« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011.06.02

英語で日記 二〇一一年六月一日 水曜日 今治市の伯方(はかた)という所。Wednesday, June 1st, 2011 The place called Hakata in Imabari city.

二〇一一年六月一日 水曜日 今治市の伯方(はかた)という所。

 晴れ。

  夜八時から今治市に向かいました。

 二日午後一時に同市伯方(はかた)で、YAさんにインタビューすることになりました。

 大学の五時間目の授業が終わった後、伯方のことを調べました。

 そこは、島でした。

 「一日朝に志度を出発するのでは、間に合わないかも知れないな」

 今治駅前のホテルに電話しました。

 「シングルの部屋をお願いします。午前零時には着きますから」

 結局、午後十一時にホテルに到着しました。

Wednesday, June 1st, 2011 The place called Hakata in Imabari city.

Fine.

I went to Imabari city from 8:00 p.m.

I will interview Mr.YA in Imabari city Hakata at 1:00 p.m. on 2nd.

After the fifth period of our university was over, I looked over Hakata.

There was an island.

" I may not be able to be on time if  I leave Shido city in the morning on 1st

I called a front desk clerk in a hotel in front of Imabari Station.

"Will you reserve a single room. I will arrive at 0:00 a.m."

I arrived at the hotel at 11:00 p.m. after all.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年六月二日 木曜日 高知市の針木の鷹の巣とJRあぞの駅の北の横穴壕。Thursday, June 2nd, 2011 Trenches in Kochi city Takanosu and Azono.

二〇一一年六月二日 木曜日 高知市の鷹の巣と薊野(あぞの)の横穴壕。

 晴れ。

 今治市伯方(はかた)で、午後一時にYAさんと会いました。

 YAさんの自宅で、三時間、本土決戦期の高知県に出征していたころの話を聞かせていただきました。

 YAさんたちは、二カ所で横穴壕を掘ったといいます。

 一つは、いまの高知市針木の鷹の巣です。

 これは物資を入れる壕でした。

 もう一つは、高知市の薊野です。

 これは、兵隊が居住するための壕でした。

 後者については、YAさんたちは、終戦後の写真を持っていました。

 それは、戦友たちと一緒に、この壕から出た土を盛った上で撮ったものでした。

 YAさんは、これらの壕の位置がわかる地図を描いてくれました。

Thursday, June 2nd, 2011 Trenches in Kochi city Takanosu and Azono.

Fine.

I met Mr.YA in Imabari city Hakata at 1:00 p.m.

I interviewed to him at his home for three hours.

He went to the front of Kochi at the time of mainland decisive battle preparations.

He dug trenches in two places.

One was in Kochi city Takanosu.

The trenches were to put supplies in.

Another one was in Kochi city Azono.

The trenches were for soldier to live.

About the latter, Mr.YA had a postwar photos.

In the photos, there were soldiers on piled soil which came out of the trenches.

He drew maps for me the position of these trenches.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.06.03

【短歌集】 六月二日夕の各駅列車で。

三時間 「本土決戦」 聞き取って 伊予の小島に 別れを告げる

針木やら あぞ野の壕(ごう)を 見つけたい 思いめぐらす 帰りの列車

何席も 空いているのに 立っている 夕の列車の 生徒の群れは

どっかりと 列車の床に 座り込み メールしている 制服の娘(こ)

立ったまま 常用漢字の ワークする 電車の中の 眼鏡の男子

八人の 黒いスカート 乗り込んで 輪をつくってる じゃれあっている

「さよなら」を ケータイ振って 示してる 最近の子は そんな流儀か

生徒らが いっせいに降り 静寂を 運んでいるよ 夜の各停

ハングルの 書き取りにあき ガタゴトの ゆりかごのなか 短歌詠んでる

「不信任」 どうなったのか? ケータイの 電池が切れて ニュースが見れない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.04

英語で日記 二〇一一年六月三日 金曜日 老人老いまろび学(がく)なりがたし。Friday, June 3rd, 2011 As for me, study does not advance as expected probably because my head grows old.

二〇一一年六月三日 金曜日 老人老いまろび学(がく)なりがたし。

 晴れ。

 このところ、列車やバスのなかでハングルの書き取りをやっています。

 でも、何時になったら書けるようになるのでしょうか。

 老人老い深く、学(がく)なりがたし。

 

 今夜は高知市にいます。

Friday, June 3rd, 2011 As for me, study does not advance as expected probably because my head grows old.

Fine.

I write down Hangul Alphabet in a train and a bus recently.

But, what time will I am able to write Hangul Alphabet?

As for me, study does not advance as expected probably because my head grows old.

I am in Kochi city tonight.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年六月四日 土曜日 薊野(あぞの)の戦争壕はどこに?Saturday, June 4th, 2011 Where is trenches in Azono?

二〇一一年六月四日 土曜日 薊野(あぞの)の戦争壕はどこに?

 晴れ。

 私は、午前中から高知市薊野(あぞの)の戦争壕跡を探しに行きました。

 しかし、私は、それを見つけることはできませんでした。

 午後、私は、YEさんに、一九二九年の高知市中央部の住宅地図を見せていただきました。

 そして、私は、高知短期大学学友会の総会と高知短期大学経済学クラブの勉強会に参加しました。

 私は、夜中に『高知の戦争 証言と調査』十三号の校正をしました。

Saturday, June 4th, 2011 Where is trenches in Azono?

Fine.

I went to Kochi city Azono  to look for war trenches  from the morning.

However, I was not able to find trenches.

I had Mr.YE show house maps in Kochi city central part in 1929 in the afternoon.

I participated in general meeting of the Kochi junior college student's union

The general meeting has the present students, almuni, teachers and retired teachers.

And,I participated  study session of  economics club of the same college.

I  proofreaded  "war testimony and investigation of Kochi"13th at midnight.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.05

英語で日記 二〇一一年六月五日 日曜日 高知市の鷹の巣と薊野(あぞの)の山を歩きました。Sunday, June 5th, 2011 We walked Takanosu and Azono.

二〇一一年六月五日 日曜日 鷹の巣、薊野(あぞの)を歩きました。

 雨。

 午前中から鷹の巣と薊野の戦争壕を探しに行きました。

 相棒は、I青年さん、福井康人さん(看護師)です。

 山を歩いて、計五つの戦争壕を見つけました。

 この行動で、私は、福井康人さんが、卓越したリサーチャーだということを再発見しました。

Sunday, June 5th, 2011 We walked Takanosu and Azono.

Rain.

We went Takanosu and Azouno  to look for war trenches from the morning.

The fellow were young man I , Mr. Fukui Yasuto (nurse).

We walked two mountains and found five war trenches in total.

By this action, I rediscovered that Mr. Fukui Yasuto is a prominent researcher.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ニュース】 高知市の針木の鷹の巣と薊野(あぞの)に戦争壕が計五つありました。

Photo

Photo_2

 六月五日午前中から、今治市在住の元陸軍第十一師団輜重(しちょう)十一連隊軍曹のYAさんが描いてくれた地図を持って高知市の針木の鷹の巣と薊野(あぞの)の戦争壕を探しに行きました。
 高知市針木の青年・Iさん、看護師の福井康人さんと一緒でした。
 Iさんが、YAさんが描いた鷹の巣の地図を見て、「川のそばの三つの壕のある所は、ここですね」。
 彼が連れて行ってくれたのは、彼が通っていた高知市針木保育園の近くでした。
 その南の山に登った福井さんが「銃座の壕がありました」と携帯電話で連絡してくれました。
 Iさんと行きました。
 直径数メートルの円形に掘り下げ、周りを盛り上げ、一方だけ数十メートル空いている構造物です。
 私も高知の山中で同じ物を二回見たことがあります。
 私とIさんは、山道にマムシのようなヘビがとぐろを巻いているのを見つけて、「ヘビが怖いから後退するよ」。
 ずんずん登って行く福井さん。
 また電話が来ました。
 「横穴壕がつぶれたものが二つあります」
 私も、彼のいる下のほうで、数メートルの横穴壕が半ばつぶれたものを見つけました。
 つぎは薊野です。
 前日、三時間も走り回って輜重十一連隊大隊本部の宿営地だったと思われる所(特別養護老人ホームあざみの里のあたり)を見つけてありました。しかし、迷いに迷ってしまいました。
 ついに、そこに到達。
 「居住壕が二つあった所は、少し地図と位置関係が違うけど、この左の入りこんだ所だと思うんだけど…」
 そういうと、地図を見ていた福井さんは「この地図で見るともっと北です。そこを左に折れましょう」。
 行ってみると、それらしい場所がありました。
 山側を歩きました。
 しばらくすると福井さんから携帯電話。
 「ありました。つぶれていますが」
 行ってみると、まぎれもなく戦争壕です。
 入口の所の爆風避けの土盛が崩れて入口をふさいでいました。
 もう一つ壕の出入口があるはずですが、今回は見つけられませんでした。
 もう一対の壕は、戦後、道路がつくられ削りとられているようです。

 (地図は、YAさんが描いてくれたものをトレースしたものです。上図の「井」の所は壕があった所です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【花】 高知丸の内高校の正門の近くの道路ばたのキンシバイの花。

Photo_3

 六月四日午後、高知市の県立高知丸の内高校の正門の近くの道路ばたに、濃い黄色の五弁の花がたくさんが咲き誇っています。
 これに気がついたのは三年前でした。
 「もう終わりかな」と思っていましたが、梅雨になって、また花が咲きました。
 一緒にいた年配の女性二人に花の名前を聞きましたが「知らない」とのことでした。
 ネットサーフィンして、やっと思い出しました。
 キンシバイ(金糸梅)です。
濃い黄色で、五弁の花を次から次に咲かせる。ビヨウヤナギのようにオシベは長くない。近縁種にセイヨウキンシバイ(西洋キンシバイ)がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【花】 クリの花って、どんなのでしょうか?

 

Photo_4

  六月五日。

 わが庭の二本の木に変わった花が咲いていました。
 弟に聞くと「それは、クリの花よえ」。
 とぼけた話ですが、初めて知りました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【花】 テッポウユリの涙。

Photo_5

 六月五日。

 わが家の玄関のテッポウユリです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.06

あるネコが、いろいろ毛並みの違う子どもを生むことがありますね。どうしてでしょうか。

 あるネコが、いろいろ毛並みの違う子どもを生むことがありますね。

 昨夜、ある人と「なぜだろう」と話しました。

 私は、同じ時期にいろいろなオスと交わって、いろいろなオスの子を妊娠するのだろう、といいました。

 相手は「そんなことはあるはずがない」といいました。

 きょう、インターネットを見たら、私のいったようなことを

 同期複妊娠

 というそうです。

 人間にも、そんなことがあると書いてあるサイトもありますが……。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.06.07

英語で日記 二〇一一年六月六日 月曜日 風邪でダウンしました。Monday, June 6th, 2011 I was downed for a cold.

二〇一一年六月六日 月曜日 風邪でダウンしました。

 晴。

 午前八時ころに起きて、食事をし、風呂に入りました。

 しかし、ふらふらしています。私は、風邪をひいたようです。

 で、もう一度寝ました。

 起きたのは午後二時半でした。

 測量学の授業を休んでしまいました。

 『高知の戦争 証言と調査』十四号の原稿を一本書きました。

 さぬき市の私のアパートに帰り着きました。そして、パソコンでてメールを送ろうとしましたが不通になっていました。インターネットも不通でした。

Monday, June 6th, 2011 I was downed for a cold.

Fine.

I was up at about 8:00 a.m. and ate and took a bath.

However, I keep changing my mind. I seemed to catch cold.

Well, I slept once again.

It was half past 2 p.m. when I got up.

I was absent from a class of surveying.

I wrote one manuscript of "war testimony and investigationof Kochi" 14 th.

I came back my apartment in Sanuki city.

And I was going to send an email, but a PC became cut off. The Internet was suspended, too.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.09

英語で日記 二〇一一年六月七日 火曜日 メール、インターネットが直りました。Tuesday, June 7th, 2011 Email and Internet were recovered.

二〇一一年六月七日 火曜日 メール、インターネットが直りました。

 雨。

 メール、インターネットが不通のままです。

 業者に「直してほしい」と、電話しました。

 夜、大学の授業を終えてアパートに帰ったらメール、インターネットが直っていました。

 業者に問い合わせたら、業者は「不具合があり、装置を再起動しました」と答えました。

Tuesday, June 7th, 2011 Email and Internet were recovered.

Rain.

My email and Internet remain suspended.

"I wanted you to repair"

I talked to a manufacturer on the telephone.

My email and my Internet were recovered at night when I came back to my apartment.

When I asked the manufacturer,He answered it, "It was defective, and the supplier rebooted a device".

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年六月八日 水曜日 映画「Who drives me crazy?」。Wednesday, June 8th, 2011 Movie "Who drives me crazy?."

二〇一一年六月八日 水曜日 映画「Who drives me crazy?」。

 雲り。

 DVDで映画を二本見ました。

 アニメの「ピアノの森」と韓国映画「Who drives me crazy?」です。

 前者は、子どもたちの心の葛藤も描いた傑作です。

 後者は、背景に韓国の徴兵制のことも描かれていて、それなりに面白い作品でした。

Wednesday, June 8th, 2011 Movie "Who drives me crazy?."

Cloudy.

I watched two movies with DVD.

They are animated film "Forest of the piano" and Korean movie "Who drives me crazy?".

In the former ,an emotional conflict of children was described, too.

This is interesting.

The latter was drawn about the thing of the Korean draft in the background.

It was a funny movie, okay 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年六月九日 木曜日 ハングルの書き取り。Thursday, June 9th, 2011 Dictation of Hangul Alphabet.

二〇一一年六月九日 木曜日 ハングルの書き取り。

 雲り。

 リポートの資料を得るために高松市役所に行きました。
 ハングルの書き取りの勉強をしました。
 夜、食事会に参加しました。

Thursday, June 9th, 2011 Dictation of Hangul Alphabet.

Cloudy.

I went to Takamatsu city government office to obtain a document for report to write from now on.
I studied a dictation of Hangul Alphabet.
I participated in a dinner party at night.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短歌】 悲しき口笛。

 ハングルの 神様いるなら 降りてきて 書きとりいまだ 「はい」、「いいえ」だけ

 志度の浜 すっかり工場に 乗っ取られ よどんだ感じ なんとかしたいね

 悪臭の している海で ポンポンと 飛んでる魚(うお)に 見ほれているよ

 うちそろい 海水浴の できる海 手渡したいね 孫やひ孫に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.13

「水」を訪ねて 大津市、京都市、八幡市、京田辺市 【一】 琵琶湖の位置。

Photo_2

http://maps.google.co.jp/

 六月十一日、十二日にリーダーのもと、計十人で京都府、滋賀県の「水」の現場を訪ねました。
 そのなかで、私が気づいたことを報告します。
 まず関西の「水」を考えるうえで、琵琶湖(びわこ)が大きな位置をしめるということです。
 琵琶湖は、滋賀県の面積の六分の一を占めます。
 湖を取り囲む山地からの流れが源流です。
 流れ出る川は、瀬田川だけです。
 この川は、宇治川、淀川と名前を変えて、大阪湾(瀬戸内海)へいたります。
 この水は、湖水は淀川流域の上水道として利用されています。
 琵琶湖疏水がつくられ、ここから京都市が取水しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「水」を訪ねて 大津市、京都市、八幡市、京田辺市 【二】 瀬田川洗堰(せたがわあらいぜき)。

Photo_3

Photo_4

Photo_5

 上の写真は、滋賀県大津市南郷地先の瀬田川洗堰(せたがわあらいぜき)の近くの看板です。
 琵琶湖から流れ出る唯一の天然河川である瀬田川の水をせき止め、利水および治水に供する目的で運用されています。堰は、国土交通省近畿地方整備局琵琶湖河川事務所により管理されています。
 中の写真には、一九六一年三月に竣工した、いまの瀬田川洗堰や近くに残っている昔の南郷洗堰(一九〇五年三月に完成した)の一部が図示されています。
 下の写真は、昔の堰の一部です。

 まの堰の建設によって琵琶湖の生態系はどうなったのか、洪水はなくなったのかということは、きちんと調べてみたいなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「水」を訪ねて 大津市、京都市、八幡市、京田辺市 【三】 琵琶湖疏水(びわこそすい)の取水口。

Photo_6

Photo_7

 琵琶湖疏水(びわこそすい)は、琵琶湖の湖水を、京都市へ通ずるためにつくられた水路(疏水)であす。
 滋賀県大津市の琵琶湖疏水の第一疏水の取水口(写真上)、第二疏水の取水口(写真下)を見ました。
 第一疏水は、一八九〇年に完成しました。第二疏水は、一九一二年に完成しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「水」を訪ねて 大津市、京都市、八幡市、京田辺市 【四】 琵琶湖疏水(びわこそすい)は水運にも用いられました。

Photo_8

Photo_9

 琵琶湖疏水は、水運にも用いられました。
 琵琶湖と京都、京都と伏見・宇治川を結びました。
 落差の大きい蹴上(けあげ)と伏見にはケーブルカーと同じ原理のインクラインが設置され、船を線路上の台車に載せて移動させました。
 水運の消滅にともないインクラインはいずれも廃止されましたが、蹴上では一部の設備が静態保存されています(写真)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「水」を訪ねて 大津市、京都市、八幡市、京田辺市 【五】 琵琶湖疏水(びわこそすい)は発電にも用いられています。

 京都市の蹴上(けあげ)には、琵琶湖疏水の水を利用した水力発電所があります。
 写真は、その設備の一部です。
 関西電力所有の無人発電所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「水」を訪ねて 大津市、京都市、八幡市、京田辺市 【五】 琵琶湖疏水(びわこそすい)は発電にも用いられています。

 京都市の蹴上(けあげ)には、琵琶湖疏水の水を利用した水力発電所があります。
 写真は、その設備の一部です。
 関西電力所有の無人発電所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「水」を訪ねて 大津市、京都市、八幡市、京田辺市 【五】 琵琶湖疏水(びわこそすい)は発電にも用いられています。

Photo_13

Photo_14

 京都市の蹴上(けあげ)には、琵琶湖疏水の水を利用した水力発電所があります。
 写真は、その設備の一部です。
 関西電力所有の無人発電所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「水」を訪ねて 大津市、京都市、八幡市、京田辺市 【六】 琵琶湖疏水(びわこそすい)が流れる京都市の南禅寺境内。

Photo_15

Photo_16

 京都市の水力発電所近くの琵琶湖疏水をたどって行くと南禅寺境内にいたります。
 写真上は、南禅寺手前の琵琶湖疏水の流れ。
 写真下は、南禅寺境内の琵琶湖疏水。ここでは、このレンガづくりの構造物の上を疏水が流れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.14

「水」を訪ねて 大津市、京都市、八幡市、京田辺市 【七】 松尾大社の境内の用水の水は桂川から。

Photo

Photo_2

 京都市の嵐山西一川公園(やらしやまにしいちかわこうえん)の近くに桂川からの水を取り入れる一ノ井、二ノ井の取り入れ口があります。
 一ノ井の取り入れ口は向こう側です。
 一ノ井の水は、京都市西京区嵐山宮町三の松尾大社の境内の用水にも流れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「水」を訪ねて 大津市、京都市、八幡市、京田辺市 【八】 京都市の民家に書かれた「水」の字。

Photo_3

Photo_4

 京都市西京区嵐山宮町の松尾大社の近くの民家に「水」の字が書かれてありました。
 同市の鳥居本の民家にも「水」の字。

 どんな意味があるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「水」を訪ねて 大津市、京都市、八幡市、京田辺市 【九】  京都市の賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)の湧水。

 

Photo_6

Photo_7

  京都市左京区下鴨泉川町五九の賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ。下鴨神社)です。
 境内に湧水があり、それが境内の用水の水源になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「水」を訪ねて 大津市、京都市、八幡市、京田辺市 【十】 用水に囲まれた京都市の賀茂別雷神社(かもわけいかずちじんじゃ)の本殿。

Photo_5

 京都市北区上賀茂本山三三九の賀茂別雷神社(かもわけいかずちじんじゃ。上賀茂神社)です。
 ここの本殿は用水にかこまれています。
 用水には、近くの神山(こうやま)の湧水を使っています。 
 用水は、門前にも続きます。
 この水は鴨川に流れ込んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「水」を訪ねて 大津市、京都市、八幡市、京田辺市 【十一】 八幡市の流れ橋を渡りました。

Photo_8

Photo_10

 京都府八幡市の上津屋橋(こうづやばし)を渡ってみました。
 京都府久世郡久御山町と八幡市を結ぶ木津川に架けられた木橋で、川が増水すると橋桁(はしげた)が流される流れ橋(ながればし)です。
 橋長(全長)三五六.五メートル、幅三.三メートルです。
 歩行者と自転車の専用橋です。
 橋桁が流失してしまうと利用者は約五百メートル下流側にある第二京阪道路一般部の新木津川大橋などへ迂回することになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「水」を訪ねて 大津市、京都市、八幡市、京田辺市 【十二】 京都府京田辺市の天井川。

 

Photo_11

  京都府京田辺市の府道22号線の上を天井川が流れています。
 写真は、棚倉孫(たなくらひこ)神社の参道から撮ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【写真】 京都市嵐山の「日中不再戦」の碑。

Photo_12

Photo_13

 六月十一日、京都市の嵐山を歩いていて、この「日中不再戦」の碑に出合いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市の「音の会」の「住吉丸」遭難の調査ツアー その一 「僕も参加したい」。

 六月十二日夜、高知市の「妻の家」に帰りました。

 話していたら、妻は、翌朝から女性たちの朗読サークル「音の会」のタクシーツアーに参加するということでした。

 妻も入っている「音の会」は、「住吉丸」の遭難を朗読劇にしようとしているのです。そのための調査だといいます。

 こんな出来事だったそうです。

 ・ 一九四五年八月二日、鳴門海峡を航行していた「住吉丸」は瀬戸内海で貨物を運搬する焼玉エンジンの機帆船でした。船長・浜田為三郎(四十一歳)、機関長・菅輝正(十八歳)が運転していました。

 ・ その日、「住吉丸」の船倉には宝塚海軍航空隊所属の第十六期予科練習生百余人が立ち姿勢のまま詰め込まれていました。

 ・ 無線機のない「住吉丸」は、警戒警報が空襲警報に変わったことを知らぬまま鳴門海峡を航行していました。アメリカ軍機の機銃掃射と空中で炸裂する爆弾の破片が浴びせかけられました。

 ・ 海に飛び込んで逃れた少年たちを救おうとする漁船もいました。海面に五、六個の黒いものが漂っているのを発見しました。少年たとのイガ栗頭でした。ほとんど正気を失っていて、引き揚げることができません。そのまま沈んでしまうものもいました。浜に流れ着いたものもいました。ほとんど裸にちかい状態で、浜に総出の女たちが、冷え切った少年を抱えて温めました。

 ・ 焼けただれ漂流していた「住吉丸」は救助に来た船に曳航され淡路島の阿那賀村(いまは、南あわじ市)に係留されます。

 ・ 日暮れどきになってようやく船内遺体の収容命令が出ました。膝まで没する血潮と重油と海水の溜ったなかに兵隊たちが折り重なっていました。遺体は一体一体、春日神社脇の浜にあげられると戸板に乗せて春日寺まで運ばれました。

 ・ 宝塚海軍航空隊の隊長・杉本静大尉以下百八人のうち八十人、船長の浜田為三郎さんと機関長・菅輝正さんが亡くなりました。

 実は、僕は、翌日は大事な用事があったので、高知に帰って来たのです。

 しかし、妻の話を聞いて「うーん。僕も一緒に行きたい」。

 乗るのは、よさこいタクシーの九人乗りの車。参加者は六人だといいます。

 明朝、妻より早く起きて「僕も行きたい。責任者に、いいかどうか連絡して」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市の「音の会」の「住吉丸」遭難の調査ツアー その二 鳴門市の島田島にある「住吉丸」の碑とモニュメント。

Photo_19

 六月十三日朝、女性たちの朗読サークル「音の会」の六人のタクシーツアーは高知市を出発しました。
 最初に行ったのは徳島県の鳴門市教育委員会。
 職員二人が、鳴門市の島田島にある「住吉丸」の碑に案内してくれました。


 「予科練習生救助顕彰碑」がありました。

 大東亜戦争(太平洋戦争)の終結を目前に控えた昭和20年8月2日、宝塚海軍航空隊甲種飛行予科練習生ら109名は、杉本海軍大尉指揮の下に鳴門要塞増強工事の任務を帯び、鳴門市撫養港を木造機帆船住吉丸で出港し、鳴門海峡を淡路島阿那賀港に向かっていた。
 正午過ぎ、鳴門市島田島の沖合2キロに差しかかった時、米軍機2機の空襲を受け、船体は大破、忽ちにして56名が戦死、生存者は鳴門海峡に飛込み、急流に翻弄されながら漂流した。(10名は、船に残留)
 これを知った鳴門市粟田・北泊・大島田及び室の地元民が敵機の飛交う海上を漁船で出動し、必死の救助の結果17名を救出したが、他の26名は若い生命を失い、計82名の戦死者がでた。
 当時、我が国は軍機保護の立場から厳しい報道管制下にあり、この悲惨な出来事は長年埋没されて来た。
 近年、この史実が明らかとなり、人心がすさみがちになる戦時下において、我が身の危険も顧みず、決死の覚悟で多くの生命を救った人間愛は、世の人々に深い感銘を与えた。
 ここに、世界の恒久平和を祈念すると共に、、慈愛に満ちた勇気ある鳴門市民の行為を後世に長く顕彰する。

      平成3年12月吉日     顕彰碑建立実行委員会

 その右手にモニュメントがありました。
 木製で縦約一・五メートル、横約一メートル。少年兵を地元の漁師が救う様子を描いた絵と、映画監督の新藤兼人さんが揮毫(きごう)したタイトルの「慟哭(どうこく)の海」の金属板がはめ込まれていました。

 【参考】

 http://www3.ocn.ne.jp/~simon007/essay/20090712.html

 母の「悔恨の海」

 母(桂敏子・旧姓吉成)が十三歳、昭和二十年八月二日の昼前のことである。(中略)
 四月に生まれた妹が泣きやまないので母は母(私の祖母)を呼びに出た。祖母の吉成好美(故人)は田んぼで草取りをしていた。
 鳴門市島田島、海岸からは淡路島が間近に見える、小さな島の一番奥に母の生家はある。
 外に出た母の耳に、海の方からバリバリッという音が聞こえ、米軍機が二機、左右に分かれて飛び去った。祖母が撃たれた、と思った母はあわてて走る。すると祖母は田んぼで手を振って、海を見に行けと合図していた。
 海岸に出ると炎上する船、その手前にはスイカがたくさん浮いていた。貨物船でもやられたのかと思ったが、浮き沈みするスイカから『助けてくれ』と叫び声が。鳴門海峡の潮流である。ちょうど満ち潮が終わりかけていたときで、流れはゆるやかになっていたが、負傷もしているのだろう、必死になって泳いでも海岸には近づいてこない。それでも二人ほどは自力で泳ぎ着いて、救助を求めた。
 母は振り返って再び家に向かって走った。家にはちょうど母の兄の茂(当時十七歳)がいて、歩み板(港で船に乗り降りするために渡す板)を持って飛び出した。そして無謀にもその板だけで海に飛び込んだ。
 潮流はすでに引き潮に変わり始めていた。しかも板には数人がしがみついていて自由がきかず、救助どころか共に遭難しかねない。
 その間、祖母は近所の人たちを呼びに行っており、島田と室(むろ)から小さな手こぎの舟が数隻出された。
 母が舟の櫓を取りに行くとき、島田島の対岸にある北泊(きたどまり)から疎開していた医師の吉田畫一先生(故人)と出会った。事情を話すと先生は海岸に駆けつけ、皆に指示して救助や応急処置をした。また薬を取りに、約4キロの道のりを自転車をとばし、渡し船に乗って北泊へ帰ると、そこからも救助船を手配してくれた。
 北泊からは漁業組合の大きな船が出て、炎上する船の消火にあたり、最後には淡路島に曳航したが、残念ながらほとんどの人が亡くなった。
 救助されたのが兵隊であることがわかり、徳島の連隊から休暇で帰っていた南**さんが、島で唯一、島田小学校[引用者注・島田国民学校か]にあった電話で連隊に連絡。さっそく隊から人が来たが、すぐには連れて帰れないとのことで、島の人たちは集会所で、食事や風呂、衣服の準備をした。
 まさに夕食が始まろうというときに、再び徳島の隊から、救出された兵隊たちを移動すると言ってきた。島の人たちは、せっかく用意した食事だからと、おにぎりや弁当にして持たせたが、軍事機密から、彼らがどうなったのか知らされることはなかった。
 ただ島の常会長(町内会長のようなもの)の元に、淡路の隊からはがきが一枚届き、そこには今回の事件のことは一切秘密にするようにとだけ書かれていた。
 母も、後に不思議な縁と出会いがあるまで、気にかかりながらも、その後のことを知るすべもないまま時日は過ぎていった。
 その後彼らは、重傷者は手術のために淡路や松茂の航空隊に、軽傷者は鳴門市中山にあった臨時病院のような施設に収容された。
 攻撃を受けたのは、宝塚の予科練生ら一〇九名を淡路島の阿那賀港へ輸送していた住吉丸であったが、米軍機の本当の任務は『広島』の偵察で、原爆投下は当初、八月四日の予定であった、と毎日新聞記者であった義理の叔父深田重蔵(故人)に、母は戦後まもなく聞かされた。
 (後略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市の「音の会」の「住吉丸」遭難の調査ツアー その三 鳴門市の島田島の延本恭男(のべもと・やすお)さん(八十一歳)へのインタビュー。

Photo_17

Photo_18

 六月十三日午前、徳島県の島田島にある「住吉丸」の碑を見学した「音の会」の女性たち。
 六人の女性たちは、たまたま碑の近くにいた男性にインタビューしはじめました。
 近くに住む延本恭男(のべもと・やすお)さん(八十一歳)です。
 延本さんは、この遭難を目撃したといいます。
 当時の様子をつぎからつぎへ質問する女性たち。
 その熱心さを見て、私が新聞社の編集長だったら、全員を記者に採用したいと思ったほど
です。

 その後、この遭難を紙芝居や朗読劇で伝えてきた島田小学校を見学した(同小学校は現在、休校中)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市の「音の会」の「住吉丸」遭難の調査ツアー その四 兵庫県淡路島の南あわじ市の八十二人の墓。 

Photo_15

Photo_16

 六月十三日、「音の会」のタクシーツアーは、兵庫県淡路島の南あわじ市に向かいました。
 最初の目的地は、春日寺です。
 ここには、「住吉丸」の遭難で亡くなった人たちの位牌がまつられていました。
 住職に教えていただいて、亡くなった人たちの墓地に向かいました。
 途中、水産業の奥野邦二(おくの・くにじ)さん宅に寄り、案内をお願いしました。
 奥野さんは仕事中でしたが快く案内を引き受けてくれました。
 タクシーで数分の墓地には、亡くなった八十二人全員の名前、出身地、年齢などが刻みこまれた墓がありました。
 「十四歳」の少年もいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.15

英語で日記 二〇一一年六月十日 金曜日 小春さんの再婚相手。Friday, June 10th, 2011 Koharu's remarriage partner.

二〇一一年六月十日 金曜日 小春さんの再婚相手。

 雨。

 大学の四時間目の授業が終わってから高松駅前からの高速バスで大阪市に向かいました。

 梅田近くのホテルで泊りました。

 部屋のテレビで映画「おとうと」を見ました。

 小春さんの再婚相手が優しい人でよかった。

 やっぱり人間って人柄ですよね。

Friday, June 10th, 2011 Koharu's remarriage partner.

Rain.

I went to Osaka city by express bus from Takamatsu Station since the fourth period of our university was over.

I stayed in a hotel close to Umeda.

I watched a movie "Otouto (younger brother)" on TV in my room.

I  thought Koharu's  remarriage partner is tender people.

That it is really nice

I think that it is good personality to be important for a human being.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年六月十一日 土曜日 地理学の研修旅行。Saturday, June 11th, 2011 Geographical training trip.

二〇一一年六月十一日 土曜日 地理学の研修旅行。

 雨、晴れ。

 地理学の京都、滋賀の研修旅行に参加しました。

 
Saturday, June 11th, 2011 Geographical training trip.

Rain, fine.

I participated in geographical training trip in Kyoto and Shiga.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年六月十二日 日曜日 大阪市から高知市へ。Sunday, June 12th, 2011 From Osaka city to Kochi city.

二〇一一年六月十二日 日曜日 大阪市から高知市へ。

 雨。

 午後、研修旅行が終わって大阪市の梅田から高知市に行きました。

Sunday, June 12th, 2011 From Osaka city to Kochi city.

Rain.

A training trip was over.

I went to Kochi city in the afternoon from  Osaka city  Umeda.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年六月十三日 月曜日 徳島県鳴門市、兵庫県淡路島へ。Monday, June 13th, 2011 To Tokushima Naruto city , Hyogo Awajishima.

二〇一一年六月十三日 月曜日 徳島県鳴門市、兵庫県淡路島へ。

 雨。

 女性たち六人のツアーに便乗して朝から徳島県鳴門市、兵庫県の淡路島へ行きました。

 午後、徳島駅で一行と別れて、さぬき市へ帰って来ました。

Monday, June 13th, 2011 To Tokushima Naruto city , Hyogo Awajishima.

Rain.

I took advantage of a tour of six women and went to Tokushima Naruto city, Hyogo Awajishima from morning .

I parted from the party at Tokushima Station in the afternoon and came back to Sanuki cit

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年六月十四日 火曜日 宝塚海軍航空隊のことについての本。Tuesday, June 14th, 2011 A book about Takarazuka navy flying corps.

二〇一一年六月十四日 火曜日 宝塚海軍航空隊のことについての本。
 
 晴れ。

 宝塚海軍航空隊のことについての本がアパートに届きました。
 一気に読み終えました。

Tuesday, June 14th, 2011 A book about Takarazuka navy flying corps.

Fine.

A book about Takarazuka navy flying corps  was delivered in my apartment.
I have finished reading at a stretch.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【僕の好きな映画】 韓国映画「ラブストーリー(클래식 クルレシッ)」に、また泣きました。

 六月十五日午前、韓国映画「ラブストーリー(클래식 クルレシッ)」を見ました。
 この映画を見るのは数回目ですが、涙がわき出ました。

 二〇〇三年の作品です。
 親たちの実らなかった熱愛。子どもの世代が、その思いを受け継ぎ、それを実現するという物語です。
 女子大生のジュヒ、親たちの決めた彼女の婚約者・テス、テスの友人のジュナ。
 ジュヒとテスの娘・女子大生のジヘ、ジュナの息子・演劇部のサンミン。

 物語は、一九六八年の夏から始まります。パク・チョンヒ大統領の独裁政治、アメリカのベトナム侵略に協力した韓国軍のベトナム派兵、独裁政治への学生の反対運動などがおりこまれています。

 僕たちの青春の時期と重なっています。

 アメリカのベトナム侵略戦争反対の運動に情熱をかたむけました。一学年下の女の子を大好きになりました。「世界で一番美しい女性」でした。抱きしめたいと思いました。結婚したいと思いました。しかし、その思いは、実りませんでした。 

 ソン・イェジン (ジヘ、ジュヒ 二役)
 チョ・スンウ (ジュナ役)
 チョ・インソン (サンミン役)
 イ・ギウ (ユン・テス役)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「お母ァちゃ~ん」の声を残して波間に消えた宝塚海軍航空隊の少年兵たちのこと。

 以下の出来事をまとめています。
 新しい資料が入り次第、補強をしていきたいと思っています。

 大東亜戦争のころの、一九四五年(昭和二十年)のことです。

 【甲飛十六期が宝塚海軍航空隊に入隊】

 六月、海軍甲種飛行予科練習生第十六期が、兵庫県川辺郡小浜村(いまは、宝塚市)の宝塚海軍航空隊に入隊しました。

 (宝塚海軍航空隊=一九四四年八月十五日、兵庫県川辺郡小浜村の宝塚大劇場を接収し、滋賀海軍航空隊宝塚分遣隊発足。第十三期後期(奈良分遣隊入隊)、第十四期前期の一部転入。同年九月一日、卒業生の飛行練習課程凍結。回天要員募集開始。同年十一月二十八日、甲飛第十五期(奈良分遣隊入隊者)転入。四五年三月一日、独立、「宝塚海軍航空隊」開隊。大阪警備府隷下第二十四連合航空隊。甲飛第十五期前期の一部(西宮分遣隊)から転入。同年四月一日、甲飛第十六期入隊。同年六月一日、予科練教育凍結。航空特攻要員は滋賀海軍航空隊へ転出。同年六月三十日、解散。甲飛第十三期の卒業は果たしたものの、その多くは回天搭乗員に振り向けられました。= フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

 (大阪警備府=一九四一年十一月二十日、阪神海軍部(四〇年三月十五日新設、呉鎮守府管下)が大阪警務府に改編されました。警備府は、日本海軍の機関で、所轄警備区の警備や海軍の根拠地として艦隊の後方を統轄しました。鎮守府に準じた役割を担いました。= フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

 【「淡路島派遣ヲ命ズ」】

 「昭和二十年七月二十六日附
 機密阪警命令
 第三三〇号ニ依り淡路島派遣ヲ命ズ」

 この命令で、宝塚海軍航空隊分遣隊(ぶんけんたい)が編成されました。
分隊長は、杉本静大尉。隊員の主力は、宝塚航空隊の甲種飛行予科練習生第十六期約二百人。分遣隊の任務は、西淡町伊毘(いまは、兵庫県南あわじ市阿那賀伊毘)に海軍の砲台を建設することでした。日露戦争のときの砲艦「春日」の大砲を取り外して陸上に砲台を築き、アメリカ軍との「本土決戦」に備えるということでした。
砲台建設予定地は、兵庫県の淡路島の西淡町伊毘で、その陸揚げ港は阿那賀という漁港でした。

 【先発隊がやったこと】

 この分遣隊の先発隊として、宝塚海軍航空隊に在隊していた海軍甲種飛行予科練習生の十数人が、淡路島に向けて出発しました。
先発隊は、分遣隊全員を受け入れる兵舎の設営や宿舎などになる建物の借り上げ交渉をしました。

 【分遣隊の出発】

 七月下旬、杉本大尉を分隊長とする淡路分遣隊の本隊は宝塚を出発して淡路に向かいました。
 宝塚から陸路、岡山から宇野を経て高松へ、高松から徳島県の鳴門の撫養(むや)に到着しました。
 八月二日、分遣隊の本隊は、民間の機帆船(きはんせん。砂利運搬船。船長と機関長)二隻、「住吉丸」と、もう一隻を雇って、撫養から対岸の阿那賀に向けて出航しました。

 (機帆船=外洋航路への無帆装の蒸気船の普及後に、沿岸航路の海運に用い続けられた内燃機関搭載の木造船を指します。瀬戸内海など各地の石炭や雑貨の輸送でかなり重要な地位を占めました。第二次世界大戦期には、多数が日本軍に徴用されて東南アジアなどの占領地での局地輸送に従事し、さらには鉄資源節約になることもあって戦時標準船としてまで建造されました。= フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

 【アメリカ軍機の機銃掃射】

 分遣隊本隊の約半分を載せた「住吉丸」は、兵庫県淡路島の南部、鎧崎(よろいざき)沖でアメリカ軍機・グラマンに攻撃されました。
 グラマンは何回も機銃掃射を浴びせました。
 上甲板のほぼ中央に座していた杉本分隊長が直撃弾を受けてたおれました。
 上甲板を貫いた機銃弾は、船内にぎっしり詰めこまれていた甲飛十六期の少年兵達の頭や腹をつぎつぎと貫いていきました。
 肩を引き裂かれた少年兵は、一度起きあがりましたが、三機目のグラマンに向かって仁王立ちになりましたが、かすれた声で「お母ァちゃ~ん」と叫んで、その場に倒れました。
 三機のグラマンが繰り返す攻撃で、燃料として積んであったドラム缶が射抜かれ爆発を起こして飛び散りました。「住吉丸」は、火の海になりました。
 衣服に火がついた少年兵は、海に飛び込んでいきました。
 「住吉丸」は、炎と煙を吹き上げながら鳴門の潮流に乗って北へ北へと流されていきました。
 「住吉丸」のすぐ近くを丸太ん棒につかまりながら三人の少年兵が軍歌を歌って励まし合いながら漂流していました。しばらくして歌声は絶え、「お母ァちゃ~ん」の声を残して一人が波間に消えていきました。

 【夜通しの遺体収容作業】

 攻撃を受けて期間が止まってしまった「住吉丸」は、潮に乗って阿那賀の港より北の丸山弁天あたりまで流されました。
 水産学校の練習船「春日丸」が通りかかり、「住吉丸」を曳航してくれました。
 阿那賀の岸壁につながれた「住吉丸」からは、負傷者や遺体が運び出されました。
 遺体は、地元の春日寺に安置されました。
 境内に並べて一人ひとり確認する作業があり、遺体の収容は夜通し続けられました。
 この作業中の夜中、もう一隻の機帆船が、あとの百余人を乗せて阿那賀の港に到着しました。
 惨事を知ってただちに遺体収容作業に携わりました。
 ふんどし一つの、全身返り血を浴びながらの作業でした。

 【八十二人がなくなりました】

 遺体の内訳はつぎのとおりです。
 甲種飛行予科練習生第十六期生、七十六人。
 教官、二人。
 教員、二人。
 「住吉丸」船長と機関長、二人。
 合計、八十二人。

 遺体は、鎧崎桜ケ丘に埋葬されました。

 【参考文献】

 ○ 筒井澄(二〇一一年):『師走の朔日(しわすのついたち)』、文芸社。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.06.16

【くるくる料理】 豚肉とハンソイのくるくる。

 半径十数センチの皿に材料を入れます。
 ・ トンカツ用の肉を二切れ。
 ・ ハクサイの軟らかい所を手でちぎったもの。これは、できるだけたくさん。
 この皿を電子レンジに入れて、スイッチオン。
 ハクサイが柔らかくなったらOKです。
 皿を取り出して、醤油につけながら食べます。
 おいしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ニュース】讃岐国分尼寺跡調査 尼坊の礎石列と雨落ち溝を確認と高松市が発表。

Photo

 高松市は五月三十一日、同市国分寺町の史跡・国分尼寺跡の発掘調査で、①等間隔に配置された礎石の列②雨落ち溝を確認したと発表しました。
 ①については、礎石八個と、礎石があったとみられる穴二個が見つかり、南北方向に三・五メートル、東西方向に三・〇メートルの間隔で並んでいました。市によると、他府県の調査では、国分尼寺は金堂、講堂、尼坊が一直線に配置されていて、今回も見つかった礎石列と金堂跡の位置関係や距離などから、礎石列は尼僧が生活していた尼坊跡と推測されるといいます。
 ②の溝は、建物の北限が推定され場所で、そこから創建時の瓦などが出土しました
 以上、四国新聞六月一日付の「尼坊の礎石列 確認 高松市国分寺町 国分尼寺跡調査」をまとめ直しました。
 同市は、六月四日に同所で市民向けの現地説明会を開催しました。
 そのときに配布された「史跡讃岐国分尼寺跡(11次調査) 現地説明会資料」によると確認した礎石列は南北二間(三列)、東西四間(五列)です。

 同寺は、国分寺跡の北東約二キロに位置し、市は国の指定史跡として二〇〇六年度から発掘調査を開始。これまでに本堂に当たる金堂跡(現・法華寺)や講堂跡のものと思われる礎石を確認しています。今回の調査は五月九日から、金堂跡の北約四十メートルにある畑約百五十平方メートルで実施中です。

 図は、「史跡讃岐国分尼寺跡(11次調査) 現地説明会資料」から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年六月十五日 水曜日 宝塚海軍航空隊の隊員たちががアメリカ軍機に襲われた件。Wednesday, June 15th, 2011 The matter that Takarazuka navy flying corps was attacked by U.S.A. military planes.

二〇一一年六月十五日 水曜日 宝塚海軍航空隊の隊員たちががアメリカ軍機に襲われた件。

 

 晴れ。

 韓国映画「ラブストーリー」を見ました。

 涙がわき出ました。

 二〇〇三年の作品です。

 

  宝塚海軍航空隊の隊員たちががアメリカ軍機に襲われた件のことをまとめはじめました。

 このことについて、私は、まだ一冊しか本を読んでいません。

Wednesday, June 15th, 2011 The matter that Takarazuka navy flying corps was attacked by U.S.A. military planes.

Fine.

I watched a Korean movie "love story".

Tears sprang out of my both eyes.

This is a work in 2003.

I have begun to settle the case that members of Takarazuka navy flying corps were attacked by American military planes.

About this ,I have read only one book 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【写真 志度を歩けば】 赤ちゃんツバメたち 志度郵便局で。

Photo

 六月十六日、撮影。

 Photo_3

 六月十七日、撮影。

 十五日、志度郵便局のつばめの巣があることに気づきました。

 ヒナは四羽です。

 四羽が、いっせいに口を大きくあけます。

 親鳥を見つけたのです。

 親鳥に餌をもらってむさぼるヒナたち。

 五分か十分おきに、このシーンが繰り返されます。

 「親ツバメはつかれるだろえな」

 ふいに、そんな思いがよぎりました。

 「ふくいさん」に写真をほめていただいたので、写真を追加しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年六月十六日 木曜日 村上もとかさんの漫画『JIN 仁』、すごい。Thursday, June 16th, 2011 Comics "JIN" of Mr . Murakami Motoka were great work.

二〇一一年六月十六日 木曜日 村上もとかさんの漫画『JIN 仁』、すごい。

 雨。

 村上もとかさんの漫画『JIN 仁』は二十巻あります。

 きのう、きょうと、それを読み続けました。

 すごい作品だと思いました。

 彼の日本の近現代史についての感心します。

 みずからの作品を成功させるために、いろんな人の力を借りる組織力もすごいと思います。

 といっても、私は、まだ、三、四、五、六、十九の各巻を入手していません。

 彼は、一九五一年六月三日の生まれで、僕より年下です。

 作品を読んでいると彼のすごい才能と努力を感じます。

Thursday, June 16th, 2011 Comics "JIN" of Mr . Murakami Motoka were great work.

Rain.

Comics "JIN" of Mr.Murakami Motoka has 20.

I continued reading this comics yesterday  and today .

I thought that they are great work.

I admire his knowledge about Japanese contemporary history and modern history.

He borrowed various power of various people to make this comics.

I think that his such capacity for organization is great.

However, I have not obtained the volume of 3, 4, 5, 6,19.

He was born in June 3, 1951 and he is younger than me.

I read his work and feel his great talent and effort.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.17

【写真 志度を歩けば】 タイサンボクの花。

Photo_2

  六月十七日。

 大学への行き帰りの道の家の庭に咲いている白い大きな花。

 きょうは、その家の奥さんが庭に出ていたので「何という木ですか」と聞いてみました。

 タイサンボクだそうです。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【写真 志度を歩けば】 雨の田んぼのサギ。

Photo_4

 六月十六日。

 雨の田んぼでサギが獲物を狩っています。

 おっ、何やらゲットしたようです。

 それにしても寒いだろうに。

 サギたちの巣梅つゆを防げるようになっているのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【写真】 京都市嵐山の女性の人力車ひきさん。 

 

Photo_5

 六月十一日に京都市嵐山で出会った女性の人力車ひきさんです。

 女性では彼女だけしかいないとのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【写真 志度を歩けば】 喫茶店内のこいのぼり。

 

Photo_6

 五月三日に撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【写真 志度を歩けば】 大学のフジの花。

Photo_7

 五月六日に撮影したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【写真】 大阪市のホテルの部屋の折りづる。

Photo_8

 六月十日夜中、大阪市の、あるホテルに泊まったら、こんな折りづるが置いてありました。

 その直前、ホテルの前で美しい若い女性が「お相手します」と声をかけてくれました。

 「えっ」と思いましたがあわててホテルに入りました。

 ホテルの部屋で、さっきの彼女の人生を考えました。

 つらいだろうなと思いました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短歌】 美術の時間。

 夜時限目 美術の時間 ギリシャの 土偶たち知る わがつくりたいもの

 「ルーブルに ぜひ行きたい」の 思いわく 美術の授業の 彫刻たちよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短歌】 人生って、何だろう? 

 白髪が エッジをつけた パソコンで 仕事している 高速バス停

 客引きの 美女の人生 思ってる 梅田近くの 宿の一室

 妻にとり 「鉄ちゃん」なのか この僕は 「おとうと」を見る 大阪の宿

 サラ金の 広告の横 “過払いの 相談受けます” 世の中まわる

 パソコンに ゲーム機、ケータイ ひたってる 朝の電車の 若者たちは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短歌】 地理学の研修。

 廃校の ホテルに泊まる 研修日 あす一番は 流れ橋見る

 若い男性(こ)も 悩みをかかえ それぞれに 生きているんだ ビール飲んでる

 京、大津 めぐりめぐって 「水」探す わがリーダーの 足の速さよ

 雨上がり 青空見えて 汗じわり 地理学研修 足が勝負か

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短歌】 超忙しい親ツバメのこと。

 いっせいに 口開けるヒナ 四羽いて ツバメの親が 餌を運んでる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年六月十七日 金曜日 ルーブル美術館の彫刻群。Friday, June 17th, 2011 Sculpture group of the Louvre.

二〇一一年六月十七日 金曜日 ルーブル美術館の彫刻群。

 雲、晴れ。

 私たちの大学の美術の時間に、私たちの先生は、私たちに、パリのルーブル美術館が所蔵している彫刻の作品群を紹介しました。

 私は、ルーブル美術館に一週間くらい通ってみたくなりました。

 夜、私は、私のアパートで英作文の勉強をしました。

Friday, June 17th, 2011 Sculpture group of the Louvre.

Cloudy ,fine.

In our university’s art class, our teacher introduced work group of the sculpture which the Louvre of Paris possessed to us.

I want to go to the Louvre for around one week.

I studied English composition at night in my apartment.

 【ルーブル美術館】

 http://www.louvre.fr/llv/commun/home.jsp?bmLocale=ja_JP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.20

英語で日記 二〇一一年六月十八日 土曜日 アジア太平洋中の兵隊の背のう。Saturday, June 18th, 2011 Knapsack of soldier in Asia Pacific War.

二〇一一年六月十八日 土曜日 アジア太平洋戦争中の兵隊の背のう。

 雨。

 午後、二人の仲間と日高村(高知)へ行きました。

 ある民家に行きました。

 そして、その家に住んでいる女性に、ナップサックを見せてもらました。

 それは、アジア太平洋戦争中の兵隊の持ち物でした。

Saturday, June 18th, 2011 Knapsack of soldier in Asia Pacific War.

Rain.

We went to Hidakamura (Kochi) with two friends in the afternoon.

We went to a certain private house.

And the woman who lived in the house showed us a knapsack.

It was a belonging of a soldier in Asia Pacific War.  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年六月十九日 日曜日 父の日のプレゼント。Sunday, June 19th, 2011 Present on Father's Day.

二〇一一年六月十九日 日曜日 父の日のプレゼント。

 雨。

 東京の息子夫婦が、父の日のプレゼントを送ってくれました。
 コイン用の貯金箱、マフラー、ハンカチです。
 ありがとうございました。

 妻と二人で『高知の戦争 証言と調査』十三号の仕上げをしました。

Sunday, June 19th, 2011 Present on Father's Day.

Rain.

My son and his wife live in Tokyo sent me presents on Father's Day.
A savings box for coins, a muffler ,and handkerchief.
Thank you.

I and my wife finished up  'War testimony and survey of Kochi'13th .

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年六月二十日 月曜日 『高知の戦争 証言と調査』十四号の原稿を一本整理。

二〇一一年六月二十日 月曜日 『高知の戦争 証言と調査』十四号の原稿。

 雨。

 『高知の戦争 証言と調査』十四号の原稿を一本整理しました。

 アパートに帰ってから、焼酎にコナツを入れて漬けこみました。

 若い友人から入院するとの知らせがありました。
 回復を祈っていいます。

Monday, June 20th, 2011 One sheet of manuscript of 'War testimony and survey of Kochi'14th.

Rain.

I arranged one sheet of manuscript of  'War testimony and survey of Kochi'14th.

In my apartment, I put konatsus in Shochu to make fruit liquor.
My young friend told me she will be enter a hospital.
I say praying for a recovery of her health.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.21

英語で日記 二〇一一年六月二十一日 火曜日 病気なんか、この世の中からなくなっちゃえ。

二〇一一年六月二十一日 火曜日 病気なんか、この世の中からなくなっちゃえ。

 晴れ。

 私より二十歳ほど若い女性の入院のことが心配で、もんもんとしてます。
 病気なんか、この世の中からなくなっちゃえと痛切に思います。

 三科目の三つのリポートを提出しました。

  暑い。授業中も汗だくです。

 夜、高知市での「平和のための戦争展」に出す二つの展示の案をつくりました。
 
 英作文の勉強をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短歌】 英語教師の励ましの声。

「『それなりに』 よく訳せたわね」 メールでの 英語教師の 励ましの声

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.24

英語で日記 二〇一一年六月二十二日 水曜日 韓国語の先生の通告。Wednesday, June 22nd, 2011 Notification of Korean teacher.

二〇一一年六月二十二日 水曜日 韓国語の先生の通告。

 晴れ。

 「金曜日の授業までに、この授業で、これまで習った会話文を、すべて覚えてください」
 韓国語の時間の最後に、先生は、私たちに、こういいました。

Wednesday, June 22nd, 2011 Notification of Korean teacher.

Fine.

"By the Friday class ,conversational sentences learned so far, please remember all"
At the end of Korean time, our teacher said to us.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年六月二十三日 木曜日 卒論の執筆を開始しました。Thursday, June 23rd, 2011 Writing my graduation thesis began.

二〇一一年六月二十三日 木曜日 卒論の執筆を開始しました。

  晴れ。

 午後、高松市国分寺町の男性に会いました。
 私の卒論のための取材です。
 私は、夕方から卒論を書き始めました。
 とにかく、まとまりそうな所から始めています。
 そして、三時間、韓国語の勉強をしました。

 
Thursday, June 23rd, 2011 Writing my graduation thesis began.

Fine.

I met a man in Takamatsu city Kokubunji  town in the afternoon.
I started to write my graduation  thesis in the evening.
Anyway, I begin to write it from the part that seems to be settled.
And, I studied  Korean for three hours.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【エッセイ】 韓国と日本の、こぶとりじいさんの話。

  『民話で知る韓国』(ちょん・ひょんひる。日本放送出版協会。二〇〇九年)に「ホップリ・ヨンガム(こぶがつき出たおじいさん)」という二人のほおに大きなこぶがついているおじいさんの話が載っています。日本にも、似た話「鬼に瘤(こぶ)を取られる事」があります。『宇治拾遺物語』(一二一〇年~四〇年代ころにできた本だといわれています)です。二つの物語のストーリーを比べてみました。

 ○ 登場人物

 ホ ほおに大きなこぶがあるおじいさんA、トッケビ(日本でいえば鬼のような者)たち、ほおに大きなこぶがあるおじいさんB。
 宇 右のほおに大きなこぶがあるおじいさんA、鬼たち、となりの家にすむ左のほおにこぶがあるおじいさんB。

 ○ おじいさんAの行ったところ。

 ホ 木をあつめに山に行きました。日が暮れて真っ暗に。雨がざあざあふってきました。一軒家で休みました。
 宇 たききぎをあつめに山へ行きました。風雨がひどくなりました。木の洞穴のあった所にかがんでいました。

 ○ おじいさんAは、そこで何をしたか。

 ホ 歌をつぎからつぎへうたいました。
 宇 まんじりせず、こごんでいました。

 ○ そこに何がやって来たか。

 ホ トッケビたち。
 宇 おじいさんAのいる木のまえに、異形の者たち(鬼)が百人ぐらい集まって来ました。赤い色の身体に青い物を来た者。黒い色の身体に赤いふんどしを締めた者。目一つの者。口のない者。この鬼たちは真ん中に火をたいて、ぐるりと輪になって座り、酒を飲み交わしました。そして、次々に舞いました。

 ○ やって来たものたちとのやりとり。

 ホ トッケビが、おじいさんAに「その歌はどこからでているんだ」と聞きました。Aは、ほおについているこぶをなぜました。トッケビは、こぶを取って金銀のつまった袋をAに渡して家を出ていきました。
 宇 おじいさんAは、烏帽子(えぼし)を鼻までたれかけ、腰に斧(よさ)をさしたかっこうで鬼の目前に飛び出しました。そして、掛け声をかけながら走り回って舞いました。尾にはおもしろがって「こういう遊宴の席にはきっとまいれ」といい、Aにくることを約束させました。そして、その質に、こぶを取りました。

 ○ Aは、どうなったか。

 ホ 金持ちになりました。
 宇 こぶがなくなってよろこびました。

 ○ Aの話を聞いた、おじいさんBのしたこと。

 ホ その家に行って歌をうたいはじめました。
 宇 こぶをとってもらいたくて、同じ木の洞穴に行って鬼たちを待ちました。

 ○ やってきた者たちがおじいさんBにやったこと。

 ホ トッケビは、「こぶから歌なんか出てこない」といって、おじいさんAからちぎりとったこぶをBにつけました。
 宇 鬼の前で、舞いましたがAより下手だったので、鬼たちはAのこぶをBの右のほおにつけました。

 ストーリーが少し違うだけで登場人物(こぶのあるおじいさん二人、異形の者たち)も物語の構成も同じです。
 両地域ともに、ほおに大きなこぶができるという病気に困っていた人がいたということ、何らかの理由で里から追われた異形の者たちが山の中で集団で暮らしていたことを反映していると思います。
 朝鮮と日本と、共通の文化があってこそ生まれた、おなじような話だと思います。

 【参考文献】

 『日本の古典を読む 15 宇治拾遺物語 十訓抄』(校訂・訳者・小林保治、増古和子、浅見和彦。小学館)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年六月二十四日 金曜日 洗濯日和。Friday, June 24th, 2011 An ideal day for laundry.

二〇一一年六月二十四日 金曜日 洗濯日和。

 晴れ。

  韓国語の時間は緊張しました。
  六割くらいは答えることができました。
 美術の時間はカバンのデッサンでした。

 リポートを一つ書きました。

 晴天です。
 朝干した洗濯物が午後二時頃には乾いていました。
 もう一度、つぎのものを洗濯しました。

Friday, June 24th, 2011 An ideal day for laundry.

Fine.

In Korean class ,I felt nervous.
However,I was able to answer about 60 percent of our teacher's question.
Our art  class was a sketch of our bag.

I wrote one report.

It is fine weather today.
I hung out washings in the morning.
They were dry at 2 p.m.
I washed the following one.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.26

英語で日記 二〇一一年六月二十五日 土曜日 展示物を二つつくりました。Saturday, June 25th, 2011 I made two exhibits.

 七月二日からの展示会の展示を二つつくりました。

二〇一一年六月二十五日 土曜日 展示物を二つつくりました。

 雨。

 高知市の病院に受診に行きました。
 ある数値が、二か月前には七・五、一か月前には六・五、そして、きょうは六・三と良くなっています。

 七月二日からの展示会の展示を二つつくりました。

Saturday, June 25th, 2011 I made two exhibits.

Rain.

I went to a hospital in Kochi city to consult.
A certain numerical value has improved.
It was 7.5 two months ago.
It became 6.5 one month ago.
And, it was 6.3 today.

I made two exhibitis for the exhibition from July 2.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.27

英語で日記 二〇一一年六月二十六日 日曜日 元陸軍兵士の話。Sunday, June 26th, 2011 Story of former soldier of army.

二〇一一年六月二十六日 日曜日 元陸軍兵士の話。

 雨。

 午後からアジア太平洋戦争中に陸軍の兵隊だった男性にインタビューしました。

 


Sunday, June 26th, 2011 Story of former soldier of army.

Rain.

In the afternoon, I interviewed a man who was a soldier of army in Asia Pacific War.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【くるくる料理】 冷凍の「むきイカ」とタマネギの刻んだもの。

 冷凍の「むきイカ」とタマネギの刻んだものを皿に入れて電子レンジで、くるくる。

 それに、塩コショウを振ります。

 タマネギも甘くて、おいしい。

 もちろん、イカもいい感じになっていました。

 もしかして、僕って「くるくる料理」の天才!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妻がもらってくるネコの赤ちゃんの名は「サラン」に決定。

 今週、妻が、妻の弟から子ネコをもらってくることになっています。
 真っ白くて、目が青いネコだといいます。

 この間、妻と私の弟の三人で、彼(彼女かも)の名前を協議しました。
 勝手に、「サラン」に決定しました。
 ハングルで「愛」です。

 息子の妻が「愛子」。
 仕事仲間に「愛(まな)」という若い女性がいます。
 どちらも心根の優しい素敵な人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年六月二十七日 月曜日 二人にインタビューしました。Monday, June 27th, 2011 Interview to two people.

二〇一一年六月二十七日 月曜日 二人にインタビューしました。

 雨が降っていましたが、のちに晴れました。三十度は超えたようです。暑いよー。

 卒論のための取材に行きました。
 高松市国分寺町で一人、高松市古高松で一人にインタビューしました。
 いずれも貴重な内容でした。
 アパートに帰ってから眠りしました。
 そのあと、リポートを一本仕上げました。

Monday, June 27th, 2011 Interview to two people.

It cleared up though it was raining.
It seems to have exceeded the temperature 30 degrees.
It is hot.

I interviewed for the graduation thesis.
I interviewed one person in Takamatsu city Kokubuji town and interviewed the other person in Takamatsu city Furutakamatsu.
Both of them were valuable content.
I slept after I returned to my apartment.
After that, I finished up one report.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わが高知県立高知追手前高校の校歌がユーチューブにありました!! 感激。

http://www.youtube.com/watch?v=rdG7DegswVk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.29

【歴史、地理の自習の時間】 香川県の一九四五年四月現在の市と郡

 【市】

 高松市(古高松村、屋島町、木太村も)
 坂出市
 丸亀市

 【木田郡】

 井戸村
 平井町
 神山村
 田中村
 氷上村
 下高岡村
 牟礼村
 庵治村
 十河村
 東植田村
 川島町
 三谷村
 林村
 川添村
 前田村

 【綾歌郡(あやうたぐん)】

 山内村
 端岡村
 山田村
 西分村
 粉所村
 羽床上村
 羽床村(はゆかむら)
 昭和村
 龍宮村
 陶村(すえむら)
 加茂村
 府中村
 松山村
 王越村
 川津村
 飯野村
 宇多津町
 川西村
 土器村
 栗熊村
 岡田村
 坂本村
 法勲寺村
 造田村
 美合村
 長炭村

 【大川郡 現在は、ありません】

 引田町
 小海村
 相生村
 白鳥村
 福栄村
 白鳥本町
 五名村
 誉水村
 丹生村
 三本松町
 津田町
 鶴羽村(つるはむら)
 松尾村
 富田村
 志度町
 小田村
 鴨庄村
 鴨部村
 石田村
 神前村
 長尾町
  多和村
 造田村

 【香川郡 いまでは、直島村をのぞいて高松市になっています】

 弦打村
 上笠居村
 香西村
 下笠居村
 檀紙村
 仏生山村
 多肥村
 一宮村
 円座村
 川岡村
 雌雄島村
 大野村
 川東村
 浅野村
 由佐村
 池西村
 安原村
 塩江村
 安原西村
 直島村

 【仲多度郡】

 輿嶋村
 七箇村
 十郷村
 高篠村
 吉野村
 四條村
 神野村
 榎井村
 琴平町
 象郷村
 広島村
 本嶋村
 南村
 垂水村
 瀧川村
 與北村
 善通寺町
 吉原村 
 筆岡村
 多度津町
 白方村
 四箇村
 高見嶋村
 佐柳嶋村

 【三豊郡 いまは全町村が三豊市になっています】

 勝間村
 麻村
 二ノ宮村
 上高瀬村
 比地二村
 財田大野村
 神田村
 辻村
 河内村
 吉津村
 下高瀬村
 大見村
 大野原村
 五郷村
 萩原村
 紀伊村
 桑山村
 笠田村
 本山村
 比地大村
 上高野村
 詫間町
 荘内村
 粟島村
 仁尾町
 豊浜村
 和田村
 財田村
 
 【小豆郡】

 土庄町
 北浦村
 四海村
 豊島村
 大鐸村
 淵崎村
 大部村
 草壁町
 安田村
 苗羽村
 坂手村
 西村
 福田村
 池田町
 二生村
 三都村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年六月二十八日 火曜日 暑さにやられた 。Tuesday, June 28th, 2011 I was affected by the heat.

二〇一一年六月二十八日 火曜日 暑さにやられた 。

 晴れ。

 暑さにやられたようです。
 五時限ぜんぶの授業を受けるのがつらかった。

Tuesday, June 28th, 2011 I was affected by the heat.

Fine.

I seem to be affected by the heat.
I was painful that attended five classes.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で日記 二〇一一年六月二十九日 水曜日 高知市のわが家に、子ネコがやってきたそうです。Wednesday, June 29th, 2011 A Kitty seems to have come to our house in Kochi city.

二〇一一年六月二十九日 水曜日 高知市のわが家に、子ネコがやってきたそうです。

 晴れ。

 暑い!!
 倒れないようになんとか対策をとらなくては。
 本日は、タオルを水に濡らした物を持ち歩いて、しょっちゅう顔を拭いていました。

 一九四五年四月現在の香川県の市町村名のリストをつくりました。
 
 妻によると新しいメスのネコが高知市のわが家に来たということです。
 目がブルーの白ネコです。サラン(愛)です。

Wednesday, June 29th, 2011 A Kitty seems to have come to our house in Kochi city.

Fine.

It is too hot.
I must take measures not to fall.
I was carrying a wet towel today.
I was very often wiping my face with it.

I made a list of municipalities name in Kagawa Prefecture in April, 1945.

A new female cat came to our house in Kochi city according to my wife.
Her eyes are blue and fur is white.
Her name is a Saran (love).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【短歌】 赤、青の すけしたパタパタ 舞っている……。

 赤、青の すけしたパタパタ 舞っている 夏やってきた 丘の教室

 席かえて クーラー直下に 座り込む 肥満男の 苦行の季節

 やってくる 白い子ネコの 命名を 考えている きのうも、きょうも

 何だかね 右腕痛くて 不安だよ いろんな障り 降り降りてきて

 喫煙の 仕切った部屋で 会議する 七人がいる 昼のモス店

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »