« 【歴史、地理の自習】 日光東照宮の参道の秘密。 | トップページ | 【歴史、地理の自習】 北回帰線(きたかいきせん)って、うーん……。 »

2011.01.27

【歴史、地理の自習】 借景(しゃっけい)って、高松市の栗林公園と、そのうしろの紫雲山の関係もそうですね。

 歴史地理を勉強していたら、修景(しゅうけい)、借景(しゃっけい)という言葉が出てきました。

 修景は、都市計画・道路計画などで、自然の美しさを損なわないように風景を整備することだそうです。


 借景は、中国庭園や日本庭園の造園技法の一つで、庭園外の山や樹木、竹林などを庭園内の風景に背景として取り込むことで、前景の庭園と背景となる借景とを一体化させてダイナミックな景観を形成する手法だとのことです。
 香川県でいえば、高松市の栗林公園と、そのうしろの紫雲山の関係もそうですね。

|

« 【歴史、地理の自習】 日光東照宮の参道の秘密。 | トップページ | 【歴史、地理の自習】 北回帰線(きたかいきせん)って、うーん……。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/50703158

この記事へのトラックバック一覧です: 【歴史、地理の自習】 借景(しゃっけい)って、高松市の栗林公園と、そのうしろの紫雲山の関係もそうですね。:

« 【歴史、地理の自習】 日光東照宮の参道の秘密。 | トップページ | 【歴史、地理の自習】 北回帰線(きたかいきせん)って、うーん……。 »