« 【くるくる料理】 豚肉とハンソイのくるくる。 | トップページ | 英語で日記 二〇一一年六月十五日 水曜日 宝塚海軍航空隊の隊員たちががアメリカ軍機に襲われた件。Wednesday, June 15th, 2011 The matter that Takarazuka navy flying corps was attacked by U.S.A. military planes. »

2011.06.16

【ニュース】讃岐国分尼寺跡調査 尼坊の礎石列と雨落ち溝を確認と高松市が発表。

Photo

 高松市は五月三十一日、同市国分寺町の史跡・国分尼寺跡の発掘調査で、①等間隔に配置された礎石の列②雨落ち溝を確認したと発表しました。
 ①については、礎石八個と、礎石があったとみられる穴二個が見つかり、南北方向に三・五メートル、東西方向に三・〇メートルの間隔で並んでいました。市によると、他府県の調査では、国分尼寺は金堂、講堂、尼坊が一直線に配置されていて、今回も見つかった礎石列と金堂跡の位置関係や距離などから、礎石列は尼僧が生活していた尼坊跡と推測されるといいます。
 ②の溝は、建物の北限が推定され場所で、そこから創建時の瓦などが出土しました
 以上、四国新聞六月一日付の「尼坊の礎石列 確認 高松市国分寺町 国分尼寺跡調査」をまとめ直しました。
 同市は、六月四日に同所で市民向けの現地説明会を開催しました。
 そのときに配布された「史跡讃岐国分尼寺跡(11次調査) 現地説明会資料」によると確認した礎石列は南北二間(三列)、東西四間(五列)です。

 同寺は、国分寺跡の北東約二キロに位置し、市は国の指定史跡として二〇〇六年度から発掘調査を開始。これまでに本堂に当たる金堂跡(現・法華寺)や講堂跡のものと思われる礎石を確認しています。今回の調査は五月九日から、金堂跡の北約四十メートルにある畑約百五十平方メートルで実施中です。

 図は、「史跡讃岐国分尼寺跡(11次調査) 現地説明会資料」から。

|

« 【くるくる料理】 豚肉とハンソイのくるくる。 | トップページ | 英語で日記 二〇一一年六月十五日 水曜日 宝塚海軍航空隊の隊員たちががアメリカ軍機に襲われた件。Wednesday, June 15th, 2011 The matter that Takarazuka navy flying corps was attacked by U.S.A. military planes. »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/51958794

この記事へのトラックバック一覧です: 【ニュース】讃岐国分尼寺跡調査 尼坊の礎石列と雨落ち溝を確認と高松市が発表。:

« 【くるくる料理】 豚肉とハンソイのくるくる。 | トップページ | 英語で日記 二〇一一年六月十五日 水曜日 宝塚海軍航空隊の隊員たちががアメリカ軍機に襲われた件。Wednesday, June 15th, 2011 The matter that Takarazuka navy flying corps was attacked by U.S.A. military planes. »