができる。

2 前項の防衛秘密受領書は、受領した防衛秘密管理者補が所要事項を記載のうえ、速やかに発送元の防衛秘密管理者補に返送しなければならない。

3 防衛秘密の物件の交付(貸出しを除く。)は、陸上自衛隊補給管理規則(陸上自衛隊達第71―5号。以下「補給管理規則」という。)に定める証書類により確認するものとする。

4 やむを得ず会議又は教育の席上で防衛秘密に係る文書又は図画を交付(貸出しを除く。)する場合は、第29条に定める記録を終えた後、当該文書又は図画の配布目録を受領者の属する防衛秘密管理者補あて別送するものとする。

5 前項の配布目録を受領した防衛秘密管理者補は、受領者の携行した防衛秘密に係る文書又は図画を確認し、所定の簿冊に記録するものとする。

6 防衛秘密に係る文書等の合議等は、防衛秘密の取扱いの業務に従事する職員が当該文書等を直接携行して行う。

7 防衛秘密に係る文書等の合議等は、当該文書又は図画を赤色調の容器又は封筒に入れて行わなければならない。ただし、防衛秘密の取扱いに従事する職員が携行して直接行う場合で、防衛秘密管理者補が秘密の保全上支障がないと認めたときは、この限りではない。

(封筒を二重にするときの取扱い)

第27条 訓令第27条の規定により封筒又は包装を二重にして交付又は運搬する場合は、内側の封筒又は包装には、あて先(気付先のあるものについては気付先を含む。)、発送者の所属、職名、封入されている文書等の発簡年月日、発簡番号、登録番号、一連番号、数量等を記入し、防衛秘密の表示をしなければならない。

(伝達時の防衛秘密の保護)

第28条 会議又は教育等で防衛秘密を伝達する場合は、防衛秘密に該当する旨を明らかにし、筆記及び録音を禁止するものとする。やむを得ず筆記又は記録させた場合は、参加者又は被教育者等の階級、氏名等を記録するとともに当該資料を防衛秘密に係る文書等として第30条の規定により保管させ、用済み後は速やかに回収するか、廃棄又は消去させるものとする。また、電気通信の方法による防衛秘密の伝達は、次の各号に掲げるところによる。

(1) 電信による伝達は、陸上自衛隊通信実施業務規則(陸上自衛隊達第96―13号)に定めるところによる。

(2) 防衛秘密の伝達に、秘匿装置を用いない模写電送を使用してはならない。

第3節 防衛秘密に係る文書等の接受、保管等

(接受又は保管等)

第29条 防衛秘密管理者補は、防衛秘密に係る文書等を接受したとき及び防衛秘密に係る原義書を保管するとき(全索引簿に記録されているものを除く。)は、防衛秘密接受保管簿(別紙第10―1)に記録し、保全責任者に交付するものとする。

2 保全責任者は、交付(貸出しを除く。)を受けた防衛秘密に係る文書又は図画を防衛秘密保管簿(別紙第10―2)に記録し、保管の状況を明らかにしておかなければならない。ただし、次の各号に掲げる場合にあっては、それぞれ関係簿冊によるものとする。

(1) 防衛秘密管理者補が防衛秘密接受保管簿の保管欄を使用させることにより防衛秘密保管簿の備付けが必要でないと認めた場合

(2) 全索引簿で記録、保管する場合

3 防衛秘密に係る物件の接受は、補給管理規則によるものとする。ただし、管理簿及び証書類は別様に作成し、摘要欄等に品目ごと防衛秘密の表示を赤色調の色で注記するものとする。

4 保全責任者は防衛秘密管理者補の承認を受け、防衛秘密に係る文書等の追録・差し替えを行う場合は、防衛秘密追録・差替記録(別紙第11)に定めるところにより行うものとする。

5 防衛秘密管理者補は、防衛秘密に係る文書等について、努めて保管単位、保管容器及び保管場所を限定し、集中的に保管するものとする。

(保管容器及びかぎの保管方法)

第30条 防衛秘密に係る文書等は、3段式以上の文字盤かぎ付き鋼鉄製金庫、特殊書庫、耐火キャビネット又はこれらに準ずる保全上の強度を有する容器の中に保管しなければならない。

2 防衛秘密に係る文書等の形状・性質等の関係で所定の容器に保管することができない場合には、当該文書等に応じた容器と同程度の保全上の強度を持つ施設又は保管庫(以下「保管庫」という。)に保管することができる。この場合、施設の補強又は警戒・監視措置をとるものとする。

3 防衛秘密管理者補は、野外における訓練期間等やむを得ない理由により所定の保管容器に保管することができない場合は、前項に準じた要領で保管させることができる。

4 防衛秘密に係る文書等を保管する容器及び保管庫等での文字盤かぎの組み合わせの変更時期、かぎの保管方法等は「保全に関する達」第26条第5項から第7項までを準用する。

(備付簿冊等)

第31条 防衛秘密管理者補及び保全責任者の備え付ける簿冊等(以下「備付簿冊等」という。)は、次の各号に掲げる用紙に表紙及び裏表紙を付けて編てつし、当該各用紙の名称を使用するものとし、その保存期間はそれぞれ次の各号のとおりとする。なお、庁秘用の備付簿冊とは別にするものとする。

(1) 防衛秘密登録簿 5年

(2) 防衛秘密接受保管簿 10年

(3) 防衛秘密保管簿 5年

(4) 防衛秘密点検簿 1年

(5) 防衛秘密貸出簿 1年

(6) 防衛秘密廃棄簿 5年

(7) 防衛秘密受領書 5年

2 備付簿冊等については「注意」とし、防衛秘密に指定された事項が含まれる件名を記載した場合には、防衛秘密の表示を行い防衛秘密に係る文書等として管理する。

3 保存期間は、当該備付簿冊等に記載された最終月日(第1項第1号から第3号までに掲げる備付簿冊等については当該備付簿冊等に記載された文書又は図画が廃棄又は転記された月日)の属する年の翌年の1月1日から起算するものとする。

4 備付簿冊等の転記は、防衛秘密管理者補の職務上の上級者の指示又は許可により行うことができる。ただし、防衛秘密管理者補の職務上の上級者が遠隔地に所在する場合は、防衛秘密管理者補が転記することができる。転記した場合は、次の定期秘密保全検査時に確認を受けるものとする。

5 同一備付簿冊等により、2箇年以上にわたり整理保管する場合は、暦年ごと別葉に区分して行うとともに、第1項及び第3項の保存期間満了後、当該区分ごとに廃棄するものとし、備付簿冊等を防衛秘密に係る文書等に指定した場合は、追録・差し替え記録用紙に記録し、保管状況を明確にしておくものとする。

6 第3条第7号から第9号に掲げる部隊等にあっては、当該防衛秘密管理者補が備付簿冊等を各別に作成することが取扱上適当でないと認める場合は、各備付簿冊等を統合し、防衛秘密保全台帳として整理保管することができる。

第4節 点検、検査等

(定期秘密保全検査)

第32条 防衛秘密管理者補の職務上の上級者は、毎年2回(6月及び12月を基準)当該防衛秘密管理者補の所掌に係る防衛秘密の保全状況について検査しなければならない。ただし、やむを得ないときは、防衛秘密管理者補又は他の者に命じて検査を実施させることができる。

2 陸上幕僚長が長官直轄部隊に対し前項の検査を行う場合は、それぞれ当該検査月のおおむね1箇月前に被検査部隊にその旨指示する。ただし、被検査部隊以外の長官直轄部隊は、当該部隊の長が検査を実施するものとする。

(定期秘密保全検査結果報告)

第33条 方面総監及び長官直轄部隊等の長は、指揮下の部隊等における年2回の防衛秘密の定期秘密保全検査の結果を「保全に関する達」第48条に規定する庁秘の定期秘密保全検査の結果とあわせ陸上幕僚長に報告するものとする。

2 前項の報告様式は別紙第12のとおりとする。

(臨時秘密保全検査)

第34条 部隊等の長は、指揮下の部隊等について必要があると認めるときは、臨時に防衛秘密の保全状況について検査を行うものとする。

(引継検査)

第35条 防衛秘密管理者補は、保全責任者が交代する場合は、引継ぎのための検査を実施し、防衛秘密引継証明記録(別紙第13)に記入押印して責任を明らかにするものとする。

(作成及び保管状況等の点検)

第36条 防衛秘密管理者補は、防衛秘密に係る文書等の作成、保管及び廃棄等の状況並びにこれらに関する施設、設備の保全状況について随時点検を行うものとする。

2 保全責任者は、自ら保管中の(貸出し中のものを含む。)の防衛秘密に係る文書等について、その保管状況を毎月1回以上点検し、防衛秘密点検簿(別紙第14)に防衛秘密管理者補の認印を受けるものとする。

3 防衛秘密に係る文書等を保管している者は、その保管容器又は書庫等及びこれらのかぎについて、毎日異常の有無を点検しなければならない。

第5節 防衛秘密に係る文書等の廃棄等

(廃棄)

第37条 防衛秘密管理者補が防衛秘密に係る文書等を廃棄する場合に立会者を指定する場合は、当該文書等の保全責任者又は同補助者以外の防衛秘密の取扱いの業務に従事する幹部自衛官等を指定するものとする。この場合、訓令第41条第2項により承認を得て防衛秘密に係る物件を廃棄する場合は、立会者を2名指定するものとする。ただし、やむを得ない場合は防衛秘密の取扱いの業務に従事する陸曹等を指定できる。

2 指定された立会者は、廃棄前に件名、枚数、防衛秘密の表示の有無の点検を確実に実施するとともに廃棄状況を確認するものとする。

3 防衛秘密の文書等を廃棄する場合の要領は、次の各号に定めるところによる。

(1) 関係の簿冊に廃棄の理由又は根拠を記入し、防衛秘密管理者補の承認を受ける。

(2) 登録番号、一連番号、発簡番号及び発簡年月日等、当該文書又は図画を確認し得る部分(以下「廃棄証拠残片」という。)を切り取り、残余は原則として細断又は焼却により処理する。

4 廃棄後、廃棄実施者及び立会者(訓令第42条第3項の緊急廃棄の場合で立会者がいない場合を除く。)はともに押印し、防衛秘密管理者補に報告するとともに、防衛秘密管理者補の証明印を受けるものとする。

5 防衛秘密に係る物件を消耗等(不発弾として認定された場合を含む。)した場合は、前4項の要領に準じて措置するものとする。

6 廃棄証拠残片は、廃棄事実を証明するため、廃棄を実施した保全責任者が次の定期秘密保全検査時まで一括保管するものとする。

(緊急措置)

第38条 防衛秘密管理者補は、緊急時における防衛秘密に係る文書等の持ち出し順位、携行区分、引継及び緊急廃棄等について、あらかじめ定めておかなければならない。

2 訓令第42条第4項の規定により保存期間の満了する前の文書又は図画を廃棄する場合は、登録番号、一連番号、条件及び保存期間満了前に廃棄が必要な理由を付記し、当該防衛秘密管理者補が順序を経て、陸上幕僚長に申請する。ただし、その手段がない場合又はそのいとまがない場合は、廃棄後直ちに陸上幕僚長に報告するものとする。

附 則
1 この達は、平成14年11月1日から施行する。 2 この達施行の際、現に保有している「保全に関する達」の別紙に規定する各様式の用紙類を、当分の間、内容を修正して使用することができる。

附 則(平成15年3月26日陸上自衛隊達第41―6―1号)

この達は、平成15年3月27日から施行する。ただし、転記及び廃棄に係る改正規定は平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成16年3月29日陸上自衛隊達第41―6―2号)

この達は、平成16年3月29日から施行する。

附 則(平成18年3月24日陸上自衛隊達第122―203号)

この達は、平成18年3月27日から施行する。ただし、第1条の第5条及び第19条、第2条の第3条及び第12条、第3条の第4条の改正規定は、同年4月1日から施行する。

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:http://www.soungalo.com/page3.html

1 目的

防護マスク4形用視力補助具及び00式個人用防護装備防護マスク専用眼鏡(以下「視力補助具等」という。)の供用対象者並びに検眼、調達及び補給管理要領を定め、視力補助具等の適切な管理を図る。

2 供用対象者

視力補助具等は、次の各号に掲げる者が供用することができる。

(1) 裸眼視力がいずれか一方の目でも0.5以下の者

(2) 大型免許(けん引免許含む。)又は大型特殊免許を有し車両の操縦に係わる者にあっては、裸眼視力がいずれか一方の目でも0.7以下の者

3 視力補助具等の割当等

(1) 方面隊及び長官直轄部隊に対する視力補助具等の割当数は、年度業務計画及び陸上幕僚長が別に定める計画(以下「年度業務計画等」という。)による。

(2) 視力補助具等は、防護マスクの附属品であり、保有基準を定めないものとする。

4 検眼の実施及び報告

(1) 方面総監及び長官直轄部隊等の長(以下「方面総監等」という。)は、供用対象者に対して、自衛隊中央病院又は陸上幕僚長の監督を受ける自衛隊病院(以下「自衛隊病院」という。)において検眼を実施させるものとする。

(2) 前号に示す検眼を実施した自衛隊病院長は、防護マスク用視力補助具等検眼証明書(付紙第1)(以下「検眼証明書」という。)を発行し、受検者に交付するとともに、検眼証明書受検者の所属部隊長に、検眼証明書(写し)を通知するものとする。

(3) 方面総監等は、当該年度に割当を受けた人員分の検眼証明書に基づき防護マスク用視力補助具等検眼結果(付紙第2)(以下「検眼結果」という。)を作成し、年度業務計画等に示す時期までに陸上幕僚長に検眼結果を報告するとともに、検眼結果及び検眼結果集計表(付紙第3)を支援担当補給処長(以下「補給処長」という。)及び補給統制本部長に通知するものとする。この際、電子メール、磁気媒体を活用して文書と併せて送付することとする。

5 調達・補給

補給統制本部長は、前項により通知を受けた検眼結果及び検眼結果集計表に基づき保管している視力補助具等の再利用及び調達・補給を行うものとする。この際、こん包条件及び納地を指定するものとする。

6 受領及び初度交付

(1) 補給処長は、第4項により通知を受けた検眼結果及び検眼結果集計表をもって受領検査を行うものとする。この際、受領検査はこん包単位ごとに行うものとする。

(2) 補給処長は、受領した視力補助具等を陸上自衛隊補給管理規則(陸上自衛隊達第71-5号(以下「規則」という。))第26条に規定する補給系統により使用部隊等に推進補給するものとする。

7 供用、記録及び保管

(1)分任物品管理官は、視力補助具等を受領したならば、規則第87条に規定する管理簿(2)(規則別紙第23(その4))に記録するとともに、検眼証明書(写し)に基づき、視力補助具等備付一覧表(付紙第4)(以下「備付一覧表」という。)を2部作成し、その1部を管理簿に併せ綴り、1部を視力補助具等に添えて、取扱主任に交付するものとする。

(2)取扱主任は、次の各号に掲げる要領により管理するものとする。

ア 分任物品管理官から備付一覧表を受領後、隊員に視力補助具等を供用する。

イ 防護マスク4形が00式個人用防護装備に換装された場合、所属隊員の入校、転出等を考慮し、防護マスク4形用視力補助具をそのまま供用することができる。ただし、所属隊員の入校、転出等の可能性、装備の換装状況により、供用する必要がないと判断される場合、速やかに補給処に後送するものとする。

ウ 次項の規定に基づきレンズのみの交換を行う場合は、作業要求命令書により所要の処置を行うとともに、備付一覧表の所要事項を修正し、隊員に視力補助具等を供用する。

8 損耗等に伴う請求手続

初度交付を受けた使用部隊等の長が視力補助具等及びレンズを次の各号に掲げる理由により請求する場合は、規則第51条の規定により請求するものとする。この際、請求書に検眼証明書(写し)を添付するものとする。

(1) 防護マスク4形(B)及び00式個人用防護装備整備実施規定(部隊整備用)のそれぞれの交換基準に該当する場合

(2) 近視度の進行等により交換を必要とする場合

9 入校、人事異動、退職時及び交換時の措置

(1) 視力補助具等の交付を受けている隊員が入校する場合で携行が必要なときは、取扱主任は入校間、備付一覧表に「入校携行中」であることを明記するものとする。

(2) 視力補助具等の交付を受けている隊員が異動する場合は、人事異動発令に基づき管理換えするものとする。この場合、視力補助具等及び検眼証明書は異動者本人に携行させる。また、視力補助具等交付予定隊員が初度交付を前に異動した場合補給処は異動前の使用部隊に交付し、異動後の使用部隊等に管理換するものとする。

(3) 視力補助具等を供用されている隊員が、陸上自衛隊以外の国の機関に異動する場合は、次のとおり行うものとする。

ア 異動前の使用部隊等の長は、補給統制本部長に検眼証明書(写し)と新所属を通知し、視力補助具等と検眼証明書(写し)を補給系統に従い関東補給処に後送する。

イ 関東補給処長は、後送された視力補助具等と検眼証明書(写し)を保管するものとする。

ウ 隊員が陸上自衛隊の部隊等に異動した場合、異動先の使用部隊等の長は、補給統制本部長に異動発令を通知するものとする。

エ 補給統制本部長は、上記に基づき、視力補助具等を検眼証明書(写し)とともに、補給系統に従い推進補給するものとする。

(4) 国際機関に派遣された場合は、前号に準じて行うものとする。

(5) 視力補助具等の交付を受けている隊員が退職する場合及び前項第2号により視力補助具等を交換した場合は、補給系統を通じて視力補助具等を検眼証明書とともに補給処へ後送するものとする。

10 補給処の在庫管理

(1) 補給処長は、使用部隊等から管理換された視力補助具等を各四半期ごとにとりまとめ、関東補給処長に管理換するものとする。

(2) 関東補給処長は、管理換された視力補助具等を保管するとともに、保管する視力補助具等の検眼結果一覧(書式は付紙第3のとおりとする。)を作成し、補給統制本部長に通知する。

(3) 補給統制本部長は、関東補給処長からの検眼結果一覧により視力補助具等を管理し、再利用、保管、処分の指示をするものとする。

(4) 保管している視力補助具等を再利用する場合は、レンズ、フレーム及び視力補助具等ケースを利用する。レンズを再利用する場合は、検眼データの一致した隊員のみとする。

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:http://www.soungalo.com/page4.html

第1条 この達は、陸上自衛隊情報保全隊(以下「情報保全隊」という。)について必要な細部の事項を定めるものとする。

(情報保全隊本部各科の班)

第2条 情報保全隊本部の各科に情報保全隊長の定めるところにより、所要の班を置く。

2 班に班長を置く。

3 班長は、科長の命を受け、班の事務を掌理する。

(本部付情報保全隊の班)

第3条 本部付情報保全隊に情報保全隊長の定めるところにより、所要の班を置く。

2 班に班長を置く。

3 班長は、本部付情報保全隊長の命を受け、班の事務を掌理する。

(方面情報保全隊の班)

第4条 方面情報保全隊に情報保全隊長の定めるところにより、所要の班を置く。

2 班に班長を置く。

3 班長は、方面情報保全隊長の命を受け、班の事務を掌理する。

(情報保全派遣隊の組織)

第5条 陸上自衛隊情報保全隊に関する訓令(以下「訓令」という。) 第16条の規定により配置する情報保全派遣隊は、幹部を長とし、必要な人員装備をもって組織する。

(情報保全派遣隊の冠称)

第6条 情報保全派遣隊の冠称は、当該駐屯地名、分屯地名又は施設等機関等名とする。

(情報保全派遣隊長)

第7条 情報保全派遣隊の長は、情報保全派遣隊長とし、方面情報保全隊長の指揮監督を受けて情報保全業務の支援を行うものとする。

(配置又は廃止のための手続き)

第8条 方面情報保全隊長は、情報保全派遣隊を配置又は廃止する必要があるときは、その配置又は廃止すべき駐屯地又は分屯地、開設又は閉鎖の日時、人員、装備等について関係の方面総監と協議のうえ、情報保全隊長に申請するものとする。

2 情報保全隊長は、前項の申請があった場合は、意見を付し陸上幕僚長に申請するものとする。

(配置のための指示及び援助)

第9条 陸上幕僚長は、情報保全派遣隊の配置について、長官の承認があった場合は、関係の方面総監及び情報保全隊長に必要な事項を指示するものとする。

2 方面総監は、情報保全派遣隊の配置について、陸上幕僚長から指示があった場合は、関係の駐屯地司令、分屯地司令又は駐屯地業務隊長に対し、必要な事項を指示するとともに、方面情報保全隊長の行う配置に関し、所要の支援を行うものとする。

(情報保全派遣隊区)

第10条 方面情報保全隊長は、その業務担当区域を情報保全派遣隊区に区分し、適任の情報保全派遣隊長に当該情報保全派遣隊区にかかわる所要の情報保全業務の支援を担任させることができる。

2 前項の規定により、情報保全派遣隊区の担任を命ぜられた情報保全派遣隊長は、情報保全業務の支援に関し、当該情報保全派遣隊区内に所在する情報保全派遣隊長と緊密に連絡するものとする。

(情報保全業務の調整)

第11条 方面情報保全隊長は、所要の情報保全業務の支援に関し、師団司令部又は旅団司令部所在駐屯地の情報保全派遣隊長に、当該師団又は旅団警備地区内に所在する情報保全派遣隊の業務を調整させることができる。

(情報保全連絡官)

第12条 方面情報保全隊長は、情報保全隊長の承認を得て、所要の情報保全業務の支援を行わせるため、情報保全派遣隊が配置されていない駐屯地又は分屯地に当該駐屯地又は分屯地を担当する情報保全派遣隊から情報保全連絡官を派出することができる。ただし、自衛隊地方連絡部等において特に必要があるときは、その所在地のもよりの情報保全派遣隊から情報保全連絡官を派出することができる。

2 方面情報保全隊長は、情報保全連絡官を派出する場合は、派出すべき駐屯地又は分屯地について関係する方面総監と協議のうえ、派出するものとする。

3 情報保全隊長は、方面情報保全隊長が情報保全連絡官を派出したときは、速やかに順序を経て陸上幕僚長に報告するものとする。

(情報保全連絡官の職務)

第13条 情報保全連絡官は、派出される情報保全派遣隊長の指揮監督を受け、情報保全業務の支援に関し、当該情報保全派遣隊と派出された駐屯地又は分屯地に所在する部隊等との連絡にあたるものとする。

(集中運用にあたっての処置)

第14条 情報保全隊長は、訓令第18条の規定に基づく集中運用を行うにあたっては、必要に応じ、関係ある部隊等の長、駐屯地司令又は分屯地司令と調整を行うとともに、集中運用する部隊の指揮関係その他必要な事項を通報するものとする。

2 情報保全隊長は、集中運用を行う場合は、速やかに陸上幕僚長に報告するものとする。

(関係部隊長等への通報)

第15条 情報保全隊長、本部付情報保全隊長及び方面情報保全隊長は、任務遂行中に知り得た情報のうち必要な事項について関係部隊等の長に速やかに通報するものとする。

(委任規定)

第16条 この達の実施に関し必要な事項は、情報保全隊長が定める。

   附 則

1 この達は、平成15年3月27日から施行する。

2 中央調査隊及び方面調査隊の組織及び運用に関する達(陸上自衛隊達第51-16号)は、廃止する。

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:http://www.soungalo.com/page5.html

1 適用車両

自衛隊法(昭和29年法律第165号)第81条の2第1項の規定に基づく自衛隊の施設等の警護出動並びに第83条第2項の規定に基づく災害派遣、第83条の2の規定に基づく地震防災派遣及び第83条の3の規定に基づく原子力災害派遣のため使用する自衛隊車両(緊急自動車を除く。以下「災害派遣等従事車両」という。)

2 適用道路

次に掲げる者が管理する有料道路
(1) 日本道路公団
(2) 首都高速道路公団
(3) 阪神高速道路公団
(4) 本州四国連絡橋公団
(5) 地方道路公社
(6) 都道府県市町村

3 通行要領

次の要領により災害派遣等従事車両であることを明示して通行する。

(1) 車両標識

災害派遣等従事車両(第81条の2第1項の規定に基づく自衛隊の施設等の警護出動のため使用する自衛隊車両を除く。)は、 別紙第1に定める標識を、原則として車両前面ガラス内側の左上部に掲げるものとし、それが不可能か、適当でない場合は、料金所において係員に提示するものとする。

(2) 災害派遣等従事車両証明書

ア 料金所通行の際には、当該車両に乗車している者が、別紙第2に定める災害派遣等従事車両証明書( 以下「証明書」という。)を各料金所の料金収受員に提出し、確認を受けたのち通行する。
  ただし、特別な理由により、この措置がとれなかった場合、料金所において料金収受員に当該車両に乗車する者の身分証明書を提示し、災害派遣等従事車両であることを告げる。

イ 証明書の発行者は、陸上自衛隊車両の運行等に関する達(陸上自衛隊達第98-5号)第5条に定める運行命令権者たる中隊長等とする。

ウ 証明書の発行者は、証明書を使用して第2項に記載されている管理者が管理する有料道路を通行した場合、それぞれ別様に各年度ごと別紙第3に定める「発行状況表」に証明書発行状況等を記録するものとする。

4 報告

各方面総監、各部隊長及び各機関の長は、各年度の証明書の発行状況等を記録した発行状況表を次年度の4月末日までに陸上幕僚長に報告するものとする。

5 日本道路公団、首都高速道路公団及び阪神高速道路公団(以下「各公団」という。) の管理する有料道路の通行に当たっては、前項の通行要領のほか、別添「営計第11号(15.3.19)「自衛隊の施設等の警護出動等のため使用する自衛隊車両の通行について(回答) 」」、「首公管第44号(15.3.13)「災害派遣等のために使用する自衛隊車両の通行について(回答)」」及び「阪公業第116号 (15.3.14)「災害派遣等のため使用する自衛隊車両の通行について(回答)」」による。
  なお、各公団以外の管理者が管理する有料道路の通行に当たっては、別添「営計第11号(15.3.19)「自衛隊の施設等の警護出動等のため使用する自衛隊車両の通行について(回答)」」に示す日本道路公団の通行要領に準じて通行するものとする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.25

英語で日記 二〇一一年一月二十五日 火曜日 四国八十八カ所の成立時期。Tuesday, January 25, 2011 Study of exam of history geography.

二〇一一年一月二十五日 火曜日 歴史地理の試験の勉強。

 晴れ。

 手書きのリポートを提出しました。

 大学から帰って歴史地理の試験のための勉強をしました。
 この勉強で、大阪府の富田林市の寺内町(じないまち)のことを知ったことは、うれしかった。

 夜は、テンプラをつくって食べました。
 ダイコンのテンプラ、ニンニクのテンプラもつくりました、
いずれも素材が甘くなって、おいしかった。
 四国学をインターネットで受講しました。
 きょうは、四国八十八カ所巡礼の成立時期がテーマでした。
 それは、史料を駆使した明快な講義でした。 

(lucid ルーシーット 明快な)

Tuesday, January 25, 2011 Study of exam of history geography.

Fine.

I submitted a handwritten report.
I returned to my apartment from our university and studied for an exam of history geography.
From this study,I learnt about Jinaimachi in Tondabayashi city in Osaka prefecture.
It was glad.

I made and ate tempuras at night.
I made tempuras of radishes and garlics.
Ingredients became sweet by deep-frying .
I ate them.
They were delicious.
I attended Shikoku study on the Internet.
A approval time of 88-place in Shikoku pilgrimage was a theme today.
It was a lucid lecture.
He made full use of historical documents.

(lucid ルーシーット 明快な)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【行ってみたい所】 大阪府富田林市の寺内町(じないちょう)。

 きょう、歴史地理の試験のための勉強をしていて大阪府富田林市にあった寺内町(じないちょう)のことを知りました。

 寺内町は、浄土真宗の寺院を中心に人為的に形成された都市です。
 富田林は、一五五八年、興正寺第十六世・世証上人が、三好山城守から百貫文で寺内地を買い取りました。
 開発は、周囲四か村、毛人村、中野、山中田、新堂から二人づつの有力農民の力にたよりました。
 江戸時代の絵図で見ると、この寺内町は、堤に囲まれ、出入口に門があり、寺内は碁盤状で、中心に興正寺があります。
 一五六八年ころには、富田林惣中を構成する年寄衆が町の運営にあたっていました。
 その中核は、鍛冶、紺屋、桶屋、大工で、商人には、近郊はもとより、紀伊、熊野、江戸、長崎、越前のものもいました。
 また、富田林を補足するために、古市、三日市の六斎市(ろくさいいち)がありました。 六斎市とは、一か月のうち八日、十四日、十五日、二十三日、二十九、三十日の六日におこなわれる定期市です。

 いま、大阪府富田林市の寺内町には、江戸時代から昭和初期の町屋がたくさん残っていて、一九九七年十月、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています(面積・十一万千平方メートル)。
 また、一九八六年八月、中心部を南北に縦断する城之門筋が建設省の日本の道百選に選定されています。

 【寺内町の例】
 
 伏木(富山県高岡市) - 勝興寺
 井波(富山県南砺市) - 瑞泉寺
 城端(富山県南砺市) - 善徳寺
 金沢(石川県金沢市) - 金沢御坊
 吉崎(福井県あわら市) - 吉崎御坊
 一身田(三重県津市) - 専修寺
 金森(滋賀県守山市) - 善立寺、金森御坊
 赤野井(滋賀県守山市) - 赤野井東別院、赤野井西別院
 山科(京都府京都市山科区) - 山科本願寺
 大阪(大阪府大阪市) - 石山本願寺
 金岡(大阪府堺市北区) - 光念寺、長光寺、佛源寺(浄土真宗仏光寺派の寺内町)
 富田(大阪府高槻市) - 教行寺
 枚方(大阪府枚方市) - 順興寺
 招提(大阪府枚方市) - 敬応寺
 出口(大阪府枚方市) - 光善寺
 久宝寺(大阪府八尾市) - 顕証寺、久宝寺御坊
 八尾(大阪府八尾市) - 大信寺、八尾御坊
 萱振(大阪府八尾市) - 恵光寺、萱振御坊
 富田林(大阪府富田林市) - 興正寺富田林別院(富田林御坊)(重要伝統的建造物群保存地区)
 貝塚(大阪府貝塚市) - 願泉寺
 大ケ塚(大阪府南河内郡河南町) - 顕証寺、大ケ塚御坊
 尼崎(兵庫県尼崎市) - 本興寺、長遠寺(法華宗の寺内町)
 小浜(兵庫県宝塚市) - 毫摂寺
 今井(奈良県橿原市) - 称念寺(重要伝統的建造物群保存地区)
 高田(奈良県大和高田市) - 専立寺
 田原本(奈良県磯城郡田原本町) - 教行寺
 下市(奈良県吉野郡下市町) - 願行寺
 御坊(和歌山県御坊市) - 本願寺日高別院

 【参考資料】

 ○ 『日本の歴史地理』。浅香幸雄。大明堂。一九六六年一月二十六日。
 ○ ウイチペディア 富田林寺内町。

 【富田林市のホームページにも寺内町のことが書かれています】
 
http://www.city.tondabayashi.osaka.jp/public/section/bunkazai/jinaimachi.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

【短歌】 亡き年下の友「のぼさん」の妻、娘。

 エライテの 悪事許さぬ 人だった 友の偉さを しみじみ思う

 真夜中の 「寂しいよー」の わがコール 応じてくれた 年下の友

 「のぼさん」の ケータイ、いまだ 登録中 そちらの世界に 届くだろうか

 四年目の 集まりにいて 友の妻 在(あ)るがのごとく 夫を語る

 亡き友と 同じ顔した 娘さん おっちゃんたちと 明日香をめぐる

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【短歌】 「懸命に 学ぶ年に」と書いている……。 

 「懸命に 学ぶ年に」と 書いている 六十三歳 大学三年

 「つぶれてる!」 大学近くの 食堂が 二〇一一年 最初の登校

 真っ青の 空をバックに 金色に 実を光らせる 丘のセンダン

 今年も 女子九人は にぎやかで 男子学生 ボソボソ話す

 早く来て 目いっぱいに 授業する そんな教師が 僕は大好き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短歌】 内定が、まただだという娘(こ)。

 電話口 小四の女孫(まご) 丁寧で 「おとなみたい」と どぎまぎしてる

 内定が まだだという娘(こ) 明るいが くやしさいっぱい かかえて生きてる

 何時間 夢を見たのか 小説が 一、二冊ほど 書けそうな朝 

 わが妻は 二時間半の 訪問で わが部屋を去る 何か悲しい

 このところ 座りぱなしで 学んでる わが万歩計 二千、三千

 窓の外 焼ける夕陽を 撮りたくて バイクを駆って いい場所探す

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.26

英語で日記 二〇一一年一月二十六日 水曜日 陸軍歩兵十二連隊の軍旗日誌。Wednesday, January 26, 2011 Colors diary of 12 regiments of infantryman of army.

二〇一一年一月二十六日 水曜日 陸軍歩兵十二連隊の軍旗日誌。

 晴れ。

 午前中、英作文の勉強をしました。

 ある資料館に陸軍歩兵十二連隊の軍旗日誌があることを知りました。

  午後、困りごとが解決しました。

 それは、来年からの勉強のテーマについてでした。

 アパートに帰ってから歴史地理の試験勉強をしました。

Wednesday, January 26, 2011 Colors diary of 12 regiments of infantryman of army.

Fine.

I studied English composition in the morning.

I knew there was a colors diary of 12 regiments of infantryman of the army in a certain material pavilion.

In the afternoon, It was solved that I had been in trouble.

It was a theme of study from next year.

I returned to my apartment, and did an exam study of a history geography.

(colors 軍旗。regiment 連隊。infantryman インフェンティマール 歩兵。)

  【参考 陸軍歩兵十二連隊と高知県】

 陸軍歩兵十二連隊は、一八七五年創設、所在地・広島-丸亀、編成地・丸亀、通称号/略称・ 錦二四二五、上級部隊・広島鎮台-第五師団-第十一師団、最終位置・高知県。
 一九四五年、高知県南部の沿岸地域で防御陣地を構築します。
 高知にいたころの連隊長は原田喜代蔵(大尉。四三年十二月二十四日~)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【歴史、地理の自習の時間】 南海道(なんかいどう)という名の官道。

 南海道(なんかいどう)は、五畿八道の一つで、紀伊、淡路、阿波、讃岐、伊予、土佐の六か国をさし、その道筋(駅路、官道)をもいいます。
 七〇〇年(文武天皇四年)ごろ七道の制が定まって以降、前記六か国が管轄されるようになりました。
 ここでは、おもに道路としての南海道についてのべます。

 行政区画としての南海道には、以下の諸国が含まれます。
 紀伊国(紀州、和歌山県、三重県南部)
 淡路国(淡州、兵庫県淡路島、沼島)
 阿波国(阿州、徳島県)
 讃岐国(讃州、香川県)
 伊予国(予州、愛媛県)

 なお、五畿と他の六道は以下のとおりです。
 五畿  大和国(奈良県の旧国名)、山城国(京都府の旧国名)、摂津国(大阪府の北西部と兵庫県の東部の旧国名)、河内国(大阪府南東部の旧国名)、和泉国(大阪府南部の旧国名)。
 東海道  伊賀国、伊勢国、・志摩国、尾張国、三河国、遠江国、駿河国、甲斐国、伊豆国 ・相模国、安房国、上総国、下総国、常陸国 の十四国と、ややおくれて編入された武蔵。
 東山道  近江国、美濃国、飛騨国、信濃国、武蔵国、上野国、下野国 の七国でしたが、のちに陸奥、出羽を加え、七七一年、武蔵をのぞいて八か国となります。
 山陰道  丹波国、丹後国、但馬国、因幡国、伯耆国、出雲国、石見国、隠岐国の八か国からなります。今は京都、兵庫、鳥取、島根の一府三県。
 北陸道  今の福井、石川、富山、新潟県にあたります。
 大化の改新(六四六年)のときは若狭(わかさ)、越(こし)の二国でしたが、七世紀のころ越国が越前(えちぜん)、越中、越後に三分したので、若狭と佐渡を加えて五か国となりました。のち越前から能登(のと)、加賀を分けて七か国となりました。
 山陽道  播磨、美作、備前、備中、備後、安芸、周防、長門の八国からなります。
 平安時代の九二七年(延長五年)に完成し、九六七年(康保四年)に施行された律令の施行細目である『延喜式(えんぎしき)』は、紀伊と淡路を近国、阿波と讃岐を中国、伊予と土佐を遠国(おんごく)としています。

 律令制では、七道駅路と総称される七つの駅路(東海道、東山道、北陸道、山陰道、山陽道、南海道、西海道)が設置されていました。
 これらの駅路は官道でした。
 七道駅路は、七世紀後半から八世紀にかけて建設され、十世紀ころまで機能していたようです(この間、宮都は、飛鳥から藤原京、平城京、長岡京、平安京などと変化しました)。
 駅路設置のことは、六四六年(大化二年)に出された改新の詔でうたわれているのが最初とされています。
 『日本書紀』によれば、六四六年(大化二年)春一月一日、賀正の礼が終わって、改新の詔が発せられました。それには、つぎの内容もありました。
 「京師(都城)を創設し、畿内の国司・郡司・関塞(せきそこ。重要なところの守塁)・斥候(うかみ)・防人(さきもり)・駅馬(はいま)・伝馬(つたわりうま)を置き、鈴契(すずしるし、駅馬・伝馬を利用する際に使用)を造り地方の土地の区画を定める。……」
 『日本書紀』は、六七二年の壬申の乱のとき、倭(やまと)古京の近江朝廷の留守役に駅鈴の交付を求めて拒否されたことを記しています。また、大海人皇子(おおあまのみこ)が吉野から東国入りの際に、名張や伊賀の駅家を焼いています。こうしたことから、すくなくとも大和の周辺では壬申の乱以前に駅制が実際に機能していたと考えられています。
 駅路の総延長はおよそ六千三百キロ。道の両脇に側溝を持つ駅路の路面幅は、奈良時代には十二メートル、平安時代には六メートルを基本としていました。しかも、三十里(=十六キロ)ごとに駅家(えきや)が置かれ、全国でおよそ四百の駅家があったといいます。
 駅路には格があり、『令集解』によれば、大路は山陽道のみ、中路は東海道と東山道、その他は小路とされました。山陽道も太宰府から先は小路とされました。
 大路の駅家には駅馬が二十匹、中路の駅家には十匹、小路(しょうろ)の駅家には五匹が置かれていたといいます。
 現実には差異があり、紀伊国二駅が各八匹、讃岐の国が各四匹とされていたといいます。
 毎年、太宰府や諸国から中央政府に派遣される朝集使は、規定した地点より先は官給の駅馬を使用してよいことになっていました。使者が駅馬を利用するには、駅鈴が交付されている必要がありました。
 『延喜式』には、各国別の駅名とそれぞれの駅の配備駅馬数、および伝馬数の配置郡名と配備伝馬数が記録されています。これによって、全国に四百二の駅があったことがわかります。
 南海道は、南海道諸国の国府と都を結ぶ官道でもあり、小路とされました。各駅には馬五疋匹を定置しました。

 南海道の当初のコースは、つぎのようなものでした。
 長岡京以前の南海道は、紀伊国内に入ると萩原駅(かつらぎ町大字萩原)、紀ノ川北岸を西進して名草駅(紀伊国府があったと推定されている和歌山市府中)へいたり、さらに西進した後、賀太駅(和歌山市加太)が置かれていました。
 延暦十三年(七九四年)に平安京に都が移ると、翌々年に南海道のルートが変更されました。
 本州では、大阪湾に沿って進み、和泉国の呼唹(おお)駅から雄の山峠(和歌山市滝畑)を越えて紀伊に入り、紀伊国府を経て賀太駅に至るルートに変更されました。
 賀太港から海路で淡路島の洲本市由良港に上陸し、その後、南あわじ市三原の淡路国府へいたります。
 淡路国府を出た後は、南あわじ市福良港から再び海路で鳴門市撫養港で四国に上陸、その後、板野町大寺の郡頭駅から讃岐、伊予、土佐方面と阿波国府方面とで分岐します。
 阿波国府方面へは、そこから南進して徳島市名東町の阿波国府へいたります。
 一方、讃岐、伊予、土佐方面へは、そこから北進し大坂峠を経て讃岐国に入り讃岐平野を横断し、坂出市の讃岐国府へいたります。
 そこからさらに西進して伊予国に入ると四国中央市妻鳥町の大岡駅で伊予国府方面と土佐国府方面とで分岐し、各国府へいたります。

 現在では、そのほか以下のとおりです。

 紀伊、淡路~四国
 1.荻原(はぎはら。和歌山県伊都郡かつらぎ町荻原)
 2.名草(なぐさ。旧名草郡内)
 3.賀太(かだ。和歌山県和歌山市加太)
 4.由良(兵庫県洲本市由良)
 5.大野(兵庫県洲本市大野)
 6.福良(兵庫県南あわじ市福良)
 7.郡頭(徳島県板野郡板野町大寺)
 讃岐、伊予、土佐へ
 1.引田(ひけた。香川県東かがわ市馬宿)
 2.松本(まつと。香川県さぬき市大川町田面)
 3.三渓(みたに。香川県高松市三谷町)
 4.河内(かわち。香川県坂出市府中町)
 5.甕井(みかい。香川県仲多度郡多度津町三井もしくは善通寺市弘田町永井)
 6.柞田(くにた。香川県観音寺市柞田町)
 7.大岡(おおおか。愛媛県四国中央市妻鳥町松木)
 阿波へ
 1.石隈(徳島県)
 伊予へ
 1.近井(愛媛県四国中央市土居町中村)
 2.新居(愛媛県新居浜市)
 3.周敷(愛媛県西条市)
 4.越智(愛媛県)
 土佐へ
 1.山背(愛媛県四国中央市新宮町馬立)   
 2.丹治川(高知県長岡郡大豊町立川)
 3.吾椅(高知県長岡郡本山町)
 4.頭駅(高知県)

 【参考】

 ○ 『古代を考える 古代道路』。木下良。吉川弘文館。一九九六年四月十日。
 ○ ウィキペディア 南海道。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【歴史、地理の自習の時間】 フィヨルド(峡湾=きょうわん)って、枕水(ちんすい)海岸の一種なんですね。

 フィヨルドって?? 実は、昨年後半に初めて知りました。
 高校の『地理B』の参考書を見たら載っているので高校でも習うのですね。

 フィヨルド(峡湾=きょうわん)とは、氷河時代の終わりごろに氷河の氷が融けて海面が上がったために、深い谷の一部が海に沈むことで形成された複雑な地形の湾・入り江のことです。別のいいかたをすると、氷河によって形成されたU字谷(ユーじこく。両岸は岸壁)が沈水して形成されたものです。

 氷河は、数万年もかけて数千メートルも降り積もった雪が融けずに固まり、氷へと変化したものです。この氷が、自身の重みによって、速くても一年間に数百メートルのスピードで山の斜面を下り、滑りながら底の地面を深く鋭く削り取り、深い谷を形づくってゆきます。
 湾の特徴は、U字谷と同様になります。湾口から湾奥まで湾の幅があまり変わらず、細長い形状になります。海岸線は、湾奥を除いて断崖絶壁となるものが多く、水深も深い。

 寒帯の地域に多く形成されます。南半球では、北半球に比べフィヨルドの数は少なく、規模も小さい。
 ノルウェーのソグネ・フィヨルドのように、長さが二百キロメートル、水深、両岸の断崖ともに千メートルを越えるものもあります。湾の幅は数キロメートル程度です。
 ヨーロッパ北部のスカンディナビア半島(ノルウェー、スウェーデン)がフィヨルド地帯として有名です。ノルウェー側には、トロンヘイムフィヨルドがあります。
 大西洋上のグリーンランド、アイスランドにもフィヨルド地形が見らます。
 南半球では、ニュージーランドの南島や、チリ、アルゼンチン南部(パタゴニア地方)などにあります。
 世界最大のフィヨルドはグリーンランドのスコルズビ湾です。

 フィヨルドは枕水(ちんすい)海岸の一種です。
 枕水海岸のうち、リアス式海岸は山地が枕水して、谷の部分が入り江や湾になったものです。
 エスチュアリ(三角江=さんかくこう)は、河川の河口が枕水してできたラッパ状の入り江です。背後に平野が展開し、大きな港が発展します。テムズ川(ロンドン)、エルベ川(ハンブルク)、ラプラス川(ブエノスアイレス)など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【歴史、地理の自習の時間】 琵琶湖疏水(びわこそすい)との出合い。

 昨年、仲間と京都市の南禅寺を訪れました。
 近くに、琵琶湖疏水(びわこそすい)のインクラインがありました。
 高低差のある蹴上げの舟だまりと南禅寺の舟だまりを結ぶ傾斜地に上下二本のレールを敷き、艇架台により舟を運ぶ施設です。
 南禅寺に入って右手に、琵琶湖疎水の水路閣ありました。
 水路橋で、延長九三・一七メートル、幅四・〇六メートル、水路幅二・四二メートルで煉瓦造でアーチ構造です。
 水路の中にイノシシがいてびっくりしました。水路にはまって出られなくなって困っていたのかも知れません。
 後期の授業で、このことを習っていました。
 実は、南禅寺には何回か行ったことがありましたが、琵琶湖疏水のインクラインと水路閣には気付いていませんでした。関心がないということは恐ろしいことですね。

 琵琶湖疏水は、琵琶湖の湖水を、京都市へ通ずるためにつくられた水路(疏水)です。
 明治時代の一八九〇年に第一疏水が、一九一二年に第二疏水が完成しました。
 滋賀県大津市三保ヶ崎で取水します。
 水道用水、水力発電(通水の翌年に運転開始)、潅漑(かんがい)、工業用水などに使われました。
 水運にも用いられ、琵琶湖と京都、京都と伏見・宇治川を結びました。
 落差の大きい蹴上(けあげ)と伏見にはケーブルカーと同じ原理のインクラインが設置され、船を線路上の台車に載せて移動させました。
 しかし、一九五一年に運航を停止しました。
 琵琶湖疏水の水は、いまでも無鄰菴(むりんあん)や平安神宮神苑、瓢亭、菊水、何有荘、円山公園をはじめとする東山の庭園に利用され、京都御所や東本願寺の防火用水としても使われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.27

【短歌】 「末期がん、入院中です」 ブログ読む。

 「末期がん、入院中です」 ブログ読む 「何でよ! 君は 新婚さんだろ!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画「男はつらいよ」の、好きなせりふ】 寅→ 「お互いに貧乏人同士じゃあねえか。えー。……」。

 映画「男はつらいよ」十七作「寅次郎夕焼け小焼け」から。

 寅→ 「お互いに貧乏人同士じゃあねえか。えー。もう少しいたわりあったらどうだい」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【歴史、地理の自習】 日光東照宮の参道の秘密。

 歴史地理の授業で、日光東照宮の参道は正方形に見えるようにしているということを聞きました。
 インターネットを探してみたら、このページにそのことが書いてありました。

 http://blog.goo.ne.jp/kuritarou13/e/224a0d26705381aa36960acfd3e7f9e8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【歴史、地理の自習】 借景(しゃっけい)って、高松市の栗林公園と、そのうしろの紫雲山の関係もそうですね。

 歴史地理を勉強していたら、修景(しゅうけい)、借景(しゃっけい)という言葉が出てきました。

 修景は、都市計画・道路計画などで、自然の美しさを損なわないように風景を整備することだそうです。


 借景は、中国庭園や日本庭園の造園技法の一つで、庭園外の山や樹木、竹林などを庭園内の風景に背景として取り込むことで、前景の庭園と背景となる借景とを一体化させてダイナミックな景観を形成する手法だとのことです。
 香川県でいえば、高松市の栗林公園と、そのうしろの紫雲山の関係もそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【歴史、地理の自習】 北回帰線(きたかいきせん)って、うーん……。

 北回帰線(きたかいきせん)って言葉を聞いて、「何だっけ!?」と思いながらほってありました。
 でも、この間、弟と台湾に行ったとき、彼が台湾南部の説明で「北回帰線がね、……」といっていたので、あらためて調べてみました。

 北緯(ほくい)23度26分の緯線(いせん)のことで、北回帰線上では夏至(げし)の日、太陽が天頂(てんちょう)にくるとのことです。
 南回帰線(みなみかいきせん)というのもあります。
 南緯(なんい)23度26分の緯線です。南回帰線上では冬至(とうじ)の日、太陽が天頂にきます。
 北回帰線と南回帰線とにはさまれた地帯を緯度(いど)上の熱帯というそうです。

 夏至の日に北回帰線上に、冬至の日に南回帰線上に行ってみたいものですね。

 【参考】

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E7%B7%9A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【歴史、地理の自習の時間】 ドーバーのチョークの白い崖(White cliffs of Dover)。

 イギリスのドーバーは、英仏海峡に面したケント州の主要な港湾都市です。
 ここの海岸に白い断崖があります。
 その崖は、白亜紀のチョークからなっています。
 チョークは、海にすむ炭酸カルシウム(方解石)の殻を持つココリスなどの微小生物の遺骸が堆積したものです。

 【参考】

 
http://www.geocities.jp/tepkun/dover.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【歴史、地理の自習の時間】 大阪層群って何?

 大阪層群の解説を探していたら、こんなページがありました。
 私にもわかる解説でした。

 http://www2.mus-nh.city.osaka.jp/learning/geoguid/osaka_sogun.html 

 

  およそ300万年前から30万年前の平野・盆地そして浅い海にたまった地層です.大阪平野,奈良盆地,京都盆地,播磨平野,淡路島そして大阪湾のまわりの丘陵と,それらの地下に分布しています.まだ固まっていないれき,砂,泥の層がほとんどですが,たくさんの火山灰層もはさまれています.火山灰の中には,九州から飛んできたものもあります.
 大阪層群がたまっていた時代の前半には,気候は暖かく,いまでは絶滅したり,日本からいなくなって中国南部や北アメリカだけに生き残っている動物や植物が,多くすんでいました.しかし後半になると,これらの動植物はだんだん少なくなり,寒い気候に適した動植物と入れかわりました.
 大阪層群が広がる丘陵は,むかしは里山が広がる場所でしたが,大阪では,ほとんどが宅地や工業団地になっています.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【歴史、地理の自習の時間】 ヤンガードリアス事件を追え。

 ヤンガードリアス事件がおきたのは、約一万二千年前です。
 氷期の最も寒冷な時期が終わり、地球が徐々に暖かくなりはじめたころです。
 北アメリカのローレンタイド氷床の末端ががとけはじめました。
 その水で大陸中央部に巨大な湖(アガシー湖)が形成されました。そして、その湖が決壊し、大量の真水が北大西洋に流れこみました。
 これがヤンガードリアス事件です。
 このため、気温が下がりはじめ、数十年の間に地球の年平均気温は5度C近くも低下してしまったのです。
 この時期は、ヤンガードライアス期とよばれています。
 やがて、気温は、ふたたび上昇をはじめます。

 【参考】

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%B9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年一月二十七日 木曜日 一科目で七つのリポートを提出。Thursday, January 27, 2011 Seven reports in a subject.

二〇一一年一月二十七日 木曜日 一科目で七つのリポートを提出。

  晴れ。

 ある科目の先生が、リポートを二つ返してくれました。
 この科目では、年間、計七つのリポートを提出しました。
 私は、アパートに帰って、それぞれのリポートの点数を合計しました。
 その科目は、なんとか及第点になっているようです。
 二月一日に、この科目の合否判定があります。

 夜は、歴史地理の試験勉強をしました。

 昨夜から、新たな悩みごとができました。
 ある人に手を貸してあげたい、でも、私には、その人のためになることをしてあげる能力がありません。

Thursday, January 27, 2011 Seven reports in a subject.

fine

A teacher of a certain subject returned us two reports.
We submitted seven reports in a year by this subject.
I returned to my apartment, and totaled my scores.
The subject seems to manage to be a passing point.
There is an admission decision on this subject on February 1.

I did an exam study of a history geography at night.

I got a new worry last night.
I want to help a certain person, and, however, I do not have an ability to benefit the person.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.28

英語で日記 二〇一一年一月二十三日 日曜日  彼女の滞在時間は二時間半でした。Sunday, January 23, 2011 Her sojourn time was two and half hours.

二〇一一年一月二十三日 日曜日  彼女の滞在時間は二時間半でした。

 晴れ。

 聴覚教育メディア論の試験勉強をしました。

 妻が、私のアパートに来ることになりました。

 夕飯用の買い物をして彼女を待ちました。

 彼女は、午後三時半、私のアパートにやってきました。

 彼女が始めたのは、私の衣類にアイロンをかけることでした。

 私は、夕食の用意をしました。

 二人で夕食を食べました。

 そして、彼女は、午後六時に、わがアパートを出て、高知市に帰って行きました。

 彼女の言い分は、「あしたは、午前中から会議があるから」と、いうことでした。

 彼女が、私のアパートにいたのは二時間半でした。

Sunday, January 23, 2011 Her sojourn time was two and  half hours.

Fine.

I did an exam study of an aural educational media theory.

My wife will come to my apartment.

I did shopping for dinner and waited for her.

She came to my apartment at 3:30 p.m.

She  ironed my clothes.

I prepared dinner.

We ate supper.

And, she went out my apartment at 6 p.m, and returned to Kochi city.

She  said, "There will be a conference since the morning tomorrow".

It was two and half hours that she was in my apartment.

(sojourn ソージャン 滞在)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年一月二十八日 金曜日 歴史地理学の試験。Friday, January 28, 2011 Exam of historical geography.

二〇一一年一月二十八日 金曜日 歴史地理学の試験。

 晴れ。

 二時間目、歴史地理学の試験を受けました。
 問題が五つ出ました。
 奇跡的にすべてに解答できました。
 六十点以上を取れたと思います。

 夜、高知市の家に行きました。
 自宅で弟とラム酒を飲みながら語らいました。

Friday, January 28, 2011 Exam of historical geography.

Fine.

In the second period,we took an exam of the historical geography.
Five questions were brought up from it.
I was able to answer all miraculously.
I think that I was able to get 60 points or more.

I went to my house in Kochi city at night.
While drinking rum, I and  my younger brother discussed at home.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.31

【歴史、地理の自習の時間】 『万葉集』の「熟田津に 船乗りせむと 月待てば 潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな」の背景は?

 この歌は、題詞、左注からすると斉明(さいめい)7年(661年)1月に詠まれたもので、作者は 額田王(ぬかたのおおきみ)で斉明天皇の気持ちを代わりに詠んだもののようです。
 
 熟田津(にきたつ。いまの愛媛県松山市か)で、船を出そうと満月(大潮)を待っていると、いよいよ潮(しお)の流れも良くなってきました。さあ、いまこそ船出しましょう。

 皇極(こうぎょく)・斉明天皇は、舒明(じょめい)天皇の妻の一人です。
 二人の子には、上から中大兄皇子(のちの天智天皇)、間人皇女(はしひとのひめみこ)、大海人皇子(のちの天武天皇)がいます。
 そして、天武天皇の妻が額田王です。
 斉明天皇は、飛鳥の後岡本宮(のちのおかもとのみや)で政治をとりました。
 斉明6年(660年)、朝鮮半島にあった斉明政権と親密な関係を結んでいた百済(くだら)が、新羅(しらぎ)と唐の連合軍に攻められ滅亡します。
 百済の遺臣たちが、日本に支援を求めてきました。
 斉明天皇と中大兄皇子、中臣鎌足らは、これを受け入れ、救済軍を派遣することを決定しました。
 そして、斉明7年(661年)1月6日、斉明天皇の「御船」は西征に出発します。中大兄皇子、大海人皇子らが従いました。
 同月十四日、「御船」は、伊予の熱田津の石湯行宮(いわゆのかりみや)に停泊します。
 3月25日、「御船」は那大津(なのおおつ。福岡港)にいたっています。
 この歌は、この間に詠まれたものだと思われます。
 満月ということでしたら、3月15日ころということかもしれません。

 歌の思いには、左注によると、かつて舒明天皇が、皇極天皇らと伊予の湯に行幸したときの思いも重ねられているといいます。
 斉明天皇は、この年の7月24日、北九州の朝倉宮に75日間滞在し、68歳で病のために亡くなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年一月二十九日 土曜日 映画「蟹工船」を見ました。Saturday, January 29, 2011 Movie "Crab-canning boat" was seen.

二〇一一年一月二十九日 土曜日 映画「蟹工船」を見ました。

 晴れ。

 きょうは、高知市にいます。

 朝、病院で受診しました。

 午後、ひょんなことで、仲間と、ゆで卵百個の皮をむく作業をしました。

 夜七時から、映画「蟹工船」を見ました。

 この映画会は、日本民主青年同盟高知県委員会の主催でした。    

Saturday, January 29, 2011 Movie "Crab-canning boat" was seen.

Fine.

I am in Kochi city today.

I consulted a physician in a hospital in the morning.

I did work to peel off eggshells of 100 boiled eggs with my companion in the afternoon.

I watched movie "Crab-canning boat" at 7 p.m.

This movie was  sponsored by Democratic Youth League of Japan Kochi prefecture committee.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年一月三十日 日曜日 私のパソコンのメール、インターネットが不通になりました。Sunday, January 30, 2011 My personal computer broken off, E-mail and Internet went dead.

二〇一一年一月三十日 日曜日 私のパソコンのメール、インターネットが不通になりました。

 晴れ。

 妻が、家の中で自分の財布をなくしたということで家中を探し回っていました。

 「あなた、どこかに隠したの?」

 彼女は、私をも疑っています。

 私は、彼女は財布を、どこかに置き忘れていると思います。

 午後、高知市内で県立高知短期大学社会人入試のお知らせのビラを配布しました。

 これを、県立高知短期大学OBと一緒にやりました。

 妻も、それを手伝ってくれました。

 

 夜、さぬき市の私のアパートに帰ってきました。

 そして、私のパソコンを起動しました。

 しかし、パソコンのメールもインターネットも不通になっていました。

 これを直そうとしました。

 しかし、それは直りませんでした。

 博物館情報論の試験勉強をしました。

Sunday, January 30, 2011 My personal computer broken off, E-mail and Internet went dead.

Fine.

My wife lost her purse in our house.

She searched all over the house for it.

"Did you conceal it somewhere?"

She is suspecting me.

I think that she left  her purse somewhere.

In the afternoon ,I distributed flyers.

It said "You also take an entrance exam of prefectural Kochi junior college as a member of society . "

I did this with prefectural Kochi junior college OB.

My wife also helped it.

I came back to my apartment in Sanuki city at night.

And, I started up my personal computer.

However, my personal computer broken off, E-mail and Internet went dead.

I tried to repair this.

However, it was not repaired.

I did an exam study of museum information theory.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年一月三十一日 月曜日 また、携帯電話を変えてしまいました。Monday, January 31, 2011 Cellular phone was changed.

二〇一一年一月三十一日 月曜日 また、携帯電話を変えてしまいました。

 晴れ。

 三時間目の授業は、英会話でした。

 これが、私の大学三年生での最後の授業です。

 先生は、私たちを「英語を自分のものにするために、これからも持続的に勉強してください」と励ましてくださいました。

 午後、パソコンのインターネット、メールの故障が直りました。

 携帯電話を変えました。

 妻の財布事件が解決しました。

 犯人は妻自身でした。

 四国学の歴史の試験の勉強をしました。

 恩人の妹さんの電話で話をしました。

 寝たきりになっているそうです。

 体を治そうと近々、手術をします。

Monday, January 31, 2011 Cellular phone was changed.

Fine.

Our class of the third period was English conversation.

This is the last class in my junior.

Our teacher encouraged us, "Please study continuing to make English ours in the future".

Internet and mail of my personal computer were repaired in the afternoon.

I changed my cellular phone.

The trouble about my wife's purse was solved.

The criminal was my wife.

I studied an exam of history of Shikoku study.

I talked with benefactor's younger sister on telephone.

She seems to be bedridden.

She has an operation very soon.

(benefactor 恩人。bedridden ベッドリズン 寝たきりの)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »