« 英語で日記 二〇一一年三月二十二日 火曜日 盛況の演説会。Tuesday, March 22, 2011 Flourishing speech association. | トップページ | 英語で日記 二〇一一年三月二十三日 水曜日 私たちのボランティアサークル。Wednesday, March 23th, 2011 Our volunteer circle. »

2011.03.23

県立高知短期大学についての記事 斎藤艶子さん、小林美奈子。

  県立高知短期大学についての記事。

 県立高知短期大学についての記事をネットで探しました。
 いくつか載っています。
 そのうちの二つを紹介します。

  http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=272375&nwIW=1&nwVt=knd

  高知短大で目標見つけた 
  2011年03月22日09時00分 

 高知短期大学で見つけた「第二の人生」――。定年退職後に同大で学び直したことがきっかけで、介護福祉施設を運営する株式会社を設立した女性がいる。専攻科修了生の斎藤艶子さん(64)=高知市神田。21日に卒業式を迎え、「ここでの学びや仲間が勇気や力を与えてくれた」と喜んでいる。

  【写真】学友らとともに卒業を祝う斎藤艶子さん=右から3人目(高知市の高知短大)

 http://203.139.202.230/voice/1102/110218vhiroba03.htm

 2011年2月18日金曜日

 夜学が私の時間

 高知短期大学に通って2年がたちました。不安いっぱいで迎えた入学式を思い出します。
 私には、高校2年の脳性まひの子どもがいます。子どもとの生活の中で私も子どもに負けず何かに挑戦をしてみたいと思っていました。そんなときに高知短期大学という夜間の短大があることを知り、通うようになりました。
 時間のない人でも長期履修制度があり、自分のペースで卒業することができます。私は4年間で卒業するようにしています。仕事・子育てと忙しい中、学校に行って勉強することが私の時間になっています。
 はじめはついていけるかと不安だった勉強も、今まで知らなかった生活に密着した社会のことを知ることができ、楽しく授業を受けています。子育てに追われ、社会との関わりも少ない生活でしたが、学校に通うようになり一緒に学ぶ仲間もでき楽しい日々を過ごせています。
 中学3年の子どもたちが協力もしてくれ、脳性まひの子ども自身も私のいない時間を過ごすことができるようになりました。学園祭などの行事には子連れで参加できる和気あいあいとした高知短期大学に私は入学してよかったと思っています。あと、2年間の学生生活を楽しんで頑張りたいと思っています。

【小林美奈子=40歳、訪問介護、高知市】

|

« 英語で日記 二〇一一年三月二十二日 火曜日 盛況の演説会。Tuesday, March 22, 2011 Flourishing speech association. | トップページ | 英語で日記 二〇一一年三月二十三日 水曜日 私たちのボランティアサークル。Wednesday, March 23th, 2011 Our volunteer circle. »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/51192482

この記事へのトラックバック一覧です: 県立高知短期大学についての記事 斎藤艶子さん、小林美奈子。:

« 英語で日記 二〇一一年三月二十二日 火曜日 盛況の演説会。Tuesday, March 22, 2011 Flourishing speech association. | トップページ | 英語で日記 二〇一一年三月二十三日 水曜日 私たちのボランティアサークル。Wednesday, March 23th, 2011 Our volunteer circle. »