« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011.05.01

娘よ。息子よ。母の日は、五月八日だよ。

 娘よ。

 息子よ。

 母の日だよ。

 もうすぐ、五月八日だよ。

 「生んでくれてありがとう。育ててくれてありがとう」

 そんな短い電話だけでもいいんだよ。

 待っているよ。

 「お母さん」の、とろけるような笑顔が見たい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.02

英語で日記 二〇一一年四月二十七日 水曜日 「わっ、ここは、高知駅だ!!」。Wednesday, April 27th, 2011 "Waoo ,here is Kochi station. "

二〇一一年四月二十七日 水曜日 「わっ、ここは、高知駅だ!!」。

 雨。

 五時限目の授業が終わってから、アパートに帰りました。
 そして、高知市の、わが家に帰るための準備をしました。
 JR高松駅からはJR高知駅に直行の列車に乗ることができました。
 いつの間にか寝てしまいました。
 気がついたら車内には誰もいません。
 「わっ、ここは、高知駅だ!!」
 なぜか乗り物の中ではぐっすりと眠ることができます。

Wednesday, April 27th, 2011 "Waoo ,here is Kochi station. "

Rain.

I returned to my apartment after the fifth period ended.
And ,I prepared to return to my house in Kochi city.
Luckly, I could get on a direct train to Kochi station from Takamatsu station.
I have slept in the car before I knew it.
There was no one in the car when I noticed.
"Waoo ,here is Kochi station. "
I don't know why but, I can be sound asleep in the vehicle.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年四月二十八日 木曜日 陸軍歩兵第四十四連隊についての調査。Thursday, April 28th, 2011 Investigation of 44th regiment of infantryman of army.

二〇一一年四月二十八日 木曜日 陸軍歩兵第四十四連隊についての調査。

 晴れ。

 午後、JR高知駅近くの財務局高知財務事務所財務局高知財務事務所に行きました。
 陸軍歩兵第四十四連隊についての調査のためです。
 夕方、陸軍歩兵第四十四連隊の調査のため、高知市朝倉のKさんに話を聞かせていただきました。

  
Thursday, April 28th, 2011 Investigation of 44th regiment of infantryman of army.

Fine.

I went to  Finance Office Bureau Kochi Local in the vicinity of JR Kochi station in the afternoon.
The purpose was to investigate 44th regiment of the infantryman of army.
I went to Mr. K's house in Kochi city Asakura.
Mr. K taught me about 44th regiment of infantryman of army in the evening.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年四月二十九日 金曜日 高知市朝倉の歴史。Friday, April 29th, 2011 History of Kochi city Asakura.

二〇一一年四月二十九日 金曜日 高知市朝倉の歴史。

 晴れ。

 八十四歳の男性の歴史研究者に高知市朝倉の歴史のポイントを案内していただきました。
 午後一時、国立高知病院前に集合。二人とも五〇CCバイクでした。
 そして、午後八時までつきあっていただけました。
 教えていただいたことを中心に、パソコンで「陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く」のパンフレットを書き始めました。
 気が着くとネコのクニョが帰っていません。
 どうしたのでしょうか。

Friday, April 29th, 2011 History of Kochi city Asakura.

Fine.

A history researcher of 84-year-old man guided points of history of Kochi city Asakura for me.
We gathered in front of Kochi National Hospitals at 1 p.m.
He and I rode on 50CC bike.
He was about me until 8 p.m.
I began to write a pamphlet "Walk in ruins of 44th regiment of the infantryman of the army" with my personal computer .
I referred to his explanations.
I noticed Kuniyo(our cat) did not return to our house.
What is she doing?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年四月三十日 土曜日 「陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く」のパンフレット。

二〇一一年四月三十日 土曜日 「陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く」のパンフレット。

 晴れ。

 「陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く」のパンフレットの第一原稿ができました。
 時計を見たら午前四時でした。
 高知県立図書館に行って陸軍歩兵第四十四連隊について調べました。
 平和のための会議に出席しました。

Saturday, April 30th, 2011 Pamphlet  "Walk in ruins of the 44th regiment of the infantryman of the army".

Fine.

I finished up a first manuscript of the pamphlet "Walk in ruins of the 44th regiment of the infantryman of the army".
It was already 4 a.m.
I went to Kochi prefectural library and examined about 44th regiment of the infantryman of the army.
I attended a conference for peace.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年五月一日 日曜日 『高知の戦争 証言と調査』十三号用の原稿。Sunday, May 1st, 2011 Manuscripts for 'War testimony and survey of Kochi' the 13th.

二〇一一年五月一日 日曜日 『高知の戦争 証言と調査』十三号用の原稿。

 雨、後晴れ。

 高知市の中央公園でおこなわれたメーデーの集会に参加しました。
 そこで、私たちが七日に計画している集いの案内ビラを配布しました。
 高知市民図書館と高知県立図書館に行って陸軍歩兵第四十四連隊について調べました。
 夜七時、行方不明だった、猫のクニョが帰って来ました。
 かなり汚くなっていたので洗ってあげました。
 『高知の戦争 証言と調査』十三号用の原稿を、すべて仕上げました。

Sunday, May 1st, 2011 Manuscripts for 'War testimony and survey of Kochi' the 13th.

Fine after rain.

I participated in a meeting at May Day done in a central park in Kochi city.
Then, I distributed guide flyers of the gathering that we were planning on the seventh.
I went to Kochi citizens library and Kochi prefectural library and examined 44th regiment of the infantryman of the army.
Kunyo(our cat) that was missing had came back to my house at 7 p.m.
I washed her because she had fouled considerably.
I finished up all manuscripts for  'War testimony and survey of Kochi'the 13th.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.03

【短歌】 フラフが舞っている朝。【写真、フラフとこいのぼり】

Photo_4

フラフあり 空にハタハタ 舞っていて なんだかいいこと ありそうな朝

「おかずない」「削り節と 漬物で 僕はいいんだ」 毎朝のこと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【私の好きな歌】 薬師丸ひろ子さんの「探偵物語」。

 突然、ある歌のフレーズが頭に浮かんできました。
 いいフレーズです。
 「何だったろう」
 「何だったろう」
 「あれ、あれだな」
 薬師丸ひろ子さんの「探偵物語」です。

 http://www.youtube.com/watch?v=jCAge1dsbP0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【写真】 南国市の高知空港と高知大学農学部の牛舎の間の立ち入り禁止エリアにある壕(ごう)のようなもの。何でしょうか???

 

Photo_3

Photo_2

 南国市の高知空港と高知大学農学部の牛舎の間の立ち入り禁止エリアにある壕(ごう)のようなものです。

 五月二日午前に高知空港側から撮影しました。

 コンクリート製でしょうか。

 下のほうに、二か所、出入り口のようなものがあります。

 これは、なんでしょうか。

 高知海軍航空隊の幹部用の防空壕だったのでしょうか???

 ごぞんじのかた、おしえていたただけませんでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年五月二日 月曜日 戦争遺跡の写真。Monday, May 2nd, 2011 Photos in war ruins.

二〇一一年五月二日 月曜日 戦争遺跡の写真。

 晴れ。

 南国市で戦争遺跡の写真を撮りました。
 夜は、戦争遺跡保存関係の集まりのビラを郵送する作業をしました。 

Monday, May 2nd, 2011 Photos in war ruins.

Fine.

I took photos in war ruins in Nankoku city.
I did work to mail flyers of a meeting of war ruins preservation at night.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年五月三日 火曜日 土佐高等女学校の生徒だった人の戦争体験。Tuesday, May 3rd, 2011 War experience of a person who was a student of Tosa advanced girl's high school.

二〇一一年五月三日 火曜日 土佐高等女学校の生徒だった人の戦争体験。

 晴れ。

 午前中、私と妻は、土佐高等女学校の生徒だった人からアジア太平洋戦争中の体験をお聞きました。
 彼女の、学徒動員の体験や、アメリカ軍の高知への空襲のことです。
 そのあと、私と妻は、香川県さぬき市の私のアパートに行きました。
 二人でホームセンターに行って、本棚用のボックスを六つ買いこみました。
 そして、部屋の改造と掃除をしました。

Tuesday, May 3rd, 2011 War experience of a person who was a student of Tosa advanced girl's high school.

Fine.

In the morning, I and my wife heard a experience in Asia Pacific War from a person who was a student of Tosa advanced girl's high school .
It is her experience of student mobilization, and an air raid of U.S. Army to Kochi.
After that , we went to my apartment in Kagawa Prefecture Sanuki city.
We went to a do-it-yourself store, and bought six boxes for bookshelf.
And, we remodeled a room in my apartment and cleaned  it.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.04

【短歌】 ある暗殺事件と殺人を喜ぶ国。

 「犯人」ら 他国に乗り込み 暗殺し 「殺したぞ!」って 浮かれてる国

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く 【1】

 高知市に陸軍歩兵第四十四連隊がありました。高知市朝倉在住の歴史研究者の弘田五郎さんの著作や案内、朝倉本町在住の窪田一郎さんの体験、平和資料館・草の家の研究員・福井康人さんの調査、平和資料館・草の家の著作などを参考にしてまとめてみました。      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く 【2】 陸軍歩兵第四十四連隊のあった所の地図

Photo

 国土地理院の二万五千分の一の地形図の「いの」(二〇〇八年二月一日)です。

 陸軍歩兵第四十四連隊は、日清戦争(一八九四年~九五年)の後に誕生しました。一八九六年十二月一日、松山の第五師団第二十二連隊に歩兵四十四連隊の連隊本部と第一大隊が創設され、翌九七年七月三十一日に朝倉に移転しました。
 つぎのような施設がありました。
 兵営→いまは、曙町の国立大学法人高知大学の朝倉キャンバス、同大学附属養護学校と独立行政法人国立印刷局高知出張所に。
 練兵場(塹壕=ざんごう=を掘っていました。昭和に入ると飛行機の発着にも使われました)→いまは若草町になっています。
 射的場(練兵場ではできない実弾射撃の場でした。着弾の的が西の山裾にあり、発射地点は、銃器の種類、射手の練度によって前後していました。流弾防止のため現県道38号沿いと、反対の北側にも連続して高い土塁がありました。射撃訓練のないときは民間人が普通に射撃場を横断できました。土塁の間を抜けて南の街道に出ることもできました。道も川も南北に幾筋も通じていました)→いまでいえば、朝倉西町の独立行政法人国立病院機構高知病院の南の庭の南側から、西側の行宮(かりや)の端(はな)=南に突き出た小山まででした。
 作業場(作業山。塹壕を掘り、塹壕戦の訓練をやっていました)→いまは朝倉丁(あさくらてい)の高知県果樹試験場の圃場(ほじょう)に。
 毒ガス試験棟(毒ガスの中でガスマスクなどをつけた兵隊が訓練していたといいます)→いまは独立行政法人国立病院機構高知病院の一部。 
 衛戍病院(えいじゅびょういん。その後、陸軍病院に)→いまは独立行政法人国立病院機構高知病院の一部に。看護学校全域と同病院の南の庭まででした。
 陸軍墓地→朝倉丁の朝倉中学校南側の山に現存しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く 【3】 終戦後の歩兵第四十四連隊兵舎跡の写真です【写真i二枚、図一枚】

Photo_2

 戦後の(時期は不明)の兵営跡地の写真です(『高知大学三十年史』。高知大学三十年史編集委員会。高知大学三十年史刊行委員会。一九八二年九月三十日)。北が下になっています。

Photo_3

  『栴檀(せんだん)の賦(ふ) 朝倉の兵営日記』(田内瑞穂。一九八三年三月一日)に載っている陸軍歩兵第四十四連隊の兵営の略図です。北を上にしました。
 田内さんは、一九三六年一月に同連隊に入営して、翌三七年一月、満期除隊。三八年、西部第三十四部隊に入隊し、翌三九年、召集解除になっています。
 兵舎について、つぎのようにのべています。「北兵舎は東から連隊本部、第一大隊(第一、第二、第三中隊)、第二大隊(第五、第六、第七中隊)及び歩兵砲隊。南兵舎は西から第三大隊(第九、第十、第十一中隊)及び機関銃隊から成っていた。
 いずれの兵舎も舎前には、南国の栴檀の大木が兵舎を蔽(おお)うように茂っていた。」
 終戦まで、兵営に出入りしていた弘田五郎さんによると、池は建依別神社(たけよりわけじんじゃ)の一部だとのことです=この神社は、終戦後、アメリカ、イギリス、オーストラリアの進駐軍がここに入る前に日下村(くさかむら。現・日高村に遷座されました。また、医務室は、もう少し北で、医務室と書かれているあたりに上陸訓練場があったとのことです。また、東側には東小門があったといいます。
 敵前上陸のための上陸訓練場のあたりは、いまの曙町二の五の一の国立大学法人高知大学朝倉キャンパスの東側です。敵前上陸のための訓練場でした。田内さんは、ここでの訓練のことをつぎのように書いています。
 「御用船からの舟挺移乗の訓練が主であった。そのために、営庭の東隅に御用船の船腹になぞらえた高さ十メートルぐらいの櫓(やぐら)が立ち、その下に三十坪位の溜池があって小舟が浮かんでいた。
 我々は地下足袋を穿[は]いた。救命胴着を着けることもあった。櫓の上でどんな号令であったのか忘れたが、左手を逆手にして梯子(はしご)の綱を握る要領は覚えている。繰り返して訓練を受けた。」

Photo_4

 
 『高知大学三十年史』に載っている写真です。兵舎は、戦後、高知大学の教育学部の校舎やサークル部室につかわれていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く 【4】 高知大学朝倉キャンバス内の東方、元建依別神社の境内の池 【写真1枚】

Photo_5

  国立大学法人高知大学朝倉キャンバスの正門を入って東側にいくと池があります。これは、ここが陸軍歩兵第四十四連隊の将兵たちの精神的支柱を教える必要からつくられた建依別神社の境内の一部で、いま春日燈籠とともに残っています。
 田内さんの略図を見ると、この近くに将校集会所がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く 【5】 国立印刷局高知出張所構内に残る歩兵四十四連隊の火薬庫 【写真一枚】

Photo_6

 
 田内さんの略図の北西の角を見ると、陸軍歩兵第四十四連隊の弾薬庫があります。
 これは、いまも、曙町二の五の四の独立行政法人国立印刷局高知出張所の中にあります(写真)。同出張所の門の左手です。
 弾薬庫の内部は、三つのスペースにわかれていて、それぞれの入口のドアには金属板が張られています。
 外壁には、アメリカを主力とするイギリス、オーストラリア連合占領軍兵士が鋭利な物で彫りこんだと思われる英語の落書きが多数残されています。
 「DUCH=GENE」
 「LEO」
 「DUFFE MILLER」
 「B.V」
 「LJ.DAVIS FEIWT.JR」
 などです。
 同出張所の奥には、別の陸軍歩兵第四十四連隊のものだっといわれる建物も残っています。百頭も収容したかと思われる、天井の高い木造建築です。
 しかし、この三月三十一日、独立行政法人国立印刷局高知出張所は閉鎖され、この土地、建物が、誰の手にわたり、どうなっていくかは不明です。
 二つの同連隊の建物も、どうなっていくか不安定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く 【6】 日露戦争の戦死者の墓がある朝倉丁の陸軍墓地 【写真一枚】

Photo

 朝倉丁(あさくらてい)に陸軍墓地があります。一九〇四年、日露戦争中に陸軍所管のもとに設置されました。
 ここには、日露戦争のときの戦死者たちの墓があります。
 同連隊は、日露戦争で二千五百六十六人の戦病死者を出しました。
 同連隊は、日露戦争に従軍後、満州(中国東北部)の守備やシベリアへ出兵。日中戦争が拡大するにつれて中国各地に派遣されました。
 アジア太平洋戦争では、ニューギニアやラバウル方面の太平洋の島々やビルマ方面にも派兵先は拡大しました。
 墓地正面左手には「日露戦役戦没者墓」(高知連隊日露戦役戦友会、陸軍歩兵第四十四連隊○○隊将兵一同。一九三九年建立)があり、二千百九十八人戦没者がまつられています。
 同正面右手には「満州事変戦役将士合装之墓」(一九三三年九月建立)があり、九人の戦没者がまつられています。
 同正面中央にある「忠霊塔」には、日中戦争、アジア太平洋戦争の戦没者九千百十三人がまつられています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.05.05

陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く 【7】 「陸軍省所轄地」の石柱が十四本も残っています 【写真二枚】

Photo_2

 写真は、朝倉丁(あさくらてい)の陸軍墓地の近くにある「一号 陸軍省所轄地」の石柱です。
 これは、陸軍用地と民有地の境界をしめす石柱です。石柱の高さは、約一・五メートルです。
 山中の陸軍墓地、作業場のまわりだけでなく平地にもたくさんあります。
 福井康人さんは、十四本を写真におさめています。
 福井さんのブログ「桜花 高知戦争遺跡」に、それらの写真が載っています。

Photo_8

  こんなふうに倒れているものもあります(福井さんのブログから)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く 【8】 若草町一四の一九二八年の「陣地編成記念」の石碑 【写真一枚】

Photo_5

 用水を背に若草町一四を北に入り、最初の角を左に折れて突きあたった所にある家の一角に「陣地編成記念」の石碑があります。
 後面には「昭和戊辰之夏(しょうわぼしんのなつ)……」と彫り込まれています。昭和戊辰というのは、昭和三年、一九二八年のことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く 【9】 兵営の築山にあった軍人勅諭拝受五十年記念の石碑 【写真一枚】

Photo_6

 写真は、同連隊の正門近くに築山にあった「陸海軍軍人に賜(たま)はりたる勅諭(ちょくゆ)」(「軍人勅諭」)拝受五十年記念した石碑です。一九三二年一月四日建立)。いまは、朝倉丁(あさくらてい)の陸軍墓地の中に移されています。
 この勅諭は、明治天皇が、一八八二年一月四日に陸海軍の軍人に下賜(かし)したものです。そのうちの以下の五カ条を刻んでいます。

一 軍人は忠節を尽すを本分とすへし
一 軍人は礼儀を正くすへし
一 軍人は武勇を尚(たふと)ふへし
一 軍人は信義を重んすへし
一 軍人は質素を旨とすへし

 「歩兵第四十四連隊長秦雅尚謹書」となっています。
 秦雅尚さんの略歴はつぎのとおりです(データは、フリー百科事典『ウィキペディア)』)。
 山口県出身。一九〇七年五月、陸軍士官学校(十九期)を卒業し、同年十二月、歩兵少尉に任官。
 一四年十一月、陸軍大学校(二十六期)を卒業し、陸軍歩兵学校に配属されました。
 二八三月、歩兵学校教官となり、三〇年八月、歩兵大佐に昇進しました。
 三一年八月、歩兵第四十四連隊長に就任。
 三三年十二月、第六師団参謀長に転じました。
 三五年三月、陸軍少将に進級し歩兵第七旅団長に就任。
 三六年三月、近衛歩兵第二旅団長に転じました。
 三七年三月、台湾軍参謀長となりました。
 同年十二月から三八年二月まで第五軍参謀長を兼務した。
 三八年三月、陸軍中将に進み独立混成第五旅団長に就任。
 三九年一月、留守第十師団長に就任し、同年十二月に待命、そして予備役編入となりました。
 四二年八月に召集され陸軍司政長官となり、四三年二月まで在任。
 この石碑の建立を、一九三二年一月四日とのべましたが、翌月二月二十八日、同連隊は、兵営を出発して中国に向かいます(三月三十一日、兵舎に帰還)。高知の青年男女が、この時の出兵に反対して八回も反戦ビラを配布しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く 【10】 若草町の正和タクシー左手の「軍馬鳳龍之墓」 【写真一枚】

Photo_7

 県道38号沿いの正和タクシー(若草町)左手に「軍馬鳳龍之(の)墓」があります。「昭和八年[一九三二年]八月建之」とあります。
 裏面には、次のようなことが刻まれています。
 
 一、大正四年[一九一五年]生 青森産
  一、大正九年[一九二〇年]三月二十二日歩四四[陸軍歩兵第四十四連隊]ニ就役
 一、 自大正九年九月 至大正十一年六月 西伯利[シベリア]事変参加
 一、 昭和七年[一九三二年] 自二月 至三月 上海事変参加
 一、 昭和八年[一九三三年]五月二十一日於歩四四 斃死(へいし)  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く 【11】 アメリカ軍との「本土決戦期」の朝倉の兵舎

 一九四五年春からアメリカ軍が高知県に上陸してくることを想定した戦闘態勢がつくられました。「本土決戦」といいます。そのなかで、朝倉の陸軍部隊の訓練の内容も変わります。アメリカ軍への特別攻撃と上陸したアメリカ兵とたたかうための壕(ごう)つくりでした。
 同年六月一日、この部隊に入隊した大西正之さんの日記にも、その様子が見えます(大西正祐「一九四五年、父の軍隊日記」=『高知の戦争 証言と調査』第三号。戦争遺跡保存ネットワーク高知。平和資料館・草の家。二〇〇九三月八日)。
 「六月十一日 練兵場で間接照準の演習をやる。直ぐ傍[かたわら]で戦車肉迫攻撃を演習している。
 醜草[しゅうそう]がはびこり神州を蔽[おお]わんとする時、決然生命を投げ打つべく演練している神兵の姿を見た時、私の日本人としての血は湧かざるを得なかった」
 同年五月に、この部隊に入隊した秦敬(はたたかし)さんが、当時のことを書いています(「わが九十年の回顧 子どものころから戦争があった」=『高知の戦争 証言と調査』第十一号。戦争遺跡保存ネットワーク高知。平和資料館・草の家。二〇一一年一月二十五日)。
 「満州(中国東北部)帰りの精鋭・錦部隊が本隊で、その頃までシャバに<荘丁=そうてい>と呼ばれる頑健な者は残っているはずもなく、僕ら補充兵は三十歳代を越えた老兵、弱兵だった。」、「七月ころから、米軍上陸を迎え撃つと称して、毎晩、伊野まで部隊で行進し、すぐ下に水田がある小山の穴掘りをした。
 ……壕掘りは、二人が組になり、ツルハシで掘った土を箱に縄をつけて引っ張り、外に捨てる、という原始的で単純な人海戦術だった」
 当時、高知県立海南中学校一年生だった朝倉本町在住の窪田一郎さんの体験によると、同年五月ころから朝倉在住の海南中学校の生徒(一年―三年)は、朝倉のアジロ山(網代山)の北斜面に陸軍のトラックを隠す横穴を掘りました(いま、横穴が三つ残っています)。
 この作業には、高知県立城東中学校、高知県立高知工業学校、高知商業学校、城東商業学校の生徒も動員されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く 【12】 参考資料

  【参考資料 文中で出所をしめしていないもの】

 歩兵第四十四聯隊『聯隊歴史』。一九三六年三月。
 戦争遺跡ネットワーク高知『草の家ブックレットN01 ガイドブック 高知の戦争遺跡』。平和資料館・草の家。二〇〇三年七月一日。
 公文豪「歩兵第四十四連隊誘致と兵営敷地献納運動」=『高知市立自由民権記念館 紀要』第十二号。二〇〇四年五月三十一日。
 朝倉まちづくりの会・高知市「みんなで歩こう! 朝倉しろやま かいわい」。リーフレット。二〇〇七年三月。
 弘田五郎『道草雑記』。朝倉中学校社会科部会、朝倉中学校支援地域本部。二〇〇九年。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年五月四日 水曜日 『高知の戦争 証言と調査』十四号用の原稿。Wednesday, May 4th, 2011 Manuscript for 'War testimony and survey of Kochi'14th.

二〇一一年五月四日 水曜日 『高知の戦争 証言と調査』十四号用の原稿。

 晴れ。

 さぬき市で、私の諸作業を援助してくれていた妻が、夕がた、高知市に帰りました。
 『高知の戦争 証言と調査』十四号用の原稿を一本つくりました。
 「陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く」のパンフレットの内容を、私のブログにアップしました。

Wednesday, May 4th, 2011 Manuscript for  'War testimony and survey of Kochi'14th.

Fine.

My wife who helped my various work in Sanuki city returned to Kochi city in the evening.
I made one sheet of manuscript for 'War testimony and survey of Kochi'14th .
And, I wrote a content of pamphlet of "Walk in ruins of the 44th regiment of army infantryman " in my blog.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦争遺跡保存、いま高知で……。五月七日の集いの案内です。

高知で、こんな運動が始まってます。以下、呼びかけの要旨です。

 独立行政法人国立印刷局高知出張所内の「陸軍歩兵第44連隊の旧弾薬庫と馬小屋を文化財に」の会の結成の集いに、ご参加いただけませんでしょうか。

   高知市朝倉には陸軍歩兵第44連隊がありました。

 同連隊と、戦争の時代をしのぶものはほとんどなくなりました。

 そんななか、独立行政法人国立印刷局高知出張所(曙町2-5-4)には、同連隊の旧弾薬庫と馬小屋の建物が残っています。弾薬庫の内部は、3つのスペースにわかれていて、それぞれの入口のドアには金属板が張られています。外壁には、アメリカ占領軍兵士が彫り込んだと思われる英語の落書きが多数残されています。馬小屋は百頭も収容したかと思われる、天井の高い木造建築です。

 しかし、この3月31日、独立行政法人国立印刷局高知出張所は閉鎖され、この土地、建物が、誰の手にわたり、どうなっていくかは不明です。

 二つの同連隊の建物も、どうなっていくか不安定です。

 私たちは、陸軍歩兵第44連隊の弾薬庫、馬小屋を戦争遺跡として文化財に指定してもらい、保存・公開してもらおうではないかと語りあいました。その運動のための「会」の結成を呼びかけることにしました。

 つぎの日程で、「会」の結成のための集いを開きます。

 

 5月7日(土) 午後1時~

 平和資料館・草の家ホール

 (高知市升形9-11。グランド前交差点を南進、柳原橋手前を右折、二軒目)

          2011年4月

 【呼びかけ人】

 岡村 啓佐 (診療所事務局長)

 岡村 正弘 (平和資料館・草の家館長)

 窪田 充治 (香長ゼミナール館長)

 馴田 正満 (四国文映社社長)

 福井 康人 (看護師) 

 藤原 義一 (学生)

     ご連絡先は、以下のとおりです。

     平和資料館・草の家

     〒780-0861 高知市升形9-11

     電話 088(875)1275

     

     メール(藤原)  bqv01222@nifty.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「シベリア物語」を見て 【上】 スターリン政権下の国策映画です。

 映画「シベリア物語」をDVDで見ました。
 ソ連。モスフィルム、一九四七年、イヴァン・プィリエフ監督。 主演はウラジミール・ドルージュニコフとマリーナ・ラディーニナ。 ミュージカル風の、第二次世界大戦後のシベリア開拓の物語です。
 スターリン政権下の国策映画です。
 映画の中の組曲(?)「シベリア物語」の歌詞が、如実に、そのことを示しています。
 シベリア開拓だというのに、スターリン政権下でつくりだされたぼう大な数の囚人たちの労働の姿も、元日本兵たちへの無法な強制労働の姿も出てきません。
 そんななかでも、音楽家は誰のために……、恋とは……のように問題提起がされています。
 悪逆非道なスターリン政権の実態を知らなかった一部の日本の人々にも、この映画は受け入れられたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「シベリア物語」を見て 【中】 「♪暗い世のろいて 哀し歌 うたう」。

 それにしても、映画の中のロシアの古い歌が素敵です。

 ………
 やつれし旅人が
 あてもなくさまよう
 戦いやぶれて
 つながれしひと夜を
 暗い夜 のがれ出て
 この道を歩む
 暗い夜 のがれ出て
 この道を歩む
 バイカルのほとりに
 たたずむ旅人
 暗い世のろいて
 哀し歌 うたう
 暗い世のろいて
 哀し歌 うたう
 (字幕です)

 ロシア民謡「バイカル湖のほとり」です。

 一、ゆたかなるザバイカルの
   果てしなき野山を
   やつれし旅人が 宛ても無くさまよう
   やつれし旅人が 宛ても無くさまよう
 二、闘いやぶれて
   つながれしひとやを
   暗い夜のがれ出て この道を歩む
   暗い夜のがれ出て この道を歩む
 三、バイカルのほとりに
   たたずむ旅人
   暗い世をのろいて 悲し歌うたう
   暗い世をのろいて 悲し歌うたう

 http://www.youtube.com/watch?v=8qJAD6N2M9Y

| | コメント (1) | トラックバック (0)

映画「シベリア物語」を見て 【下】 「♪恋しい人を待つばかり 空しくすぎた青春よ」

 もう一つ。これは、これを見て初めて知った歌です。

 君を知つたは なぜか
 恋の答は なぜか
 君を知らねば よかつたのに
 心を燃やす すべもなし
 心を燃やす すべもなし
 若い心をかき乱す
 恋しい人を待つばかり
 空しくすぎた青春よ
 君を待つのは なぜか
 君を待つのは なぜか
 ………
 (字幕です) 

 ロシア民謡「君知りて」です。

 一、君慕う わが心に 何故に愛 告げるや
   君知りてより 悩まし 何故に胸は騒ぐや
   ああ……… なぜに胸は騒ぐや
   ああ……… なぜに胸は騒ぐや
 二、わが心 悩ましくも いとしき人 しのびて
   むなしく過ぎし 春の日 君をただ待つばかり
   ああ……… 君をただ待つばかり
   ああ……… 君をただ待つばかり
 三、いとしき人 おとずれて やさしく 我を抱く
   おお わが心は君のため 喜びの歌うたう
   ああ……… 喜びの歌うたう
   ああ……… 喜びの歌うたう

 http://sea.ap.teacup.com/chaika/330.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年五月五日 木曜日 作業着の店。

二〇一一年五月五日 木曜日 作業着の店。

 晴れ。

 午後、カメラを持って街に出ました。
 レンゲソウ、田植え風景を撮影しました。
 作業着の店で、作業着と大きなリュックサックを買いました。
 セコハンの店で映画「シベリア物語」のDVDを手に入れました。

Thursday, May 5th, 2011 Work wear shop.

Fine.

I went out to my town with a camera in the afternoon.
I took  pictures of  Chinese milk vetch flowers and  a planting rice scenery.
I bought a work wear and a big rucksack in a shop of work wear.
I bought DVD of movie "Siberia story" in a secondhand shop.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【写真】 レンゲ、そして、一時間後。

Photo_9

 午後、さぬき市のレンゲがいっぱい咲いている所で写真を撮りました。

 一時間後に見たら、レンゲは消え去っていて、こんなふうになっていました。

Photo_10

 農の自然な営みですが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【写真】 田植え作業 さぬき市。

Photo_11

 

 午後、さぬき市で田植えの作業を見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短歌】 「君のため 何かできるよ……」。

 うずくまり 闇を見ている 君の像

 想像している

 連絡絶えて

 君のため 何かできるよ

 連絡を 待っているんだ

 きのうも、きょうも

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.06

英語で日記 二〇一一年五月六日 金曜日 「自分に母の日」でCDを買った妻。Friday, May 6th, 2011 My wife bought a music CD on Mother's Day congratulation for herself.

二〇一一年五月六日 金曜日 「自分に母の日」でCDを買った妻。

 晴れ。

 昨晩から午前七時半までに「陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く」のパンフレットを四十部つくりました。
 夕方、さぬき市から高知市に移動しました。
  『高知の戦争 証言と調査』十四号の原稿を一つ、編集者にメールで送りました。
 妻は、「自分に母の日」で、薬師丸ひろ子さんのCD「歌物語」を買ったそうです。

Friday, May 6th, 2011 My wife bought a music CD on Mother's Day congratulation for herself.

Fine.

I made 40 pamphlets of "Walked in ruins of 44th regiment of infantryman of army" from last night to  7:30 a.m.
I went to Kochi city from Sanuki city in the evening.
I sent a manuscript of 'War testimony and survey of Kochi' 14th  to a editor with mail.
My wife bought Yakushimaru Hiroko's CD "Collection of short tales" on Mother's Day congratulation for herself.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【写真】 きょうの花 フジ。

Photo

 二時間目が休講になったので、散歩して、この写真を撮りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.07

【ニュース】 「旧陸軍歩兵四十四連隊の弾薬庫等を保存する会」が高知市で結成されました。「戦争の歴史を永くリアルに」。 

 以下のページに掲載しました。

 ご覧いただければ幸いです。

  http://fujihara.cocolog-nifty.com/tanoshi/2011/05/post-c747.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あした、母の日だよ」。娘、息子に電話をしたら……。

 七日夜、娘、息子に電話しました。
 「あした、母の日だよ」

 息子。 「それどころじゃない。いま震災地の東北に取材に来てる」
 娘。「何にも送ってない。送ったほうがよかった?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっほー、あの「ヨコハマ」の山崎ハコさんが高知に来るよ。六月十一日夜。

 妻が、山崎(やまさき)ハコさんのコンサートのチケットをプレゼントしてくれました。

 六月十一日午後六時半開場、高知キャラバンサライ三階です。前売り四千円、当日四千五百円です。

 広島市で一度、東京都で二度、彼女のコンサートを聴きました。

 幾度かの単身赴任先のアパートで彼女のCDを聴いて涙していました。

 年下の女性ですが、優しいお姉さんのように包み込んでくれるうたごえでした。

 【彼女の「ヨコハマ」。ここで聴くことができます。】

  http://www.youtube.com/watch?v=FQCzFcQALU8

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.08

【ニュース】旧陸軍歩兵四十四連隊の弾薬庫内の英文の記述。【写真あり】

 ここにアップしました。

  http://fujihara.cocolog-nifty.com/tanoshi/2011/05/post-9a38.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【きょうの花】 わが庭のスイショウブンタンの花。

Photo_2

 わが庭の、スイショウブンタンの花です。

 すいつけられるような美しさです。

 十字の花のものもあります。

 (五月八日午後)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【きょうの花】 水田に映えるグンジョウ色の花。

Photo_3

 高知市の、ご近所の水田のわきの花です。

 グンジョウ色が水田の緑に映えます。

 (五月八日午後)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年五月七日 土曜日 「旧陸軍歩兵四十四連隊の弾薬庫等を保存する会」の結成に感激しました。Saturday, May 7th, 2011 I was moved deeply by a formation of "Meeting that to preserve an ammunition depot etc. of 44 old regiments of infantryman of army".

二〇一一年五月七日 土曜日 「旧陸軍歩兵四十四連隊の弾薬庫等を保存する会」の結成に感激しました。

 晴れ。
 
 午後、高知市で開かれた「旧陸軍歩兵四十四連隊の弾薬庫等を保存する会」の結成に参加しました。
 急な呼びかけで何人のかたが来てくれるか心配でしたが、二十三人の集まりになりました。
 報道機関も四社来てくれました。
 感激しました。

 その後、夏の平和のための戦争展を準備する会に参加しました。

Saturday, May 7th, 2011 I was moved deeply by a formation of "Meeting that to preserve an ammunition depot etc. of 44 old regiments of infantryman of army".

Fine.
 
I participated in a formation of "Meeting to preserve an ammunition depot etc. of 44 old regiments of infantryman of army" opened in Kochi city in the afternoon.
The meeting was a sudden calling.
I was worried how many people came.
However, 23 people came.
Four journalists also came for the meeting.
I was deeply moved.

Afterwards, I participated in a meeting that prepare war exhibition for peace in summer.

(ammunition depot 弾薬庫)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年五月八日 日曜日 朝から晩までパソコンに向かいました。Sunday, May 8th, 2011 I used my personal computer from morning till night.

二〇一一年五月八日 日曜日 朝から晩までパソコンに向かいました。

 晴れ。

 朝から晩までパソコンに向かって文書をつくりました。
 昨日できた会の事務局の仕事です。

Sunday, May 8th, 2011 I used my personal computer from morning till night.

Fine.

I made documents using my personal computer from morning till night.
It is work for a meeting that has started yesterday.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.09

英語で日記 二〇一一年五月九日 月曜日 水準測量の勉強。Monday, May 9th, 2011 Study of leveling.

二〇一一年五月九日 月曜日 水準測量の勉強。

 晴れ。

 高知大学の農学部で測量学の授業を受けました。

 今日のテーマは、水準測量でした。

Monday, May 9th, 2011 Study of leveling.

Fine.

I attended a class of surveying in Department of Agriculture at Kochi University.

A theme of the class was a leveling.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.10

英語で日記 二〇一一年五月十日 火曜日 地理学のリポート。Tuesday, May 10th, 2011 A geography report.

二〇一一年五月十日 火曜日 地理学のリポート。

 雨。

 英語の時間に先生は、こういいました。
 「私が黒板に書いた単語を使って、九つの文章をつくりなさい」
 辞書を引きながらつくりました。
 比較的簡単にできました。
 先生の次なる指示は、「つくった文章をノートを見ないで黒板に書きなさい」でした。
 四苦八苦しました。

 大学から帰ってから明日の地理学の演習のためのリポートを書きました。

Tuesday, May 10th, 2011 A geography report.

Rain.

In our English class, our teacher said as follows.
"Please make nine sentences use words that I wrote on a blackboard"
I consulted a dictionary, and made nine sentences.
For me, this task was relatively easy.
Our teacher said the next.
"Write sentences that you made on a blackboard. Please do not watch your notebook"
I struggled with this task.

I returned to my apartment from our University.
And I wrote a report for tomorrow's practice of geography.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.12

英語で日記 二〇一一年五月十一日 水曜日 来週の韓国語の試験。Wednesday, May 11th, 2011 Exam of Korean is next week..

二〇一一年五月十一日 水曜日 来週の韓国語の試験。

 雨。

 韓国語の試験が来週やられることになりました。
 試験の内容は「あいさつ」です。
 覚えきれるでしょうか。
 夜は、高知市の自宅に帰りました。
 弾薬庫を保存する会の仕事をやりました。

Wednesday, May 11th, 2011 Exam of Korean is next week..

Rain.

Our Korean teacher said, "Exam is next week".
The content of the exam is "Greeting. "
It is considerably a strenuous exam for me.
I returned to my home in Kochi city at night.
And, I did a work of "Meeting to preserve an ammunition depot".

( ammunition depot アミニション デポ 弾薬庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ニュース】 五月二十六日の「弾薬庫等を保存する会」(高知市)の現地見学会。

 以下のページにアップしました。

 http://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?id=68253978&saved_added=1&blog_id=275081

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年五月十二日 木曜日 日本国憲法が発布されたときの高知県民の新憲法への反応。Thursday, May 12th, 2011 Reaction of people in Kochi Prefecture when Constitution of Japan is promulgated.

二〇一一年五月十二日 木曜日 日本国憲法が発布されたときの高知県民の新憲法への反応。

  雨。

 調査のために高知市の財務局高知財務事務所へ行きました。
 そして、高知県立図書館と高知新聞社に行きました。
 日本国憲法が発布されたときの、高知県民の新憲法への反応についての資料を集めるためです。
 帰りに古本屋に行きました。
 そこで、私は、アジア太平洋戦争のころの高知県についてのくわしい記述がある二冊の本を買いました。

Thursday, May 12th, 2011 Reaction of people in Kochi Prefecture when Constitution of Japan is promulgated.

Rain.

I went to Bureau of Finance Kochi Local Finance Office in Kochi city to investigate.
And, I went to Kochi prefectural library and Kochi Shinbun.
The purpose of it is to collect materials about reaction of people in Kochi Prefecture when Constitution of Japan  was promulgated.

I went to a used bookstore on my return.
Then, I bought two books in which Asian Pacific War in Kochi Prefecture was described.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.14

英語で日記 二〇一一年五月十三日 金曜日 正面を向いた胴体に、横向きの顔と両足。Friday, May 13th, 2011 Body that turns to the front and transverse face and both feet.

二〇一一年五月十三日 金曜日 正面を向いた胴体に、横向きの顔と両足。

 晴れ。

 美術の時間は、古代エジプトの壁画や彫刻についてでした。
 平面芸術(絵画、レリーフなど)に興味を持ちました。
 正面を向いた胴体に、横向きの顔と両足という固定したスタイルのものです。
 授業が終わってから、このテーマについての本を三冊買い込みました。

Friday, May 13th, 2011 Body that turns to the front and transverse face and both feet.

Fine.

In our art class ,we learned about wall paintings and a sculptures of ancient Egypt.
I was interested in plane arts of ancient Egypt (painting and relief, etc.).
It is the one of the style such as a body that turns to the front and transverse faces and both feet.
After the class  ended, I bought three books on this theme.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【歴史、地理の自習の時間】 古代エジプトの神殿やピラミッドに描かれた平面芸術。 

 古代エジプトの神殿やピラミッドに描かれた平面芸術(浮彫りや絵画)に興味を持ちました。
 大きな特徴は、人や神の場合は横顔で表されることです。頭と顔は横から、眼だけは正面、その部分は斜めから、腰から足にかけては横から見たように描かれています。左足が一歩前に、両足はともに親指が見えるように、手も両手の五本の指も爪も見えるように描かれています。
 つまり、人の特徴的な部分をすべて見せる形であらわされています。
 身体の色も、外に出て働く機会の多い男性は褐色に、女性はクリーム色、神は金色を象徴する黄や、緑や黒(再生復活を象徴する色と考えられたようです)で彩色されています。
 これらの平面芸術は、特定のシーンの物語を伝えるために描かれたようです。定型化したパーツを組み合わせて絵をつくりだし、そのシーンの物語を伝えるという役割を強く持っていたのではないでしょうか。一つひとつのパートが、別々の文字で、それを組みあわせるて文章をつくるという作業に似ていると思います。
 そうした物語を平面芸術で伝えるために、王や権力者に属する画工たちが、リーダーのもとに集って、こうした描き方のルールを決めてパートを分担してつくりあげていったということでしょうか。
 顔が横向きに描かれているということで伝わることもあります。
 絵の中のエジプトの神や王たちは、みな、つけひげと、ネメス(髪がカールしていたのを抑えるための頭巾)をしています。権威の象徴のようです。
 つけひげをどうやってつけるのかと思っていましたが、絵をよく見るとネメスとヒモで結んでいるようです。
  第十九王朝時代(紀元前一三一〇年~一二〇五年)には、「楽士と踊り子」(大英博物館蔵)のように正面を向いた人物像も見られるようになりました。

 【参考文献】

 仁田三夫編集『図説 古代エジプト1 ピラミッドとツタンカーメンの遺宝編』。河出書房新社。一九九八年五月二十五日。
 仁田三夫編集『図説 古代エジプト2 王家の谷と神々の遺産編』。河出書房新社。一九九八年五月二十五日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【お知らせ】 高知ペンクラブの第四十一回総合文芸展、五月十五日(日曜日)までです。

 高知ペンクラブの第四十一回総合文芸展を開いています。
 五月十五日(日曜日)までです。
 高知市の「かるぽーと」です。
 私は、短歌と写真を組み合わせた作品を出させていただいています。
 「副会長賞」を受賞しました。
 十五日午後四時から文芸展会場で表彰式がおこなわれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年五月十四日 土曜日 地域の人たちが集えるスペース。Saturday, May 14th, 2011 Space in which people in region can gather.

二〇一一年五月十四日 土曜日 地域の人たちが集えるスペース。

 晴れ。

 診察を受けに行きました。
 私の病気のデータは、かなり改善されていました。

 午後、平和のための会合に参加しました。

 夜、わが家で弟と二人で泡盛を飲みました。
 私たちの家を改造して地域の人たちが、ゆったりと集えるスペースをつくりたいということで話が弾みました。

Saturday, May 14th, 2011 Space in which people in region can gather.

Fine.

I went to a hospital to receive  medical  examinations.
My sick data has been considerably improved.

I participated in a meeting for peace in the afternoon.
I drank Awamori (High alcoholicity Liquor of Okinawa Prefecture) at home with my younger brother at night.
We talked as follows.
"We want to remodel our house . And , we want to make a space where people in the region can gather. "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.15

【写真】 庭のクワの実と、まだ青いヤマモモの実。

 五月十五日。

 庭のクワの実を食べました。
 ヤマモモも、もうすぐ実りそうです。
 

Photo_3

Photo_4

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【きょうの花】 スイスイのピンク。【写真一枚】

Photo_2

 庭にスイスイの花が咲いていました。
 高知ではスイスイといいますが、共通語では何というのでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【きょうの花】 庭のアマリリス。【写真一枚】

Photo

 庭にアマリリスが咲いています。

 何か「私が一番きれいよ」といっているような咲き方です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.05.16

英語で日記 二〇一一年五月十六日 月曜日 山での水準測量。Monday, May 16, 2011 Practice of leveling in mountain.

二〇一一年五月十六日 月曜日 山での水準測量の実習。

 晴れ。

 いつもの測量学の授業を受けました。
 きょうは、山に登って水準測量の実習をしました。

Monday, May 16, 2011 Practice of leveling in mountain.

Fine.

I attended a class of usual surveying.
We climbed a mountain and practiced a leveling.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短歌】 ローテローゼの君は……。【写真は、ローテローゼ】

Photo

満杯の 甘い香りに 身をひたし たゆたっている 高知バラ展

光る紅(あか) ローテローゼの 大輪に あの日の君の 相貌(そうぼう)を見る

 
 五月十五日午後、高知市の「カルポート」で「春のばら展」(高知ばら会主催)を見ました。
 そのときの短歌です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【エッセイ】 「特攻隊員・山﨑祐則」 郵便貯金通帳につづられた「サヨウナラ」。

 五月十五日午後、高知市の「カルポート」で「高知のまんが あれこれ展」を見ました(七月三日まで)。 そのなかの「特攻隊員・山﨑祐則」のコーナーに吸い寄せられました。
 ここで見た資料をもとに、山﨑祐則について書きます。


 山﨑さんは、一九二五年十一月十二日、高知市築屋敷二丁目に出生。祐保さん(医師)、清子の四男でした。一家は、その後、高知県香美郡夜須町(香美市夜須町)に転居しました。
 一九三八年四月、高知市の高知県立城東中学校(いまの県立高知追手前高校)に入学。在学中に友人と「青空漫画研究会」を結成しています。
 アジア太平洋戦争の最中の一九四二年に海軍甲種飛行予科練習生を志願して合格。同中学校を中退して、海軍甲種飛行予科練習生十一期として三重海軍航空隊に入隊しました。そして、四三年十二月はじめ、静岡県の大井航空隊へ。その後、千葉県の木更津航空隊、愛知県の豊橋航空隊、大分航空隊、鹿児島県の出水(いずみ)航空隊などで訓練を受けました。偵察員でした。
 一九四五年三月二十一日、「九州東方海面ノ戦斗ニ於いて」アメリカ軍艦船への特別攻撃で戦死しました(「」内は戦後の戦役通知公報から)。十九歳四カ月でした。
 同コーナーには、彼の郵便貯金通帳も展示されていました。
 「原簿所管 名古屋貯金支局 記号番号 わほち52204」です。
 その裏面に「私は特攻隊で行きます。皆様御機嫌宜(よろ)しくお暮らし下さい。父上様母上様元気で。サヨウナラ 祐則」とつづられています。
 これは同年四月ころ、山﨑祐則さんの同期生・山本遠海夫一飛曹が、祐則さんの父に送った「山﨑兵曹長御父上様/祐則君は立派に戦死されました……」という手紙に同封されていたものです。

 家に帰って特攻隊戦没者慰霊平和祈念協会『特別攻撃隊』(特攻隊戦没者慰霊平和祈念協会。二〇〇三年・四版)を調べてみました。
 山﨑祐則さんが特別攻撃した隊は「銀河5・出水」とされていました。この隊の隊員が、同じ日に同じ所で十五人戦死しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【きょうの花】 月見山の白い妖精。【写真、一枚】

Photo_2

 五月十六日午後、高知県香南市香我美町岸本の高知県立月見山こどもの森で見た花です。
 「月見山の白い妖精」と勝手に名付けました。

 

 「ふ」さん、励ましのお言葉、ありがとうございます。

 勇気凛凛、きょうも「花」をアップしました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.05.17

My idea of meal.

I like Sashimi. Because it is light food.

I love home cooked food. Because I can eat my favorite one.

I love cheap dining rooms. Because I can feel the cook's love there.

I should choose a healthy foods. Because I am fat.

Spicy foods are good for me. Because they are delicious.

I always eat rice. Because I am Japanese.

I must eat more vegetables. Because I eat meat too much.

My favorite food is Korean. Because they are healthy.

I love Udon. Because it is cheap and delicious.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【歴史、地理の自習の時間】 汽水湖・宍道湖のシジミ漁。

776pxlake_shinji_landsat_3

 汽水湖(海水と淡水とが混じり合っている湖)である島根県の宍道湖(しんじこ)ののシジミ漁について書きます。

 【宍道湖は、こんな湖です】

 宍道湖は、島根県東部に位置し、周辺を松江市、出雲市、斐川町に囲まれた海跡湖です。 湖面積79.1k㎡、周囲長47km、最大水深6.4mです。西部に位置する斐伊川から淡水が注がれ、東部からは日本海より中海、大橋川を通じて海水が遡上しています。そのため、川の魚と海の魚、そして汽水特有の魚が混在する豊穣の湖でもあります。宍道湖の周辺湖岸にはヨシが生育しているほか、アオノリなどの海藻も生育しています。
 写真は、宍道湖の衛星写真です(「ウィキペディア」から)。
 宍道湖の東側に松江市街地が広がっています。画面右端に見えているのは大橋川でつながっている中海の西端です。
 主に西岸の埋め立てのため、1965年当時と比較して面積が10%程度減少しています。

 【湖内の漁獲量の約9割はシジミ漁】

 宍道湖は、魚種も豊富で、スズキ、モロゲエビ(ヨシエビ)、ウナギ、アマサギ(ワカサギ)、シジミ、コイ、シラウオが宍道湖七珍と呼ばれています。
 宍道湖は、湖内の漁獲量の約9割を占めるシジミ漁で有名です。シジミの種類は、ヤマトシジミです。全国のシジミ漁獲量1万9295トン中、約39%の7500トンが宍道湖によります(農林水産省『漁業・養殖業生産統計年報 平成12年度』)。シジミを採る漁師は宍道湖全域に約300人いて、一日の操業時間、休漁日、採捕量を定めた操業規則を守りつつ、宍道湖で漁を営んでいます。シジミ漁はジョレンというカゴ状の漁具を用い、船から、または漁師が直接水につかりながらおこなわれます。
 「日本一シジミが漁獲される宍道湖といえども、シジミが漁獲される場所は限られています。
 まず、宍道湖は汽水湖のために、湖底には淡水よりも比重の高い高塩分水が滞留しています。
 この高塩分水が滞留する場所は堆積した有機物の分解によって酸素が消費され、貧酸素状態となっています。これを貧酸素水塊と呼びます。
 この貧酸素水塊の影響のため、宍道湖の約4m以深ではシジミをはじめ、ほとんどの生物が生息できない状態です。
 このため、湖面積の約30%しかない、水深3~4m以浅がシジミ漁場となります。」(ホームページ「宍道湖漁業協同組合」)
 魚種も豊富で、スズキ、モロゲエビ(ヨシエビ)、ウナギ、アマサギ(ワカサギ)、シジミ、コイ、シラウオが宍道湖七珍と呼ばれています。
 定置網漁業もおこなわれています。ます網、越中網、小袋網、しば手網、おだ網の5種類の定置網漁業が存在します。定置網は宍道湖、大橋川に、9月1日~翌年3月31日の間設置されます。これらの漁業以外にも刺網、延縄、投網などさまざまな漁法が存在します。

 【中止された淡水化事業】

 こうした漁業を脅かしてきたのが農林水産省の宍道湖・中海の淡水化事業です。
 2002年11月29日、島根県の澄田信義知事は記者会見で、凍結中の同事業について「中止が適当である旨を、(12月2日の)議会冒頭で正式表明する」とのべ、事業主体の農林水産省に対し、事業中止を要請する意向を明らかにし、事態は中止に向かいました。。
 これについて当時の「しんぶん赤旗」は、つぎのように解説しています(11月30日付、「宍道湖・中海の淡水化中止 島根県知事が表明 40年の反対運動実る」)。
 「中海干拓・淡水化事業がスタートした一九六三年、日本共産党はいち早く無謀な計画の中止を要求。住民や大学の研究者とともに反対運動に取り組んできました。
 日本有数の汽水域として知られる宍道湖と中海を淡水化し、周辺農家に供給する同事業は、一九六三年四月の事業着手からほぼ四十年を経て、未完のまま終止符が打たれます。
 淡水化は、当時のコメ増産政策を背景に、中海干拓とセットで計画されました。海水をせき止める水門や堤防など関連施設の建設はすべて終えましたが、水質悪化への懸念から八八年以降は凍結されました。
 二〇〇〇年には、公共事業見直しに関する与党方針を受け、淡水化により最大の受益地となるはずだった中海・本庄工区の干拓中止も決まりました。このため、県は淡水化中止を前提に、ため池の設置など代替水源を確保する準備を進めていました。」
 宍道湖漁業協同組合の第7代代表理事組合長の坂本清さんは、同組合のホームページで「宍道湖の淡水化事業という時代の荒波の中、組合員が一丸となって、周辺住民の方々とともに宍道湖の育む豊かな汽水域を守ろうと活動してまいりました。/現在では自然の開発から自然との共生という世の中の流れに変ってきていますが、美しく豊かな宍道湖の環境を守っていくという考えに変わりはありません。今後とも漁協組合員をはじめとして、周辺住民の皆様には御理解とご協力のほどよろしく申しあげます。」と語っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【歴史、地理の自習の時間】 徳島県の三好市内の飛地。

 飛地(とびち)とは、国家、都道府県、市町村、市町村の中の町や大字(おおあざ)などの行政区画の一部分が、別の国家や行政区画内に飛び離れて存在する地域のことです。
 四国には飛地があるのかと探したら徳島県三好市(みよしし)の三野町(みのちょう)がそうでした。
 この地図(三好市役所ホームページから)のように東側の三野地区が他の市区から飛んでいます。
 三好市は、2006年3月1日、三好郡の三野町、池田町(いけだちょう)、山城町(やましろちょう)、井川町(いかわちょう)、東祖谷山村(ひがしいややまそん)、西祖谷山村(にしいややまそん)が合併(新設合併)、市制施行して誕生しました。
 三野町は、他の町のように隣接していなくて、三好郡東みよし町をはさんだ飛地となっています。

 同市は、徳島県の最西端に位置し、香川県、愛媛県、高知県と接する山間過疎地域です。
 南部と北部山地は土砂崩れや落石が多い所です。年平均気温の平年値は、池田町で新潟市や群馬県前橋市と同等、東祖谷京上で仙台市や秋田市と同等です。年降水量は瀬戸内海に近い北部では1500mm以下の地域が多く、四国山地にあたる南部では2000mmを越えます。冬季には、積雪や路面凍結が見られ、一部の道路が冬季通行止めになります。県面積の1/6を占める同県内最大面積の市町村ですが、可住地面積はそのうちの13%です。(この項、「ウィキペディア」)
 飛地つき合併は、こうしたきびしい自然環境のもとの町村の苦肉の選択だったのでしょうか。

 四国には、つぎの所にも飛地があります(ホームページ「地名コレクション」)。
 ・徳島県板野郡北島町高房
 ・香川県綾歌郡宇多津町吉田
 ・高知市布師田(ぬのしだ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年五月十五日 日曜日 ネクタイが結べません。Sunday, May 15, 2011 Necktie cannot be tied.

二〇一一年五月十五日 日曜日 ネクタイが結べません。

 晴れ。

 ひさしぶりにネクタイをして出かけようと思いました。
 しかし、うまく結べません。
 で、しかたなくネットで「ネクタイ 結び方」で検索して調べました。
 たくさん、図解や写真、動画がありました。
 それを見て、ネクタイを結びました。
 いやはや、六十四歳にもなった「紳士」が、これでは……。
 ネクタイをして、高知ペンクラブの総合文芸展を見に行きました。

Sunday, May 15, 2011 Necktie cannot be tied.

Fine.

I was going to wear a necktie after a long time and to go out.
However, I cannot tie a necktie well.
I searched for  "Necktie knot" on the net and examined it.
In the net, there were a lot of illustrations, photos, and animations.
I saw it, and knotted a tie.
I wore the necktie, and went to see the exhibition of Kochi P.E.N..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年五月十七日 火曜日 私と、妻の性格。Tuesday, May 17th, 2011 My and my wife's character.

二〇一一年五月十七日 火曜日 私と、妻の性格。

 晴れ。

 私と、妻の性格について書きます。
 私は、いろんなことに熱中しやすい性格です。
  やりたいことをいっぱい持っています。
 平和運動、勉強、本を編集すること、短歌を詠むこと、写真を撮ることなどです。
 それらをやりぬくために四苦八苦しています。
 それと、私の弱点は、ときたま悲観主義者になってしまうことです。
 妻は、優しい人です。
  他人から何か頼まれると、嫌と言えないタイプです。
  女性団体の仕事、日本語の教師の仕事、老人会の会長などをやっています。
 それらは、みなボランティアでです。
  妻は、私に、かなりきびしいものいいをします。
  そのことについて彼女を批判すると、彼女は、つぎのようにいいます。
 「こんなふうに言えるのは、あなたにだけだから」
 彼女のいいのは、いつも楽観的であることです。



Tuesday, May 17th, 2011 My and my wife's character.

Fine.

I shall write my and my wife's character
.
I enthuse easily.
I have a lot of things that I want to do, for example to participate  movement for peace, to study, to edit books, to write tanka, and to take photos.
To do them, I am troubled.
And my weak point is to become a pessimist occasionally.
My wife is kind.
She is a type that cannot say no when someone ask that is unpleasant for her.
She is doing a work of women's group, a work of Japanese teacher, and a chairman of elderly person association.
They are all volunteer.
My wife scolds  me severely.
When I criticize her of that, she says as follows.
"Only because of you that I can say in this way".
Her goodness is always optimistic.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.05.18

【ハングル】 チョンマンネヨって、使わないの??

 チョンマンネヨ

 について、こんなことを書いている人がいました。

http://harukorea.jugem.jp/?eid=408

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ハングル】 クェンチャナヨ。僕の好きな言葉。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%8A%E3%83%A8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ハングル】 ミヤハンミダ を検索していたら……。

 ミヤハンミダ を検索していたら、

 こんな歌がでてきました。

http://www.youtube.com/watch?v=X8mp1dWfR_c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ハングル】 チョンマル を検索していたら……。

 チョンマル を検索していたら、こんな歌に行きつきました。

 http://www.dailymotion.com/video/x698oq__lifestyle

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ハングル】 オレガンマンイムニダ。「おれガンマンです」で覚えようとしています。

 http://hangeul.tv/index.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ハングル】 マンナソパンガプスムニダ。

 マンナソパンガプスムニダ。

 これを覚えられなくて苦戦中です。
 意味は「お会いできてうれしいです」。

http://navikore.com/hanguru/lesson2/1.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ニュース】 四月二十九日の高知市の反原発デモのビデオがアップされていました。

 四月二十九日の高知市の反原発デモのビデオがアップされていました。
 貴重な映像です。

 http://www.youtube.com/watch?v=QQGnL9cZGo8

 http://www.youtube.com/watch?v=wlaAVvpIG-k

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.19

英語で日記 二〇一一年五月十八日 水曜日 韓国語のテスト。Wednesday, May 18th, 2011 Test of Korean beginner's class.

二〇一一年五月十八日 水曜日 韓国語のテスト。

 晴れ。

  大学では、韓国語のテストがありました。
 高知市の、わが家に帰って来て、弾薬庫を保存する会のニュースをつくりました。

Wednesday, May 18th, 2011 Test of Korean beginner's class.

Fine.

We took a test of Korean beginner's class.
I came back to my house in Kochi city, and made a newspaper of meeting that to preserve a ammunition depot.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.20

ひさしぶりのオートバイツーリング 香川県さぬき市から高知市へ 【その一】 海軍の特攻隊員・山﨑祐則さんが海軍内でつくった漫画の本。【写真、二枚】

Photo_8

Photo_9

 二十日は、休講が二つあり、授業は一時間目の韓国語だけでした(これは週二時間で一時間は四十五分)。
 いい天気です。
 で、思い立ってオートバイでツーリングすることにしました。
 午前十時半に、香川県さぬき市を出発しました。
 高速道路は使わないことにしました。
 まずは香川県善通寺市の自衛隊善通寺駐屯地へ。
 ここに戦前の陸軍第十一師団のレンガつくりの建物が三つ残っていました。
 駐屯地の中の乃木館で陸軍、海軍の特攻隊関係の展示を見ました。
 この間から関心を持っている海軍の特攻隊員・山﨑祐則さんが海軍内でつくった漫画の本、遺影も展示していました。彼の父が寄贈したものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさしぶりのオートバイツーリング 香川県さぬき市から高知市へ 【その二】 善通寺の大きなクスノキ。【写真、一枚】

Photo_7

 香川県善通寺市の自衛隊の近くのお寺・善通寺に行きました。
 大きなクスノキがありました。
 圧倒されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさしぶりのオートバイツーリング 香川県さぬき市から高知市へ 【その三】 徳島県三好市の飛地。

 徳島県三好市役所に行きました。
 地理学のリポート(テーマは、飛地)の基礎資料あつめのためです。
 いただいた観光地図を見ると、三好市の飛地は高速道路を走るとわかりやすいようです。
 善通寺から高知方面に走ると、途中で三好市に入り、つぎは東みよし町です。この町を通り過ぎると、また、三好市に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさしぶりのオートバイツーリング 香川県さぬき市から高知市へ 【その四】 徳島県三好市の山道のフジの花、シャガの花。【写真、二枚】

Photo_5

Photo_6

 一路、高知方面へ。
 途中で、「塩塚高原」の表示がありました。
 「地理の宿題で高原のテーマがあったな」
 一気に高原コースに。
 登り口から四~六メートルのコンクリート舗装の道がついています。
 くねくね道を、ひたすらアップダウン。
 まわりのフジの花、シャガの花がきれいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ひさしぶりのオートバイツーリング 香川県さぬき市から高知市へ 【その五】 「塩塚高原に来ました。うわー、すっごい!!!」。【写真一枚】

Photo_4

 やって来ました。
 すごい、高原です。
 この景観、感激しました。
 キャンプ場もありますが、いまは利用者はいないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさしぶりのオートバイツーリング 香川県さぬき市から高知市へ 【その六】 食堂でみた一九七〇年の土佐湾台風の写真集。 

 高知県大豊町に。もう日も暮れています。
 道端の食堂に寄って「ギョーザ定食」。
 めずらしい本を置いてありました。
 高知新聞社『土佐湾台風―10号のつめ跡』 (一九七〇年)が置いてありました。
 一九七〇年八月に高知県に上陸した台風第10号の写真集です。
 土佐湾(特に浦戸湾)に高潮を起こして高知市内が浸水するなど、高知県に被害をあたえました。
 写真を見ると、いまの「東北」のような感じです。
 しかし、あまり覚えがありません。
 このころ、私と弟は東京都練馬区の江古田駅近くの美容院の二階のアパートの一室にいました。
 尋子さんは、同駅の反対側のアパートにいました。
 いずれも高知県出身ですが、この台風の記憶はありません。
 この二カ月後に、私と尋子さんは高知市で結婚するのですが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさしぶりのオートバイツーリング 香川県さぬき市から高知市へ 【その七 追加】 善通寺市内の麦刈り。【写真、一枚】

Photo_3

 

 駐屯地を出て、高知方面へ。
 途中で見た善通寺市内の麦刈りです。
 うどんではなくて味噌(みそ)の原料になるとのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさしぶりのオートバイツーリング 香川県さぬき市から高知市へ 【その八 追加】 三好市の国道わきの緊急避難所です。【写真、一枚】

 

Photo_2

   三好市に入った所で見た国道わきの緊急避難所です。
 真っすぐな下り坂でブレーキが効かなくなったら、ここに突っ込むということでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.21

【写真】 高知市大津の夕焼け。

Photo

 五月十九日、高知市大津のわが家の近くで見た夕日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.22

日本国憲法(一九四六年五月三日に公布)を国民はどう迎えたか 高知県を例に 【その一】 はじめに。

 一九四六年十一月三日に公布された日本国憲法は、主権在民、戦争の放棄、国民の基本的人権、国権の最高機関としての国会の地位、地方自治などを定めました。日本の政治制度は、天皇絶対の政治から主権在民を原則とする民主政治へ変化しました。その日本国憲法を国民は、どう迎えたか。高知県の例を見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本国憲法(一九四六年五月三日に公布)を国民はどう迎えたか 高知県を例に 【その二】 高知新聞社が「“新憲法を讃へる歌”歌詞募集」。

 日本国憲法の発布を前に高知新聞社は、同社の「新憲法発布の記念事業」の告知を高知新聞に載せました(一九四七年四月三十日付)。「県下男女青年弁論大会(論題「新憲法発布を記念して」)」、「“新憲法を讃へる歌”歌詞募集」、「学童作文・習字募集(新憲法発布に因むもの)」、「マラソン大会」などです。
 「“新憲法を讃へる歌”歌詞募集」の当選歌は、小松祥秀さん(日本勧業銀行高知支店勤務。高知市鉄砲町十二番地)の、つぎの歌でした(高知新聞、一九四六年十一月十日付)。
 
 一、紺青(こんじょう)の秋空の下
  日輪とともにあまねく
  人類の理想をこめて
  新たなるわが日本の
  新たな民の憲法は
  たからかに今ぞ呼ばはる 
 二、紺青の海原の上
  日光とともにかがやく
  人類の祈禱(きとう)をこめて
  生れ来たるわが日本の
  生れ来たる民の憲法は
  さはやかに今ぞ成りぬ
 三、紺青の山脉(さんみゃく)の果
  北辰とともにきらめく
  人類の希望をこめて
  明けわたる民の憲法を
  うららかに永遠に讃へむ

 「北辰」は北極星のことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本国憲法(一九四六年五月三日に公布)を国民はどう迎えたか 高知県を例に 【その三】 「シンケンポウコウフ」の「懸賞クロスワード」。

 日本国憲法公布の一九四六年十一月三日付の高知新聞は「新憲法公布記念 懸賞クロスワード」を掲載しました。
 真ん中に縦に「シンケンポウコウフ」の文字。「横のかぎ」に25は「憲法公布に最もゆかりのある土佐の先哲」。最初が「ウ」で、あと五文字ですから「ウエキエモリ」でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本国憲法(一九四六年五月三日に公布)を国民はどう迎えたか 高知県を例に 【その四】 土佐女子高等女学校の生徒たちが「民主日本」の人文字。

 日本国憲法公布の翌日、一九四六年十一月四日付の高知新聞は「民主日本」の人文字の写真を掲載しました。
 写真説明は「新憲法発布を記念し“民主日本”の人文字を描いた土佐高女生(同校)」でした。
 同学五年生の短歌も四首載っています。

  仙頭 淳子
 常闇(とこやみ)の夜は明けにけり新しき国のみ憲(のり)の定まりし今日
  刈谷 孝子
 古きをば皆すて去りて立上る戦(いくさ)なき国の憲は出で来ぬ
  浜口満里子
 新しき光はいでぬ菊かをる常若の国に憲定まりて
  細井澄子
 天地の道示したる国の憲仰ぎまつれる今日のうれしさ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本国憲法(一九四六年五月三日に公布)を国民はどう迎えたか 高知県を例に 【その五】 県下各地で、日本国憲法公布の記念行事。

 一九四六年十一月三日、高知県下各地で、日本国憲法公布の記念行事が催されました(高知新聞、一九四七年十一月四日付)。
 ・ 県で午前九時から二十分間、明治節奉祝式、ならびに新憲法公布記念式を挙行。全職庁員参加。西村直己(にしむら・なおみ)知事が奉祝の辞をのべました。
 高知県下の各中等学校で記念行事がおこなわれました。
 城東中学校、南海中学校=運動会。
 土佐中学校=展覧会、校内野球大会。
 高知工業学校=職員生徒対抗野球戦。
 高知高等女学校=バザーと演劇。
 南海高等女学校=分校も参加してバザー。
 土佐女学校=自由研究表彰式を挙行。
 中村高等女学校=生徒の第二回意見発表に続いて座談会、対話劇上演。
 ・ 美良布村(いまの香北町)では、男女青年団の体育大会が開かれました。
 ・ 槇山村(いまの香美市)では、村民大会を開催。
 ・ 西豊永村(いまの大豊町)では、仮装行列、村民体育大会、祝賀式、記念講演会を開催。
 ・ 夜須町(いまの香南市)では、各町内会、常会を開催し講演をおこないました。
 ・ 安芸町(いまの安芸市)では、全戸日の丸をかかげてました。午後一時からマラソン競争、仮装行列。夜六時から第一国民学校で記念講演会を開催。
 ・ 須崎町(いまの須崎市)では、須崎校校庭で記念須崎町民運動会を開催。夜間、講演会、同町青年団による芸能大会が開かれました。
 ・ 中村町(いまの四万十市)では、戸ごとに日の丸がかかげられました。午前九時から同町国民学校校庭で町民運動大会を開催。中村中学校講堂で記念大講演会を開催。午後四時から青年団員の奉仕による山車(だし)が繰り出しました。夜は、仮装行列、芸能大会、ちょうちん行列。
 ・ 宿毛町(いまの宿毛市)では午前九時、宿毛国民学校町民記念式を開催。午前十一時から宿毛公園で町民大運動会がおこなわれました。夜は、天満座で芸能大会、中村高等女学校宿毛分教場で慶祝バザーが開かれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本国憲法(一九四六年五月三日に公布)を国民はどう迎えたか 高知県を例に 【その六】 そのころを語る高知県の人々。

 
 夕刊を出していた高知日報社の日本国憲法についての標語を募集にしました。
 子どもだった香美市土佐山田町の岡崎桜雲さんは、「みんなの憲法 明るい日本」という標語を送りました。
 三等に入選しました。
 高知市の窪田一郎さんは、終戦の翌年、一九四六年の二月に高知市朝倉の陸軍の部隊長の息子だった中学校の級友が「(アメリカが日本に落とした)原子爆弾に勝る新兵器を発明してアメリカ、イギリスに報復する」という作文を書いた時のことを覚えています。国語の時間に教師がこの作文を読み上げ「日本の軍国主義は間違っていた。こういうことをやってはいかんのや」と平和の日本の道を説きました。
 その教師の思いが、その年十一月三日に公布された憲法の交戦権を否定した九条に実っていました。
 高知市の川村高子さんは、戦争で弟と妹を亡くしています。
 川村さんは、一九四七年五月三日、日本国憲法施行の日の出来事を鮮明に覚えています。彼女は、大杉村(いまは大豊町)の村立大杉国民学校の教師でした。
 その日の一時間目、講堂に全校児童、教員が集められました。校長がつぎのように語りました。
 「日本の国は戦争に負けて、いままでと全然変わった国の決まりができました。それは憲法というもので、それには、これからは日本は絶対に戦争はしません。平和を求めていきます。いままで兵器や軍事に使っていたお金は、これからは、みなさんの教育費や国民の暮らしに使うことにします。これから日本は戦争のない平和な国になります」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本国憲法(一九四六年五月三日に公布)を国民はどう迎えたか 高知県を例に 【その六】『あたらしい憲法のはなし』の戦争放棄の説明。

 前出の高知市の窪田一郎さんたちは、中学校で黄色い表紙の『あたらしい憲法のはなし』を学びました。教師は熱心に解説してくれました。「みなさん、あのおそろしい戦争が、二度とおこらないように、また戦争を二度とおこさないようにいたしましょう」と書いてありました。

 みなさんの中には、こんどの戰爭に、おとうさんやにいさんを送りだされた人も多いでしょう。ごぶじにおかえりになったでしょうか。それともとう/\おかえりにならなかったでしょうか。また、くうしゅうで、家やうちの人を、なくされた人も多いでしょう。いまやっと戰爭はおわりました。二度とこんなおそろしい、かなしい思いをしたくないと思いませんか。こんな戰爭をして、日本の國はどんな利益があったでしょうか。何もありません。たゞ、おそろしい、かなしいことが、たくさんおこっただけではありませんか。戰爭は人間をほろぼすことです。世の中のよいものをこわすことです。だから、こんどの戰爭をしかけた國には、大きな責任があるといわなければなりません。このまえの世界戰爭のあとでも、もう戰爭は二度とやるまいと、多くの國々ではいろ/\考えましたが、またこんな大戰爭をおこしてしまったのは、まことに残念なことではありませんか。
 そこでこんどの憲法では、日本の國が、けっして二度と戰爭をしないように、二つのことをきめました。その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戰爭をするためのものは、いっさいもたないということです。これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戰力の放棄といいます。「放棄」とは「すててしまう」ということです。しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。日本は正しいことを、ほかの國よりさきに行ったのです。世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
 もう一つは、よその國と爭いごとがおこったとき、けっして戰爭によって、相手をまかして、じぶんのいいぶんをとおそうとしないということをきめたのです。おだやかにそうだんをして、きまりをつけようというのです。なぜならば、いくさをしかけることは、けっきょく、じぶんの國をほろぼすようなはめになるからです。また、戰爭とまでゆかずとも、國の力で、相手をおどすようなことは、いっさいしないことにきめたのです。これを戰爭の放棄というのです。そうしてよその國となかよくして、世界中の國が、よい友だちになってくれるようにすれば、日本の國は、さかえてゆけるのです。
 みなさん、あのおそろしい戰爭が、二度とおこらないように、また戰爭を二度とおこさないようにいたしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年五月十九日 木曜日 陸軍歩兵第四十四連隊の兵舎の地図。Thursday, May 19th, 2011 Map of barracks of 44th regiment of infantryman of army.

二〇一一年五月十九日 木曜日 陸軍歩兵第四十四連隊の兵舎の地図。

 晴れ。

 午前中、高知大学図書館に行って、陸軍歩兵第四十四連隊の兵舎の地図、弾薬庫の平面図などを撮影させていただきました。
 午後、高知県安芸市に行って海軍の特攻隊員の遺族からお話を聞かせていただきました。

Thursday, May 19th, 2011 Map of barracks of 44th regiment of infantryman of army.

Fine.

I went to Kochi University library in the morning, and took pictures of maps of barracks of 44th regiment of the infantryman of the army and a plan of ammunition depot.
I went  to Kochi Prefecture Aki city in the afternoon and heard a story from a bereaved family of a kamikaze pilot of naval forces.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年五月二十日 金曜日 十時間のオートバイでのツーリング。Friday, May 20th, 2011 Touring by my motorcycle for ten hours.

二〇一一年五月二十日 金曜日 十時間のオートバイでのツーリング。

 晴れ。
 
 午前十時半から午後八時半までオートバイでツーリングしました。
 香川県さぬき市から高知市までです。
 途中、いろんな所に寄り道しました。

Friday, May 20th, 2011 Touring by my motorcycle for ten hours.

Fine.
 
I went on a trip from 10:30a.m. to 8:30p.m. with my motorcycle.
It was from Kagawa Prefecture Sanuki city to Kochi city.
I stopped in various places on the way.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年五月二十一日 土曜日 病院での栄養指導。Saturday, May 21st, 2011 Nourishment guidance in hospital.

二〇一一年五月二十一日 土曜日 病院での栄養指導。

 雨。

 午前中、病院で栄養指導を受けました。
 もっと野菜をとる。
 うどんの汁は飲み干さない。
 牛乳を一日一本飲む。
 もっと歩く。
 以上が私の当面の目標です。
 三人のかたにパソコンの操作について教えていただきました。
 午後、高知短期大学の日韓交流の会の集まりに参加しました。
 朝方まで、『高知の戦争 証言と調査』十四号の原稿の整理をしました。



Saturday, May 21st, 2011 Nourishment guidance in hospital.

Rain.

I consulted a nourishment guidance in a hospital in the morning.
Take more vegetables.
Do not drink up soup of a noodle.
Drink a bottle of milk every day.
Walk more.
They are my present target above.
I learned  how to operate personal computer from three peopleI participated in meeting of an association of Japan-South Korea exchange of  Kochi junior college in the afternoon.
I arranged a manuscript of  'War testimony and survey of Kochi'14th until the morning.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年五月二十二日 日曜日 地図の収集家の男性。Sunday, May 22nd, 2011 Man of collector in map.

二〇一一年五月二十二日 日曜日 地図の収集家の男性。

 晴れ。

 私は、本日も高知市にいます。
 地図の収集家の男性のお話を聞きました。

 そのあと、地方史のリポートを書きました。
 そして、短歌雑誌用のエッセイの第一項を書き終えました。

Sunday, May 22nd, 2011 Man of collector in map.

Fine.

I am in Kochi city today.
I talked with a man of map collector.
After that, I wrote a report of local history.
And, I finished writing clause 1 of an essay for a Tanka magazine.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.23

解けない、一九四六年のクロスワード。わかったら教えて!!!

Photo_2

 高知新聞の一九四六年の「クロスワード」です。

 妻と私でやってみたのですが、いくつかわからないところがあります。

 やってみませんか。

 わかったら、結果を教えていただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年五月二十三日 月曜日 トラバース測量。 Monday, May 23th, 2011 Traverse survey.

二〇一一年五月二十三日 月曜日 トラバース測量。

 雨。

 高知で測量学の授業を受けました。

 きょうから、トラバース測量についての講義がはじまりました。

 夕方から、二十六日午後の企画の資料づくりをしました。

 これらの資料を印刷し終えるのは、企画が始まる直前になるかもしれません。

Monday, May 23th, 2011 Traverse survey.

Rain.

I attended a class of surveying in Kochi.

The lecture of the traverse survey started today.

From the evening, I made documents of a plan of the afternoon on 26th.

I might finish printing these materials before the project's starting.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【英語の勉強】 「私は辞書を引きました」、英語では……。

 実は、短い英文を書いて、英語の達人にメールして、その英文の誤りを指摘していただいています。
 この間は、「辞書を引く」を、つぎのように表現してメールしてしまいました。

 I pulled a dictionary.

 達人から「再考を」とのメールが来ました。
 そうですよね。
 「辞書を使って調べる」というような表現にする必要がありますよね。
 でも、どうしよう……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【歴史、地理の自習の時間】 高知市にあった陸軍歩兵第四十四連隊の兵員の人数は???

 この間、ある放送記者に、高知市にあった陸軍歩兵第四十四連隊の兵員の人数について質問をいただきました。
 しかし、不勉強で見当がつきませんでした。
 その後、こんな記述を見つけました。

 寺尾茂『南国の古都』(高知県地理同好会。一九七三年)の八十九ページです。

 練兵場の広さ一六万五千平方㍍、兵営敷地一四万二千平方㍍、射的場八万二千五百平方㍍という広大な敷地に、全県から集められた兵たち一二個中隊-一個中隊一五〇人としておよそ二〇〇〇人の若者が、日夜武技を練っていたわけです。

 一九一四年生まれで、三五年に高知県師範学校本科一部を卒業した寺尾さんは、「学生時代に二回、卒業後兵として一回、前後三回ここに入隊し、わずかながら歩兵の生活を経験したことがある」そうです。
 もちろん時代によって兵員の数は違うでしょうが、ひとつの目安になると思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.24

英語で日記 二〇一一年五月二十四日 火曜日 高知市からさぬき市までの時間。Tuesday, May 24th, 2011 Time from Kochi city to Sanuki city.

二〇一一年五月二十四日 火曜日 高知市からさぬき市までの時間。

 雨。

 「二時間目の授業に出たい」
 ということで、朝、高知市から、さぬき市にオートバイを飛ばしました。
 高速道路をつかって、さぬき市のアパートまで二時間半かかりました。

Tuesday, May 24th, 2011 Time from Kochi city to Sanuki city.

Rain.

"I want to go for the second period"
I drove my motorcycle fast from Kochi city to Sanuki city.
I arrived at my apartment in Sanuki city.
It took two and a half hours used  motorway .

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.25

二〇一一年五月二十五日 水曜日 韓国語であいさつ。Wednesday, May 25th, 2011 I say hello in Korean.

二〇一一年五月二十五日 水曜日 韓国語であいさつ。

 晴れ。

 韓国語初級の授業で、何も見ないで韓国語で話す訓練をしました。
 それは、以下のような内容でした。

 こんにちは。
 私は藤原義一ともうします。
 学生です。
 専攻は文化財学です。

Wednesday, May 25th, 2011 I say hello in Korean.

Fine.

In the class of our Korean beginner's class, we did training to talk in  Korean without watching anything.
It was the following contents.

Hello.
I am Fujihara Yoshikazu .
I am  a student.
The specialty is cultural assets studies.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.29

【エッセイ】  土佐高等女学校五年生たちの日本国憲法発布の日の短歌

   「日本国憲法が発布されたころ、高知の県民は、それをどうとらえていただろうか」。こんなテーマで展示をつくろうと調べ始めています。日本国憲法の発布は、一九四六年十一月三日のことです。このころ、私は母のお腹の中にいました。翌年の二月二十三日生まれです。で、高知県立図書館や高知新聞社に行って当時の高知新聞を読みました。
 公布の翌日の高知新聞には、高知市の土佐高等女学校五年生たちの短歌が四首載っ
ています。

 常闇(とこやみ)の夜は明けにけり新しき国のみ憲(のり)の定まりし今日(仙頭淳子)

 古きをば皆すて去りて立上る戦(いくさ)なき国の憲は出で来ぬ(刈谷孝子)

 新しき光はいでぬ菊かをる常若の国に憲定まりて(浜口満里子)

 天地の道示したる国の憲仰ぎまつれる今日のうれしさ(細井澄子)

 彼女たちの新しい憲法への思いを伝えてくれます。
 アジア太平洋戦争中、土佐高等女学校の生徒たちも苦労しています。このころのこ
とを、清水泉『土佐紙業史』(高知県和紙協同組合連合会。一九五六年三月三十一日)、土佐女子高等学校・土佐女子中学校の『五十年の歩み 土佐女子高等学校 土佐女子中学校』(一九五二年十月三十日)や同校生徒だった女性たちからの聞き取りをもとに書きます。
  ・ 一九四三年の夏は休暇を短縮し、七月三十一日に終業式、八月二十六日に始業
式をおこないました。始業式の翌日から九月四日まで毎日、各学年交代で県下の初月(みかづき)方面の草刈り、朝倉植林の下刈りに行きました(朝倉植林というのは朝倉村字鳥屋奥の五町六反五畝(せ)の学校林で赤松を植えつけていました)。二十七日に四、五年生五百三十人が久万川の堤で刈った草は、七千五百貫におよびました。これは肥料にするものでした。
  ・ 湿田を乾田にして麦作もできるようにするための作業にも動員されました。湿
田の一部を掘り起こし、その底の粘土を取り出し、そのあとにシダをつめ、あるいは土管や竹管を通して排水を良くする作業でした。四三年十一月に六日間、初月方面に、翌年三月には三日間、五台山下に動員されました。布師田(ぬのしだ)、その他にも動員されました。
  ・ 四四年三月に卒業した生徒は、挺身隊として広島県の広島海軍工廠(こうしょう
)、第十一海軍航空所、呉海軍工廠に動員されました。それぞれ、十五人、十五人、十人。二十三日に同校に集合して出発しました(四五年八月に帰高)。
  ・ この年の夏は休暇がありませんでした。毎日授業があり、各種の勤労作業もお
こなわれました。高須、五台山の稲刈り作業にも行きました。
  ・ 四四年からは風船爆弾の製造の作業もやられました。原料のコウゾの表皮を除
く、工場ですいた原料紙の検査、さらに、コンニャクのりをつかって原料紙を直径十メートルの風船にはりあわせる作業です。講堂を工場に代用し、校庭でこれに高圧の空気をみたして強度を実験しました。ここへは警察署長といえども立ち入ることが許されませんでした。
  ・ 同年七月、高知市内旭町三丁目九十四番地に風船爆弾の満球試験工場・科学加工株式会社ができてからは、そこに動員されました(ここは、いまのスーパーマーケット・旭イオンの所です)。
  ・ 同年十月の学徒動員令によって五年生が兵庫県伊丹の大阪機工猪名川工場に、
四年生が兵庫県加古川の日本毛織加印工場に出動しました。五年生は、十一月九日夜八時、高知駅を出発し、翌日、猪名川工場に着きました。引率者は、岡、小笠原、平賀、沢村の四教諭で滝石登鯉(のぼり)校長も同行しました。四年生は、翌十日午後八時に出発し、翌日、加古川着。引率者は、横田、長尾、中村、土屋の四教諭でした。猪名川工場では、兵器をつくっていました。旋盤、ボール盤の操作から仕上工の作業までやらされました。始めは二交替の昼間作業でしたが、やがて三交替で深夜作業までやらされました。加印工場は、毛織物の紡織工場で製品は陸軍、海軍の軍服になっていました。工場は、加古川を隔てて二つに分かれ、その両方に配属されました。作業は、紡績機につく者と織機につく者がありました。四五年三月には五年と四年とは同時に卒業しました。しかし、卒業後も、上級進学者、外地就職者、結婚者を除いて引き続き動員先で働かなくてはなりません。
  ・ 同七月四日、アメリカ軍機が高知市とその周辺を空襲しました。同校には焼夷
弾(しょういだん)二個、その付属物五個が落とされました。「生徒の宅もやられたものが甚(はなは)だ多かつた。中にも十九年卒業の植木延子嬢の一家は壕中で焼死し、その妹の美年子嬢は加古川工場に動員中だつたので独り免れたが、十六日帰高してこの惨状に慟哭(どうこく)したのは悲痛の極みであつた。」(『五十年の歩み 土佐女子高等学校 土佐女子中学校』)。こうしたなかで、猪名川工場の卒業生は浅津教諭らと七月十三日に帰校、加印工場の卒業生は石川教諭らと七月十六日に帰校しました。その後も七月二十四日にアメリカ軍機が山内邸に爆弾を投下するなど空襲がくりかえされました。
  ・ 八月十四日、一年生九十人は県下西豊永村の豊楽寺(ぶらくじ)に、二年生約百
人は東豊永村の西峯国民学校に疎開しました。その翌日、八月十五日、天皇は敗戦のラジオ放送をしました。

 土佐高等女学校生徒たちの短歌が四首載った高知新聞の同じ面には、同校生徒たちの「民主日本」の人文字の写真が載っています。写真説明は「新憲法発布を記念し“民主日本”の人文字を描いた土佐高女生(同校)」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年五月二十六日 木曜日 弾薬庫の見学会。Thursday, May 26th, 2011 Visit to the ammunition depot.

二〇一一年五月二十六日 木曜日 弾薬庫の見学会。

 雨。

 私たちは、高知市曙町の陸軍歩兵四十四連隊の弾薬庫を見学しました。
 その見学会には、三十数人が参加しました。
 午後六時台の二つのテレビのニュースで、その様子が紹介されました。

Thursday, May 26th, 2011 Visit to the ammunition depot.

Rain.

We visited an ammunition depot of 44 in  fantry division in Kochi city

Akebonocho.
Over 30 people participated in the visit.
The incident was introduced by news program on two TV station between 6:00

p.m. and 7:00 p.m.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年五月二十七日 金曜日 紙コップのデッサFriday, May 27th, 2011 Sketch of a paper cup.ン。

二〇一一年五月二十七日 金曜日 紙コップのデッサン。

 雨。

 美術の時間は紙コップのデッサンでした。
 午後七時に寝ました。

Friday, May 27th, 2011 Sketch of a paper cup.

Rain.

In art class , we did sketches of a paper cup.
I slept at 7:00 p.m.   
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年五月二十八日 土曜日 伊野町の伊野国民学校に駐屯していた兵隊。 Saturday, May 28th, 2011 The soldier who was stationed in Ino national elementary school in Ino town.  

二〇一一年五月二十八日 土曜日 伊野町の伊野国民学校に駐屯していた兵隊。

 雨。

 午前五時に起床しました。
 今治市で開かれた第二回戦跡保存四国シンポジウムに参加しました。
 愛媛大学の学生たちも参加していました。
 この日は、陸軍芸予要塞跡の見学です。
 参加者のなかに、アジア太平洋戦争中に陸軍輜重第十一連隊の軍曹だった人がいま

した。
 その人は、満州に出征しました。
 その後、一九四五年春に高知県に配属されました。
 そして、伊野町の伊野国民学校に駐屯しました。

 
Saturday, May 28th, 2011 The soldier who was stationed in Ino national

elementary school in Ino town.

Rain.

I got up at 5:00 a.m.
I participated in war remains preservation Shikoku the second symposium in

Imabari city.
Students of Ehime University participated in it, too.
We observed remains of Geiyo fortress.
In  participants, there was a person who worked as a sergeant of  eleventh

transport soldier's regiment during Asia Pacific War.
He went to the front of Manchurian. After that he went to Kochi in the

spring in 1945.
He was stationed in Ino national elementary school in Ino town.

(dig みぞを掘る)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年五月二十九日 日曜日 台風の中の戦跡保存四国シンポジウム。Sunday, May 29th, 2011 War remains preservation Shikoku symposium in

二〇一一年五月二十八日 土曜日 台風の中の戦跡保存四国シンポジウム。

 雨。

 戦跡保存四国シンポジウムに参加しました。
 きょうは、報告と討論でした。
 台風のため、午後からの戦争遺跡の見学は中止になりました。
 仲間の乗用車に乗せていただいて、高知市に帰って来ました。

 まずは高知県立図書館で資料を探しました。
 図書館を出たのは、午後三時半でした。青空が広がりつつありました。しかし、すごく強い風が吹いています。

Sunday, May 29th, 2011 War remains preservation Shikoku symposium in

typhoon.

Rain.

I participated War remains preservation Shikoku symposium.
It was reports and discussion today.
Because of a typhoon, a visit to the war remains from the afternoon was

called off.
I rode on a car of my friend and came back to Kochi city.
At first I looked for a document in Kochi Prefectural library.
It was half past 3 p.m. when I left the library.
A blue sky was opening.
However, very strong wind blows.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.31

英語で日記 二〇一一年五月三十日 月曜日 気持ちのいい青空。

二〇一一年五月三十日 月曜日 気持ちのいい青空。

 気持ちのいい青空です。
 
 測量学の授業を受けました。
 高知市から、さぬき市の高速バスの車内で英作文の勉強をしました。
 アパートに帰り着いて、地理学関係の二つのリポートを書きました。

Monday, May 30th, 2011 Comfortable blue sky.

It is a comfortable blue sky.

I took a class of a surveying.
I studied English composition in a express bus from Kochi city to  Sanuki city.
I came back to my apartment and wrote two reports about geography.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年五月三十一日 火曜日 「because」の後が続きません。Tuesday, May 31st, 2011 I do not follow after "because".

二〇一一年五月三十一日 火曜日 「because」の後が続きません。

 晴れ。

 英語の時間は、つぎのような質問と答えのやりとりでした。
 
  Are you afraid of ...?
  Yes , a lot , because ... ./  Yes, a little , because ... ./  Not, at all, because ... .

  What do you think of him/her?
  I think he's /she's ...,because ... .

 この because から後の答えがなかなか出てきません。
  苦戦しました。

 夜は、卒論のための勉強を四時間やりました。

Tuesday, May 31st, 2011 I do not follow after "because".

Fine.

By today's English class, we exchanged answers with the following question.
 
Are you afraid of ...?
Yes , a lot, because ... ./ Yes , a little , because ... ./ Not , at all、because ... .

What do you think of him/her?
I think he's /she's ...,because ... .

A later answer of this because does not readily come out to me.
I had a hard fight.
I studied for a graduation theses at night for four hours.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »