« ベトナム映画「無人の野」を見たい。 | トップページ | 【短歌】 僕の友だち。 »

2011.10.05

【ニュース】 藤原尋子・義一の本『特殊潜航艇 蛟龍(こうりゅう)艇長 矢野統一 父は海中の特攻隊員でした』、十一月にはできます。

 きょう、私たちの本『特殊潜航艇 蛟龍(こうりゅう)艇長 矢野統一 父は海中の特攻隊員でした』の再校が終わりました。

 この本、遅くと十一月末にはできると思います。

 妻・藤原尋子(ひろこ。六十四歳。元東京都の公立中学校国語教師。台東区、国立市、西東京市、国分寺市で勤務。あの「ひろこ先生」です)が、『女性のひろば』一九八二年七月号(日本共産党中央委員会)に載せた「父は目のある魚雷だった」(四ページ)。
 それをもとに、長い年月を経て、尋子と、その夫・義一が二百ページ余のドキュメントに仕上げました。(パチ、パチ!!!)

 広島県の大浦突撃隊、香川県の小豆島突撃隊で、この五人乗りの特殊潜航艇の艇長として訓練していた、のちの尋子の父・矢野統一(とういち)=高知市在住=の物語です。


 なぜ特攻隊員になったか(特攻隊員にされたか)、どんな訓練だったかなどを統一の話、他の特攻隊員の話を組み合わせて追っています。

 統一は、アメリカ軍機P51の攻撃を受け瀕死の重傷を受けました。
 そして、鳥取県の海軍病院で終戦を迎えています。

 この父が死んでいたら尋子は生まれませんでした。
 もちろん僕たちは結婚していませんでした。
 僕たちの娘、生意気盛りの息子も、この世に存在していませんでした。

 この本は、千部しかつくりません。いまのところ、書店では東京都千駄ヶ谷の美和書店ぐらいにしか出す予定はありません。
 

 この本の価格は千五百円です。ご注文いただければ送料無料でお送りします。

 以下のメールにお問い合わせいただければ幸いです。

 bqv01222@nifty.com

|

« ベトナム映画「無人の野」を見たい。 | トップページ | 【短歌】 僕の友だち。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/52910933

この記事へのトラックバック一覧です: 【ニュース】 藤原尋子・義一の本『特殊潜航艇 蛟龍(こうりゅう)艇長 矢野統一 父は海中の特攻隊員でした』、十一月にはできます。:

« ベトナム映画「無人の野」を見たい。 | トップページ | 【短歌】 僕の友だち。 »