« 【記録 戦争遺跡保存についての地方議会での質問】 高知県南国市議会本会議での村田敦子(あつこ)議員 二〇〇八年六月十三日。 | トップページ | 【記録 戦争遺跡保存についての地方議会での質問】 高知県南国市議会本会議での村田敦子(あつこ)議員 二〇〇九年六月十二日。 »

2011.07.28

【記録 戦争遺跡保存についての地方議会での質問】 高知県南国市議会本会議での村田敦子(あつこ)議員 二〇〇八年九月十二日。

 ○ 村田敦子

 4番目に、掩体壕の公園化について質問いたします。
 8月17日日曜日に大湊小学校体育館で平和を願う人々が集い、掩体コンサートが開かれました。8組の方々がボランティアで参加し、演奏してくださいました。市としても後援をするということで生涯学習課長がおいでておられました。2時間半にわたりさまざまな音楽を楽しんだ後、掩体保存会会長が前浜の人々は終戦後すぐに掩体壕の中で演芸会を行いました、音楽というものは、その時代時代を反映していますと感慨深げに言われました。草の家の館長さんは、高知空襲を知らない人のほうが多くなってきました。悲惨な戦争を風化させず、忘れ去ってしまわないようにコンサートを続け、掩体を保存していきましょうと言われました。
 前回のときもそうでしたが、コンサートの前に掩体見学をしました。やはり、前浜公民館の駐車場から1号掩体に至る見学路は、草が生い茂っていました。年2回ほど業者の方に委託して前浜公民館の清掃を行うときに一緒に草刈りをしていただいているとお聞きしていますが、大体いつごろに行われているのでしょうか。
 駐車場には看板も立ててあり、市の文化財であるとわかります。それにしては管理がされていないと見学される方は思われます。いずれは公園化を予定していますが、そのときまでにも見学者はおいでます。やはり、掩体独自の周辺の清掃を含む維持管理のための予算化をするべきではないでしょうか。
 戦争体験者が少なくなり、戦争の痕跡をとどめる戦争遺跡を保存、活用して、戦争の悲惨さ、非人間性を次世代に伝える運動が全国に広がっている今、文化庁も戦争遺跡の価値を認め、8月10日に将来の国定史跡に向けて詳細調査対象の戦争遺跡50件を選定しました。市の前浜砲台跡もそれにリストアップされています。前浜掩体群は対象となっていませんが、高知県で唯一の掩体群であり、市の史跡であります。保存していくためにも詳細調査の必要がありますが、計画はされているのでしょうか、お聞きします。
 次に、2000年に保存会の方々が手づくりされたブックレット掩体物語ですが、このたびもっと中身を充実させ製本され、掩体物語として出版されました。9月7日に行われた出版祝賀会には、橋詰市長を初め大野教育長も出席されました。この冊子には、掩体群のつくられた経過、その当時の様子などがとても詳細に、正確に記録されています。多くを語らずともこれを読めば前浜掩体群の歴史、時代背景がおのずと浮かんでまいります。この後も見学においでる方に、また生徒たちの教材としても市に備え、配布されることが望ましいと思われますが、いかがでしょうか。
 7月14日、香美市と香南市で陸上自衛隊第50普通科連隊第3中隊の70人が自動小銃、銃剣を携行した約20キログラムの重装備で白昼に行軍訓練を実施しました。出会った人たちは皆驚愕してしまったということです。だれでもそうだと思います。また、7月15日、16日、22日には中国・四国地方で米軍機の超低空飛行が目撃され、徳島、愛媛、兵庫県の知事は、外務省に対し中止の要請書を提出しました。日本を戦争する国にさせないためにも、不戦のための遺跡として前浜掩体群の公園予算化を求めます。

 ○ 浜田清貴生涯学習課長

 掩体壕の公園化についてということで御質問をいただきました。答弁を申し上げます。
 掩体につきましては、高知県で唯一の掩体でありまして、貴重な戦争遺跡であり、未来への警鐘の意味でも大変重要な意義を持っており、現存している7基全部が前浜掩体群として平成18年2月に南国市史跡に指定をされており、平和を提唱する教材としての意味を持ち、活用されております。また、8月17日には掩体コンサート実行委員会を初めとする関係者の皆様方の御尽力によりまして、掩体コンサートが開催をされました。戦争のない平和な社会を訴えておられました。大変意義深いものだと考えております。
 掩体の公園整備につきましては、何といいましても周辺の土地所有者や前浜地区地元の皆様の御理解をいただかないとできないことでもありますけれども、引き続き御協力をお願いすることは必要であると考えております。公園化のためには用地費等を含めまして予算措置が必要でありますので、今直ちにということは申し上げられませんけれども、先進地の事例等も参考にしながら、引き続き継続して検討してまいります。
 見学者用の駐車場につきましては、前浜公民館駐車場を御利用していただきたいと思います。
 草刈りにつきましては、6月に一度実施しておりまして、9月にももう一度実施する予定でございます。
 御指摘の周辺の農道の未舗装部分の舗装につきましては、来年度以降に検討してまいりたいと考えております。

 ○ 村田敦子

 掩体壕のことですが、6月に草刈りをされて、次は9月にされるということですが、それは結局前浜の公民館の清掃に関連して、そのときに行われるということですが、公民館は、建物の中を使うので草が生えていても余り気にはならないんですが、掩体の見学については、やはりずうっと歩いて回っていくので危ないし、それから市の文化財としてはきちんと整備がされていないということが、やはり見学に来られた方が思うと思いますので、できれば草刈りについて、掩体の見学コースとしての独自の措置をお願いしたいと思います。
 それから、舗装されてない部分については、来年度以降に考えてくださるということですが、草刈りはできるだけ早くにしていただくように措置をしていただいて、またその舗装についてはぜひ来年以降に予算を取っていただくようにお願いいたします。

|

« 【記録 戦争遺跡保存についての地方議会での質問】 高知県南国市議会本会議での村田敦子(あつこ)議員 二〇〇八年六月十三日。 | トップページ | 【記録 戦争遺跡保存についての地方議会での質問】 高知県南国市議会本会議での村田敦子(あつこ)議員 二〇〇九年六月十二日。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/52332473

この記事へのトラックバック一覧です: 【記録 戦争遺跡保存についての地方議会での質問】 高知県南国市議会本会議での村田敦子(あつこ)議員 二〇〇八年九月十二日。:

« 【記録 戦争遺跡保存についての地方議会での質問】 高知県南国市議会本会議での村田敦子(あつこ)議員 二〇〇八年六月十三日。 | トップページ | 【記録 戦争遺跡保存についての地方議会での質問】 高知県南国市議会本会議での村田敦子(あつこ)議員 二〇〇九年六月十二日。 »