« 本土決戦期の陸軍兵力の高知県への配備 その五 「敵の戦車が接近した時タコツボからおどり出て、爆弾や放火剤を以(もって)て攻撃する体当たり戦法準備を整へた。」。 | トップページ | 英語で日記 二〇一一年二月六日 日曜日 戦争遺跡関係のインタビュー。Sunday, February 6, 2011 Interview to former soldier. »

2011.02.06

本土決戦期の陸軍兵力の高知県への配備 その六 「婦女子に至るまで、積極的に郷土防衛の戦いに参加する覚悟を定め、竹鎗訓練さへも至る所で行なわれた。」。

 <民間防衛準備

 米軍が我(わが)本土に上陸して来れば、直に海岸地帯で、激烈な戦斗が始まるから、敵の上陸に先だち海岸附近の住民を疎開させねばならぬ。その第一着として、先(ま)づ子供を奥地に移し、海岸に近い学校は疎開の準備を整えた。
愈々(いよいよ)敵が上陸して来れば、只(た)だ單に軍隊だけの戦斗で片づかない。住民も直接戦禍を被むる事になるから、婦女子に至るまで、積極的に郷土防衛の戦いに参加する覚悟を定め、竹鎗訓練さへも至る所で行なわれた。>

|

« 本土決戦期の陸軍兵力の高知県への配備 その五 「敵の戦車が接近した時タコツボからおどり出て、爆弾や放火剤を以(もって)て攻撃する体当たり戦法準備を整へた。」。 | トップページ | 英語で日記 二〇一一年二月六日 日曜日 戦争遺跡関係のインタビュー。Sunday, February 6, 2011 Interview to former soldier. »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/50792513

この記事へのトラックバック一覧です: 本土決戦期の陸軍兵力の高知県への配備 その六 「婦女子に至るまで、積極的に郷土防衛の戦いに参加する覚悟を定め、竹鎗訓練さへも至る所で行なわれた。」。:

« 本土決戦期の陸軍兵力の高知県への配備 その五 「敵の戦車が接近した時タコツボからおどり出て、爆弾や放火剤を以(もって)て攻撃する体当たり戦法準備を整へた。」。 | トップページ | 英語で日記 二〇一一年二月六日 日曜日 戦争遺跡関係のインタビュー。Sunday, February 6, 2011 Interview to former soldier. »