« 英語で日記 二〇一一年八月二十二日 月曜日 高知市みませの水上特攻隊。Monday, August 22nd, 2011 Water special attack corps of Kochi city Mimase. | トップページ | 英語で日記 二〇一一年八月二十三日 火曜日 博物館実習が始まりました。【写真一枚。オレンジの花】 Tuesday, August 23rd, 2011 Museum practice started. »

2011.08.23

【エッセイ】 中国人「二十七人を撫斬り」が賞賛された、あのとき。あなたは、どう思いますか?? 

 高知県の人々が中国に行って多数の人々を一気に殺しました。高知の新聞、「高知新聞」が一面トップで、それをほめそやしました。
 そんな時代があったのです。
 いま、かたわらに、その新聞、高知新聞の昭和十二年九月二日の夕刊のコピーがあります。
 一面トップの見出しは「壮烈・土佐魂の発揚 羅店鎮の一番乗り 我和知部隊陣中訪問 穂岐山少尉二十七人を撫斬り 上海一日 宮崎本社特派員特電」です。
 二面の肩に関連記事が載っています。
 見出しは「二十七人を惨殺した 勇敢な穂岐山少尉 市商教諭で県道四段の腕前 兄弟四人とも武人」。
 関連記事の見出しは「市として 無上の光栄 川淵市長談」、「全生徒に喜を分つ 喜ぶ丁野校長」。
 新聞も、高知市長も、勤め先だった学校の校長も……。
 あなたは、この事実を前に、どう思いますか。
 穂岐山少尉は、私の知り合いの養父です。

|

« 英語で日記 二〇一一年八月二十二日 月曜日 高知市みませの水上特攻隊。Monday, August 22nd, 2011 Water special attack corps of Kochi city Mimase. | トップページ | 英語で日記 二〇一一年八月二十三日 火曜日 博物館実習が始まりました。【写真一枚。オレンジの花】 Tuesday, August 23rd, 2011 Museum practice started. »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

貴重な資料紹介ありがとうございます。
 百人斬りの向井少尉や野田少尉は、こういう無数の「英雄」のワンオブゼムでしかなかったんだろうなあと、暗澹たる思いです。

投稿: 泥憲和 | 2011.08.24 11:38

 平時では考えられない残酷な人間性が露出しています。何故、そんな行動をとったのでしょうか?戦功や怨嗟やストレスが入り混じったものだと思います。戦時ですが、まともな精神状態とは思えないですね。
 アメリカではベトナム戦争に従軍した兵隊の後遺症が問題となり、研究されてきましたが、日本では為されていないのではないかと思います。戦争に征った兵士のストレス障害は、物凄いものだと聞きます。
 先日、民主党の野田大臣のA級戦犯発言がありました。確かに「A級戦犯」は戦勝国によって押し付けられた価値観だと思いますが、戦後、日本人自身によって戦争の総括が為されなかった事自体、さらに情け無い事実だと思います。
 27人を斬殺するのに、何本刀を変えたのでしょうか?以前読んだ西部軍管区司令部における捕虜殺害の記録の中で、「1人斬ると、刀が曲がって変えないといけなかった」ような記述を読んだ記憶があります。
 でも、何故、その人は27人もの中国人を殺さないといけなかったのでしょうか?

投稿: 池田 | 2011.08.25 08:36

是非うまく、具体的な状況をインタビューしてみてください。銃弾が飛び交う中で27人を「斬る」などという報道の真実が浮かび上がるかもしれません。「据もの切り」だった可能性が高いですね。

投稿: mas | 2011.08.25 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/52551415

この記事へのトラックバック一覧です: 【エッセイ】 中国人「二十七人を撫斬り」が賞賛された、あのとき。あなたは、どう思いますか?? :

« 英語で日記 二〇一一年八月二十二日 月曜日 高知市みませの水上特攻隊。Monday, August 22nd, 2011 Water special attack corps of Kochi city Mimase. | トップページ | 英語で日記 二〇一一年八月二十三日 火曜日 博物館実習が始まりました。【写真一枚。オレンジの花】 Tuesday, August 23rd, 2011 Museum practice started. »