« 【歴史、地理の自習】 借景(しゃっけい)って、高松市の栗林公園と、そのうしろの紫雲山の関係もそうですね。 | トップページ | 【歴史、地理の自習の時間】 ドーバーのチョークの白い崖(White cliffs of Dover)。 »

2011.01.27

【歴史、地理の自習】 北回帰線(きたかいきせん)って、うーん……。

 北回帰線(きたかいきせん)って言葉を聞いて、「何だっけ!?」と思いながらほってありました。
 でも、この間、弟と台湾に行ったとき、彼が台湾南部の説明で「北回帰線がね、……」といっていたので、あらためて調べてみました。

 北緯(ほくい)23度26分の緯線(いせん)のことで、北回帰線上では夏至(げし)の日、太陽が天頂(てんちょう)にくるとのことです。
 南回帰線(みなみかいきせん)というのもあります。
 南緯(なんい)23度26分の緯線です。南回帰線上では冬至(とうじ)の日、太陽が天頂にきます。
 北回帰線と南回帰線とにはさまれた地帯を緯度(いど)上の熱帯というそうです。

 夏至の日に北回帰線上に、冬至の日に南回帰線上に行ってみたいものですね。

 【参考】

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E7%B7%9A

|

« 【歴史、地理の自習】 借景(しゃっけい)って、高松市の栗林公園と、そのうしろの紫雲山の関係もそうですね。 | トップページ | 【歴史、地理の自習の時間】 ドーバーのチョークの白い崖(White cliffs of Dover)。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/50703476

この記事へのトラックバック一覧です: 【歴史、地理の自習】 北回帰線(きたかいきせん)って、うーん……。:

« 【歴史、地理の自習】 借景(しゃっけい)って、高松市の栗林公園と、そのうしろの紫雲山の関係もそうですね。 | トップページ | 【歴史、地理の自習の時間】 ドーバーのチョークの白い崖(White cliffs of Dover)。 »