« ● 香川県の陸軍飛行部隊は、なぜアメリカ軍を迎撃しなかったのか その1 はじめに。 【お願い】あり。 | トップページ | ● 香川県の陸軍飛行部隊は、なぜアメリカ軍を迎撃しなかったのか その3 終戦前後の陸軍高松飛行場の様子を示すGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の資料。 »

2011.09.03

● 香川県の陸軍飛行部隊は、なぜアメリカ軍を迎撃しなかったのか その2 アメリカ軍機が1945年5月28日に同飛行場を撮影していました。

   Ⅲ 考察

 

   【陸軍高松飛行場は、こんな飛行場でした】

   アメリカ軍が陸軍高松飛行場を撮影していました

 アメリカ軍機が1945年5月28日に陸軍高松飛行場(香川県)を撮影していました。
 私は、そのことを新聞の記事で知りました。
 「高松全域が鮮明に―空襲前の航空写真見つかる」(四国新聞 2007年3月7日)
 「昭和20年(1945)7月4日の高松空襲の約1か月前に、米軍機が高松市一帯を撮影した航空写真が見つかった。空襲直前の航空写真で撮影日が分かるものは初めて。米軍が爆撃目標を設定するために使用したとみられ、高松城南の香川県庁舎や屋島西側の塩田地帯のほか、林飛行場など旧日本軍の施設が鮮明に確認できる。
 写真は、空襲前の5月28日に高度約1万mから連続撮影された2枚。高松市の郷土史家松本周滋さんが国土地理院の外郭団体、財団法人日本地図センター(東京都)を通じて米国立公文書館から入手した。
 松本さんによると、現在の高松市林町一帯の白く写った広大な土地は『旧陸軍林飛行場』。旧高松空港の数倍規模で整備されている。また現在県道牟礼中新線となっている一般道路が屋島登山口付近で拡幅されているのは、『非常用の滑走路が整備されたため』という。
 (後略)」
 「高松空襲:1か月前の米軍航空写真見つかる 地域史研究家・松本さんが入手 画質鮮明、撮影日も初判明『道路を滑走路に』」(毎日新聞 2007日4月13日)
 「昭和20年(1945)7月4日の高松空襲の約1か月前に、米軍偵察機が高松市一帯を撮影した航空写真が見つかった。入手した同市川島東町の地域史研究家の松本周滋さんによると、空襲直前の高松の空撮写真はこれまでにもあったが、画質が鮮明なうえ、撮影日まで分かったのは初めてという。
 写真は、空襲前の5月28日に高度約1万mから連続撮影された2枚。モノクロで、フィルムの大きさは縦横共に23㎝。2枚の写真を合わせると、北は大島から南は旧香川町役場(現・高松市香川支所)、東はさぬき市の大串半島から西は石清尾山周辺に至る広大な地域をカバーしている。高松市松島町一の市民文化センター内の平和記念室にも空襲前の空撮写真はあったが、やや不鮮明で撮影日は分かっていない。
 今回の写真は、昨年5月頃に米国立公文書館に保管されていることを知った松本さんが、国土地理院の外郭団体である財団法人「日本地図センター」(東京都)を通じて取り寄せた。
 現在の高松市林町一帯に白く写る広大な土地は旧陸軍の「高松飛行場」(林飛行場)。また、現在の県道155号線が新川の東側で拡幅されているのは、一般道路を臨時の滑走路として使用したためらしい。(後略)」
 その写真につぎのような記号が入っています。
 私も、そのあとで、その2枚の写真を入手しました。
 それぞれに、「40 3PR5M246 1V 5-28 F-1531 35000」、「41 3PR5M246 1V 5-28 F-1531 35000 REST」の記号が入っています。
 ここでは、「40 3PR5M246 1V 5-28 F-1531 35000 REST」を示します(写真1)。
 南西に、かなり大きな白いスペースが写っています。
 これが、陸軍高松飛行場です。
 陸軍高松飛行場から左に真っすぐにのびた道があります。
 北側の屋島の南を東西にとおっている観光道路の一部がふくらんで見えます。
 陸軍高松飛行場の東側の山・日山(ひやま)に同飛行場から道がつながっています。
 

 (写真1) アメリカ軍機が1945年5月28日に香川県高松市を撮影した写真、「41 3PR5M246 1V 5-28 F-1531 35000 REST」

|

« ● 香川県の陸軍飛行部隊は、なぜアメリカ軍を迎撃しなかったのか その1 はじめに。 【お願い】あり。 | トップページ | ● 香川県の陸軍飛行部隊は、なぜアメリカ軍を迎撃しなかったのか その3 終戦前後の陸軍高松飛行場の様子を示すGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の資料。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/52638754

この記事へのトラックバック一覧です: ● 香川県の陸軍飛行部隊は、なぜアメリカ軍を迎撃しなかったのか その2 アメリカ軍機が1945年5月28日に同飛行場を撮影していました。:

« ● 香川県の陸軍飛行部隊は、なぜアメリカ軍を迎撃しなかったのか その1 はじめに。 【お願い】あり。 | トップページ | ● 香川県の陸軍飛行部隊は、なぜアメリカ軍を迎撃しなかったのか その3 終戦前後の陸軍高松飛行場の様子を示すGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の資料。 »