« 陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く 【8】 若草町一四の一九二八年の「陣地編成記念」の石碑 【写真一枚】 | トップページ | 陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く 【10】 若草町の正和タクシー左手の「軍馬鳳龍之墓」 【写真一枚】 »

2011.05.05

陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く 【9】 兵営の築山にあった軍人勅諭拝受五十年記念の石碑 【写真一枚】

Photo_6

 写真は、同連隊の正門近くに築山にあった「陸海軍軍人に賜(たま)はりたる勅諭(ちょくゆ)」(「軍人勅諭」)拝受五十年記念した石碑です。一九三二年一月四日建立)。いまは、朝倉丁(あさくらてい)の陸軍墓地の中に移されています。
 この勅諭は、明治天皇が、一八八二年一月四日に陸海軍の軍人に下賜(かし)したものです。そのうちの以下の五カ条を刻んでいます。

一 軍人は忠節を尽すを本分とすへし
一 軍人は礼儀を正くすへし
一 軍人は武勇を尚(たふと)ふへし
一 軍人は信義を重んすへし
一 軍人は質素を旨とすへし

 「歩兵第四十四連隊長秦雅尚謹書」となっています。
 秦雅尚さんの略歴はつぎのとおりです(データは、フリー百科事典『ウィキペディア)』)。
 山口県出身。一九〇七年五月、陸軍士官学校(十九期)を卒業し、同年十二月、歩兵少尉に任官。
 一四年十一月、陸軍大学校(二十六期)を卒業し、陸軍歩兵学校に配属されました。
 二八三月、歩兵学校教官となり、三〇年八月、歩兵大佐に昇進しました。
 三一年八月、歩兵第四十四連隊長に就任。
 三三年十二月、第六師団参謀長に転じました。
 三五年三月、陸軍少将に進級し歩兵第七旅団長に就任。
 三六年三月、近衛歩兵第二旅団長に転じました。
 三七年三月、台湾軍参謀長となりました。
 同年十二月から三八年二月まで第五軍参謀長を兼務した。
 三八年三月、陸軍中将に進み独立混成第五旅団長に就任。
 三九年一月、留守第十師団長に就任し、同年十二月に待命、そして予備役編入となりました。
 四二年八月に召集され陸軍司政長官となり、四三年二月まで在任。
 この石碑の建立を、一九三二年一月四日とのべましたが、翌月二月二十八日、同連隊は、兵営を出発して中国に向かいます(三月三十一日、兵舎に帰還)。高知の青年男女が、この時の出兵に反対して八回も反戦ビラを配布しています。

|

« 陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く 【8】 若草町一四の一九二八年の「陣地編成記念」の石碑 【写真一枚】 | トップページ | 陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く 【10】 若草町の正和タクシー左手の「軍馬鳳龍之墓」 【写真一枚】 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/51580623

この記事へのトラックバック一覧です: 陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く 【9】 兵営の築山にあった軍人勅諭拝受五十年記念の石碑 【写真一枚】:

« 陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く 【8】 若草町一四の一九二八年の「陣地編成記念」の石碑 【写真一枚】 | トップページ | 陸軍歩兵第四十四連隊の遺跡を歩く 【10】 若草町の正和タクシー左手の「軍馬鳳龍之墓」 【写真一枚】 »