« 【ニュース】 妻が、テレビニュースに映っていたそうです。 | トップページ | 【ニュース】  「これから犯す前に犯しますよと言いますか」 沖縄防衛局の田中聡局長の発言。あなたは、自分たちがやろうとしていることが犯罪だと自覚していたのですね。 »

2011.11.30

夢太郎さんの夢は、みんなが幸せに暮らしていける世界でしょうか。

 夢太郎さん。コメント、ありがとうございます。

 いま、私は、野望を抱いています。
 それは、日本の近代史、現代史を国民の立場から再構築したいということです。
 ポイントは、こんなことです。

 ● 江戸時代は、つらい時代でした。お坊さんと在野の娘さんの恋愛が罪とされた時代でした。「土佐の高知の播磨屋橋で……」のことです。「そんな政治はいかんぜよ」と、たちあがった農民たちの指導者が権力に命を奪われた時代でした。その社会のなかで「こんな支配は、だめだ」という変革の運動が始まり、明治維新になりました。

 ● 片隅にいた天皇をかついだ武士たちの一部が政権を握りました。その政権のやり方に反対の運動が起こる中で、政府はいなおり、天皇の地位を神にまでたかめる政治制度をつくりあげていきました。軍事の指揮を一手に握った天皇は世界の各地を侵略していきました。世界の多くの人々を傷つけました。自国民を犠牲にしました。日本には、戦争に反対する勢力もいました。しかし、弾圧され、宣撫されていきました。たとえば、与謝野晶子は戦争はいけないという詩をつくりましたが、しばらくして「天皇万歳」の思想を突かれて侵略戦争推進論者に変わり、侵略戦争万歳の作品を書き続けました。

 ● そんなときに、日本共産党が誕生しました。当時のソ連、すでに人民抑圧、対外侵略路線をとっていたソ連を、社会主義の国と見誤まる弱点もありましたが、この党は、日本で、天皇制の打倒、侵略戦争反対を命がけで主張しました。

 ● 日本の天皇は、台湾、朝鮮、中国に侵略の手をのばしました。そして、侵略の行く手をはばもうとする国に打撃を与えようとアジア太平洋戦争を始めました。相手国が支配していた国にも侵攻しました。しかし、天皇は世界に追い込まれてしまいます。それを挽回しようとして、子どもまで兵士にしました。兵士のいのちを敵にぶっつける特攻作戦に踏み出しました。女性や子どもには竹槍でたたかうように訓練させました。天皇の思惑は、戦争に敗北しても「天皇の支配する日本」という「国体」だけは守りたいということでした。

 ● 天皇は敗北しました。そして、占領下で、日本は新しい選択をします。主権在民、軍隊はもたない、戦争はしないということです。しかし、日本を支配下においたアメリカは、その後、日本を自分たちの戦争政策に利用しようとしました。アメリカは、日本に新しい軍隊をつくらせ、日本の経済もアメリカのコントロールのもとにおきました。

 ● 日本の国民は、そうしたもとでも、国民の幸せのために奮闘し、現在の日本をつくり上げてきました。

 ● いま、そうしてつくりあげてきた国民の成果物を、全面的に取り崩そうという動きが活発になっています(年金制度ひとつ見ても、そのことがわかりまう)。アメリカと日本の財界にとって都合のいい日本、国民が泣きを見る日本がつくられつつあります。すぐ無効になるような国民受けする公約を打ち出して政権についた党があります。いくつかの地方では、国民の政治への絶望感をたくみに吸収して、より悪い政治をやろうとする人々が権力を持つようになっています。

 ● そういう状況で、いま日本では、国民の幸福をめざす、国民の全面的で強い運動が求められています。

|

« 【ニュース】 妻が、テレビニュースに映っていたそうです。 | トップページ | 【ニュース】  「これから犯す前に犯しますよと言いますか」 沖縄防衛局の田中聡局長の発言。あなたは、自分たちがやろうとしていることが犯罪だと自覚していたのですね。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/53367855

この記事へのトラックバック一覧です: 夢太郎さんの夢は、みんなが幸せに暮らしていける世界でしょうか。:

« 【ニュース】 妻が、テレビニュースに映っていたそうです。 | トップページ | 【ニュース】  「これから犯す前に犯しますよと言いますか」 沖縄防衛局の田中聡局長の発言。あなたは、自分たちがやろうとしていることが犯罪だと自覚していたのですね。 »