« 二〇一一年十一月十八日 火曜日 英語の宿題。 November 18th, 2011 Tuesday English homework. | トップページ | 高知県情報公開条例の内容が、ここで見れます。 »

2011.11.18

【いま、一番、言いたいこと】  高知短期大学・南裕子学長の高知短期大学廃止宣言に思う。

 私は、いま、六十四歳、香川県さぬき市の大学の四年生です。
 私も、いろんな学校で学んできました。
 いずれの学校も愛しています。
 そのなかでも、とくに高知市の高知短期大学には「素晴らしい学校だ」と親しみを持っています。
 病を得て、六十歳で職場を去った僕は、その後、この夜間の大学で学ばせていただいて、多くの発見をしました。
 生き抜いていくうえでの智恵と仲間を得ました。
 そして、先生方の援助で、四年生大学に編入することもできました。
 先生たちの多くは僕より若い人たちですが、ものすごく尊敬しています。
 いまの大学で学んで、学芸員の資格も取れる見通しです。
 現瞬間では、卒業論文の第二稿にとりかかろうとしています。
 卒業したら、高知短期大学の専攻科に進みたいと思っています。

 
 ところで、十一月十七日午後から夕にかけて、高知短期大学の南裕子学長(理事長)は、高知短期大学学生自治会の役員、同大学学友会役員に、それぞれ、つぎの方針を伝えました。
 高知短期大学は廃止するということを決めた(二〇一四年までは入学生を受け入れる)、そのことを県の政策にすべく働きかけるということでした。
 南学長は、高知短期大学について、①入学者が最近は定員を割るようになってきた②設立の趣旨は「働きながら学べる夜間大学」だが高校を卒業したばかりの学生が増えたし定年退職後の人もいる③四年制大学編入希望者が増えているなど分析を披露したうえで「時代が変わった」、「時代の流れ」という論を持ち出して同大学を廃止することにしたとのべました。

 高知短期大学大学は、一九五三年に創立されました。
 ずっと県立でしたが、今年四月、高知県公立大学法人に移行しました(理事長は知事が任命)。
 いまは、社会科学科と専攻科があります。社会科学科の定員は、百二十人です。
 昨年は、百二十二人が入学。今年は、百十五人が入学しています。
 実際に高知短期大学を見学してください。
 学生たちは、ときには眠けを「パンパン」とさましながら、その多くは「くらいつくように」学んでいます。

 高知短期大学については、一部の県議の高知短期大学廃止の主張をきっかけに、県政でも議論されてきました。
 しかし、「県立大学改革にかかる永国寺キャンパス検討会」(委員は知事が委嘱)でも、高知短期大学の「あり方」についても議論され、昨年三月の結論でも高知短期大学は当面存続することが確認されていました。
 学長・理事長は、何をする人でしょうか。
 教員の研究や教育の条件を整える、学生がよりよく学べるように条件を整える、そのことによって入学希望者が押し寄せるような学校にしていく、その責任者ではないでしょうか。
 その人が、率先して、この学校をなくするという方向で動き始めました。大変な異常事態です。
 すでに、「高知短期大学を存続させて」という新しい運動が、その日から始まりました。

|

« 二〇一一年十一月十八日 火曜日 英語の宿題。 November 18th, 2011 Tuesday English homework. | トップページ | 高知県情報公開条例の内容が、ここで見れます。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/53270496

この記事へのトラックバック一覧です: 【いま、一番、言いたいこと】  高知短期大学・南裕子学長の高知短期大学廃止宣言に思う。:

« 二〇一一年十一月十八日 火曜日 英語の宿題。 November 18th, 2011 Tuesday English homework. | トップページ | 高知県情報公開条例の内容が、ここで見れます。 »