« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011.02.01

二〇一一年二月一日 火曜日 三時間で十四問の答えを書きました。Tuesday, February 1, 2011  I finished writing the answer of 14 questions within three hours.

二〇一一年二月一日 火曜日 三時間で十四問の答えを書きました。

 雲り。

 博物館実習の科目に合格していました。

 これで、来年度も、この科目を学べます。

 試験を三つ受けました。

 すべて、記述式でした。

 計十四問すべてに解答しました。

 ボクシングの試合を三回したような感じでした。

 アパートに帰ってから、四国学の試験勉強をしました。

 高知県土佐市宇佐のYさんと電話で話しました。

 彼は、地域の老人会に入ったそうです。

Tuesday, February 1, 2011  I finished writing the answer of 14 questions within three hours.

Cloudy.

I had passed a subject of museum practice.

I can study this subject in the coming year.

I took three exams.

These exams were the description types.

I answered all of 14 questions in total.

It was feeling that did a boxing match three times.

After I returned to my apartment, I did an exam study of Shikoku study.

  

I spoke by telephone with Mr. Y in Kochi prefecture Tosa city Usa.

He seems to have entered an elderly person association in the region.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.02

【歴史、地理の自習の時間】 香川県三豊市豊中町の本山寺(もとやまじ)を焼いた長宗我部氏。

  文化財について自習して、香川県三豊市豊中町本山の本山寺(もとやまじ)の諸堂が、長宗我部氏のたたかいによって焼失したことを知りました。


 このとき焼けなかった鎌倉時代建立の本堂や仁王門は、それぞれ国宝、国の重要文化財に指定されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短歌】 大学の後期試験の最中です。

 「あのさ、これ……」 四十三下 学生に 教えてもらい 試験の準備

 歩きつつ ノート読んでる 男の子 後期試験の ただ中のこと

 「ああ、何か、逃げ出したい」の 声がした 語学の追いこみ きょうの試験か

 あの科目 「合格してます」 結果聞く 来年度も 学んでいける

 メモ重ね ぎゅっぎゅつと 詰め込んで あふれ落ちそう 試験直前  

 「あと五分」 追加書くのは あきらめて 誤字直してる 一つ、二つと

 書いて、消し 十四問に 答えぬき 三時間もの テストは終わる

 あと四つ 試験控えた 夜のこと 脳の疲れを テレビでいやす

 ムバラクが 追い詰められてる ニュース聞く いま民衆が 国を変えてる

 お天気は 春に向うの 予報聞く 取材の計画 そろそろ立てるか

 十時間 文化財学 ノート読む 見てないものを チェックしている   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春休みの計画。ただいま夢想中。

 試験勉強にあきて、春休みのことを考えています。

 この春休みにつぎのことをやろうと思っています。

 1、全国の陸軍秘匿(ひとく)飛行場の跡に、できるだけ多く行ってみる。いまやっている香川県の三つの陸軍秘匿飛行場を調査するためのインスピレーションを得るためです。

 2、高知県南国市に駐屯していた特殊な陸軍部隊について調べる。

 3、香川県丸亀の連隊の軍旗を読み解く(高知に駐屯していたときの様子を中心に)。

 4、大阪府富田林の寺内町(じないまち)跡を歩く。

 5、奈良、京都の飛鳥時代、奈良時代、平安時代の仏像を、じっくり見なおす。これは、これまでにかなり見ているのですが、文字にできるほどに、全体と細部を見なおすということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年二月二日 水曜日 文化財学の試験勉強。

二〇一一年二月二日 水曜日 文化財学の試験勉強。

 晴れ。

 午前十時から文化財学の試験勉強をやりました。
 しかし、午後七時でストップ。
 疲れました。
 少し休んで、もう少しやるかもしれません。
 でも、後は、明日の午前中からです。
 試験は、午後一時五分からです。
 
 高知市Tさんから電話がありました。
 県立短期大学を卒業するHさんの祝う会をやろうよ、日程を教えてということでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短歌】 夜の妻との電話での対話。

  今晩は 妻、快活で 十八分 しゃぺりにしゃぺり ケータイ閉じる

 いやはや、僕は質問しているだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.03

英語で日記 二〇一一年二月三日 木曜日 全国各地の陸軍秘匿(ひとく)飛行場の場所。

二〇一一年二月三日 木曜日 全国各地の陸軍秘匿(ひとく)飛行場の場所。

 雲り。

 

 少し暖かくなりました。

  午前中はアパートの窓を開け放って勉強しました。

 夏休み中の博物館実習の内諾書を受取りました。

 三時間目に、文化財学の試験を受けました。

 

 夜、私は、新しい調査を始めました。

 それは、各地の陸軍秘匿飛行場が、どこにあったかということです。

Thursday, February 3, 2011 Place where an airport of army hiding secretly in nationwide various places.

Cloudy.

 

It became warm a little.

I opened a window of my apartment and studied in the morning .

I received a private consent book about a museum practice during summer vacation.

In the third period ,I took an exam of cultural asset study.

 

I started a new investigation at night.

It is where an airport of army hiding secretly was.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「金毘羅船々(こんぴらふねふね)」って金刀比羅宮(ことひらぐう)のコマーシャルソング!?

 ふとしたことから「金毘羅船々(こんぴらふねふね)」の歌に興味を持ちました。
 子どものころ、歌詞の意味もわからずに歌っていた覚えがあります。
 たとえば、ゾズサンって?
 じっくり歌詞を読み直してみました。

 金毘羅船々

 金毘羅船々
 追風(おいて)に帆かけて
 シュラシュシュシュ
 まわれば
 四国は 讃州(さんしゅう)那珂の郡(なかのごおり)
 象頭山(ぞうずさん)金毘羅大権現(だいごんげん)
 一度まわれば
 金毘羅 み山の 青葉のかげから
 キララララ
 金の御幣(ごへい)の 光がチョイさしゃ
 海山雲霧(うみやまくもきり) 
 晴れわたる 一度まわれば

 金毘羅石段
 桜の真盛り(まさかり)
 キララララ
 振袖(ふりそで)島田が サッと上る
 裾(すそ)には降りくる 花の雲
 一度まわれば
 阿波の殿様 蜂須賀(はちすか)さまだよ
 シュラシュシュシュ
 私ゃあなたの そばそばそばだよ
 ほんとに金毘羅大権現
 一度まわれば
 お宮は金毘羅
 船神さま(ふながみさま)だよ
 キララララ
 時化(しけ)でも無事だよ
 雪洞(ぼんぼり)ゃ明るい 錨(いかり)を下して 
 遊ばんせ
 一度まわれば

 擬態語もたくみに使って実に調子のいい歌ですね。
 でも、一定の知識がないと理解できない歌ですね。
 金毘羅は、金刀比羅宮(ことひらぐう)で、香川県琴平町の象頭山中腹に鎮座する神社です。明治維新の神仏分離・廃仏毀釈が実施される以前は真言宗の象頭山松尾寺金光院でした。
 「讃州(さんしゅう)那珂の郡(なかのごおり)」は、讃岐の国の那珂郡(なかぐん)にあるということですね。金毘羅のある琴平町も那珂郡でした。那珂郡は、いまは、多度郡と合併して仲多度郡となっています。
 御幣(ごへい)は、神道の祭祀で用いられるもの、二本の紙垂を竹または木の幣串に挟んだものです。通常、紙垂は白い紙でつくりますが、御幣にとりつける紙垂は白だけでなく五色の紙や、金箔・銀箔が用いられることもあります。
 島田は、島田髷(しまだまげ)のことで、髻を折り返して元結で止める日本髪において最も一般的な女髷です。特に未婚女性や花柳界の女性が多く結いました。
 「阿波の殿様 蜂須賀(はちすか)さまだよ」というのは、なぜ、ここに歌われるのか意図が私にはわかりません。
 雪洞(ぼんぼり)は、ここでは、灯台形で一本柱の上に上開きの六角形や球形のおおいをつけたものでしょうか。
 近隣の海を船で旅している人々に、「金刀比羅宮にお寄りなさいよ。こんなに素敵な所ですよ」と呼びかけたコマーシャルソングでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【短歌】 後期試験の続き。

 パソコンが 故障した夜 世の中が 消えてしまった 気分になったよ

 カリカリの 鉛筆音に 励まされ 九問を解く 「あと半時間」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.04

英語で日記 二〇一一年二月四日 金曜日 私は、私の妻に手助けしてもらっています。Friday, February 4, 2011 My wife is helping for me.

二〇一一年二月四日 金曜日 私は、私の妻に手助けしてもらっています。

 晴れ。

 私は、午前十時から午後二時まで英作文の勉強をしました。
 私は、五時間目に『伊勢物語』の科目の試験を受けました。

 私は、夜中に高知市の家に帰り着きました。
  私の妻は、私のパソコンにワープロ入力の作業を手伝ってくれました。

Friday, February 4, 2011 My wife is helping for me.

Fine.

I studied English composition from 10 a.m. to 2 p.m.
I took an exam of a subject of 'Tales of Ise' in the fifth period.

I returned to our house in Kochi city in the middle of the night.
My  wife helped a work of my word processor input.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.05

英語で日記 二〇一一年二月五日 土曜日 陸軍第十一師団関係の資料。Saturday, February 5, 2011 Material related to the 11th army division.

二〇一一年二月五日 土曜日 陸軍第十一師団関係の資料。

 晴れ。

 私は、午後、高知市の、ひろめ市場の前で、高知短期大学社会人入試のPRビラを配布しました。
 十五人ほどが、そのビラを配布しました。
 それには、OBだけでなく先生四人も参加しました。

 そのあと、私は、近くの高知県立図書館に行って陸軍第十一師団関係の資料をあさりました。
 
 私は、夜、自宅で、あすの取材の準備をしました。
 そして、私は、月曜日の四国学の二科目の試験勉強をしました。

Saturday, February 5, 2011 Material related to the 11th army division.

Fine.

I distributed flyers in front of Hirome market in Kochi city in the afternoon.
It said ”You also can take an entrance exam of prefectural Kochi junior college as a member of society”.
About 15 people distributed the flyer.
Not only OB but also four teachers participated in it.

After that, I went to the nearby Kochi prefectural library and hunted material related to the 11th army division.
 
I prepared tomorrow's interview at home at night.
And, I did an exam study of two subjects of Shikoku study on Monday.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本土決戦期の陸軍兵力の高知県への配備 その一 「満州」から高知県へ。

 アジア太平洋戦争終戦当時に陸軍第十一師団長だった大野廣一中将が『終戦当時第十一師団長陸軍中将 大野廣一回想録及著書と意見集 並(ならび)に生涯の体験から得た人生教訓』という本を書いています(一九七六年八月)。
 その中から、本土決戦期の陸軍兵力の高知県への配備についての箇所を抜き書きさせていただきます。
 この分野の研究をされているかたにとって参考になる記述だと思うからです。
 まず、大野さんが、中国東北部の日本のかいらい政権があった満州から高知県にやってくるまでの経過です。

  <四国を郷土とする第十一師団は、ソ連軍の満州に対する進攻に備へて、満州守備軍の虎の子師団として、最後までソ連と満州との国境の防衛に残されてゐた。最も精鋭な師団であったが、内地が危険になったので、其(そ)の警備任務を混成第七十七旅団に引きつぎ、郷土防衛の為め、四月二日から満州を出発して、四梯団(ていだん)となって、遙々(はるばる)内地の四国へ輸送されることになった。
 丁度(ちょうど)其(その)輸送の途中に於(おい)て、僕は昭和二十年[一九四五年]四月七日、陸軍中将に進級すると共に、第十一師団長に親補(しんほ)せられた。(師団長は天皇陛下から親しく任命せられるから、親補職と云う。)
 其(その)当時第十一師団の各部隊は、北満州から鉄道輸送により、續々と南朝鮮の釜山港に到著(ママ)、其處(そこ)から船舶輸送により、第一、第二梯団(ていだん)は九州の博多に上陸した。所が米軍潜水艦が、対馬海峡に現らわれて危険になったから、第三、第四梯団は北朝鮮の羅針港から乗船して、北陸の敦賀港に上陸し、更に鉄道により、徳島附近へ逐次到着していた。僕は飛行機で南京を出発し、満州国の首都新京に飛んで、同地の階行社(かいこうしゃ)で、前任師団長鷹森中将より、事務の引継ぎを受け、翌日再び飛行機で朝鮮の京城を経て、大阪へ飛び、軍司令官の内山中将に申告して、四国防衛に関する軍命令を受領した。
 其(その)当時米軍の潜水艦が日本海にも現らわれ我が師団の輸送船を撃沈する虞(おそ)れがあったので、僕は非常に心配し、航海の安全を祈った。
 幸い海上輸送は無事順調に進捗(しんちょく)し、遂に最後尾の部隊まで悉(ことごと)く、何等の事故もなく、全師団の輸送が安全に完了した。>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本土決戦期の陸軍兵力の高知県への配備 その二 「高知県の南海岸を守備し、一部を以(もっ)て徳島県の沿岸を防備」。

 <始め我(わ)が師団は、主力を以て高知県の沿岸を守備するよう軍命令を以て定められてゐたから、此命令に基(もとづ)き現地を偵察して、師団の配備を計画してゐた。所が途中で軍の作戦計画が変更されて、四ケ師団より成る四国防衛軍を編成し、其(その)大部の兵力を以て高知県の南海岸を守備し、一部を以(もっ)て徳島県の沿岸を防備することになった。>
 <其(その)当時我師団の編成は、師団司令部、歩兵第十二聯隊、同第四十三聯隊、同第四十四聯隊、騎兵第十一聯隊、山砲兵第十一聯隊、工兵第十一聯隊、輜重兵(しちょうへい)第十一聯隊、衛生隊、野戦病院などより成り、各部隊は何れも皆戦時編成の最も充実した部隊で、而(しか)も其装備は最新式の最も勝(す)ぐれた兵器を一番多く持ち、将校以下大部分現役の新進気鋭の勇士に満ち、其(そ)の素質が特に優秀で、其上(そのうえ)永年ソ満国境に於て、敵を目の前に見て鍛えに鍛えた最も精鋭な部隊であった。其(その)総兵力は、約二万五千人であり、而(しか)も其(その)団結が鞏固(きょうこ)であるから、其(その)威力を発揮すると、実に恐るべき戦斗力を発揮することが出来る。
 当時四国防衛に任じた四個の師団の中、第三百四十四師団の如(ごと)きは、編成当初兵士には持たせる小銃も銃剣もなく丸腰で、水筒の代用品として竹筒を腰にぶら下げていた程であり、而(しか)も老兵で訓練も不十分であった。之等(これら)の師団と比較すると、我(わ)が第十一師団は格段の差があり、四ケの師団の中、最も精鋭な師団として軍方面は勿論(もちろん)、官民からも一番信頼されていた。>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本土決戦期の陸軍兵力の高知県への配備 その三 高知県での各陸軍師団の配置 。

 <四国防衛の任に当たった第五十五軍(軍司令官は原田熊吉中将)は四個師団半より成り、其(その)編成は第十一師団、第百五十五師団、第二百五師団、第三百四十四師団と独立混成第百二十一旅団より成る。
 作戦計画は、米軍が主力を以て、浦戸湾より物部川河口附近に亘(わた)る海岸地帯に上陸するものと判断し、軍は各一部を以(もっ)て久礼湾以西の土佐南岸、物部川以東の土佐南岸及(および)徳島沿岸を守備せしめ、主力を以(もっ)て須崎附近より物部川河口附近に亘(わた)る海岸地帯を防備し、敵の上陸の半途に乗じて攻勢に転じて、敵を撃滅すと云(い)う方針の下に、次の如(ごと)く配備した。
 (1) 第五百四十四師団(剣山部隊)(臨時編成師団で師団長は横田豊一郎中将)を以(もっ)て、宿毛市附近より中村市を経て久礼湾に亘(わた)る海岸を守備せしめ、
 (2) 第百五十五師団(護土部隊)(一聯隊欠)(師団長は岩永汪中将)を以(もっ)て、物部川河口より安芸市を経て佐喜湾附近に亘(わた)る海岸を守備せしめ、
 (3) 独立混成第百二十一旅団(歩兵第四百五十聯隊を附す)(旅団長横井忠道少将)を以て徳島沿岸を守備せしめ、
 (4) 第十一師団(錦部隊)(師団長大野広一中将)(現役の精鋭師団)を以(もっ)て須崎附近より浦戸湾を経て、物部川河口に亘(わた)る海岸地帯を守備せしめ、
 (5) 第二百〇五師団(師団長唐川安夫中将)の主力を軍の総豫備隊として後免北方地帯に配置し、敵の上陸の半途に乗じ、第十一師団主力と共に攻勢に転じ、敵を海岸地帯に於(おい)て撃滅する
 (6) 軍司令部は山田東北方山麓に位置する>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.06

本土決戦期の陸軍兵力の高知県への配備 その四  第十一師団はこう配備されました。

 
 <我が第十一師団の配備

    (1)、 方針

師団は各一部を以(もっ)て、須崎附近及(およ)び仁淀川河口より浦戸湾に亘(わた)る海岸を守備せしめ、主力を以(もっ)て浦戸湾より物部川に亘(わた)る間を占領し、敵の上陸の半途に乗じ、攻勢に転じ、敵を水際に近き海岸地帯に於(おい)て撃滅する

    (2)、 配備

①須崎支隊(歩兵第十二聯隊の一大隊を基幹とする)を以(もっ)て須崎附近を占領して、敵の上陸を阻止せしめる
②歩兵第四十四聯隊(聯隊坂本俊馬大佐)(山砲兵一大隊(一中欠)工兵一小隊を附す)を以(もっ)て右地区隊として、仁淀川河口附近より浦戸湾に亘(わた)る海岸地帯を占領し、
敵の上陸を阻止せしめる。
③歩兵第四十三聯隊(聯隊長多田金治大佐)を以(もっ)て、左地区隊として、浦戸湾より物部川に亘(わた)る海岸地帯を守備し、敵の上陸の半途に乗じ攻勢に転ずる如(ごと)く準備せしめる
④山砲兵第十一聯隊(聯隊長小幡実大佐)(大隊本部及二中隊欠、●●一小隊を附す)を以(もっ)て後免南方高地帯に陣地を占領し敵の上陸に対して猛火を集中して、主として左地区隊の戦斗に協力せしめ、師団主力の攻勢移転に際しては、主力を以(もっ)て浜改田附近より物部川間に火力を集中し得る如く準備せしむ
⑤歩兵第十二聯隊(聯隊長原田喜代蔵大佐)(一大隊欠)及(および)工兵第十一聯隊(聯隊長 岩本清大佐)の主力は師団豫備隊として、後免附近に位置し、敵の上陸の半途に乗じ、攻勢に転得る如く準備せしめる。

但(ただ)し工兵聯隊は別に示す所により、各部隊の陣地構築及(および)道路整備に協力せしむる。
⑥輜重兵(しちょうへい)第十一聯隊(聯隊長岩田秀雄大佐)の一大隊を以(もっ)て、仁淀川上流八田、弘岡附近を守備せしめる。●余の主力を以(もっ)て弾薬、糧食の補給の準備を整へしめる。
⑦師団司令部は後免南方鉢巻山[鉢伏山か]西北麓に位置せしめる>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本土決戦期の陸軍兵力の高知県への配備 その五 「敵の戦車が接近した時タコツボからおどり出て、爆弾や放火剤を以(もって)て攻撃する体当たり戦法準備を整へた。」。

 <各部隊の防禦(ぼうぎょ)工事の実施状況

右地区隊正面も左地区隊正面も共に、海岸には幅百米内外の砂地があるが、其(そ)の後方には大部分、一連の高地帯が連なっておる。
敵が土佐沿岸に強行上陸を行う時には、飛行機による爆撃と、艦隊による砲撃によって、我(わ)が防禦設備(ぼうぎょせつび)を徹底的に破壊した後、上陸部隊が舟艇に乗って陸岸に上陸すると共に、水陸両用の戦車を上陸せしめ、戦車を先頭として我が守備隊を制圧し、艦砲射撃によって掩護せられて、逐次地歩を拡大し、主力の上陸完了を待って、我軍と決戦することになるであろう。
だから我(わ)が師団としては、敵の飛行機より行う爆撃に対しても、艦隊の行う艦砲射撃に対しても、安全で決して破壊されないよう考慮して、堅固に防禦施設を作らねばならぬ。
夫(そ)れ故(ゆえ)我(わが)主抵抗陣地は、敵の艦砲射撃に暴露しないよう、前方高地にかくれた後退配備をとり、尚(な)ほ敵の爆撃に対し安全にする為(た)め、高地帯に多数のトンネルを縦横に作って、其(そ)のトンネルの内部に、兵員の起居と弾薬糧食などの貯蔵が出来るように施設し、敵方に面した出口に機関銃や速射砲、山砲などを据えつけ、銃口、砲口部だけを残して、コンクリートや鉄板で固ためた。
当時高知市にはセメント工場があったけれども、石炭不足の為(た)め、一時セメント生産を中止してゐた。僕は徳島県に貧鉱であるけれども、石炭が出る山があることを知り、わざわざ将兵を派遣して、石炭を掘って、セメント工場に與(あた)えて、セメントを生産させたから、セメントは豊富に師団の防禦工事に使用することが出来た。
機関銃や諸火砲は敵の艦砲射撃に暴露しないよう、而(しか)も斜射、側射の効果を発揮するよう射向について、特別の注意を拂(はら)ったから、万全の備へが出来た。
海岸の砂浜には少数の前進部隊の隠蔽陣地(いんぺいじんち)を作って、敵の上陸を直接妨害させるように準備し、此(この)前進部隊と主陣地とは、坑道を以て、安全に交通が出来るよう構築した。尚(な)ほ海岸地帯には無数のタコツボ陣地を作り、我軍(わがぐん)の單独兵を潜伏せしめ、敵の戦車が接近した時タコツボからおどり出て、爆弾や放火剤を以(もって)て攻撃する体当たり戦法準備を整へた。
尚(な)ほ海岸沿いの一連の高地帯に、前述の通りの無数のトンネルを縦横に掘ることは、容易な事ではない。四月下旬各部隊が、陣地配置についてから、連日連夜交代制によって、晝夜兼行の工事を續けた。トンネル工事の途中、岩盤につき当ることが屡々(しばしば)ある。岩盤は火薬を使って爆破し、又(また)トンネルの天井や側壁がくずれるから、木材で枠を組みつつ工事を進めねばならぬから、莫大な木材を要すると共に、多大の日子を費やした。>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本土決戦期の陸軍兵力の高知県への配備 その六 「婦女子に至るまで、積極的に郷土防衛の戦いに参加する覚悟を定め、竹鎗訓練さへも至る所で行なわれた。」。

 <民間防衛準備

 米軍が我(わが)本土に上陸して来れば、直に海岸地帯で、激烈な戦斗が始まるから、敵の上陸に先だち海岸附近の住民を疎開させねばならぬ。その第一着として、先(ま)づ子供を奥地に移し、海岸に近い学校は疎開の準備を整えた。
愈々(いよいよ)敵が上陸して来れば、只(た)だ單に軍隊だけの戦斗で片づかない。住民も直接戦禍を被むる事になるから、婦女子に至るまで、積極的に郷土防衛の戦いに参加する覚悟を定め、竹鎗訓練さへも至る所で行なわれた。>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年二月六日 日曜日 戦争遺跡関係のインタビュー。Sunday, February 6, 2011 Interview to former soldier.

二〇一一年二月六日 日曜日 元兵士へのインタビュー。

 雲り。

 きょうは、高知県にいます。
 
 午後、元兵士にインタビューしました。
 それは、Oさん、Dさんが一緒でした。
 私は、夕がた、高知市の、わが家に帰り着きました。

 本屋に行って、あすの試験の参考書を二冊買いました。
 高速バスのなかで、それを読みました。
 午後十時半に、さぬき市の私のアパートに到着しました。

Sunday, February 6, 2011 Interview to former soldier.

Cloudy.

I am in Kochi Prefecture today.

We interviewed a former soldier in the afternoon.
Mr. O and Mr. D and  I heard the former soldier's story.

I returned to my house in Kochi city in the evening.
 
I went to a bookstore, and bought two reference books of tomorrow's exam.
I read it in the high-speed bus.
I arrived at my apartment in  Sanuki city at 10:30 p.m.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.07

【短歌】 「突然に 試験の神様 降りて来て……」。

 突然に 試験の神様 降りて来て カシ、カシ、カシ…と 四枚を書く

 「さぁ、つぎだ!」 カリ、カリ、カリ…と 鉛筆削り リングに上がる  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年二月七日 月曜日 後期の試験は、すべて終わりました。Monday, February 7, 2011 Eexams at latter term was over.

二〇一一年二月七日 月曜日 後期の試験は終わりました。

 晴れ。

 二時間目、四時間目に、四国学・産業と四国学・歴史と文化の試験を受けました。
 これで、後期の試験は、すべて終わりました。
 
 午後五時から英作文の勉強をしました。

Monday, February 7, 2011  Eexams  at latter term was over.

Fine.

I took exams of Shikoku study, industry, Shikoku study, history and culture in the fourth period and the second period.
All my exams at latter term were over by this.
 
I studied English composition at 5 p.m.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.08

英語で日記 二〇一一年二月八日 火曜日 Kさんが香川県の四年制大学の編入試験に合格しました。Tuesday, February 8, 2011 My friend passed an exam for admission as a transfer student of the senior college.

二〇一一年二月八日 火曜日 友人が四年制大学の編入試験に合格しました。

 晴れ。

                     

 正午から英作文の勉強を始めました。

 

 友だちのKさんが、香川県の四年制大学の編入試験に合格しました。

 心から、おめでとうをのべます。

Tuesday, February 8, 2011 My friend passed an exam for admission as a transfer student of the senior college.

Fine.

I started study of English composition at noon.

 

my friend mrs.K  passed an exam for admission as a transfer student of the senior college.

Congratulations sincerely.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.09

英語で日記 二〇一一年二月九日 水曜日 「十冊目の歌集を出そう」。Wednesday, February 9, 2011 "Let's put out the tenth collection of Tanka poems. "

二〇一一年二月九日 水曜日 「十冊目の歌集を出そう」。

 晴れ。

 朝から丸亀市に行きました。

 

 この日、「十冊目の歌集を出そう」と決断しました。

 原稿をつくりはじめました。

Wednesday, February 9, 2011 "Let's put out the tenth collection of Tanka poems. "

Fine.

I went to Marugame city in the morning.

 

I determined, "Let's put out the tenth collection of Tanka poems" on this day.

I began to make a manuscript.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.11

英語で日記 二〇一一年二月十日 木曜日 歌集の原稿の整理をしました。Thursday, February 10, 2011 I arranged a manuscript of collection of Tanka poems.

二〇一一年二月十日 木曜日 私は、歌集の原稿の整理をしました。

 晴れ。

 大学の後期試験の成績が発表されました。

 一科目の成績だけが、非常に残念でした。

 一日中、歌集の原稿の整理をしました。

 五分が終わりました。

Thursday, February 10, 2011 I arranged a manuscript of collection of Tanka poems.

Fine.

A result of exams of the latter term of our university was announced.

Only a result of one subject was very regrettable for me.

I arranged a manuscript of collection of Tanka poems all day long.

It has finished only 1/5.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.12

英語で日記 二〇一一年二月十一日 金曜日 ネコの薬の袋。【写真、一枚】 Friday, February 11, 2011 Cat's medicine bag.

Photo_17

二〇一一年二月十一日 金曜日 ネコの薬の袋。

 晴れ。

 さぬき市から高知市に行きました。

 午後四時から、県立高知県立大学経済学クラブの勉強会に参加しました。
 そのあと、同クラブの新年会に参加しました。

 家に帰ったら、妻が、わが家のネコ・クニョの近況を話してくれました。
 彼女は、前の左足をくじいて、三本足で歩くようになっていたようです。
 妻が気付いて、ネコを病院へ連れて行きました。
 ネコの薬袋には、「クニョ様」と書いてありました。

Friday, February 11, 2011 Cat's medicine bag.

Fine.

I went to Kochi city from Sanuki city.

I participated in a study meeting of  Kochi prefectural university economics club at 4 p.m.
I participated in a New Year's party of this club after that.

My wife spoke to me a recent situation of our cat Kunyo when I returned to our house.
She seemed to sprain a front left leg, and she walked three feet.
My wife noticed, and she took the cat to a hospital.
The cat's medicine bag was written, "Kunyo Sama".

(sprain くじく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二英語で日記 一一年二月十二日 土曜日 戦争遺跡ネットワーク高知の集まり。Saturday, February 12, 2011 Group of war ruins network Kochi.

二〇一一年二月十二日 土曜日 戦争遺跡ネットワーク高知の集まり。

 晴れ。

 午後三時から戦争遺跡ネットワーク高知の集まりに参加しました。

 そのあと、その団体の新年会に参加しました。

Saturday, February 12, 2011 Group of war ruins network Kochi.

Fine.

I participated in a group of war ruins network Kochi at 3 p.m.

AndI participated in a New Year's party of the group after that.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.13

英語で日記 二〇一一年二月十三日 日曜日 歌集の原稿を仕上げました。Sunday, February 13, 2011 I finished up a manuscript of my collection of Tanka poems.

二〇一一年二月十三日 日曜日 私は、私の歌集の原稿を仕上げました。

 晴れ。

 私の歌集の原稿を仕上げました。
 妻が、私の作品の添削をしてくれました。
 
 夜、さぬき市のアパートに帰って来ました。

Sunday, February 13, 2011 I finished up a manuscript of my collection of Tanka poems.

Fine.

I finished up a manuscript of my collection of Tanka poems.
My wife corrected my work.
 
I came back to my apartment in Sanuki city at night.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.02.14

英語で日記 二〇一一年二月十四日 月曜日 私の歌集を編集しました。Monday, February 14, 2011 I edited my collection of Tanka poems.

二〇一一年二月十四日 月曜日 私の歌集を編集しました。

 雪。

 午後から雪が降っています。

 午後、高松市の出版社に行って、私の歌集出版について相談をしました。
 さぬき市のアパートに帰ってから、私の歌集の原稿を削って、ワードで編集しました。

Monday, February 14, 2011 I edited my collection of Tanka poems.

Snow.

It has been snowing since the afternoon.

I went to a publisher in Takamatsu city in the afternoon, and consulted about my collection of Tanka poems publication.
I cut down a manuscript of my collection of Tanka poems after I returned to my apartment in Sanuki city, and edited it in the word.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国各地につくられていた陸軍秘匿(ひとく)飛行場 その一 まえがき

 陸軍秘匿飛行場について、あらためて調べはじめました。
 まずは、全国の、どこに、どんな陸軍秘匿飛行場があったのか、それは、どういうものだったのかという概要を知りたいと思っています。
 戦後の調査で判明しているものをデータを書いておきたいと思います。

 ごぞんじのかた、データをお寄せいただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国各地につくられていた陸軍秘匿(ひとく)飛行場 その二 金ケ崎飛行場=岩手県胆沢郡金ケ崎高谷野原(こうやのはら)、金ケ崎町根 

 【金ケ崎】

 ・ 岩手県胆沢郡金ケ崎高谷野原(こうやのはら)、金ケ崎町根=JR東北本線金ケ崎駅の西方約六キロメートル、同駅から車で六分。
 ・ 一九四五年、建設が始まりました。
 ・ 同年八月九日、アメリカ軍は、この飛行場を空襲しました。近隣の住民五人が犠牲になりました。
 ・ この日、この飛行場に茨城県百里原(ひゃくりはら)を飛び立ち、釜石を艦砲射撃したアメリカ、イギリスの艦隊を攻撃をしかけた海軍艦上爆撃機・彗星(すいせい)が爆弾投下装置の故障で、この飛行場に不時着しました。
 ・ 翌十日、空襲を受け、この彗星は破壊されました(その胴体後部、尾翼の一部は盛岡市志家町の高校教育会館に保存されています)。
 ・ 飛行場跡地は、田んぼになっています。
 ・ 近くの白鳥神社の社殿に空襲のときの機銃掃射による銃弾の痕が残されています。

 【参考文献】

 ・ 『岩手の戦争遺跡を歩く』。加藤昭雄。熊谷印刷出版部。二〇〇六年三月三十日。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.15

全国各地につくられていた陸軍秘匿(ひとく)飛行場 その三 水澤飛行場=岩手県胆沢区小山(おやま)、奥州市胆沢区北柴山 

 【水澤】

 ・ 岩手県岩手県胆沢区小山(おやま)、奥州市胆沢区北柴山=JR東北本線陸中折居駅から車で八分。
 ・ 一九四五年四月、建設が始まりました。
 ・ 建設作業には、県内の中等学校三年生二千人が動員され、七十日~八十日間働かされました。小山国民学校(いまの場所は、小山中学校)に寝泊まりしました。
 ・ 上空から見て普通の田園風景に見えるように偽装がおこなわれました。
 ・ 滑走路は、同年六月二十八日に竣工しました。試験飛行などで数機が発着しました。
 ・ 同年八月十日、この飛行場を爆撃したアメリカ軍飛行士の報告書には、「専門的な偽装」ね「鉢植えされた木々」、「車のついた草葺(ぶ)きの屋根」の言葉がありました。
 ・ 跡地には田畑になっています。
 ・ 滑走路中間地点付近に、記念碑「小山飛行場跡地」があります。

 【参考文献】

 ・ 『岩手の戦争遺跡を歩く』。加藤昭雄。熊谷印刷出版部。二〇〇六年三月三十日。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年二月十五日 火曜日 私の来年度の前期の時間割づくり。Tuesday, February 15, 2011 My schedule at the first term of the coming year.

二〇一一年二月十五日 火曜日 私の来年度の前期の時間割。

晴れ。

大学が、来年度の時間割を発表しました。

来年度前期の時間割の案をつくりました。

 

夜中まで英作文の勉強をしました。

Tuesday, February 15, 2011 My schedule at the first term of the coming year.

Fine.

Our university announced a schedule for the coming year.

I made my schedule idea.

I studied  English composition until the middle of the night.

【追加】

 夕方、近くのパチンコ店に寄りました。
 パチンコをやるのは、十数年ぶりです。
 「一円パチンコ」をやってみたかったからです。
 やっぱり損をしました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.16

今シーズンで高松市に雪が積もった日は?

 今シーズンで高松市に雪が積もった日は、いつと、いつだったでしょうか?

 昨日の四国新聞の記事に載っていました。

 二月十一日

 二月十二日

 二月十四日

 だ、そうです。

 十四日は、この冬一番の寒さ。

 この日の最高気温は、午前八時前の2・7度だったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.17

英語で日記 二〇一一年二月十六日 水曜日 ある男性の半年間の軍隊生活の記録。Wednesday, February 16th, 2011 Record of military life during a certain man's half a year.

二〇一一年二月十六日 水曜日 ある男性の半年間の軍隊生活の記録。

 晴れ。

 ある男性の半年間の軍隊生活の記録をワープロで打ちました。
 その作業は、十時間かかりました。

Wednesday, February 16th, 2011 Record of military life during a certain man's half a year.

Fine.

I typed up a record of military life during a certain man's half a year with a word processor.
It took ten hours.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年二月十七日 木曜日 私のエッセイ。Thursday, February 17, 2011 My essay.

二〇一一年二月十七日 木曜日 私のエッセイ。

 晴れ。

 エッセイを一つ書きました。
 それを、ある新聞に投稿しました。

 夜、英文法の勉強をしました。

Thursday, February 17, 2011 My essay.

Fine.

I wrote one essay.
I contributed it to a certain newspaper.
I studied English grammar at night.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.18

英語で日記 二〇一一年二月十八日 金曜日 私は、美術と音楽を学びたい。Friday, February 18th, 2011 I want to study art and music.

二〇一一年二月十八日 金曜日 私は、美術と音楽を学びたい。

 晴れ。

 朝から英文法の勉強をしました。
 
  午後は、彫塑をしました。

 夜、高知市の自宅に帰ってきました。
 Mさん夫妻が、私たちの家を訪問しました。
 私は、二人に、つぎのようにいいました。
 「私は、いまの大学を卒業した後に、美術と音楽を学びたい」

Friday, February 18th, 2011 I want to study art and music.

Fine.

I studied English grammar in the morning.

I molded a plastic image in the afternoon.

I came back to my house in Kochi city at night.
Mr. and Mrs. M visited our house.
I spoke to two people as follows.
“ I want to study art and music after graduate my university.”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.19

英語で日記 二〇一一年二月十九日 土曜日 デッサンの学校。Saturday, February 19th, 2011 School of sketch. 【写真はデッサン用の鉛筆】

Photo_16

二〇一一年二月十九日 土曜日 デッサンの学校。

 晴れ。

  高知市内の美術学校に行きました。
 ここで、一か月、デッサンの基礎を学ぶことになりました。

 ことし、私たちの仲間の四十歳代の女性、五十歳代の女性が、大学への三年次編入試験に合格しました。
 今夜、その二人の祝賀会を開きました。
 それには、二十人が参加しました。

Saturday, February 19th, 2011 School of sketch.

Fine.

I went to an art school in the Kochi city.
I will learn a base of sketch here for one month.

Our companion's woman in her forties and a woman in her fifties passed three annual incorporation exam to university this year.
We held a celebration of two people tonight.
20 people participated in it.

 【追加】

 先生に鉛筆の削り方を教えていただきました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.02.20

英語で日記 二〇一一年二月二十日 日曜日 高知市介良の戦争。Sunday, February 20th, 2011 War in Kochi city Kera.

二〇一一年二月二十日 日曜日 高知市介良の戦争。

 晴れ。

 午後、戦争の時代の調査のために高知市介良の地域を歩きました。
 ここで出会った、八十歳台の女性が、「この地域の、ここと、ここに兵隊が寝泊まりしていた」と教えてくれました。
  

Sunday, February 20th, 2011 War in Kochi city Kera.

Fine.

I walked in the region in Kochi city Kera for an investigation in the age of the war in the afternoon.
A woman in 80's  who  met here taught me, "The soldier stayed here in this region".

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.22

英語で日記 二〇一一年二月二十一日 月曜日 英文法の問題集。Monday, February 21, 2011  English grammar.

二〇一一年二月二十一日 月曜日 英文法。

 晴れ。

 高知市内の、ある高校の同窓会事務所に行きました。
 そこで、係の人に、その学校の学校誌二冊を見せていただきました。

 英文法の勉強をしました。

 夜、高知県の稲生の陣地にいた陸軍兵士の記録を書きました。
 これは、まだ途中です。

Monday, February 21, 2011  English grammar.

Fine.

I went to an alumni association office in a certain high school in Kochi city.

The clerk man showed me two school magazines.

I studied English grammar.

I wrote a record of soldier of army in a position of Inabu in Kochi at night.
This is still on the way.

(alumni association アラムナイ アソシエーシェン 同窓会)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【小説】 「苦しみの国」か「悦楽の国」か。  お読みください。藤原義一、一押し。

 男は朝からずーっと憂うつでした。
 ベッドから起きあがることもできません。
 不意に<もう世の中、何も楽しいこともないし、生きていてもしょうがない、死んでしまおう>と、思い始めました。
 「でも、痛いのはいやだ」
 あれこれと考え始めました。
 「そうだ。酒で急性アルコール中毒で死んでしまおう」
 そう決めると急に元気が出てきました。
 風呂をわかしました。
 ゆっくりと入りました。
 「死体がきたないと、みっともないからな」
 そして、五〇CCバイクに乗って酒屋に行きました。
 泡盛。
 ラム。
 ウイスキー。
 焼酎。
 きついものだけを買い込みました。
 バイクのボックスに入れ、両方のハンドルに袋をかけて、よたよたと家に帰り着きました。
 男は、外着のままでベッドに座り込んで飲み始めました。
 飲み始めたのが午後二時。
 もう夜中の零時を過ぎています。
 何も食べないし、ピッチは速いし……、もうクデングデンです。
 十分に死ねそうです。
 そして、しばらくして、男の意識は飛んでしまいました。
 
 男は、四方八方からライトが当てられた広々とした部屋に座り込んでいました。
 男の名前が大声で呼ばれました。
 正面のドアを開けて、そこに入れというのです。
 入ると、そこはドーム形の全面ガラス張りでした。まぶしい光がふりそそぎ、目をあけていられないくらいです。
 「あなたには、苦しみの国にいってもらいます」
 どこからともなく、若い女性らしい美しい声が聞こえてきました。
 「あなたのような唯物論者は信じてもいなかったでしょうが、ここには苦しみの国と悦楽の国とがあります。ここは、あなたが、そのどちらかに行くかの裁定の部屋です。どちらに行くかは、あなたが、前の世の中でどんな生き方をしてきたかで決めました。ただし、異議は認めます」
 「何で僕が苦しみの国に……。前の世の中では、僕は、けっこう人のためにやってきたと思っているんですが……」。男は、目を見開いて叫びました。
 「何をいっているんですか。あなたの生き方は、あなたの、奥さんへの態度を見てもわかります。彼女がどんなにつらい時にも、あなたは彼女を思いのままに使役してきたのではないですか。そのため彼女は一時は四十キロほどになっていましたね」
 「でも、いまは五十五キロもあります」
 「それは、このところ、彼女があなたをみはなして、自由に生きるようになったからです。あなたの態度は、あなたが二十三歳で彼女と結婚したときから変わっていません。あなたほどひどい男は、前の世の中でもまれです」
 「僕は、そんな男ではない。女房に聞いてくれ!!」
 「あなたの奥さんからの聴き取りは済んでいます。彼女は、思いのたけを語ってくれました。あなたの悪行をしめす証言はたくさんあります。私の前にある文書の束は、いまにも崩れそうです」
 「そんな……」
 「やはり裁定は変わりません。あなたを、苦しみの国に行ってもらいます」
 
 「あなた! あなた!」
 あの裁判員が、遠くのほうから呼んでいます。
 少し違うかな? 声の質は同じですが、年寄りの声になっています。
 「どうしたの、こんなに酔っぱらって。アルコール臭い! なによ、この、お酒のびん。 もう! なんなの!」
 「ううーーーん。えっ……」
 そうか、夢だったのかな。
 いまは、夜のようです。
 「おまえか……。うーーん。ところで、いまは何日?」
 「なにいってるのよ。二十六日よ」
 酒を飲み始めたのが六十四歳の誕生日の二月二十三日だったから、ずいぶん長いこと意識が飛んでいたことになります。
 「で、お前は?」
 「いま帰ってきたとこ。旅行楽しかったわ」
 そうか、十五日からヨーロッパへ行っていたんだ。
 「風呂をわかしてくれ」
 「それぐらい自分でやりなさいよ」
 「おかずは龍馬空港で買ってきたわよ。好きに食べてね。私は、そこのインド料理の店で、みんなと食べてきたから」
 <やっぱり、あの裁定はおかしい!>

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.02.23

英語で日記 二〇一一年二月二十二日 火曜日 決断と実行。Tuesday, February 22th, 2011 Decision and execution.

二〇一一年二月二十二日 火曜日 決断と実行。

 晴れ。

 さぬき市の私のアパートに行きました。
 冷蔵庫の中の整理などをしてきました。

 一か月ほど、高知市の家に住んで勉強をするつもりです。

Tuesday, February 22th, 2011 Decision and execution.

Fine.

I went to my apartment in Sanuki city.
I have arranged in my refrigerator.

I will live in our house in Kochi city for about one month and study.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年二月二十三日 水曜日 六十四歳の誕生日。Wednesday, February 23th, 2011 64-year-old birthday. 【写真は、ご近所のサギ】

Photo_14

二〇一一年二月二十三日 水曜日 六十四歳の誕生日。

  雲り。

 きょうは、六十四歳の誕生日です。

 午後からデッサンの学校に行きました。
  六時間、カンバスに向かいました。

 それは、一か月の予定です。

Wednesday, February 23th, 2011 64-year-old birthday.

Cloudy.

Today is my 64-year-old birthday.

I went to a school of sketch in the afternoon.
I made a sketch for 6 hours.
I go to the school for one month.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短歌】 デッサンの学校の初日。

カシ、カシと
鉛筆十四 削りぬく
最初の作業 OKが出る

鉛筆の 持ち方やらも 教わって
初デッサンの
始まり、始まり

「はかり棒 こう使います」
「へーっ、すごい」
計測してる 円筒と箱

「よく見る」を 実行してます
六時間
形になったよ 円筒と箱

まわり、みな 美大に行きたい 高校生
即席めん食べ 
夜も描いてる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.24

 郵便局の定額小為替の料金、高すぎーー。

 最近、郵便局の定額小為替を使うことがあるのですが、料金が高すぎ。
 百円の定額小為替を買うのに料金が百円!!!
 民営化される前は、確か十円だったのでは……。
 何とか元に戻してほしい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.25

英語で日記 二〇一一年二月二十五日 金曜日 デッサンの先生のアドバイス。Friday, February 25th, 2011 Advice of teacher of sketch. 【写真は、高知市の城西公園の梅の花】

Photo_15

二〇一一年二月二十五日 金曜日 デッサンの先生のアドバイス。 雲り。  午後一時から七時半までデッサンの学校でギリシャの彫刻の頭部をスケッチしました。  先生は、私に、つぎのようにアドバイスをしてくれました。  「もっとじっくり計測してから描いてください」  「鼻を、きちんと描いてください」  「陰影のつけ方を工夫してください」 Friday, February 25th, 2011 Advice of teacher of sketch. Cloudy. I sketched a head of sculpture of Greece from 1 p.m. to 7:30 p.m. at a sketch school. Our teacher advised me as follows. "Please draw after measuring it more deliberately. " "Please draw that nose neatly. " "Please devise how to apply the shadow. "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.26

英語で日記 二〇一一年二月二十六日 土曜日 医師の警告。Saturday, February 26th, 2011 A doctor's warning.

二〇一一年二月二十六日 土曜日 医師の警告。

 晴れ。

 午前中、定期健診に行きました。
 医師から、運動しないと決定的なことになるという警告を受けました。

 午後一時から五時半までデッサンの学校で昨日と同じ物をスケッチしました。
 きのう、わからなかった彫刻の目、鼻、口の線が見えてきました。

 夜、地域の集いに参加し、日本共産党の政見聞きました。

Saturday, February 26th, 2011 A doctor's warning.

Fine.

I went to routine health checkups in the morning.
A doctor warned me ,"You will become decisive condition if you do not exercise."

I sketched  the same thing as yesterday from 1 p.m. to 5:30 p.m. at sketch school.
I came to able to see lines of eyes, nose, and mouth of a sculpture which I did not understand yesterday

I participated in a gathering in our region, and we listened Japan Communist Party's political views.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.27

英語で日記 二〇一一年二月二十七日 日曜日 博物館の近くの軍人墓地。Sunday, February 27th, 2011 Serviceman graveyard near museum.

二〇一一年二月二十七日 日曜日 博物館の近くの軍人墓地。

 晴れ。

 私は妻と一緒に、朝から高松市に行きました。
 そして、石の民俗博物館に行って、企画展を見ました。
 帰りに、この博物館の近くに軍人墓地があることを知りました。
 
 夜、『高知の戦争 証言と調査』十二号の初校を始めました。

Sunday, February 27th, 2011 Serviceman graveyard near museum.

Fine.

I and my wife went to Takamatsu city in the morning.
And, we went to Folk Museum of the stone, and watched a special exhibition 
We learnt there was a serviceman graveyard near this museum in the way back.

I started a first proof of  'War testimony and survey of Kochi'12th at night.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.28

英語で日記 二〇一一年二月二十八日 月曜日 立体を表現したデッサン。Monday, February 28th, 2011 Sketch that expressed solid.

二〇一一年二月二十八日 月曜日 立体を表現したデッサン。

 雨のち晴れ。

 午後五時から八時までデッサンをしました。
 ほかの人の作品は、対象の質感が表現され、立体的になっています。
 しかし、私の作品は、まだ、それが表現できていません。

Monday, February 28th, 2011 Sketch that expressed solid.

Rain after fine.

I sketched from 5 p.m. to 8 p.m.
Other people's works are expressed a feeling of quality and three-dimensional of a object..
However, my work is not expressible of that yet.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »