« 【短歌】 おとなネコ・クニョの気持ち。 | トップページ | 【エッセイ】 高知県仁井田の海軍の呉鎮守府第十一特別陸戦隊の噴進砲中隊のこと。 »

2011.07.03

広島県の呉軍港の第九十一嵐部隊(伏龍特別攻撃隊)情島基地の隊員のこと。


 『若鷲(わかわし)の歌 元 浦戸海軍航空隊 第十四分隊』(野村義治。一九九〇年十二月一日。百七十八ページ)に、高知県の浦戸海軍航空隊から特攻隊に行った人が自分のことを書いていました。
 第十四分隊第十班の中村豊さんの文章です。(百十三ページ~百十五ページ)
 中村さんは特攻要員として神奈川県の横須賀へ転属。潜水学校に入り、久里浜海岸で潜水服を着て海中を歩きまわる訓練をしました。「機雷をもって敵艦へ、最後の特攻ということで、総理大臣の鈴木貫太郎大将が激励にこられた」
 中村さんは、終戦を広島県の呉軍港の第九十一嵐部隊(伏龍特別攻撃隊)情島基地で迎えました。

|

« 【短歌】 おとなネコ・クニョの気持ち。 | トップページ | 【エッセイ】 高知県仁井田の海軍の呉鎮守府第十一特別陸戦隊の噴進砲中隊のこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/52110924

この記事へのトラックバック一覧です: 広島県の呉軍港の第九十一嵐部隊(伏龍特別攻撃隊)情島基地の隊員のこと。:

« 【短歌】 おとなネコ・クニョの気持ち。 | トップページ | 【エッセイ】 高知県仁井田の海軍の呉鎮守府第十一特別陸戦隊の噴進砲中隊のこと。 »