« 【記録 戦争遺跡保存についての地方議会での質問】 高知県南国市議会本会議での村田敦子(あつこ)議員 二〇〇九年六月十二日。 | トップページ | 【記録 戦争遺跡保存についての地方議会での質問】 高知県南国市議会本会議での村田敦子(あつこ)議員 二〇一〇年九月十日。 »

2011.07.28

【記録 戦争遺跡保存についての地方議会での質問】 高知県南国市議会本会議での村田敦子(あつこ)議員 二〇一〇年六月十一日。

 ○ 村田敦子君

 3番目に、戦争遺跡保存についてお伺いします。
 最初は、南国市文化財前浜掩体群についてです。
 市文化財として5年目を迎え、前浜公民館の西側見学路も広く、きれいに舗装され、見学においでた方々に利用されています。最近は、戦跡ブームらしく、訪れる方が多く見受けられます。中には、公民館東側の前浜~植野線を車で走ってこられ、大きなかまぼこ形の掩体を見て何だろうと思い、車をとめて見に来られる方もおいでるということです。道路に看板をつけてくれたらいいのにと言われている言葉をよく耳にします。県内唯一の掩体壕を整備、公園化して、多くの人に訪れてもらい、市民にも活用してほしいと思うのですが、まだ着手されるめどは立っていないのでしょうか、お伺いします。
 次に、多くの戦争遺跡が示す太平洋戦争末期の南国市の位置づけと保存の必要性についてお伺いします。
 先月5月29日、30日と前浜公民館に四国4県から51名が参加し、戦争遺跡保存四国シンポジウムが行われました。初日は、南国市内の戦跡7カ所を見学しました。片山にある秋葉山で、下田川改修のため山を削り、厚さ2メートルのコンクリートでつくったトンネルを切り取った後に、まだ20メートルほど残っている姿を見ながら、山に登り、厚さ80センチのコンクリートでつくったトーチカを3つ見ました。頑丈で、いずれのトーチカにも太平洋側と飛行場側を見、銃を撃つ窓があけられていました。終戦間際のころ、何もなくなっていたときに、これだけのコンクリートを使っている事実が、本当に高知で地上戦が起ころうとしていたんだと実感させられました。アメリカ軍は、沖縄戦の後九州に上陸をする計画であり、その前に陽動作戦として高知県南岸に上陸をするということで、日本軍は、6月に南国市を中心として、物部川から浦戸湾にかけて、またその北部まで約8万人が配備されたそうです。8月15日に終戦となっていなければ、私たちの4人に1人は今の時代にいないということです。そして、今の沖縄のように占領され、基地をつくられていたのです。今、沖縄で起こっていることは、決してよそごとではありません。終戦間際に築かれた分厚いコンクリートのトーチカが、それを物語っています。平和資料館草の家研究員の福井康人さんは、これまで知られていた6基のほかに、土中ややぶに隠れた23基のトーチカを新たに発見し、分類や測量調査を続けています。そして、活用をしたいと、休みのときには小学校や中学校の子供たちと自転車で戦跡めぐりをされ、子供たちに説明をし、平和のための生きた教材とされています。そのトーチカの所属は不明で、この先どうなるのかわかりません。戦後65年を迎え、語り部たちが失われていく中で、戦争の歴史を風化させてはなりません。すべてを保存することは不可能かもしれませんが、でき得る限り、資料にも残し、保存をすることを検討してはいただけないでしょうか。

 ○ 浜田幸男生涯学習課長

 村田議員さんの戦争遺跡保存についての御質問にお答えをいたします。
 掩体の公園整備につきましては、何といいましても、地元周辺の土地所有者や地元の関係者の皆様の御理解をいただかないとできないことでもありまして、引き続き御協力をお願いしているところでございます。可能なところから整備に向けて取り組んでまいります。
 太平洋戦争末期の南国市地域の位置づけとして考えられることは、戦況が不利になりまして、本土決戦が現実的になり始めた1945年春以降、高知でも米軍の上陸に備えた準備が進められるようになり、四国防衛隊の3個師団を中心に、約12万人の兵力が配備をされ、そのうち大半、約8万人というふうにおっしゃられましたが、高知平野に展開をされました。南国市地域は、太平洋に面した立地条件のために、有力な上陸地点と考えられたため、平野部や近隣の山ろくに数多くの陣地がつくられております。御指摘のありました現在残っているトーチカや塹壕、高射砲陣地などはその痕跡であります。戦争遺跡は、戦争体験者が年々少なくなっていく中、戦争の記憶を現代に伝えてくれるものであり、戦争体験のない世代や将来を担う子供たちの平和学習の教材として有効に活用できるものであると思います。そのほとんどが民有地にあることや、また当時の急ごしらえの施設のために、現在では崩壊等危険な状態のものもあり、そのすべてを保存することは困難であります。取捨選択の上で必要な手だてを行いたいと考えております。まずは、前浜掩体群について、史跡指定を行っておりますので、その保存と整備について検討を行ってまいります。

 ○ 村田敦子君

 戦争の遺跡保存について、土地所有者がおいでますことですので、できるところから少しずつでも公園化できる状態に努力をしていっていただきたいと思います。
 それから、トーチカなんですが、民有地であり、急ごしらえで、壊れていくものが多いということですが、その失われていく前に、資料として写真を撮ったり、それからはかったり調べるということで、資料として残していっていただけないかと思います。どうかよろしくお願いいたします。

|

« 【記録 戦争遺跡保存についての地方議会での質問】 高知県南国市議会本会議での村田敦子(あつこ)議員 二〇〇九年六月十二日。 | トップページ | 【記録 戦争遺跡保存についての地方議会での質問】 高知県南国市議会本会議での村田敦子(あつこ)議員 二〇一〇年九月十日。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/52332624

この記事へのトラックバック一覧です: 【記録 戦争遺跡保存についての地方議会での質問】 高知県南国市議会本会議での村田敦子(あつこ)議員 二〇一〇年六月十一日。:

« 【記録 戦争遺跡保存についての地方議会での質問】 高知県南国市議会本会議での村田敦子(あつこ)議員 二〇〇九年六月十二日。 | トップページ | 【記録 戦争遺跡保存についての地方議会での質問】 高知県南国市議会本会議での村田敦子(あつこ)議員 二〇一〇年九月十日。 »