« 英語で日記 二〇一一年六月五日 日曜日 高知市の鷹の巣と薊野(あぞの)の山を歩きました。Sunday, June 5th, 2011 We walked Takanosu and Azono. | トップページ | 【花】 高知丸の内高校の正門の近くの道路ばたのキンシバイの花。 »

2011.06.05

【ニュース】 高知市の針木の鷹の巣と薊野(あぞの)に戦争壕が計五つありました。

Photo

Photo_2

 六月五日午前中から、今治市在住の元陸軍第十一師団輜重(しちょう)十一連隊軍曹のYAさんが描いてくれた地図を持って高知市の針木の鷹の巣と薊野(あぞの)の戦争壕を探しに行きました。
 高知市針木の青年・Iさん、看護師の福井康人さんと一緒でした。
 Iさんが、YAさんが描いた鷹の巣の地図を見て、「川のそばの三つの壕のある所は、ここですね」。
 彼が連れて行ってくれたのは、彼が通っていた高知市針木保育園の近くでした。
 その南の山に登った福井さんが「銃座の壕がありました」と携帯電話で連絡してくれました。
 Iさんと行きました。
 直径数メートルの円形に掘り下げ、周りを盛り上げ、一方だけ数十メートル空いている構造物です。
 私も高知の山中で同じ物を二回見たことがあります。
 私とIさんは、山道にマムシのようなヘビがとぐろを巻いているのを見つけて、「ヘビが怖いから後退するよ」。
 ずんずん登って行く福井さん。
 また電話が来ました。
 「横穴壕がつぶれたものが二つあります」
 私も、彼のいる下のほうで、数メートルの横穴壕が半ばつぶれたものを見つけました。
 つぎは薊野です。
 前日、三時間も走り回って輜重十一連隊大隊本部の宿営地だったと思われる所(特別養護老人ホームあざみの里のあたり)を見つけてありました。しかし、迷いに迷ってしまいました。
 ついに、そこに到達。
 「居住壕が二つあった所は、少し地図と位置関係が違うけど、この左の入りこんだ所だと思うんだけど…」
 そういうと、地図を見ていた福井さんは「この地図で見るともっと北です。そこを左に折れましょう」。
 行ってみると、それらしい場所がありました。
 山側を歩きました。
 しばらくすると福井さんから携帯電話。
 「ありました。つぶれていますが」
 行ってみると、まぎれもなく戦争壕です。
 入口の所の爆風避けの土盛が崩れて入口をふさいでいました。
 もう一つ壕の出入口があるはずですが、今回は見つけられませんでした。
 もう一対の壕は、戦後、道路がつくられ削りとられているようです。

 (地図は、YAさんが描いてくれたものをトレースしたものです。上図の「井」の所は壕があった所です)

|

« 英語で日記 二〇一一年六月五日 日曜日 高知市の鷹の巣と薊野(あぞの)の山を歩きました。Sunday, June 5th, 2011 We walked Takanosu and Azono. | トップページ | 【花】 高知丸の内高校の正門の近くの道路ばたのキンシバイの花。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/51863575

この記事へのトラックバック一覧です: 【ニュース】 高知市の針木の鷹の巣と薊野(あぞの)に戦争壕が計五つありました。:

« 英語で日記 二〇一一年六月五日 日曜日 高知市の鷹の巣と薊野(あぞの)の山を歩きました。Sunday, June 5th, 2011 We walked Takanosu and Azono. | トップページ | 【花】 高知丸の内高校の正門の近くの道路ばたのキンシバイの花。 »